FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第581回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」テーマ音楽 [安川午朗]
    ♪独特な打楽器和音に彩られた美しいストリングス旋律。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「眠狂四郎無頼控」テーマ音楽 [渡辺岳夫]


 昨年1月にHBC(北海道放送)ラジオの看板番組だった、ベストテンほっかいどうの人気パーソナリティ・Mr.デーブマンの急逝があったばかりなのに、また札幌からの突然の訃報には本当に驚きました。

 ナイターオフ シーズンの10月から3月まで平日夜に放送されていた「HBCベスト100マラソンランキング」のパーソナリティだったジャンボ秀克 (本名:佐々木秀克)さんが、先月 8日に亡くなられました。。札幌市内の路上を歩いていた時、急性の心臓疾患で突然倒れられたのだそうです。

 ハロードライバー ベストテンほっかいどう が、そのシステムにおいて史上最強のラジオチャート番組であると、このブログでも書きましたが「HBCベスト100マラソンランキング」は、ベストテンほっかいどうで成功したHBCラジオが、さらに独創したヒットチャート番組の完成形だと私は思っています。

 「HBCベスト100マラソンランキング」は毎日100位まで発表しますが、レコード売り上げや有線放送の外部データは加えません。総て番組への葉書・電話リクエストだけで順位を決定します。そして新譜だけでなく懐かしの曲や洋楽も総て受け付けて、ランキングの対象とするのが最大の特徴です。

 シーズン毎に番組開始時刻などは異なりますが、番組冒頭でリスナーからの電話に応じるオペレータールームの現在の生音が流れます。当時HBCラジオには10台の専用電話があり、リクエストと最終1位・2位の予想クイズの応募を受け付けていました。

 その生音の後、アシスタントであるケロコ伊藤さんの明るい声で「HBCベスト100マラソンランキング!ジャンボさん。午後6時50分現在のランキングは!」とコールします。すかさずジャンボ秀克氏が「はいはい。1位・・。2位・・。」と1位から100位まで全く淀みなく読み上げます。ここから番組オープニングに入るのです。

 番組では先程読み上げた午後6時50分現在の中間ランキングを、改めて100位から順々に、しかも現在の電話リクエストの状況を交えながら紹介します。例えば「85位。・・は、7つ上がって現在78位です。リクエストは小樽の・・さん。」と、初登場曲や上昇曲を中心にオンエアーしていくのです。

 上位曲まで来ると電話リクエスト受付終了のコールがありCMが流れます。そして最終トータルランキングとして100位から4位まで、今度はカウントダウンで一気に読み上げられ、ラストに今日のベスト3を曲のオンエアーと共に紹介します。

 ジャンボ秀克 さんは、1973年から10年間に渡り100位までのランキング読みを往復200曲。月曜から金曜までの毎日行っていました。日本のラジオ番組におけるベスト100の元祖は、クリスペプラーでなく(笑)このジャンボ秀克 さんだったのです。

 パソコンで順位集計する事が まだ出来なかった時代です。「HBCベスト100マラソンランキング」のスタジオには、1位から100位までの大きなランキングボードが設置され、曲目が手書きされた板が100枚貼ってあり、電話リクエストの状況によって板を変動させ、ジャンボ秀克 さんは このボードを毎日読み上げていました。

 ナイターオフになる10月の番組開始時は、リスナーサービスとして「500曲の曲目表」を希望者にプレゼント。私も返信用切手を送って曲目表を頂いた事があります。3月末でお別れとなる最終回では、そのシーズンの総トータルベスト100も発表されていました。

 私が忘れられないのは、この「HBCベスト100マラソンランキング」で、ささきいさお の「宇宙戦艦ヤマト」が1位を続けていたことです。

 まだマイナーなテレビアニメの頃だった「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌が何人かのリクエストで100位内に入って評判を呼び、HBCラジオが夜間は全国で聴取出来る事から、一気にリクエストを集めて1位を獲得したのです。その後に「宇宙戦艦ヤマト」のアニメとしてのブームがやってきました。

 新譜だけを対象にした音楽チャート番組が衰退していく今、この「HBCベスト100マラソンランキング」のランキング システムは現代に通用するものがあると思います。

 ジャンボ秀克 さんの急逝は残念でなりません。ただあまりにも急逝の時期が重なっているMr.デーブマンと、ジャンボ秀克 さん。もし二人が天国でベストテンほっかいどう と HBCベスト100マラソンランキングを始めているとしたら、リスナーとして こんなに救われる事はありません。

 「くるくる変わるランキング。どうやら今日の最終トータルがでたようです。ジャンボさんランキングをどうぞ!」。「はいはい。100位、学生街の喫茶店。99位、ロング アンド ワイニングロード。98位、四季の歌。97位、パールカラーにゆれて。96位、針葉樹。95位、僕にまかせてください。94位、ラブ イズ ブラインド。93位、襟裳岬。92位、雨の物語。91位、あの日にかえりたい。90位、・・・」。

第582回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」テーマ音楽 [安川午朗]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪1位 3週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    EGO-WRAPPIN’「サニーサイドメロディー」
    テレビ東京・ドラマ24「リバース エッジ 大川端探偵社」エンディング テーマ
    ♪懐古的でジャジーな旋律に洗練されたアレンジが施されている佳曲。


 普及してきたIPサイマルラジオ“radiko”ですが、先月から“radiko.jpプレミアム”として有料によるエリアフリー聴取が可能になりました。

 ひと月378円(税込)を払うと、北は北海道から南は沖縄まで全国60のFM・AMラジオ局のリアルタイムな放送を聴くことができます。FM長野も全国で聴取可能になりました。

 ブロガー プロフィールで紹介している通り、私は長年日本中のラジオ番組とりわけチャート番組を聴いてきました。PC等があれば簡単に国内60局のラジオが聴けるとは、正直言って夢の様な話です。

 加入1ヵ月目は無料ということもあって、私も“radiko.jpプレミアム”に入会してみました。リアルタイムと書きましたが、実際には約20秒近くの遅延があります。しかし、AM局もFM並みのクリアなステレオ音声で聴く事が出来ました。

 ところが日本中のラジオ番組を実際に聴いてみて、あまり魅力を感じなかったのです。ラジオメディア衰退の一因である「どの局を聴いてもだいたい同じ」(笑)という無個性な流れが、全国のラジオ局に深く浸透してしまった様です。

 FM局の音楽番組でもオンエアーする音楽を大切にせずトークをし、そのトークもパーソナリティーの自己主張や宣伝ばかりで、リスナーのメッセージも自身の存在肯定のために利用している番組が大変多くなっていました。

 もちろん例外はありました。このブログで紹介した札幌・STVラジオの「日高晤郎ショー」。変わらずに意気軒昂です(笑)。私がかつてお世話になった岩手・IBCラジオの「ワイドステーション」。大塚富夫アナも お元気でした。

 まだ続いている事を知り大変感慨深かったIBS茨城放送の「ラテンフォルクローレをご一緒に」は個性が光り輝いていましたし、隣県・GBS岐阜放送(ぎふチャン)の「サンデー演歌ベスト30」にはチャート番組を演歌に特化した創意を感じました。

 FM長崎の開局以来から続く「決定版!FMヒットパレード」は放送回数が なんと1517回を数え、土日の2部構成で1位からカウントアップ、しかも18位まで ほぼフルコーラス オンエアーするスタイルを頑固に守り抜いていました。

 ですが魅力的なラジオ番組は以上の様に数えるほどしかありませんでした。もし この“radiko.jpプレミアム”が日本中のラジオチャート番組を流浪し、毎週ニュースレターを発行していた1980年代に存在していたら、どんなに素晴らしかったでしょうか?

 しかし、当時パソコンは普及し始めていましたがインターネットはなく、またラジオメディアは活性化していて危機感もなく“radiko.jpプレミアム”の存在理由すら なかったのです。

 “radiko.jpプレミアム”に入会して、ひと月しか経過していませんが、前述した番組を記念に録音して早くも退会しようかな(笑)と思ってしまっています。私にとって愛聴しているFM長野とNHK-FMがあれば、現状でのラジオメディアは事足りていると再認識できました。


(追記) 2014年12月を以て“radiko.jpプレミアム”は退会しました。

第583回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」テーマ音楽 [安川午朗]
    ♪NHKオンデマンドで視聴。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    EGO-WRAPPIN’「サニーサイドメロディー」
    テレビ東京・ドラマ24「リバース エッジ 大川端探偵社」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    the HIATUS“Thirst”
    ♪洗練されたポストロックだがクラシックな旋律性を感じさせる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌
    ♪1位 3週、登場 7週。


 もう何年なのか忘れてしまい、自分のブロク内検索をかけて調べたのですが(笑)ブログでGMAILによるメールアドレスを公開してから、既に 8年が経過していました。この8年間に たくさんのメールを頂きました。本当に ありがとうございます。

 このブログでは従来からメールアドレスを画像バナーで表示しています。こうするとメールアドレス収集ロボットを回避でき迷惑メールが ほとんど来ません。しかし、メールをお送り下さる ご愛読者の皆さんには、いちいちアドレスを手打ちしなければならない ご不便をおかけしております。

 そのブログのメールアドレス欄を視て「おや?」と思った方が多くいらっしゃるかも知れません。昨年から「頂いたメール内容の秘密は厳守しています」と表示されています。

 週間選曲リストに関しては音楽に関する推薦、週間放送視聴日記に関してはラジオ・テレビに関する情報をメールで提供してくれる方が多く、グチやチクリを交えた(笑)内々のお話が意外に多いのです。中には「この事を すぐブログに書いてくれ」とおっしゃる方もいますが(笑)だいたいはオフレコな内容です。

 メールで頂いた楽曲推薦を 直接的に週間選曲リストへ反映させた事はありませんし、オフレコの内容を これも直接的に週間放送視聴日記へ書いた事はありません。但し日時を置いてブログ作成の間接的な参考にする事がありますし、頂いたスパム以外のメールには ご返事を差し上げています。

 「頂いたメール内容の秘密は厳守しています」との表示は、このブログのプライバシーポリシーを端的に示しています。ご理解頂ければ幸いです。


(追記) 2016年 4月 8日から、メールフォームを設置しました。

第584回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」テーマ音楽 [安川午朗]

  2. 第 2 位 ( △ )
    EGO-WRAPPIN’「サニーサイドメロディー」
    テレビ東京・ドラマ24「リバース エッジ 大川端探偵社」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Yael Naim“Far Far”
    NBS フジ・木曜劇場「続・最後から二番目の恋」挿入歌
    ♪単音に近い和音構成だがドラマの劇伴として実に効果的に使われている、イスラエル出身のSSWによる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    the HIATUS“Thirst”


 茨城に住んでいた頃は、自宅に遠距離受信用10素子のFMアンテナがあって、約200キロ離れたFM横浜(84・7MHz)を聴いていました。J-WAVE(81・3MHz)NACK5(79・5MHz)BAY-FM(78・0MHz)は、その10素子アンテナで開局の瞬間を聴きました。

 1991年に長野に引っ越してからはFM長野を聴くために、軒先から位相差給電の2素子FMアンテナを出し、約5キロ先の善光寺平 中継局(83・3MHz)からクリアな音でFM長野を聴いていました。

 松本に引っ越してから もう5年が経過しましたが、FM長野やNHK-FMは、加入した地元CATV「テレビ松本」さんの再送信で聴いています。賃貸マンションの3階ですので それでいいと思っていました。ところが その考えを改める大きな発見があったのです。

 最近では屋外にFMアンテナがある家は殆ど見かけなくなりましたが、自宅から いつも乗るバス停まで私の通勤&散歩道の途中に、築40年ぐらいの古い平屋建ての家があり、その屋根に5素子の立派なFMアンテナが建っているのです。

 驚いたのは そのFMアンテナが向いている方向でした。下に設置してあるテレビ用アンテナは松本中継局の方向を向いていますが、なんとFMアンテナの方向は敢然として(笑)真逆の美ヶ原 本局送信所を向いていました。

 私の住んでいる地域は松本市内でも美ヶ原の麓に位置し、美ヶ原 本局送信所(79・7MHz)は約5キロという近さなのですが、あまりにも近すぎて嶺が電波伝搬を邪魔しノイズが混じり、結局クリアにFM長野を聴く事が出来るのは、反対側の鳥居山にある松本 中継局(86・4MHz)からの電波のみという状態なのです。

 ところが その家では近距離にも係わらず、中遠距離用の立派な5素子のアンテナを、受信障害が出る美ヶ原本局送信所の方向へ向けているのです。この発想には本当に驚きました。一度どんな考え方なのか伺いたいと思うほどです(笑)。

 ある日その家の側の道を歩いていた時、その家からFMラジオの音が漏れてきた事がありました。その音は残念ながらFM長野ではなく、NHK-FMの矢口清治 さんの声でしたが(笑)実にクリアな音声でした。

 このブログでは、5年ほど前にオリンパスのラジオサーバをメインラジオとして紹介しました。その後メインラジオは別の高性能な機種に変更しています。

 近々この週間放送視聴日記で詳しく紹介したいと考えていますが、その高性能なメインラジオでは、CATVからの再送信に僅かに微妙なノイズが乗っているのが解るのです。現在のメインラジオではNHK-FMのN響定期公演の生放送などを聴くと、その微妙なノイズがどうしても気になってしまいます。

 そこで あのお宅にあやかるべく(笑)私も思いきってマンションのベランダに、FMアンテナを再び設置するプランを練り始めました。

 ベランダの手すりにBSアンテナを設置する様な よくある簡易なやり方ですと、横に広がるFMアンテナでは強風などで落下の危険があります。そこでベランダの奥に支柱(突っ張り棒)をまず設置し、そこに安全な形で2素子程度のFMアンテナを取り付けられないか? 検討しています。

 今の時代、屋外にFMアンテナを設置する世帯など稀有だと思われますが、総務省が提示した放送ネットワークの強靭化に係る、周波数の割り当て・制度整備に関する基本方針からも、今後もアナログによるFMラジオ放送は続きます。そして このブログはFM放送局のリスナーブログの形態です。

 そのスピリットを示す意味でも(笑)もう一度屋外にFMアンテナを設置し、澄んだ音でFM長野とNHK-FMが聴きたいと、あの立派な5素子のFMアンテナが建っている家を見上げながら決心した次第です。ゆっくりとですが準備を始めたいと思っています。


(追記) 週間放送視聴日記では、次の通り「FM屋外アンテナ」に関する記載があります。
 FM屋外アンテナを購入する (2014年 7月18日)
 FM屋外アンテナの支柱を立てる (2014年 9月26日)
 FM屋外アンテナを設置 (2014年12月 5日)
 FM屋外アンテナの防風対策 (2015年11月13日)

 週間放送視聴日記(2014年 8月29日)で、メインラジオの紹介としてチボリ オーディオ モデルワン(Tivoli Audio Model One)を掲載しました。

第585回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    EGO-WRAPPIN’「サニーサイドメロディー」
    テレビ東京・ドラマ24「リバース エッジ 大川端探偵社」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」テーマ音楽 [安川午朗]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Yael Naim“Far Far”
    NBS フジ・木曜劇場「続・最後から二番目の恋」挿入歌。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    まらしぃ「千本桜」
    トヨタ自動車 テレビCM音楽
    ♪ネット由来の美しいピアノソロ。


 DVDの耐久年限には諸説があります。10年程度で劣化してしまうとか、何万年も劣化しないとか(笑)色々です。私も ちょっと気になって、動画や音声ファイルが きちんと再生出来るのか、今週は保存してあるDVDのチェックをしてみました。

 いくつか抽出して再生してみましたが、全く問題ありませんでした。急激な劣化は進行してない様ですが、なるべく早い内に外付けHDDによる、ラジオ・テレビの録画・録音ファイルの集中管理に移行したいと思っています。

 そのチェックの中で1本視入ってしまったテレビ番組がありました。2005年に放送されたNHKスペシャル「万年時計の謎に挑む」です。

 江戸時代から明治にかけての傑出した技術者・田中久重が独創で制作した「万年時計(万年自鳴鐘)」の神業ともいえる天才的な内部構造を、現代の名工・技術者約100人による分解作業から探っていくドキュメンタリーです。

 「万年時計(万年自鳴鐘)」は装飾的にも美しい和時計の多面に、いくつもの機能を備えています。

 上部には太陽と月の現高度を示す天象儀があり、側面には不定時法による時刻を表示する和時計を始め、二十四節気・曜日・十干十二支・月齢を自動で指し示す機能や洋時計まで付属しています。これらの多機能を約1年1度 僅か6回のネジ巻きだけで動かし続けます

 重要文化財に指定されている この「万年時計(万年自鳴鐘)」こそ世界の機械時計の中でも最高の作品であると断言する事が出来ます。

 この「万年時計(万年自鳴鐘)」は国立科学博物館に常設展示され、田中久重は東京芝浦電機、現在の東芝の創業者でもある事から、分解研究の際に作成された複製品が東芝未来科学館に展示されています。ドキュメンタリーを視てぜひ実物を一度見たくなりました。

 「万年時計(万年自鳴鐘)」は時計の仕組みを一から独学し、ゼンマイを除き田中久重たったひとりで制作しました。私も独学で何かを造り上げる事に大変興味があり、例えば このブログも他のブログサービスに依存する事なく、HTMLとCSSさらにPHPを独学してブログをプログラミングしました。

 作り上げている時は夢中で、頭の中に知識が入っているのですが、一旦完成して作業から離れると知識は日々忘れていき(笑)その後 何か修正が必要な時は、膨大なHTMLとCSSを見て あたふたする事があります(笑)。

 最近では知識が頭にある作業中に記録ノートをとり、後日 修正が必要な時は忘却の彼方から知識を元に戻しやすくしています(笑)。

 このドキュメンタリーでも、田中久重が きちんと記録を手書きで作成していた事が紹介されており、例のSTAP細胞の騒動(笑)ではありませんが、やはり制作過程での研究ノートや記録メモは重要なのだと改めて思いました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2014年5月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。