FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第488回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( △ )
    MISIA「恋は終わらないずっと」
    NHK総合・ドラマ10「はつ恋」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Linkin Park“Burn It Down
    ♪珍しくフラットなエレクトロ感があるが和音構成は美しい佳曲。


 小沢一郎 元代表が、民主党を離党しました。

 2日に行われた 社会保障と税の一体改革関連法案の衆議院本会議採決で、造反した上の覚悟の離党でした。6日までに小沢 元代表と同調した 38名の衆議院議員と 12名の参議院議員も離党し、民主党は 分裂状態となりました。

 小沢一郎 元代表は、1969年(昭和44年)旧岩手2区から衆議院議員に初当選以来、自由民主党 → 新生党 → 新進党 → 太陽党 → 自由党 → 民主党と政党の要職に就いては、その党を飛び出し集合離散を繰り返す稀有な政治生活を送ってきました。

 小沢一郎 元代表は、国務大臣の履歴が極めて少なく、1985年(昭和60年)から約8ヵ月間、自治大臣(国家公安委員長)に就いた経験しかありません。

 小沢一郎 元代表も総理の声が かかった事は何度もありましたが、大切なステップである内閣官房長官や財務(大蔵)大臣など重要閣僚として国政に参画した経験が なかったのです。

 このブログでは、小沢一郎 元代表を民主党でありながら、ただひとり残っている自民党 領袖(笑)と表現した事がありました。

 小沢 元代表の選挙区は、花巻・北上・旧水沢など東日本大震災で大きな打撃を受けた岩手4区です。

 その際 震災発生時からホームページの更新を一切せず、約1週間ほど初動の政治行動が全く伝わらなかった事を、政治家として致命的な雲隠れだとも書きました。

 今回離党した50名の議員は、殆どが小沢チルドレンと言われる人々です。その小沢 元代表も田中角栄 元首相の申し子と言われてきました。

 もし田中 元首相が活発に政治活動を行っていた頃に、自分の選挙区で震災が起こったら真っ先に現地へ飛び、政治家として あらんかぎり の救援活動をしたと思います。

 小沢 元代表の政治活動の源は、田中 元首相から継承した類いまれな選挙技術で、党要職として沢山の若手議員を当選させ、その数をパワーに権力を掌中に入れていく手法を貫いてきました。

 そして当選させた議員に対して、いつも自分の駒かどうか を確認するため、踏み絵を踏ませる様に集合離散を繰り返します。

 もし小沢 前代表が地元のため震災復興大臣の地位を求めたなら、例え刑事被告人の立場でも国民は容認したかも知れません。

 小沢 元代表のビジョンは、革命綱領にも似た国政への理念が唱われています。しかし、それは「踏み絵」の反対側に映し出されたプロセスが不明確な鏡にも思えてきます。

 小沢 元代表は、社会保障と税の一体改革法案 採決の造反の直後、すぐさま その踏み絵を取り出し、造反した議員に離党届へサインするか尋ね、踏み絵を踏ませています。

 消費税改正に反対の国民からも、この政治手法には 既に腰が引けている感じがするのです。

 11日には、今度の新しい政党の名称と骨子が発表になるそうですが、果して迫ってきた衆院選そして参院選で、どの様な国民の審判が下るのか? よほどの順風が巻き起こらない限り、小沢 元代表の前途は厳しい気もします。

第489回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Linkin Park“Burn It Down

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ
    ♪1位 3週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    おぼたけし「傷だらけの栄光」
    CS ファミリー劇場・アニメ「あしたのジョー2」主題歌
    ♪和音構成でブルージーな旋律をカバーする完成度の高いアニソン。


 このブログの週間選曲リストでは、過去何度か報道番組のテーマ音楽がリストインしています。週間放送視聴日記でも、ニュース番組冒頭の音楽効果について何度か着目し書いてきました。

 NHKニュース番組の歴史NHK臨時ニュースのチャイムに関する週間放送視聴日記については、現在でも大変多くの方にアーカイブして頂いています。本当に ありがとう ございます。

 世界のテレビ放送の中で、最も優れたニュース番組のテーマ音楽を送り出してきたのは、英国の公共放送 BBCです。

 私がBSを視始めたのは 1990年頃からですが、その衛星第1放送(BS1)では、当時 多くの時間をさいて世界中のニュース番組を そのまま放送していました。

 そこで初聴したBBCニュースのテーマ音楽は、鳥肌か立つほど素晴らしいものでした。当時のBBCニュースは、僅か数十秒間のテーマ音楽を、なんとBBC交響楽団がフル オーケストレーションで演奏していました。

 早朝放送されていた“Breakfast News”のテーマ音楽は、そのフル オーケストレーションのスケールが、壮大なタイトルバックと実にマッチしていました。

 重大ニュースの日は、最新映像をタイトルバックに取り入れる斬新さも加味され、特に1991年の湾岸戦争やソ連邦崩壊時のオープニングは、タイトルバックが まさに歴史の断片を切り取った交響詩的「作品」にまで昇華していました。

 お昼の“One O′clock News”のテーマ音楽には、フルートなどの木管楽器アンサンブルの軽快さが聴き取れます。

 タイトルバックは、スタジオ生映像を見事にミックスする演出もありました。白と青そして影の黒が織りなす色彩美の中へ、鮮やかに現れるニューススタジオのライヴ映像は 息を飲むほど美しく、この様なニュース番組のオープニングを、私は いまだかつて視た事がありませんでした。

 夕方の“Six O′clock News”は、第2次 世界大戦のラジオ時代の頃から脈々と続いているBBCの基幹ニュースです。

 BBC RADIO 4では、現在も伝統を守っています。そのテレビバージョンのタイトルバック映像は、テーマ音楽の和音構成と完璧なまでに一致させており、音楽効果は抜群のものがありました。

 そして夜9時の“Nine O′clock News”のテーマ音楽には、一体何事が起こったのかと思わせる(笑)強烈な打楽器による和音効果がみられます。送信塔から まるで落雷の様に電波が発信されるイメージ(笑)のタイトルバックと合わせて、ニュース番組のテーマ音楽としては限界まで極めた作品です。

 本来ニュース番組の冒頭は、視聴者に注目を喚起をする意味合いもあり、まさしく王道を行くテーマ音楽だと思います。

 今でも私は 1990年代前半当時のBBCニュースのテーマ音楽群は、世界に冠たる最高傑作だと信じています。

 その後 BBCのニュース番組テーマ音楽は、少しずつ旋律が変化していきます。BBC交響楽団の演奏もやめて、打ち込み系の電子音楽に変わりました。

 David Loweが制作した現在のテーマ音楽は、ローカルを含めた全ニュース番組や国際放送のBBC WORLDでも、ほぼ共通に使用されています。

 カウントダウンと呼ばれる そのテーマ音楽は、秒音の刻みを和音化して、ストリングスで音楽的旋律を加えています。

 非常な緻密さで制作されており、百万回のリピートにも聴感を飽きさせない構成ですが、やはりBBC交響楽団のシンフォニックなテーマ音楽に比べると少々物足りなさを感じます。

 YouTubeには、沢山のBBCニュース番組のタイトルバックがアップされており、その動画のコメントを読むと、イギリス本国を始め全世界の人々から、いかにBBCニュース番組のテーマ音楽が愛されているのか解ります。

 まもなくロンドン夏季五輪が開幕し、中継映像を制作する国際放送センターは、BBCが地元局としてリードします。

 ニュース番組テーマ音楽に定評があったBBCが、どの様な音楽効果をオリンピック放送のアクセントとして加えるのか、密やかな楽しみにしています。

第490回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( △ )
    おぼたけし「傷だらけの栄光」
    CS ファミリー劇場・アニメ「あしたのジョー 2」主題歌
    ♪編曲は 後藤次利。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Adele“Set Fire To The Rain”
    NBS フジ・ドラマ「息もできない夏」オープニング テーマ
    ♪抜きに出た歌唱力をオブラートに包む様な巧妙なセンスを感じさせる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・ドラマ「警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]


 今週で週間選曲リストは、490週目となります。「第500回記念 全期間ランキング」まで、あと10週となりました。

 1年前予告、そして半年前予告を行ってきましたが、いよいよ最後の「10週前予告」です。

 毎週発表しているレギュラーの週間選曲リストと同じく“All-Time Rankings”である「全期間ランキング」の順位の発表も、いつもの通り 5位までとなります。

 ブログのポリシーとして「500週間」の総合結果を、僅か「5曲」だけの選曲と順位で表現します。

 それを可能にするためルールに特別な工夫をしてあります。詳しくは週間選曲リスト・ルールの中にある「全期間ランキング要項」を お読み頂ければと思います。

 第1回ランキングからのデータベースには、既に全期間ランキング専用のデータベースが設けられており、全期間ランキングの選曲条件をクリアした年間ランキング楽曲が 45曲。最終年の年間ランキングに選曲された楽曲とみなされる、今年 5週以上 1位を記録した楽曲が 3曲。計 48曲が登録されています。

 PCで このブログをお読みの方は お解りと思いますが、ブログの横幅を 従来の768pxから1024pxまで広げました。

 今まで 768pxにしていた理由は、PCサイトを小さなモニターで見ている方のために、横幅の限界を小さく設定していたからでした。

 しかし、タブレットが普及してきた事からも判る様に、現在95%以上の方のPCの解像度が 1024px以上となっています。そこでPC版は、1024pxまで横幅を広げて特化した次第です。

 さらに 1週ごとにリストの字間など 細かいレイアウトの微調整を現在続けています。490週分を1週ずつ丁寧に微調整する作業を懲りもせず(笑)また行っています。

 一方 スマートフォン(アイフォン)の急速な普及により、このブログをモバイル端末で お読みになる方が、遂に 4割近くまで達しようとしています。

 そこでモバイル版のブログは、スマートフォン仕様に特化するべく、数々のレイアウト修正を少しずつ行っています。完了次第このブログで ご報告致します。

 この「第500回記念 全期間ランキング」の発表週は、レギュラーの週間選曲リストが特別にお休みとなり、前後の週を含めて連続3週間に渡り週間放送視聴日記は、第500回記念 全期間ランキングを特集します。

 ですから この3週間の週間放送視聴日記は、何が起ころうとレギュラーの掲載も お休みとなります。秋晴れの様な穏やかな3週間を送れたらと願っています。

 いよいよ「第500回記念 全期間ランキング」まで、あと10週です。

第491回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]
    ♪GTVでも集中放送されていた。

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Adele“Set Fire To The Rain”
    NBS フジ・ドラマ「息もできない夏」オープニング テーマ

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    おぼたけし「傷だらけの栄光」
    CS ファミリー劇場・アニメ「あしたのジョー 2」主題歌


 暑中お見舞い申し上げます。2012年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。


 28日に「ロンドン夏季オリンピック」が開会します。

 日程がタイトな種目は開会式前でも既に競技が始まっており、25日のサッカー女子・予選リーグは、カナダを 2-1で破り なでしこジャパンが勝利しました。

 翌26日のサッカー男子・予選リーグは、日本が優勝候補といわれる強豪スペインを 1-0で破り大金星をあげました。日本は大変幸先の良いスタートを切っています。

 英国(グレート ブリテン 及び 北アイルランド連合王国)そして首都・ロンドンでは、1908年の第4回大会、1948年の第14回大会に次いで 3回目の開催となります。同一都市において 3回の夏季五輪開催は史上初めての事です。

 2週前に紹介したBBCのラジオ放送をネットで聴こうとすると、アクセスが集中してビジーな状態になっており、ヒートアップした盛り上がりが感じられます。

 ただ不安定な国際情勢から警備体制も かつてないほど厳しくなっており、先日のテレビニュースでは、五輪会場近くの集合住宅屋上に、なんと地対空ミサイルまで配備しているとの報道もありました。

 私も長野市に住んでいた頃、長野冬季五輪を経験していますが、もし期間中 近所から地対空ミサイルの発射台が見えたら、五輪の雰囲気は 一気に吹き飛ぶかも知れません(笑)。ロンドン市街は、五輪歓迎ムードの中で高いレベルの厳戒も続いています。

 NHKのオリンピック放送中継予定を見ていると、総合テレビ・BS1・ラジオ第1放送をメインとしていますがEテレでも補完的に中継し、放送できなかった競技についてはネットで配信するのだそうです。

 このブログでは、夏季・冬季オリンピックでの日本選手金メダル獲得を、全員その種目・選手名を五輪優勝記録として、獲得メダル数と共に放送記録してきました。今回のロンドン夏季五輪では、何人記録できるのか? 日本選手の活躍に期待しています。


(追記) 開会式は、28日 午前5時(日本時間)から始まりました。

 ロンドンとの時差は 8時間あります。現地の開始時刻は 午後9時。メイン スタジアムには、あいにくの雨が降り続いていました。

 最近の五輪開会式は、世界中から国家の首脳が来賓として招かれ、今回も約120ヶ国以上の元首クラスが列席しましたが、2020年 夏季五輪招致を控えた石原慎太郎 東京都知事は、体調不良とかで欠席。野田佳彦 首相も国会審議のため欠席しました。

 憲法 第63条には「内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかは(わ)らず、何時でも議案について発言するため議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。」との規定がありますが、本気で誘致するのでしたら、やはり国会も総理に数日間の審議余裕は与えるべきだと思います。

 開始から1時間以上続いたアトラクションは、少し詰め込み過ぎの感じがありました。

 回を重ねる事に国際スポーツ大会 開会式の本義からは、遊離している様に思えています。英国ならではの式典音楽効果にも注目していたのですが、肝心の五輪旗掲揚の際に流れる五輪讃歌に合唱がないなど、少し残念な印象を受けました。

 但し開会式ラストのPaul McCartney“Hey Jude”は、別格で大変素晴らしかったです。

 6時20分に やっと選手団入場は始まり、7時7分に日本選手団が入場。エリザベス女王の開会宣言は、在位60年を迎え矍鑠(かくしゃく)としていました。

 そして 8時37分に聖火が点火されました。現地時間では 午前0時37分。前回の北京夏季五輪同様に日付を跨いだ深夜の点火でした。ただ聖火台をスタジアムの真ん中に建てて(笑)陸上競技の邪魔には ならないのでしょうか?

 NHKの開会式実況は、武田真一 アナと廣瀬智美 アナ。大きなミスは ありませんでしたが、どうも武田 アナは興奮すると声質が上擦り(笑)する傾向があり、何度か その様な場面もありました。

 それでも式典の間に無用なコメントを交えず、近年になく洗練された実況でした。ロンドン夏季五輪 開会式は 無事終了しています。

 その後 メインスタジアムの聖火台は、陸上競技開始前に南側スタンドへ移動しました。AP通信の報道によると、移動の際に一度聖火を消したそうです(笑)。

 開催期間中 五輪精神の象徴として燃え続けるのが聖火ですが、開会式の過剰演出目的で意図的に吹き消す事になってしまいました(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2012年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。