FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第439回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた
    ♪作詞・作曲そして編曲は 尾崎亜美。

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上條恒彦「だれかが風の中で」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「木枯し紋次郎」主題歌


 『2011FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会』の決勝が 18日 行なわれ、日本は 2-2の同点からPK戦の末 アメリカ合衆国に勝利。日本が 初優勝を遂げました。

 男女含め サッカー競技のワールドカップで日本が優勝したのは 初めてです。また世界的に普及した主要スポーツの国別世界選手権での優勝は、1977年のバレーボール ワールドカップ女子 以来となります。

 決勝戦は、フジテレビ系列で急遽 地上波生中継されました。早朝にも係わらず関東地区の平均視聴率は、午前3時35分から 5時まで 11・8%、午前5時から 6時まで 21・8%、瞬間最高が 27・7%をマークしました 。

  BS1の衛星放送視聴率(関東地区)は、午前3時40分から5時まで 7・6%、午前5時から7時15分まで 10・7%を記録しています。

 試合直後から主要新聞社は「なでしこジャパン世界一」と大見出しが踊る号外を一斉に発行。日本中が沸き立ちました。

 第6回 ドイツ大会 グループリーグB組に入った日本は、2勝1敗・勝ち点6の2位で決勝トーナメント進出。準々決勝は、最も優勝の声が高かった開催国・ドイツを 1-0で破りました。続く準決勝では、スウェーデン相手に 3-1で快勝します。

 そして 決勝戦。対戦したアメリカは、過去2回 W杯を獲得しFIFA女子ランキング1位の最強豪です。

 日本は、過去1995年 第2回スウェーデン大会のベスト8が最高で FIFA女子ランキング4位。まだ公式戦で一度もアメリカに勝った事がなく、まさしく格上との対戦でした。

 決勝戦は、その格上のアメリカに後半24分 先攻されると、後半36分 宮間あや 選手が渾身のシュートを決めゴール。そのまま 1-1で延長戦に入りました。

 その後 延長前半14分また先制されるも、延長後半12分に澤穂希 選手がゴールへねじ込み再度同点と追いつき、そのままPK戦へ突入します。

 ゴールキーパーの海堀あゆみ 選手が、アメリカの1本目を空中 右足で止める神業的なファインセーブから なんと連続3本阻止。遂になでしこジャパンが優勝しました。

 大会MVPと得点王は、5得点の澤 選手が獲得。フェアプレー賞も日本チームが獲得しています。

 2002年の日韓共同開催のワールドカップ。決勝戦直後の表彰式で、W杯トロフィーが優勝国のブラジルへ授与された瞬間に降った銀色の紙吹雪を視た時、日本チームが主役で、この紙吹雪が視られる日は来るのか? と思っていました。

 その時から僅か9年で、なでしこジャパンへ降り注ぐ、金色の紙吹雪を視る事が出来ました。

 以前、このブログでも書きましたが、日本サッカー協会(JFA)の構想では、遅くとも2050年までにワールドカップの単独開催と優勝を目指していました。東日本大震災という国難に見舞われた2011年に、ウーマンマッチですが なんと一気にワールドカップを獲得できました。

 第2次世界大戦で疲弊しきっていた日本が、まだ占領下の1949年。古橋廣之進 選手による全米選手権での世界新記録樹立と 湯川秀樹 博士のノーベル物理学賞受賞から、国運が開けてきた歴史の流れも思い起こせます。

 なでしこジャパンが、W杯トロフィーを、この国難の日本へ持ち帰ってくれた事は重要な意味があると思います。なでしこジャパン、ワールドカップ優勝 本当に おめでとう ございます。


(追記) FIFA女子ワールドカップを獲得した日本女子代表チームへ「国民栄誉賞」が贈られることになりました。8月 2日に 枝野幸男 内閣官房長官が発表しています。団体の受賞は初めてです。

 受賞者は、選手 21名、監督 1名、コーチ 2名、日本サッカー協会副会長 1名、同協会女子委員長 1名、同協会女子部長 1名、チームドクター 1名、アスレチックトレーナー 2名、テクニカルスタッフ 1名、広報担当 1名、総務担当 1名、主務担当 1名、キットマネージャー 1名 の 計 35名です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年07月22日 の週間選曲リストと『 2011 FIFA女子ワールドカップ優勝 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。