FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第488回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( △ )
    MISIA「恋は終わらないずっと」
    NHK総合・ドラマ10「はつ恋」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Linkin Park“Burn It Down
    ♪珍しくフラットなエレクトロ感があるが和音構成は美しい佳曲。


 小沢一郎 元代表が、民主党を離党しました。

 2日に行われた 社会保障と税の一体改革関連法案の衆議院本会議採決で、造反した上の覚悟の離党でした。6日までに小沢 元代表と同調した 38名の衆議院議員と 12名の参議院議員も離党し、民主党は 分裂状態となりました。

 小沢一郎 元代表は、1969年(昭和44年)旧岩手2区から衆議院議員に初当選以来、自由民主党 → 新生党 → 新進党 → 太陽党 → 自由党 → 民主党と政党の要職に就いては、その党を飛び出し集合離散を繰り返す稀有な政治生活を送ってきました。

 小沢一郎 元代表は、国務大臣の履歴が極めて少なく、1985年(昭和60年)から約8ヵ月間、自治大臣(国家公安委員長)に就いた経験しかありません。

 小沢一郎 元代表も総理の声が かかった事は何度もありましたが、大切なステップである内閣官房長官や財務(大蔵)大臣など重要閣僚として国政に参画した経験が なかったのです。

 このブログでは、小沢一郎 元代表を民主党でありながら、ただひとり残っている自民党 領袖(笑)と表現した事がありました。

 小沢 元代表の選挙区は、花巻・北上・旧水沢など東日本大震災で大きな打撃を受けた岩手4区です。

 その際 震災発生時からホームページの更新を一切せず、約1週間ほど初動の政治行動が全く伝わらなかった事を、政治家として致命的な雲隠れだとも書きました。

 今回離党した50名の議員は、殆どが小沢チルドレンと言われる人々です。その小沢 元代表も田中角栄 元首相の申し子と言われてきました。

 もし田中 元首相が活発に政治活動を行っていた頃に、自分の選挙区で震災が起こったら真っ先に現地へ飛び、政治家として あらんかぎり の救援活動をしたと思います。

 小沢 元代表の政治活動の源は、田中 元首相から継承した類いまれな選挙技術で、党要職として沢山の若手議員を当選させ、その数をパワーに権力を掌中に入れていく手法を貫いてきました。

 そして当選させた議員に対して、いつも自分の駒かどうか を確認するため、踏み絵を踏ませる様に集合離散を繰り返します。

 もし小沢 前代表が地元のため震災復興大臣の地位を求めたなら、例え刑事被告人の立場でも国民は容認したかも知れません。

 小沢 元代表のビジョンは、革命綱領にも似た国政への理念が唱われています。しかし、それは「踏み絵」の反対側に映し出されたプロセスが不明確な鏡にも思えてきます。

 小沢 元代表は、社会保障と税の一体改革法案 採決の造反の直後、すぐさま その踏み絵を取り出し、造反した議員に離党届へサインするか尋ね、踏み絵を踏ませています。

 消費税改正に反対の国民からも、この政治手法には 既に腰が引けている感じがするのです。

 11日には、今度の新しい政党の名称と骨子が発表になるそうですが、果して迫ってきた衆院選そして参院選で、どの様な国民の審判が下るのか? よほどの順風が巻き起こらない限り、小沢 元代表の前途は厳しい気もします。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2012年07月06日 の週間選曲リストと『 小沢一郎 元 代表が民主党離党 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。