FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第476回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    絢香“The beginning”
    横浜ゴム テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「警視庁鑑識班」テーマ音楽 [川村栄二]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ ~ 警視庁安積班」劇中効果音楽 [遠藤浩二]
    ♪劇伴を抑制的に使用しているが、そのトラックは洗練されている。


 引っ越しに紛失は 避けられないものですが、探す事は 引っ越しに匹敵するパワーが必要になる場合もあります。今まで大きな引っ越しを何度か経験した我が家も、最近重大な紛失に 2件ほど気づきました。その内 1件は、このブログに関係するものでした。ブログ開始の前年(2002年)に 24週間に渡って作成した「試行研究順位」の資料が見つからなかったのです。

 試行研究順位 とは、このブログの準備段階にトライアル つまり 練習(笑)として、毎週作成していた選曲リストです。試行研究順位の最終週順位が、このブログの 第 1回ランキングとリンクしています。週間選曲リストへの技術的問い合わせを最近頂く様になり、500回を機に試行研究順位も公開しようと思い立ったところ、その肝心な資料の紛失に気づきました。

 あちら こちら と探し回り、ようやく今週になって発見しました。なんの事は ありません。事務用封筒に入れてあった資料が、ちゃんと本棚にありました(笑)。約 10年ぶりに開けてみましたら、試行研究順位のリストは、1週ごとメモ用紙に手書き記録され、ホッチキスで止めてあるだけの状態でした(笑)。見つかって本当に良かったです。

 ちなみに試行研究順位 2002年 6月 7日 第 1週順位の 1位は、宇多田ヒカルの「SAKURA ドロップス」でした。もし本当に紛失していたら、試行研究順位は、全く復元不能になっているところでした。このままでは また無くしてしまうかも知れません。そこで試行研究順位の全データは、このブログへアップし、デジタル資料で保存していく事にしました。

 公開の際には、この週間放送視聴日記でも詳しくご紹介します。もう 1件の紛失ですが、やはり見つかりません。ですが これは復元可能です。復元しましたら それは何なのか? またブログでご紹介したいと考えています。試行研究順位は、11月15日が最終週で、12月の作成がされていません。なぜそうしたのか? これまた全く記憶がありません。

 また年間ランキング作成テスト順位は、現行のルールに合致したランキングですが、ルールを決める前のテスト順位ですので、具体的にどうやって順位を確定・決定したのか? さらに記憶がないのです(笑)。年間ランキング作成テスト順位を含む、総ての試行研究順位は、このブログで公開致しますので、興味のあるご愛読者の皆さんは、お待ち頂きたく思います。


(追記) 週間放送視聴日記(2012年 5月18日)に、試行研究順位をアップする を掲載しました。

(追記) もう 1件の紛失の顛末は、2015年 6月 5日の週間放送視聴日記「行政書士試験の合格記念アイテム」に掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2012年04月13日 の週間選曲リストと『 発見した試行研究順位 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。