FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第280回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・スポーツ情報番組「サンデースポーツ」テーマ音楽 [吉俣良]

  2. 第 2 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳 ‘69 ‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    COLDPLAY“Violet Hill”

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Micro「踊れ」
    TSB 日テレ・火曜ドラマ「おせん」主題歌
    ♪メジャーへの転調が少々アバウトだが、調性は整いタイトルバックが良い出来。


 最近の地上波テレビを視てみると、雑学クイズ番組 花盛りです。悪い感じはしません(笑)。個別の番組に品質差もありますが、レベルの低いバラエティは、以前と比較して駆逐されていく感じさえします。レベルの低いバラエティ番組とは、受け手の知的水準を問いません。送り手が 受け手の知的水準を見下して 企画制作を始めた時点で、レベルの低さが定まってしまいます。

 そういえば占い師や霊能師と称する人達の番組も、その数が減っています。私は前々から、この占い師や霊能師と称する人達の番組内容が、放送局のルールに抵触しているのでは? という疑問を持ってました。放送法 第3条の3では、総てのテレビ・ラジオ局(放送事業者)に「番組基準」を設ける事が義務付けられています。その基準は、日本民間放送連盟のヒナ形があります。

 その民放連放送基準 第8章「表現上の配慮」(54)には「占い、運勢判断 および これに類するものは、断定したり、無理に信じさせたりするような取り扱いはしない。」とあります。これは重要な放送基準です。取り扱いという語彙に微妙な点がありますが(笑)取り扱いが 番組における表現と解釈できなければ、章題の「表現上の配慮」には 当てはまりません。

 占いや 運勢判断等は、断定したり、無理に信じさせたりする表現を番組でしない、と解するのが妥当です。占いの番組・コーナーは、星座とか 十二支とか 大括りの中で、穏やかな指針を与えるレベルに停めるべきです。弱い人間というより弱みを見せたゲストへ、非科学的な根拠から恫喝とも言える説諭で、占術の結果を放送するその内容は、どう考えても番組基準に抵触します。

 昨年 2月には、全国霊感商法対策弁護士連絡会から民放キー局に対し「占い師や霊能師が未来やオーラを断定的に述べ、出演者は それを頭から信じて感激する番組」を是正すべきだと要望書が提出されました。どうも占いというのは、占い師に小出しの情報提供をし(笑)その情報に基づき整合性を保ちつつ(笑)導いた推測を、これまた 小出しに返している様にしか見えません。

 放送事業の源泉は、収益効率でなく公共公益性にあります。占術の結果を放送する番組は、いくらスポンサーを獲得しても、公共公益性に立脚していません。この手の番組の継続を黙認してしまえば、放送局 と 放送内容を信頼する人達の数は、確実に減少します。番組基準を定めた以上は、基準スレスレの番組ではなく、基準に完全適合した番組を制作するべきだと思います。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。