FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第98回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Fayray「口づけ」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛のソレア」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    安良城紅“Here alone”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「黒革の手帖」エンディング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・木曜劇場「大奥・第一章」劇中効果音楽 [石田勝範]
    ♪アクの強い劇伴音楽群だがシリーズに不可欠な存在。


 大晦日 放送される「第55回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。上戸彩・大塚愛・平原綾香・イ・ジョンヒョン・ダブルユー・ORANGE RANGE・河口恭吾・氣志團・nobodyknows+・Ryu・松平健 の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の 41回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・小野文惠 アナ(初) 白組・阿部渉 アナ(3回目) 総合・堀尾正明 アナ(初)と、全員NHK職員アナとなりました。出場歌手は 58組、初出場は 2組減の11組。職員アナの登竜門であるラジオ中継は、藤崎弘士 アナ と 住吉美紀 アナが担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、山川豊・華原朋美・長渕剛など となっています。

 昔から紅白の司会は、ひとり以上を 外部招聘のタレント・俳優あるいは歌手でやってきました。かえって このようなNHK職員アナ純血主義(笑)には、妙な異様さを感じます。昔 子供の頃に視た 宮田輝 アナの様なNHKアナの 神様 が 3名揃えば、異様さを感じないのかも知れませんが、やはり現状のアナウンサー水準では 難しいものがあります。

 また老若男女 国民全体は果たして どんな歌手が好きなのか調べている出場歌手選考基準の「世論調査」結果を今回初めて公表。紅白 各上位 15組は出場の意志があれば、当確として出場させるシステムとなりました。出場歌手選考の過程は、オープンにすべきだと常々思っていました。NHKが今回 世論調査 の結果を公表した事は、前進だと思います。

 世論調査結果「白組」は、1位・氷川きよし(5) 2位・SMAP(出場せず) 3位・北島三郎(41) 4位・五木ひろし(34) 5位・平井堅(4) 6位・サザンオールスターズ(出場せず) 7位・森進一(37) 8位・細川たかし(30) 9位・ポルノグラフィティ(3) 10位・ゆず(2) 11位・ORANGE RANGE(初) 12位・Mr.Children(出場せず) 13位・鳥羽一郎(17) 14位・美川憲一(21) 15位・さだまさし(16) となっています。

 世論調査結果「紅組」は、1位・天童よしみ(9) 2位・宇多田ヒカル(出場せず) 3位・柴咲コウ(出場せず) 4位・坂本冬美(16) 5位・浜崎あゆみ(6) 6位・石川さゆり(27) 7位・小林幸子(26) 8位・森山良子(9) 9位・夏川りみ(3) 10位・大塚愛(初) 11位・和田アキ子(28) 12位・松田聖子(出場せず) 13位・aiko(3) 14位・島倉千代子(35) 15位・BoA(3) 。出場決定の歌手は カッコ内に出場回数を表示しています。

 私は、大晦日 午後 11時45分に起こる、紅白 エンディングから ゆく年くる年 への急激な映像落差「ギャップ」が 大好きなのです(笑)。あの様な急激なギャップを伴う放送のスイッチングは、NHK総合テレビの 12月31日 午後11時45分しか現れません。あの映像落差「ギャップ」を、毎年 大晦日に録画までしています(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年11月19日 の週間選曲リスト と『 第55回 NHK紅白歌合戦 出場歌手 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。