FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第765回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Anly“Venus”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    凛として時雨“DIE meets HARD”
    BS JAPAN・ドラマ24「下北沢ダイハード」オープニング テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    AKLO×JAY’ED“Different Man”
    BS JAPAN・ドラマ25「デッドストック ~ 未知への挑戦」オープニング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「This is Us 36歳、これから」クレジット音楽 [Siddhartha Khosia]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    The Lumineers“Scotland”
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」テーマ曲
    ♪アレンジでオルタナ色を薄めているが、ロックビートは シンプルに刻んでいる佳曲。


 最近では、邦楽の賞獲りレースがめっきり減ってしまいました。その中で日本レコード大賞と共に長年続いていた、日本有線大賞(主催・全国有線音楽放送協会)の地上波テレビ中継を、今年限りで止めるそうです。もはや日本有線大賞自体が風前の灯です。以前は 有線放送の賞がふたつ存在し、この有線大賞の他に、全日本有線放送大賞(主催・大阪有線放送社)もありました。

 全日本有線放送大賞は、参議院議員となった 宮田輝 アナが長く司会を務めていました。授賞曲の発表の際に、楽曲のコード番号まで読み上げていたのが、やたら印象に残っています。日本有線大賞には、リクエスト数の統計という、他の音楽賞にない一貫した選考資料があり、極めて重視してきました。この資料の存在が、日本有線大賞を長続きさせた原因だと思われます。

 現代の有線音楽放送は、ロック・ポップス・演歌・歌謡曲・ジャズ・クラシックなど、ジャンルを細かく分けた多チャンネルで、音楽を専用チューナーからスピーカーに流してきました。主要チャンネルでは、有線を引いたお店や事業所から、電話リクエストを受け付け、そのリクエスト楽曲をスピーディに ノーDJ・完奏で放送していく、独自のシステムを長年続けています。

 その昔、ジュークボックスというコインを入れて選曲ボタンを押すと、希望曲が聴くことが出来る、アナログながら精密な構造のマシンがありました。有線音楽放送の場合、ジュークボックスの様に即時聴ける訳ではなく、多少の順番待ちはありますが、この仕組みに似ています。リクエストを 1回すると、必ず 1回 リクエストした曲を流すのが、有線音楽放送の鉄則です。

 そのリクエスト統計が、有線放送の順位になります。この独特な音楽需要の動向資料は、70年代からラジオのヒットチャート番組のデータとして使われており、HBC北海道放送のベストテンほっかいどうや、SBC信越放送のSBC歌謡ベストテン、そしてTBSテレビのザ・ベストテンなどでは、明確に有線放送順位へデータ配点して、総合順位決定の資料としていました。

 多額の累積赤字を抱えながら、意地になって(笑)続けているCS衛星音楽放送・ミュージックバード では、既に有線音楽放送チャンネルの配信を始めています。リクエストパックをオプション契約したミュージックバードの会員は、加入家庭が加入事業者扱いになって、電話リクエストをする事が出来、ミュージックバードを通じて邦楽のリクエスト曲が聴ける仕組みです。

 千葉のbayfmでは、開局当時「サイバーテレフォンリクエスト」という深夜番組があり、コード番号をプッシュ回線で電話リクエストすると即時受付られ、毎日ランキングを集計して上位曲をオンエアー。番組では、先着 1名のリクエストを、即時オンエアーするコーナーまでありました。いま顧みれば時代の先端を行く様な、極めて斬新な自動送出のFMラジオ番組でした。

 ラジオ放送は、コミュニティFMから徐々にAI(人工知能)の活用が、既に始まっています。DJやパーソナリティなしで、リクエスト曲を即応して放送する有線音楽放送。半世紀以上続く我が国独特の放送システムは、爛熟しているインターネットの世界、そして TFMグループのミュージックバードを通じて、少しずつFM音楽ラジオ放送とも接点を持ち始めています。

第766回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    凛として時雨“DIE meets HARD”
    BS JAPAN・ドラマ24「下北沢ダイハード」オープニング テーマ曲
    ♪345(中村美代子)の Vo.が和声化している。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Anly“Venus”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    The Lumineers“Scotland”
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    AKLO×JAY’ED“Different Man”
    BS JAPAN・ドラマ25「デッドストック ~ 未知への挑戦」オープニング テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「This is Us 36歳、これから」クレジット音楽 [Siddhartha Khosia]


 2018 FIFAワールドカップ・ブラジル本大会・1次リーグの組み合わせ抽選が 2日 早朝行なわれ、日本は、コロンビア・セネガル・ポーランドと一緒の「H組」に決まりました。抽選では、FIFAランキング下位組のポット 4でしたが、引いても引いても 日本のボールが現れず(笑) 最後の残り 1ヵ国のボールが日本になりH組と決まる、非常に稀な抽選結果でした。

 現在のFIFAランキングは、ポーランド・7位、コロンビア・13位、セネガル・23位、日本・55位です。

 ロシアの首都モスクワのクレムリンパレスで行われた組み合わせ抽選会を、NHK総合でライブ視聴しました。前回 2014年の組み合わせ抽選は、実に難解な方式で、同地区同士 と 強豪国同士が同じ組に集中する事を回避するあまり、複雑なポット割りがされており、ポットX抽選までやらねばならなかったのてすが、今回は 比較的解りやすい抽選方式を採用した様です。

 まず 10月に発表されたFIFAランキングに基づき、上位 7ヵ国 プラス 開催国・ロシアが、シードとも言えるポット 1に振り分けます。そこから 8ヵ国ごとにポット 4まで配分されていきます。そして抽選しながら、ヨーロッパ地区は 3ヵ国以上、他地区は 2ヵ国以上の組になってしまうクジを引いた場合、その時点で隣の組へ自動編入される明解なシステムでした。

 日本と同じ組に セネガルが入りました。セネガルは、西アフリカのサハラ砂漠 と 大西洋に接する共和制国家です。首都ダカールは、パリ・ダカール・ラリーの終着点として、大変よく知られています。近郊国と一緒に 1960年に独立。旧宗主国がフランスだった関係から、公用語は フランス語です。治安情勢は、外務省から渡航注意勧告が出ているほど、あまり良くありません

 セネガルは、FIFAワールドカップに 2002年の 1回だけ出場。その時にベスト8まで進出しています。セネガルとの国際試合対戦は 極めて少なく、0勝 1分 2敗と日本は 勝った事がありません。直近の対戦が 2003年のキリンチャレンジ杯で、日本は ホーム(新潟)で負けました。そして次の試合となる 2018年 W杯のセネガル戦は、第2戦に組まれています。

 FIFAワールドカップは、国家 と 国民の力を サッカーボールひとつに表現しようと、ナショナルチームが総力で戦います。セネガルは、ギニアとの国境を接する地方から分離独立運動が起こっており、その地方には 渡航中止勧告が出ているほど、紛争 と テロの危険度が一段と高くなっています。その様な国内情勢のセネガルが、国家の団結を賭して試合に臨むのです。

 自国のプロサッカーの選抜として構成される日本チームは、どうしてもプロスポーツとしてのサッカーの頂点を構成する試合という認識しか出来ず、毎回この総力戦の雰囲気に呑まれてしまいます。ハリルホジッチ ジャパンには、ぜひとも国家 と 国民の力が サッカーボールひとつに表現される総力戦を、FIFAワールドカップ本大会という大舞台で具現して欲しいものです。

第767回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    凛として時雨“DIE meets HARD”
    BS JAPAN・ドラマ24「下北沢ダイハード」オープニング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Anly“Venus”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「This is Us 36歳、これから」クレジット音楽 [Siddhartha Khosia]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「オーファン・ブラック ~ 七つの遺伝子」劇中効果音楽 [fox capture plan]
    ♪ジャズのシンコペーションが色濃く残ってるが、際立つほど洗練された劇伴群。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    The Lumineers“Scotland”
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」テーマ曲


 先々月交換したPCは、順調に機能しています。やっと始める事が出来たDVD-RAMのリッピング作業も、ゴールが近づいてきました。食わず嫌い(笑)だった windows10も、使ってみると なかなか快適なものです。ディスプレイが真っ暗になってしまった先代のPCは、新しいPCのディスプレイと接続すれば使用可能ですので、一応このまま保管しています。

 問題は 先々代のPCです。windows vistaを使ったPCは、ほぼ故障の状態で 3年間も保管していたのです。処分の方法を検討してきましたが、都市鉱山の発掘(笑)に協力する意味で、国から認可を受けている専門処理業者の宅配便回収に渡す事にしました。セキュリティ的にHDDデータの完全消去も、故障のため難しい状態なので専門処理業者にお任せしています。

 多少費用はかかりましたが、消去すると証明書まで発行してくれるデータのお任せ消去と、制限までの大きさに規格された詰め込む段ボールを、有料で購入しました。送られてきた段ボールにPCを詰め込むと まだまだ相当余裕があります。そこで今まで処分が厄介だった故障しているプリンター、ファックス、DVDプレイヤーを、どんどん詰め込んでしまいました(笑)。

 段ボールは、相当な重さになり持ち上げるのも大変でしたが、指定期日にやってきた宅配業者さんがヒョイと持ち上げ(笑)回収してくれました。その時に運送費用は かかりませんでした。処理状況は、宅配業者の荷物追跡 と マイページで確認できます。土日を挟み月曜に段ボールは 無事リサイクルセンターに到着。それから 4日後に データ消去の証明書が電子発行されました。

 記載されていた処理方法は 強磁気破壊。強磁気破壊とは、故障で起動出来なかったPCの場合、HDDに強磁気を浴びせ、一瞬の内に総てのデータを消し去る方法です。証明書発行から 2週間後に、処理完了のメールが届きました。自宅で厄介をかけていた古いPC や 小型家電は 解体されて、希少金属が取り出された様です。都市鉱山の発掘に、多少なりとも貢献できました。

 日本国内の解体廃棄物に存在する 金(GOLD)の総量は 約 7000トンと、全世界の埋蔵量の約 16%に達するそうです。これは 世界有数の資源国に匹敵します。2020年 東京夏季五輪のメダルを、この「都市鉱山」から鋳造するプロジェクトもあり、小型家電リサイクル法に基づく正規のルートで、今回 古いPCなど不要家電を回収に出せて良かったと思っています。

第768回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    凛として時雨“DIE meets HARD”
    BS JAPAN・ドラマ24「下北沢ダイハード」オープニング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「オーファン・ブラック ~ 七つの遺伝子」劇中効果音楽 [fox capture plan]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Anly“Venus”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌
    ♪1位 3週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「This is Us 36歳、これから」クレジット音楽 [Siddhartha Khosia]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    The Lumineers“Scotland”
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」テーマ曲


 9月末から始めていたDVD-RAMのリッピング作業が、遂に完了しました。DVD-RAMのテレビ録画ファイルは、汎用の効く mp4 に変換する事が出来ました。32枚のDVD-RAMに入っていた動画ファイルは、386のmp4ファイルに分割。これを 32GBのUSBメモリー 1本で本保存。そして 16GBのUSBメモリー 2本にバックアップ保存しました。

 あれだけあったDVD-RAMの束が、小さなUSBメモリー 3本に収まってしまい感慨無量です。但しDVD-RAMに入っていた動画ファイルを、全てmp4化したのではありません。リッピングしたのは約 9割です。そして これらのDVD-RAMは廃棄せず、ブックタイプのDVDケースで保存していく事にしました。なんと 240枚のDVDを保存する事が出来ます。

 このブックタイプのDVDケースは、個別ケースでなく、DVDを袋で包んでしまうような形態ですが、その袋が不織布になっておりディスクを傷つける事はなく 長期保存に適しています。ですからリッピングするほどではない一部の録画は、そのままDVD-RAMに残しました。今回使用したリッピングソフトも、念のため別途のDVDに入れて保存していく事にしています。

 この考え方を、来年以降に始める全テレビ録画・ラジオ録音ファイルのUSBメモリーによる統合管理でも踏襲していくつもりです。DVD-Rで保存しているテレビ番組の動画は、全く無圧縮のmpegファイルで、300枚以上に及びます。所有DVDを、そのままUSBメモリー や 外付けHDDに移すと、余裕を持たせれば 2TB近く必要だと、当初考えていたのです。

 今回 32枚のDVD-RAMをリッピングしましたが、殆ど画質変化なく適正なサイズ調整によって、リッピングした動画総てが 32GBのUSBメモリーに収まってしまいました。この試算でいくと、ドラマ全話録画などをDVDに残す選択をすれば、mp4ファイルへの変換保管は 、現在普及している 128GBのUSBメモリー 1本でも統合管理が可能となります。

 それでも ラジオ録音と テレビ録画は、別のUSBメモリーにするとか 分散は必要かも知れません。リッピングが完了し、再生不能だったDVD-RAMの中の録画が、視聴できる様になりました。故障したDVD-RAMが再生可能なプレイヤーは、都市鉱山の一環でリサイクルへ出しています。今年 2017年は、DVD-RAMの呪縛(笑)から解放された 1年でした。

Year‐End Ranking

   
  1. 第 1 位 ( 6)
    BS Dlife・外国テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]
    ♪打ち込みによるピアノ系 と 打楽器系の和音が二重に聴こえるが、旋律が進行すると 一体化していると理解できる、抜群な器楽和声を有した海外サスペンスドラマ テーマ音楽の傑作。

  2. 第 2 位 ( 5)
    abn テレ朝・木曜ドラマ「緊急取調室」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( 5)
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  4. 第 4 位 ( 4)
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]

  5. 第 5 位 ( 2)
    ぼくのりりっくのぼうよみ「つきとさなぎ」
    テレビ東京・ドラマ25「SR サイタマノラッパー ~ マイクの細道」エンディング テーマ


 2017年も 年末を迎えて、このブログの更新は、今年最後となります。そこで 今週の週間選曲リストは『2017 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2017年 1月 6日 第718回ランキングから、2017年12月22日 第768回ランキングまでの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数 43曲。その中から選曲条件をクリアした楽曲として 16曲が データベースに登録されています。確定・決定した年間順位の累積資料は、次の通りです。

 【1位 6週 登場20週】① NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班 テーマ音楽。 【1位 5週 登場11週】② 緊急取調室 劇伴音楽。 【1位 5週 登場19週】③ ダウントン・アビー テーマ音楽。 【1位 4週 登場 6週】④ リテイク 劇伴音楽。 【1位 2週 登場 9週】⑤ つきとさなぎ ぼくのりりっくのぼうよみ。

 以上の累積資料 と 参照先の選曲理由に基づき、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )を作成しました。週間選曲リストのリストイン総曲数は、昨年比で 2曲増加しましたが、選曲条件をクリアした曲数は 1曲減っており、概して大きな変化になりませんでした。なお例年にない特徴として 今年の年間ランキングには、昨年以前にリストインした楽曲が 2曲入っています。

 まず年間 1位は、1位週数 6で自動確定。そしてルールに従い、選曲条件をクリアした楽曲の中から、1位週数のデータを軸に、年間ランキング楽曲 4曲を改めて選曲。年間 2位以下は、累積資料である 1位週数・登場週数のデータを参考に、独自性の高い順位決定を行っています。特に年間 3位楽曲は、昨年の年間 1位で、初めて年間ランキングに 2年連続選曲されました。

 今年 最も美しい 5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)4曲、ドラマ主題歌 1曲 となっています。

 2年連続で 海外テレビドラマのテーマ音楽が、年間 1位になりました。一方では 昨年ゼロだった国内ドラマ主題歌も入っており、幅広い音楽ジャンルから、年間ランキング 5曲が構成されています。今年の週間選曲リストには、放送音楽としての新しい傾向が顕著にみられます。そんな週間選曲リストを集約して得られた、他にはない 年間ランキングを作成する事ができました。

 お気持ち表明を拝戴して、前例が全くない皇室典範特例法が成立し、施行時を以て天皇陛下のご退位と決まった 2017年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。