FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第305回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    福原美穂「優しい赤」

  3. 第 3 位 ( △ )
    AC/DC“Rock’N’ Roll Train”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    GIRL NEXT DOOR「情熱の代償」
    abn ABC・ドラマ「ギラギラ」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    しおり「永遠」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
    ♪旋律やアレンジ イメージは温い感じだがドラマのラストシーンとフィットする。


 フジテレビ開局50周年記念ドラマになる木曜劇場「風のガーデン」は、やはりテレビ史に残る作品です。

 脚本は倉本聰 書き下ろし。「北の国から」「優しい時間」に続く富良野三部作・最終章という位置付けが、この「風のガーデン」に与えられています。

 長年 倉本とコンビを組んで来た統括プロデュース(制作総指揮)に中村敏夫。そして全話の演出は、倉本聰と佳きライバル関係にあった脚本家・山田太一の実娘である、宮本理江子 フジテレビ ディレクターが担当しています。

 舞台は、倉本のホームタウンである北海道 富良野市です。

 豪椀の麻酔科医でありながら、末期癌に冒されている主人公・白鳥貞美は中井貴一。息子の不行跡を叱責し絶縁関係になっている、富良野の開業医の父・白鳥貞三が緒形拳。知恵遅れの息子・白鳥岳に 神木隆之介が配役されています。

 麻酔を担当した末期癌患者の二神達也(奥田瑛二)から、最新医療設備搭載のキャンピングカーをプレゼントされた貞美は退職し、そのキャンピングカーに乗って故郷の富良野へ向かいます。

 最期の夏を潜やかに過ごすためでした。しかし、富良野では知人友人そして父親に存在を知られていきます。

 父親役の緒形拳 氏は、自身が肝臓癌という厳しい状態での撮影でした。クランクアップ直後から病状が進行し、今年10月に他界。「富良野 三部作・最終章」という倉本聰 自身のシナリオ設定に、更に超越した意味合いを緒形拳 氏は刻み込んでいます。

 密かに訪ねたキャンピングカーで、息子の末期癌に気付き声なき慟哭をする父親の姿が映し出された第8話「フロックス」ラストシーンは、国民俳優・緒形拳の魂を賭けた凄絶な演技でした。

 以前 同じ木曜劇場の「Dr.コトー診療所2006」では、島の進行胃癌患者・坂野ゆかり(桜井幸子)が奇跡の回復をするストーリーを軸に据えていました。これが難病に苦しむ視聴者の間へ勇気を与えています。しかし、今回の「風のガーデン」はテーマが異なり、覚悟して視聴しなければならない様です。

 主役を演じる中井貴一も、肉親の早逝を経験している俳優です。中井貴一の実父である名優・佐田啓二は、37才の若さで亡くなっています。

 「風のガーデン」は、国民俳優・緒形拳 氏の敢然たる遺作として、末期医療そして地域医療のあるべき姿は何か? 富良野の美しい花々と共に問いかける大切なドラマとなりそうです。

第306回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    AC/DC“Rock’N’ Roll Train”

  3. 第 3 位 ( ★ )
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング
    ♪転調がより意図的な感じだが旋律の進行は美しい佳曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    福原美穂「優しい赤」

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    しおり「永遠 ~ とわ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌


 松本で初めての冬越しに入りました。マンションの「結露」は相変わらずです(笑)。

 やはり結露が垂れても良いように、使い古しのバスタオルをサッシ枠の近くへ敷いておくしかありません。とにかく対策は、フローリングを養生する事だと気付きました。

 また「結露ワイパー」により毎朝結露を取る作業も、原始的(笑)ですが効果はあります。これが意外に楽しく、面白いほど結露はワイパーのタンクへ貯まります。毎朝結露の観測をしている感じです(笑)。

 結露を取ると天気の良い日は、常念岳など冠雪した北アルプスが一気に現れ息を飲むほどです。その窓から双眼鏡を使えば、FM長野・松本本社のSTL塔も遠望できます。

 思い切って購入した「オイルヒーター」のほうは今のところ順調です。サーモスタットで自動オンオフさせると、寒い日も寝室が全く冷えません。やはり高気密のマンションゆえの効果だと思います。

 でも どこがどう暖まっているのか はっきり分からず、オイルヒーターとは実に不思議な暖房器具です(笑)。このマンションにはエアコンの他、強制排気型(FE式)の石油ファンヒーターも備え付けられてますが使用せずに済みそうです。


 冬の松本は、風の強い街になります。我が家で秋を知らせる「山紅葉」の盆栽。今年の初夏は少し元気がありませんでした。引越しによる環境の変化が影響したのかも知れません。

 肥料を変えるなど工夫したところ、真夏には どうにか元気を回復しました。しかし、この秋の紅葉は鮮やかな色と言えませんでした。

 今は春を知らせる「白梅」の盆栽と共に、松本の木枯しで葉は散り冬支度をしています。植木市を転々とし、苦労して我が家へやってきた山紅葉の盆栽です。春からは充分養生させて、これからも大切に育てたいと思っています。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのご存知「かめクン」ですが、18回目の冬眠に入りました。ところが例年と異なり毎日起きています(笑)。

 かめクン は一番暖かい部屋に居ますので、何日も深く眠る事がありません。バスキングライト浴か日光浴を毎日して夜は長めに寝ているのが、この冬の かめクン です。

 恒例になった冬眠前の身長測定。かめクン の身長は、0・5センチ伸びて 16・0センチになりました。


(追記) 2011年1月から、かめクン の飼育方法を、加温飼育に切り替えました。

第307回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング
    ♪混り合う変調を吉田美和のヴォーカルで修正していく様なアレンジ。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    AC/DC“Rock’N’ Roll Train”

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    福原美穂「優しい赤」

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    しおり「永遠 ~ とわ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌


 来たる29日にNHK教育テレビは、地球温暖化防止対策として、午前5時から午後0時30分まで、さらに午後9時30分から翌日 午前2時50分まで 放送を休止すると発表しました。

 NHKの昼間放送休止は、オイルショックの節電対策で、総合・教育テレビの放送を平日 午後1時間ほど休止していた、1974年から1976年以来となります。

 全国の送信所・中継所総てが対象になるため、約1万7000kwhの節電となり、約 9トンの二酸化炭素削減効果があるそうです。

 但し今回の放送休止とは、完全な停波が条件です。テストパターンを流したり、只今放送を休止していますとテロップを流せば(笑)送信所・中継所は停波しておらず、二酸化炭素削減効果を満たす放送休止にはなり得ません。

 全国のNHK教育テレビの送信所・中継局総てをチェックするのは、難しい事ですが、この放送休止が定例化するか否かで、今回の放送休止の意義が検証出来るかも知れません。

 地球温暖化問題を広範囲に訴える時、マスコミの力は不可欠です。しかし、NHKを始めテレビ・ラジオの放送事業者にとって、この地球温暖化防止キャンペーン推進は、大きなタブーがありました。

 放送の維持管理や電波の送信自体には、多量の電力を消費するからです。ラジオ単営局でも年間の消費電力は、少なくとも10万kwhかかるとの説があり大変難しい問題です。

 地球温暖化防止対策は、あらゆる国家・営利事業体が、例外なく数値目標を定めて取り組まなければならないとされています。テレビ・ラジオ局などの放送事業者が、全く無関係であるとは言い切れません。

 ラジオの24時間放送は、全国あらゆる地域で少なくとも1局、緊急災害報道など強い公共・公益性の点からも、絶対に堅持されなければならないと、私は思っています。

 ただ全てのラジオ局が、24時間放送を維持しなければならない訳でもありません。また民放テレビの深夜放送・早朝放送が、本当に「全局」必要なのかは さらに疑問です。

 特に24時間放送の意義を、地元への緊急災害報道に求めているコミュニティFM局は、その24時間 特に深夜の時間帯に、社員などの放送要員が在局しているのか? 無人の局舎で24時間放送をしても、本当に緊急災害報道に役立つのか? 極めて疑問に思う事があります。

 公共放送・民間放送一丸となった取り組みがなければ、放送メディアで地球温暖化防止を訴える事は、24時間放送のシステムひとつを取り上げてみても、うわべだけの主張になっている恐れがあります。

 今回のNHK教育テレビの放送休止は、放送事業者として、地球温暖化問題へ真摯に取り組んでいこうという姿勢から英断だと思っています。但し大切なのは、実態に則した その継続性と広がりです。

Year-End Ranking

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( 8)
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌
    ♪ショパンの叙情性から劇的な転調やストリングスの美しさが重なり合い、ドラマの主題である生命の尊さを、クラシック と バラードの融合により表現した深遠な楽曲。

  2. 第 2 位 ( 4)
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( 4)
    the brilliant green“Ash Like Snow”
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム00」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( 3)
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  5. 第 5 位 ( 4)
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ


 2008年も年の瀬が押し迫り、このブログの更新は、今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2008 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2008年 1月 4日 第257回ランキングから、2008年12月19日 第307回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数は 44曲。選曲条件をクリアした楽曲数が 15曲と記録されています。今年の年間ランキングの累積資料は、次の通りです。

 【1位 8週 登場11週】① ノクターン 平原綾香。 【1位 4週 登場25週】② 篤姫 劇伴音楽。 【1位 4週 登場 9週】③ Ash Like Snow the brilliant green。 【1位 3週 登場 8週】 ④ 鬼平犯科帳 ‘69 ‘71 テーマ音楽。 【1位 4週 登場 8週】⑤ 1/6の夢旅人 2002 樋口了一。

 以上の累積資料 と 参照先リストの選曲理由に基づき、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。週間選曲リストのリストイン総曲数は、昨年より増加しましたが、選曲条件をクリアした楽曲数は、逆に減少しており、1位推移が安定してきた事を示しています。そして今回 初めて年間ランキングに 旧譜が入りました。

 今年は、抜き出ていた年間 1位をルールに従って自動確定。次に 1位週数のデータを軸として、年間ランキング楽曲 4曲を慎重に選曲しました。その中から年間 2位は、登場週数が他をリードしており ストレートに決定。年間 3位から 5位に関しては、累積資料である 1位週数・登場週数のデータを参考にしつつも、独自性の高い順位決定を行っています。

 今年 最も美しい 5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)2曲、ドラマ主題歌 1曲、アニメ主題歌 1曲、バラエティ・テーマソング 1曲 となっています。

 年を経るにつれ、週間選曲リストにドラマ主題歌を、選びにくくなる傾向が強まっています。しっかりしたタイトルバックを放送しない番組も多くなりました。そのため、ドラマ主題歌に美しさを感じる事が 一気に減っています。余裕の無い番組構成が、主題歌の採否も反映されているかの様な、テレビ不況が進行した 1年でした。

 米国から端を発した世界的な金融危機に、日本経済も すっかり覆われた 2008年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2008年12月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。