FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第127回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌
    ♪1位 2週、登場11週。


 先日 松本市本庄のFM長野・松本本社に、ちょっと立ち寄りました。

 道順を簡単かつ解りやすく説明してみると、松本駅から駅を正面にして左の方へ歩き、突き当たりの高架の所を さらに左折すれば、すぐFM長野のSTL塔が見えてきます(笑)。

 FM長野・松本本社は落ち着いた感じの局舎です。夜はFM長野のSTL塔がライト アップされます。私は、このSTL塔が松本市のシンボルだと思っています。

 以前ブログにも書きましたが、松本市にとって県域ラジオ局の本社演奏所が同市に在するのは極めて重要です。日本銀行支店が松本市にある事より重要だと認識しています。

 隔週で松本市提供の「ワンポイントガイド」を5分間放送していますが、松本市政とFM長野は もっと密接であるべきではないかと思います。

 松本市北部の芥子望主山(けしぼうずやま)にはFM長野の「反射板」があります。

 松本本社からのマイクロ波を この「反射板」にぶつけ、反射波が美ヶ原 本局送信所へ届きます。FM長野の放送は全て板の反射で送られるのです(笑)。

 松本市街から芥子望主山を望むと、天気によって反射板がキラキラ光り、この反射板も松本市の隠れたシンボルです。

 その松本市内でカーラジオをつけると、FM長野の放送は 2波が受信可能です。まずFM長野の本社演奏所(スタジオ)がある松本市内は全域で、美ヶ原 本局送信所からの電波が充分到達しています。

 しかし、美ケ原の山陰に沿って松本平が広がる地形から、受信障害でノイズの混入する可能性もありました。そこで本社所在地である松本市リスナーのため、開局準備の段階から特別な中継所の必要性が指摘されていたのです。それが もう1波の存在理由です。

 『FM長野・松本 中継局』は 1988年 8月29日 試験電波発射、FM長野 開局と同時に正式開設しました 送信周波数は 86・4 MHz です。

 松本市北部から垂直ダイホール・アンテナを使用し、松本平に電波が広角で行き渡る様に送信しています。松本市街地・塩尻市街地・東筑摩郡 山形村付近までがサービスエリアです。

 ちなみに送信周波数 86・4 MHz は、SBC信越放送・松本放送局の送信周波数 864 KHz と、なぜか不思議な数字の一致があります(笑)。

 松本市蟻ヶ崎の鳥居山腹から送信出力 10W で送信している松本 中継所は、FM長野・本社がある松本市20万リスナーにとって、専用かつ特別な長野エフエム放送中継所なのです。


(追記) 週間放送視聴日記(2014年10月31日)に、松本中継局は垂直偏波を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年06月17日 の週間選曲リストと『 FM長野・松本 中継局 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。