FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第279回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    COLDPLAY“Violet Hill”

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「瞳」テーマ音楽 [山下康介]
    ♪1位 3週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪約40年前に制作されたテーマ音楽は神域に達する圧倒的な和声感と調性。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]


 1991年から毎月受け取っていたFM長野の番組表である「タイムテーブル」が、今月から隔月の発行となるそうです。FM長野からタイムテーブルと一緒に送られてきた付箋には「諸々の事情」から毎月発行を止めて、偶数月の発行になる旨が記されていました。私は、残念ながらリスナーサービスの低下と、受け取らざるを得ませんでした。

 私は、FM長野 自社制作番組リストでも紹介しました通り、17年間のFM長野のタイムテーブルを資料として保存しています。JFN加盟局は、全てラジオ単営局です。新聞の小さなラジオ欄では、番組情報を伝え切る事が出来ず、FM長野を含めてJFN加盟局は、タイムテーブル発行のサービスを丁寧に続けてきました。

 番組編成に流動性が高くなると、こまめにタイムテーブルを発行する必要があります。さらに校正や印刷行程の繁雑さなどから、その流動性が かえってタイムテーブルの定期発行を大変にします。特にFM局は、番組編成作業をギリギリまで行う傾向があります。その編成スタッフが、広報であるタイムテーブル編集スタッフと微妙に重なり合い、両方の作業へ支障が出るのです。

 リスナーサービスが充実した局では、県内全域からタイムテーブルを配布する場所を複数決めて、リスナーが入手しやすいようにします。さらにタイムテーブルの充実化を図り、フリーペーパー化して流通させる局まで存在します。FM長野のタイムテーブルは、開局当初から局からのメッセージを毎月掲載し、アットホームな感じを出していました。

 ところが、2001年 4月からメッセージ掲載が無くなり、最近では FM長野からのタイムテーブル郵送が遅れる状態も続いていました。いまや全ての加盟局に公式サイトがあり、番組表のページもあります。しかし、ラジオの聴取環境 と ネット環境が、完全に一致している訳ではなく、放送番組や時刻を知りたいと思うリスナーが、常時ネット環境にあるとも限りません。

 提供スポンサー名を含むタイムテーブルの全掲載情報を、PDFで公式サイトに公開・更新している誠実なラジオ局は まだ僅かです。経費縮減も大切ですが、リスナーサービスの存否と頻度は、放送局内部の合理性よりも、リスナーに対する必要性で決めるべきです。やはり年相当回の定期的なタイムテーブル発行を続ける事は、ラジオ単営局として これからも必要だと考えます。


(追記) 2009年 9月から、FM長野はタイムテーブル発行の間隔を さらに伸ばし、3か月 としました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2008年06月06日 の週間選曲リスト と『 FMラジオ局のタイムテーブル 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。