2004年 アメリカ大統領選挙 開票速報 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第97回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「忠臣蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Fayray「口づけ」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛のソレア」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    安良城紅“Here alone”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「黒革の手帖」エンディング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    唐沢美帆「君のかけら」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    浜崎あゆみ“my name’s WOMAN”
    パナソニック テレビCMソング
    ♪類似形のあるメロディラインだがサビのインパクト溢れる力感。


 3日 投開票の『第55回 米国大統領選挙』は、今回も激戦となりました。4年前と同様な開票の混乱も懸念されましたが、結局 民主党のケリー 候補は潔く敗北宣言。共和党候補である ブッシュ 第43代大統領の再選が決まりました。

 【獲得選挙人数:ブッシュ 候補 286 ケリー 候補 252】

 獲得得票数の全米集計である“POPULAR VOTE”も、ブッシュ 候補 50%に対しケリー 候補 48%と やはり僅差。州の勝者が選挙人を総取りする「間接選挙」制度は、今回も明確な大統領選出の仕組みとして巧く機能していませんでした。

 前回の米大統領選挙は、出口調査に依存していた開票速報システムが、史上初めて破綻しました(笑)。

 選挙人の大票田であるフロリダ州では、出口調査だけで落選候補に「勝者判定」したものの、実際の開票実数から この勝利判定を取り消し、フロリダ開票率 97%の段階で、ブッシュ大統領の当確を速報したのです。ところが残り 3%で差が小さくなってしまい、夜明け近くになってブッシュ氏当確を撤回し、そのまま各局の開票速報特番が打ち切られてしまいました(笑)。

 今回は 米・放送メディアの開票速報も大混乱をきたした4年前と打って変わって、州ごとの「勝者判定」や全米の勝者である大統領の「当確判定」に慎重でした。

 終盤にはオハイオ州(割当選挙人数 20)で接戦となると「勝者判定」が遂にストップしてしまいました(笑)。一部の外国通信社では、ブッシュ当確を配信しているのにもかかわらず、ケリー 候補の敗北宣言が出るまで当確判定は控える、妙に規制された開票速報でした(笑)。

 前回の選挙で結局 出口調査と、実際の開票結果に重大な誤差が生じていたとの検証もあり、今回は実際の開票集計をAP通信社へ委託。開票状況に基づく慎重な速報を行ったからだと思われます。

 今回も正式報道はされませんでしたが、出口調査でケリー圧勝を予測した調査会社は あったそうです。やはり調査員の訓練も不十分であったり、調査時間のバラツキや調査場所が投票所から遠く離れているなど、だんだんと「出口調査」の質は低下してきた様です。

 前回そして今回の米大統領選挙の開票速報を視聴してみて、出口調査偏重の開票速報は、大接戦の選挙になるとギャンブル的な要素が増幅され、本来の選挙報道とかけ離れていくことが如実に解りました。

 なお米国大統領選挙の通算回数(今回は 第55回)は、初代 ジョージ・ワシントン 大統領を選出した 1789年の第1回選挙から独自に算出しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年11月12日 の週間選曲リストと『 2004年 アメリカ大統領選挙 開票速報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。