FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第440回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた
    ♪震災報道が多くを占めるラジオ番組で、この曲は心底に染みる。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌


 テレビ放送の完全デジタル化が、東日本大震災 被災3県を除く全国で 24日に決行され、半世紀以上続いた アナログテレビ放送は終了しました。

 アナログ送信は、25日 午前0時までに総て停波しています。

 「アナログテレビ放送 最後の日」となった 24日(日曜)は、NHKや多くの在京キー局で朝から特別番組をオンエアー。フジテレビ系列は、夏恒例の27時間テレビを この日に編成しました。

 アナログ放送で通常番組の送出終了となる正午前には、生放送でカウントダウンする民放キー局もあり、少々お祭り騒ぎな感じを受けました。

 そんな中 NHK総合は、午前11時59分から鈴木奈穂子 アナによる「アナログ放送終了のお知らせ」を放送しました。

 「これまでアナログテレビ放送を 長い間ご覧頂きまして どうも ありがとう ございました。」と感謝の言葉で締めて、正午ジャストにアナログ放送終了のブルーバック画面へ移行しています。

 総合テレビジョンにおける事実上のアナログ放送終了の瞬間は、民放と異なり静かで美しいものがありました。

 ところが その12時間後。アナログ放送終了を表示するブルーバック画面から実際の停波となる午前0時前の瞬間は、全く逆の展開でした。

 NHKは、午後11時59分 アナログ放送終了タイトルバックもなく停波し、砂嵐状態になってしまったのです。NHKの ぶっきらぼう(笑)な停波は少し残念でした。

 テレビ局は、放送局である以前に国から免許を受けた「無線局」です。無線局運用規則 第138条では、放送の開始及び終了に際してコールサイン(呼出符号)を放送しなければならないと、定めています。

 アナログ放送固有のコールサインを付与されている以上、無線局が開局の際行う宣言の映像同様、閉局に匹敵するアナログ放送 停波直前は、コールサインの音声アナウンスに加えて、閉局宣言の映像が必要でした。テレビジョンとは、映像・音声ふたつの同時放送で一体なのです。

 今回 NHK長野放送局(JONK-TV)に関しては、この電波法令最低限のアナウンスは ありましたが、閉局を告げる肝心のアナログテレビ放送終了の表示をせず、実に味気ないものでした。また東京放送センター(JOAK-TV)を始め他の地域のNHK放送局では、全くアナウンスなしで突然停波したケースが多かったそうです。

 しかし、NHKと異なり全国多くの民放テレビ局は、停波直前にブルーバック画面を止め、独自のアナログ放送終了タイトルバックを放送しています。

 送信所・中継局紹介の他にアナログ放送の歴史を振り返り、長年の視聴に対する感謝のメッセージ。そしてアナログテレビのコールサインを最後に表示・アナウンスして停波となりました。

 特に民放テレビ局の最古参である日本テレビ(NTV)は、実に感動的なアナログ放送終了でした。

 停波直前の午後11時58分56秒から、伝説の放送終了タイトルバック「鳩の休日」ロングバージョンを特別にオンエアーしたのです。

 「JOAX-TV。第4チャンネル。こちらは、日本テレビです。」と、当時の女性アナウンサーの音声でアナウンス。コールサイン・放送局名、そして「58年間 ありがとう ございました」と、さりげなくメッセージを加えた画面で停波。深井史郎 作曲の「鳩の休日」を、原曲のまま放送したため音楽効果も抜群でした。

 私は この1分間を、デジアナ変換が始まっている地元CATVで残っていた在京局アナログ再送信で視聴し、心底から感動しました。日テレの技術スタッフは、なんと粋なのでしょうか。

 日本テレビのアナログ放送 最後の日。その最後の1分間は、電波法令に従い日テレ58年の歴史を一気に凝縮した、生涯忘れ得ないほど美しく輝いた1分間でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年07月29日 の週間選曲リストと『 アナログテレビ放送 最後の日 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。