FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第104回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    山下達郎「忘れないで」
    NHK総合・NHKアニメ劇場「名探偵ポアロ と マープル」エンディング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    信近エリ“Lights”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS フジ・アンコール特別企画「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]
    ♪1位 1週、登場 3週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Tommie Young“I Must Go!”
    TSB 日テレ・新春スポーツスペシャル「第81回 箱根駅伝」エンディング テーマ曲
    ♪既に廃盤になっている伝統のテーマ曲は抜群の調性感。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    SBC MBS・ドラマ30「メモリー・オブ・ラブ」劇中効果音楽 [栗山和樹]
    ♪さりげなく使用されている洗練された劇伴音楽。


 明けまして おめでとう ございます。2005年(平成17年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。

 12月26日に放送されたABC(テレ朝)の漫才 日本一決定戦「M-1グランプリ 2004」は、6-1-0(西川きよし・南原清隆・大竹まこと・島田洋七・春風亭小朝・ラサール石井が支持)で、アンタッチャブルが優勝しました。

 視聴率は 関東地区 12・0%に対し 関西地区が 18・0%と高い数字をマーク。これから年末のコンテスト番組として 結果を年頭日記に記録していきます。

 大晦日 発表の FM長野“Vodafone COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、平井堅「瞳を閉じて」 (推定得点:90) 。「コスモ ポップスベスト10」年間第1位は、Janet Jackson“Jast A Little While” (推定得点:86) が それぞれ獲得しました。

 「第46回 日本レコード大賞」は、Mr.Children“sign”が受賞。10・4%という低視聴率は もはや限界かも知れません。往年の勢いは全くありません。

 「第55回 NHK紅白歌合戦」は、紅組が優勝。またボール投げでしたが特別審査員が空気を読み(笑)昨年の様な満票不手際はありませんでした。「マツケンサンバ」恐るべし(笑)です。視聴率は 1部 30・8%、2部 39・3%(関東地区)をマークしました。

 正月2・3日の「第81回 箱根駅伝」は、東海大が往路初優勝。総合と復路は駒澤大が4連覇。往路 23・7%、復路 29・9% 。例年通り高い数字です

 皇太子妃雅子さまが 1年ぶりの公務で、新年宮中一般参賀に お出ましになるなど穏やかな今年の新春風景でした。

 さて昨年から始めた年頭日記の日本経済「定点観測」。昨年大納会の日経平均株価終値は、1万1488円76銭と、1年間で812円12銭「上昇」しています。

 このブログでは、これから毎年の年頭日記で「日本経済星取表」を公開していきます。

 1年間に日経平均株価が上昇していれば「白星」1勝。下降すれば「黒星」1敗となります。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ 』(2004年 大納会)】

 「上昇」しましたので白星。まず1勝をマークしました。

 国際博覧会「愛・地球博」が開催される 2005年。今年は果たして どの様な1年になるのでしょうか?

 ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。

第105回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    山下達郎「忘れないで」
    NHK総合・NHKアニメ劇場「名探偵ポアロ と マープル」エンディング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    信近エリ“Lights”

  3. 第 3 位 ( △ )
    SBC MBS・ドラマ30「メモリー・オブ・ラブ」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    平原綾香「明日」
    NBS フジ・木曜劇場「優しい時間」主題歌
    ♪限られた楽器音も自然に浮き出してくるヴォーカルの存在感が際立つ佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]
    ♪若干総花的な和音構成だが重厚さは保持しているテーマ音楽。


 17日で「阪神・淡路大震災」から、10年となります。

 その日 私は、BK宮田修 アナが伝える地震情報で、神戸震度6(実際は7)の第1報を知り、直後から愛用の高性能ラジオ“SONY ICF-EX5”で、長野で聴こえなくなる午前8時頃まで 558KHzのAM神戸(CRラジオ関西)を遠距離受信していました。

 阪神・淡路大震災の朝、兵庫県外の広範囲でAM神戸を傍受していた、多くのラジオリスナーの存在が後日判っています。私もそのひとりでした。私の傍受を含めて多くの同録テープから震災直後の様子が検証されています。

 AM神戸は、震災発生時から十数分の放送停止(音声がない無変調状態)がありました。そして自家発電装置が作動し午前6時の時報は送出。多くの放送パーソナリティやスタッフは避難した後、崩壊の危険性のあるスタジオにスタッフが2人だけ残っていました。

 その残っていた2人。生ワイドの女性アシスタント藤原正美 さん と 丸山 ディレクターが放送を再開しています。藤原 さんは泣きだしそうでした。

 「しゃべりましょうか、はい。 AM神戸の・・スタジオです。 スタジオが現在ただいまの地震で壊れております。音声が途切れております。情報が入り次第お伝えします。こちらはAM神戸558です。ただいまの地震のためオンエアーが途絶えております。情報が入り次第お伝えしてまいります。」と震える声で断続的に地震情報を伝えていました。

 そして私が聴いていた午前7時半から8時頃には「新しい情報は入り次第お伝えします。暫くレコード音楽をどうぞ」と合間に音楽が流れていたのを強烈に覚えています。あの震災報道での評判が高かったAM神戸(CRラジオ関西)でさえ初動は一杯一杯の状態でした。

 どんなに日頃 人気のある番組を 1000回放送しても、初動の緊急災害報道の1回の不手際で、放送局の信用は瓦解します。

 大地震の被災者は急迫時に活字を読む余裕などありません。ラジオは、音声での緊急情報により、多くの人命を救援できる唯一のメディアです。

 どうか全てのラジオ局が普段から緊急災害報道のシステム整備と訓練は、間断なく続けていく事を心からお願いする次第です。

 阪神・淡路大震災で犠牲になられた方々に改めて追悼の意を申し上げます。

第106回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    山下達郎「忘れないで」
    NHK総合・NHKアニメ劇場「名探偵ポアロ と マープル」エンディング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC MBS・ドラマ30「メモリー・オブ・ラブ」劇中効果音楽 [栗山和樹]
    ♪栗山和樹は、きちんとドラマを理解して劇伴音楽が制作できる数少ない音楽家の一人。

  3. 第 3 位 ( △ )
    平原綾香「明日」
    NBS フジ・木曜劇場「優しい時間」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    信近エリ“Lights”

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]


 この冬は数年来の少雪傾向と違って比較的積雪が多い長野市内です。自宅近くの公園の敷地も白い雪模様は消えずに新雪が重なっていきます。

 北信五岳と呼ばれている飯縄山・戸隠山・黒姫山・妙高山・斑尾山の山々も、山頂から中腹まで白さを増しています。

 今シーズンは各スキー場も雪不足の悩みから解放されそうです。以前このブログで紹介しましたが、天気の良い日は自宅の窓からアンテナが双眼鏡で見える『FM長野・善光寺平 中継局』も山々の白雪に隠れて姿を見せません。

 全国JFN加盟局で唯一 都道府県庁所在地に本局送信所がないのがFM長野です。本局送信所は県央の美ケ原高原の頂に位置します。そこで長野市 市街地全域・須坂市・千曲市など、周辺市町村 約15万世帯・人口50万人以上をカバーするため、独自の中継所が置局されています。

 他にあまり類例のない盆地の通称がネーミングになっている「善光寺平」中継局は 1988年 9月1日 試験電波発射。同年10月 1日 FM長野開局と同時に正式開設しました。送信周波数は 83・3 MHz 。NHKを始め県内テレビ局のサテライトも同地点に在しています。

 1985年の地附山 地滑り災害で、旧善光寺平 中継局は大きな被害に遭い現在の地点へ移転しました。但し地滑り災害はFM長野の開局前ですので、FM長野 善光寺平 中継局は開局時から同地点に置局されています。

 善光寺平 中継局エリア内の受信状態は良好なのですが、近隣のNHK-FM聖 中継局と送信周波数が、僅か 0・3 MHz の差で接近している事に若干の問題もあります。

 長野市 上松にある地附山 中腹・標高721m地点から送信出力 100W で、北東・南東方面に対し3素子 指向性送信している 善光寺平 中継局は、サテライトとして最大のエリア人口をカバーする重要な長野エフエム放送中継所です。

 県庁所在地である長野市内は、この善光寺平 中継局の 83・3 MHz がFM長野の定番周波数になっています。なお長野市内では、美ヶ原 本局送信所 79・7MHz の電波も微弱ですが受信可能な範囲があります。

 ちなみに自宅近くには、昨年秋 移転してきたSBCラジオ本局送信所のダイポールアンテナも紅白にそびえています。FM長野リスナーとしては複雑な心境です(笑)。


(追記) 2008年 3月に、長野市から松本市へ転居しました。

第107回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC MBS・ドラマ30「メモリー・オブ・ラブ」劇中効果音楽 [栗山和樹]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    山下達郎「忘れないで」
    NHK総合・NHKアニメ劇場「名探偵ポアロ と マープル」エンディング テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    平原綾香「明日」
    NBS フジ・木曜劇場「優しい時間」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    YUI“feel my soul”
    NBS フジ・ドラマ「不機嫌なジーン」主題歌
    ♪通算100曲目のリストイン。フラットな曲調だが妙に聴き手へ拘りを持たせる声質。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]


 今週にかけて長野市街では、さらに30センチ近くの降雪がありました。ちょっとした買物などの外出もスノトレが必要な感じです。屋外の駐車場では多くのドライバーが、フロントガラスに積もった雪を取り除いていました。

 たまにカーラジオアンテナを伸ばしたまま駐車場へ一晩置いておく方がいますが、カーラジオ アンテナの氷雪凍結は受信障害の原因になります。寒冷地での屋外駐車場利用の際、カーラジオのアンテナは仕舞う事をお勧めします。

 ただFM長野に関して言えば紹介した「善光寺平 中継所」の電波が長野市街へ充分到達しており、あまり受信障害の心配はありません。

 実は長野市内に、FM長野の中継局が2ヶ所あります。

 松本・長野間を結ぶ国道19号線(犀川)沿いは 1000m級の山々に囲まれています。開局当初は長野県の二大都市である松本市と長野市を行き来する車中、カーラジオでFM長野を聴いていると大きな問題点がありました。受信状態が悪くなり途切れてしまうのです。

 そこでカーラジオでの聴取を改善し周辺地域の難聴も一気に解消すべく、開局直後から中継所の新規置局が検討されてきました。この様な経緯で1992年10月 1日に『FM長野・聖 中継局』が開局しています。送信周波数は 78・1 MHz です。

 長野市 大岡丙の聖山 西側山腹より東筑摩郡 筑北村から大町市 市街地、さらに上水内郡 信州新町・長野市 西部にかけての周辺地域、約1万2000世帯を対象にカバーするため送信出力 100W で送信しています。

 この聖 中継局は、FM長野とNHK-FMのサテライトのみ置局され、同じ聖高原のすぐ近くにある麻績 中継局(東筑摩郡 麻績村)がテレビのサテライトとなっています。

 聖高原は、信州の中でも お勧めの観光地です。周囲1キロほどの「聖湖」は 大変美しく、聖 中継局を見渡せる聖山頂上も大パノラマの絶景が展開します。特に紅葉の季節は素晴らしいですが、四季折々に美味しい空気と風情も味わえます。

 長野から松本へ国道19号線をドライブする際は、始めから聖 中継局 78・1 MHz にチューニングしておくと充分FM長野が楽しめます。

 長野市街ではFM長野は3波。善光寺平と この聖の電波が良好に受信。さらに美ヶ原 本局が微かに受信出来ます。


(追記) 2008年 3月に、長野市から松本市へ転居しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2005年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。