FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第475回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    絢香“The beginning”
    横浜ゴム テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「警視庁鑑識班」テーマ音楽 [川村栄二]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]
    ♪主旋律への導入が実に美しいインストゥルメンタル テーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Adele“Rolling In The Deep”


 FM長野は、この春は目立った自社制作番組の異動が ありませんでした。

 外部招聘パーソナリティーの契約が通常年単位である事から、10月に大規模な改編を数回実施したFM長野は、自社制作番組に関して春の改編が起こりにくい環境となっています。

 ただ昨年 5月から相次いで始まった緊急雇用創出(対応)事業に基づく県内自治体発信番組には異動がありました。

 3月までに「小諸もろもろスケッチ」「千曲市浪漫紀行」「まるごと おおまち」「ほんの~り 辰野町」が終了し 「Komaganeい・ろ・は」「週刊すざかMagazine」は継続となりました。

 ところがFM長野では終了したはずの千曲市・大町市・辰野町そして新たに下諏訪町 発信の番組に関して、1年限定の契約社員募集が行われており、同じ様なタイプの番組が今後予定されています。

 しかし、FM長野における地元・松本市提供の広報番組が、隔週5分間だけの「ワンポイントガイド」のみとは あまりにも短く、せめて平日は 毎日5分間ぐらいあってもいいと思う事さえあります。

 JFN制作番組では、引き続き模索が続いている感じです。九州のJFN加盟局は、毎週土曜日 午前11時から「FMアルバムコレクション」と題する音楽フィラー番組を独自に制作・ネットし始めました。そこにもFMラジオ放送として、原点回帰への傾向が見えてきます。

 また土曜深夜の“Legacy Of Jazz”など Bルートで放送されていた番組を、TOKYO FMでも本放送し始めました。

 全国を見るとFM802とFM COCOROの経営統合の他にも、AM局では IBS茨城放送が送出業務と番組制作(設備保有)の2分社化(茨城放送と株式会社IBS)を実施。CRT栃木放送は とちぎテレビの子会社となりました。

 ラジオ局再編が視野に入っている今日、JFNには 例え5分番組でも厳選して制作した良質な番組を、東京も含めた全国ネットで提供し続け、ネットワークとしての価値と品質を維持すべきだと思っています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2012年 4月 現在

  1. 【1】echoes
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・渡辺麻衣子・田中利彦・なるみ・佐々木香代・梶田伸太郎・湯澤かよこ

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1049
       小林新

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1100 ~ 1230
       高寺直美

 開局時(1988年10月)から 24年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第476回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    絢香“The beginning”
    横浜ゴム テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「警視庁鑑識班」テーマ音楽 [川村栄二]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ ~ 警視庁安積班」劇中効果音楽 [遠藤浩二]
    ♪劇伴を抑制的に使用しているが そのトラックは洗練されている。


 先週 NHK総合で放送されていた、競泳のロンドン夏季五輪代表選考会(兼 日本選手権)を 1週間通しで視ました。

 競泳の場合、五輪代表選手は一発選考で、五輪派遣標準記録を突破し かつ上位2名の成績内ならば自動的に五輪代表となります。実に明瞭な代表選考システムです。陸上 特にマラソン競技でも、この様な一発選考が出来ないのか? と思ってしまいます。

 特に注目したのは、瞬時に成績が明らかとなるCGシステムです。

 10年ぐらい前からアメリカンフットボールの 10ヤードライン表示に使われ始め、競泳の世界選手権や五輪などへ広まりました。

 今回の様な代表選考会では、まず選手が懸命に泳いでいる間、派遣標準記録のラップタイムラインも一緒にレースします(笑)。泳ぎのペースは、記録より早いのか遅いのかが一目瞭然です。

 さらにゴールした瞬間、派遣標準記録を突破し かつ 2位以内なら、プールのレーンへ代表決定の表示が選手の名前と共に速報されます。こんなに迅速なスポーツ競技の速報システムは、なかなか類例がありません。

 五輪競技よりも かえって その代表選考会で、そのシステムの本領が発揮された感じです。ぜひ陸上競技にも なんとか導入してもらいたいと思います。


 今まで大きな引っ越しを何度か経験した我が家ですが、最近重大な紛失に 2件ほど気づきました。

 引っ越しに紛失は避けられないものですが、探す事は引っ越しに匹敵するパワーが必要になる場合もあります。

 その内 1件は、このブログに関係するものでした。ブログ開始の前年(2002年)に 24週間作成した「試行研究順位」の資料が見つからなかったのです。

 「試行研究順位」とは、このブログの準備段階にトライアルつまり練習(笑)として毎週作成していた選曲リストです。試行研究順位の最終週順位が、このブログの第 1回ランキングとリンクしています。

 週間選曲リストへの技術的問い合わせを最近頂く様になり、500回を機に試行研究順位も公開しようと思い立ったところ、その肝心な資料の紛失に気づきました。

 あちら こちら と探し回り、ようやく今週になって発見しました。なんの事はありません。事務用封筒に入れてあった資料が、ちゃんと本棚にありました(笑)。

 約10年ぶりに開けてみましたら、試行研究順位のリストは、1週ごとメモ用紙に記録されホッチキスで止めてあるだけの状態でした(笑)。

 第 1回ランキングは「ブログの源流点」だと最初の週間放送視聴日記にも記載されていますが、試行研究順位は その源流の雫です。

 ちなみに試行研究順位 2002年 6月 7日 第 1週順位の 1位は、宇多田ヒカルの「SAKURAドロップス」でした。すっかり忘れていました(笑)。もし本当に紛失していたら、試行研究順位は、全く復元不能になっているところでした。

 このままでは また無くしてしまうかも知れません。そこで試行研究順位の全データは、このブログへアップし デジタル資料として保存していく事にしました。

 公開の際には、この週間放送視聴日記でも詳しくご紹介します。もう1件の紛失ですが、やはり見つかりません。ですが これは復元可能です。復元しましたら それは何なのか? またブログでご紹介したいと考えています。


(追記) もう1件の紛失の顛末は、2015年 6月 5日の週間放送視聴日記「行政書士試験の合格記念アイテム」に掲載しました。


 我が家に春を告げる白梅の盆栽。今週見事に満開となりました。

 やはり この冬が厳しかったせいか、開花も例年より遅れぎみでしたが、この数週間の暖かさで一気に花開きました。

 昨年は どんどん伸びる枝に栄養を取られて、開花した蕾が数輪程度と がっかりな春でしたが、きちんと枝の剪定をしたためか、今年は例年程度の開花になり ほっとしました。

 これから梅の実もしっかり成って、また梅酒の漬け込みが出来る事を密かに願っています(笑)。今年は、紅葉の盆栽に引き続き、一回り大きな鉢への植え替えも予定しています。

第477回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    絢香“The beginning”
    横浜ゴム テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    JRA 日本中央競馬会 J・G1ファンファーレ [三枝成彰]
    ♪ホルン低音部から始まり高度の音楽和声感と調性感を伴う類例なき秀逸のファンファーレ。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「警視庁鑑識班」テーマ音楽 [川村栄二]


 東日本大震災被災3県(岩手・宮城・福島)もアナログ テレビ放送が先月末で終了となり、全国で地上波テレビ放送のデジタル化が完了しました。

 特段大きなトラブルは なかった様です。世界最大の電波塔「東京スカイツリー」も、23日からFMラジオの本放送を開始します。

 なおTOKYO FMの電波は、従来通り東京タワーから発射し続けます。日本電波塔株式会社つまり 東京タワーは、TOKYO FM(株式会社エフエム東京)の主要株主である事が、その大きな理由です。

 我が家は、放送法上の義務である(笑)NHK受信料を、衛星契約で ずっと払い続けていますが、今回の地デシ化を期にNHKとの受信契約を解約した世帯は、なんと9万件にものぼるそうです。NHKとの受信契約を解約した世帯は、テレビ受信機が全く存在しないと宣言した事になります。

 携帯電話のワンセグ機能。これもテレビ受信機です。民放だけを視るからNHKを視ないという程度の宣言。これでは法的義務を逃れ得ません。チャンネル設定をしなくても(笑)テレビ受信機を設置しただけで、NHKへの受信料契約義務は生じてしまうのです。

 NHKの受信料は、テレビ2チャンネルの普通契約が 2ヵ月払い(口座振替)で2690円。ひと月当り 1345円の負担となります。テレビ4チャンネルの衛星契約は、2ヵ月払い(口座振替)で4580円。ひと月当り2290円の負担となり、テレビ1チャンネルあたり 572円です。

 ところが我が家で加入しているCATV・テレビ松本さんの受信料は、ひと月4620円。50チャンネル以上視れて、インターネットの接続料金も込みです。1チャンネルあたり92円(笑)。どうみてもNHKのほうが割高感は否めません。

 1968年からNHKは、ラジオ聴取料を取らなくなりました。ラジオの放送経費は、テレビの受信料から賄っています。

 ラジオ受信機しか存在しない世帯は、受信料契約の必要がありません。さらにテレビの受信料は、NHKという巨大組織全体の維持にも充てられます。公共放送といえば それまでですが、そこに割高感が深く根付いている感じです。

 NHK受信料は、普通契約程度の ひと月1000円が妥当な気がします。まずNHKに期待するのは、まず公共放送としてのニュース報道機能に他なりません。

 この4月からBSのオリジナルドラマや時代劇が、総合テレビでも放送されています。BSの独自性が どんどん稀薄になっているのです。難視聴対策も地デジに任された今日、それならば1波へまとめても同じではないかと思ってしまいます。

 また語学教育放送は、もはや双方向の観点からもインターネットの時代です。それこそNHKが独立した教育法人を新規設立して、豊富なコンテンツをオンデマンド配信すべきです。

 そうなるとラジオ第2放送にも整理統合の可能性が生じます。さらにEテレと名称変更した時点から、既に教育テレビ放送の必要性が終焉を告げている気もするのです。

 NHKは、相互バックアップの点からも地上波・衛星波問わず、テレビ 2波・ラジオ 2波だけを、国民のために最低限維持すべきだと私は考えています。

 朝ドラや大河ドラマなど、ドラマ制作も視聴習慣が国民に浸透したフォーマットに限定し、良質のドキュメンタリーを積極的に放送したほうが より公共放送的だと思えます。ラジオでもFM・AMの同時放送枠が静かに定着してきている感じです。

 公共放送の根幹は ニュース報道です。栄枯盛衰なく その必要性は変わらないでしょう。しかし巨大化したNHKという組織を、躊躇いなく維持していく必要性は国民の将来にありません。

 そろそろNHKも分局・分部門を進めて、気持ちよく受信料がラジオ込みで払える様な将来像を持ってもらいたいものです。

第478回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    絢香“The beginning”
    横浜ゴム テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪キーボードの爪弾き和音が、ストリングスの旋律を見事にコントロールしている美しい劇伴音楽。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    平原綾香“NOT A LOVE SONG”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・おみやさん」主題歌
    ♪歌唱がリズムセクションの一部として溶け込んでいる様なソウルサウンドの佳曲。


 このブログへの初見のご訪問者の多くは、検索エンジンからやってきます。そして その検索エンジンのほとんどが、今やGoogle仕様となっています。

 このブログを始めた頃は、多様な検索エンジンがありましたが、ほぼGoogleさんの編集する検索ページに集約されてしまった感があります。当然このブログも、Googleさんとは仲良くやっていきたいと常々思っています(笑)。

 このGoogleさんが開発した検索手法で、本当に驚いたシステムがありました。「ストリートビュー」という地図情報検索サービスです。

 以前から紹介していますが、私の生まれ育ったのは 茨城県 北茨城市です。北茨城市は 東日本大震災で大きな被害を受けました。

 被災地のためかどうか解りませんが、Googleのストリートビューは、この北茨城市の情報を詳細に掲載しました。大津波に見舞われた北茨城市 大津町・平潟町に至っては、殆どの公道や団地を通る私道や路地まで鮮明な連続写真で掲載したのです。

 Googleのストリートビューは、開始当初からプライバシーを侵害する可能性が高いなど物議を醸していましたが、それも道理です。Googleのストリートビューの鮮明さは 尋常でありません。

 道端の野草の形状まで はっきり判別出来ます。それが360度パノラマで展開するのです。沿道の様子は丸見えです(笑)。

 しかし、それによって被災した茨城県 北茨城市の様子が、ネットで公開されている写真や動画よりも、友人・知人の話よりも、いや実際に北茨城市を訪れて見聞きするよりも明確に理解できたのです。

 撮影は 昨年11月から12月に集中しています。約半年前ですが覚えている限りの道筋を、Googleのストリートビューを使い バーチャルで歩いてみました。

 大津町の港筋に昔からあった酒屋さんは、既に取り壊され簡易な公園になっていました。平潟町内の県道259号線沿いにある美容室は、ブルーシートに覆われていました。玄関を閉ざした民宿もありました。ここまで大津波に襲われたと思うと信じられない思いです。

 それと両町に関して、公共機関を除き明らかに営業していると思われた商店は 数えるほどしかありませんでした。殆んどがシャッターを閉じています。

 日中なのに自動車の交通量は少なく、歩行者も数えるほどしかいません。撮影時は 被災から 8ヵ月経過していましたが、その町並みに尋常ならざる様子を感じました。

 しかし、開いている商店には「明日を信じて 元気!北茨城」の幟がはためき、大きな民宿や土産物屋さんは営業を続けていました。

 Googleのストリートビューでは、沿道の1軒1軒の民家の生活まで手に取る様に解ります。クルマのナンバープレートや、歩行者の顔にはボカシが入っていますが、それはボカシがなければ明確に読み取れる事を意味するのです。

 ちなみに私が今住んでいる長野県 松本市の自宅周辺では、現在のところ まだストリートビューの情報掲載がされていません。

 このブログを始めて 9年半近くになります。その間インターネットを通じて、デジタル時代の恩恵を躊躇しながら(笑)受けてきましたが、このGoogleのストリートビューを使用して、バーチャルで生まれ育った北茨城市を歩き、そのデジタル社会の底知れぬ凄さを いやというほど体感しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2012年4月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。