FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第556回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    BS Dlife・BBCワールドニュース テーマ音楽 [David Lowe]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    LUHICA「手鎖の月」
    NHK総合・木曜時代劇「あさきゆめみし」主題歌
    ♪編曲は 近藤隆史 吉田武史 田中ユウスケ。


 我が家には放送に関する書籍を相当所蔵していますが、最近 放送史の書籍を読み返す機会が多くなりました。まだテレビジョンが普及していない終戦直後から 昭和 30年代前半にかけてのNHKラジオ第1放送の史実を、今週は 興味深く精読しました。私が まだ生まれる前の頃は、家庭の娯楽がラジオに集中していた、ラジオの黄金時代でした。

 当時のNHKでは、全国聴取率調査を実施していましたが、1955年(昭和30年)の調査で なんと 71%という神域に達する様な驚異的聴取率をマークしたラジオ番組がありました。毎週月曜夜に 7時30分から放送していた「三つの歌」という番組です。「三つの歌」は、聴取者参加の音楽番組で、全国を巡回して公開録音します。

 以前ブログに かつてNHKには、和田信賢・宮田輝・高橋圭三・青木一雄・中西龍と、最も技量が優れたアナウンサーが 5人いたと書いた事がありました。その筆頭とも言える 宮田輝(みやたてる)アナウンサーが、この「三つの歌」を担当していました。宮田 アナは、出演者が緊張しない様に会場を盛り上げながら、穏やかな口調で軽妙洒脱に番組を進行します。

 番組のフォーマットは、のど自慢に似ている形態で、一般聴取者から選ばれた出演者に いきなりのピアノ伴奏で歌を 3曲 唄ってもらいます。のど自慢と違う点は、歌詞を間違えなく唄わなければならず、唄っている途中で間違えると、宮田 アナが遮って歌詞の訂正を やんわり求めてきます。そして 3曲 無事唄えれば合格という仕組みです。

 私は この「三つの歌」の録音を保有しています。放送開始 80周年記念として完全ノーカットで再放送された際に録音しました。天地真佐雄 氏のピアノ伴奏だけで、当時の人は 良く流行歌や唱歌を唄い切ったなと思いますが、番組の最大の魅力は 3曲 唄う間の宮田 アナ と 出演者のフリートークや、歌詞を間違った時に訂正を求める宮田 アナの絶妙なコメントです。

 特に宮田 アナのトークは、会場の土地柄や方言に 出演者の経歴などを巧く織り交ぜながら、茶飲み話でもするかの様な即興性があり場内の笑い声が絶えず、その雰囲気が総てラジオを通して全国の聴取者にも見事に伝わり「三つの歌」の高い人気の原動力となりました。いま 三つの歌 の録音を聴いてみても、こんなに楽しいラジオ番組が、この世にあるのかと思わせるぐらいです。

 宮田 アナは、その後NHKのトップアナとなり、退職後に全国区から参議院選挙へ出馬。なんと 259万5236票という驚異的な得票で当選します。当時の全国区の開票は 翌日開票が主で、午前 9時に第1回の中間得票が中央選管から発表されますが、NHKの開票速報は その午前 9時に、元職員アナの宮田輝 候補だけ、唯ひとり当確を打ったのが非常に印象的でした。

 驚異的な全国聴取率 71%をマークしたラジオ番組には、やはり 高い人気が出た理由 と 背景がありました。ラジオが最大の娯楽だった時代に、日本の放送史に残る国民的人気を博した 宮田輝 アナウンサーの出世作となった「三つの歌」は、50年以上経た今 聴き直しても全く遜色がないほど、最高の娯楽ラジオ番組として光り輝いています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。