FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第475回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    絢香“The beginning”
    横浜ゴム テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「警視庁鑑識班」テーマ音楽 [川村栄二]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]
    ♪主旋律への導入が実に美しい 秀逸なインストゥルメンタル テーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Adele“Rolling In The Deep”


 FM長野は、この春は目立った自社制作番組の異動が ありませんでした。外部招聘パーソナリティーの契約が 通常年単位である事から、10月に大規模な改編を数回実施したFM長野は、自社制作番組に関して春の改編が起こりにくい環境となっています。ただ昨年 5月から相次いで始まった、緊急雇用創出(対応)事業に基づく県内自治体発信番組には 異動がありました。

 3月までに「小諸もろもろスケッチ」「千曲市浪漫紀行」「まるごと おおまち」「ほんの~り 辰野町」が終了し 「Komaganeい・ろ・は」「週刊すざかMagazine」は継続となりました。ところがFM長野では終了したはずの千曲市・大町市・辰野町、そして新たに下諏訪町 発信の番組に関して、1年限定の契約社員募集が行われています。

 緊急雇用創出(対応)事業に基づいているのですから、制度上は スクラップ・アンド・ビルド方式による番組編成は、やむを得ないところですが、市町村など地方自治体の広報活動とは、長期間続かなければ住民啓蒙の効果が、希薄なままで終わってしまいます。事業終了後も、なんらかの形で市町村のラジオ広報が続くことが望ましいと考えます。

 特に FM長野の地元・松本市提供の広報番組が、隔週 5分間だけの「ワンポイントガイド」のみとは あまりにも短く、せめて平日は、毎日 5分間ぐらいあってもいいと思う事さえあります。一方 九州のJFN加盟局は、音楽フィラー番組を独自に制作・ネットし始めました。九州の加盟局の動きには、FMラジオ放送として、原点回帰への傾向 と 模索が続いている様に見えます。

 また土曜深夜の“Legacy Of Jazz”など Bルートで放送されていた番組を、TOKYO FMでも本放送しています。全国を見るとFM802 と FM COCOROが経営統合し、ラジオ局再編が視野に入った今日、JFNには、例え5分番組でも厳選された良質な番組を、東京も含めた全国ネットで提供し続け、価値 と 品質を維持すべきだと考えています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2012年 4月 現在

  1. 【1】echoes
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・渡辺麻衣子・田中利彦・なるみ・佐々木香代・梶田伸太郎・湯澤かよこ

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1049
       小林新

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1100 ~ 1230
       高寺直美

 開局時(1988年10月)から 24年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。