FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第726回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( △ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]
    ♪BSパワー調査対策のため月2回の放送となっている。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    コーセー化粧品 ONE BY KOSE テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]


 このブログはWORDPRESSで独自運営しており、デザイン・フォーマットは総て自作です。それ故に変更や微修正など自由自在なのですが、やってもやってもキリがなく(笑)ゴールというものがありません。

 私がモバイルで各サイトを訪問すると、頻繁に面倒な操作がある事に最近気付きました。何か記事を読もうとすると必ずクリックしなければならないのが、あの「続きを読む」です。

 広告の閲覧機会を増やす目的なのかと推測しているのですが、読者サイドとしては どう考えても全く無意味です。スマホにしろPC にしろ、記事は一度の閲覧で全文読める様にすべきです。そこでハッと気づきました。このブログにも「続きを読む」があったのです(笑)。

 もちろん個別記事となるリストには一切「続きを読む」はありません。トップページの最近のリスト4週分。全リスト保存の月間アーカイブページ。そして年間ランキングの全掲載ページに「続きを読む」のボタンが残っていました。ガラケーなどの字数制限で表示出来なくなるのを避けるためです。

 しかし、スマホでは表示文字数にPC 同様制限がありません。私が使っているガラホも含めて、殆どのモバイル訪問者がスマホに移行している事もあり、先月から このモバイル ブログで「続きを読む」ボタンを廃止しました。

 但し年間ランキングのページは、全期間ランキングを含めて15年分以上のリストが全文表示されます。これは相当な長さになりますので、5年分毎に「最近の年間ランキング」「初年の年間ランキング」へ移動出来るボタンを挿入しました。PHP論理演算の条件式を自作して、この仕組みを実現しました。

 またネット検索からご訪問された方の中で、このブログに興味を持ち最新リストを読もうとする方の行動が、最新月のアーカイブボタンを押して移動するケースが多いのにも気づきました。

 昨年からモバイルブログには「最新」ボタンを新設したのですが、MENUに戻って最新月のアーカイブボタンで移動する方が多く見られるのです。ところが このブログの全リスト保存を構成する月間アーカイブは、暦順に月初からリストが掲載されています。

 ですから月間アーカイブから最新リストを読もうとすると、必ずしも最新リストが最初に読める訳ではないのです。そこでPCも含めて最新月のアーカイブのみ、暦とは逆の降順で最新リストから並べる事にしました。

 世界中のブログを探しても、最新月のみ降順で他の月は総て暦順に記事を並べている月間アーカイブなど殆どありません(笑)。実現するのは大変でしたが、WORDPRESSのオリジナル関数を独創して、その関数で最新月か否かを判断させ、月間アーカイブの表示について暦順か降順を決める仕組みを導入しています。

 このブログでは、ただ「続きを読む」を廃止するのではなく、出来る限りご訪問者 そして ご愛読者の便宜を図る様に創意工夫をシステムに加えました。

 気づく方は極少数だと思いますが(笑)システムやデザインを考えて、HTMLやCSSまで自作するブロガーとしては、ここまで細かな工夫を重ねてブログシステムを独自運営しています。ご理解して頂ければと思い紹介した次第です。

第727回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング
    ♪編曲は 松任谷正隆。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    コーセー化粧品 ONE BY KOSE テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]


 4月になれば、ラジオの世界も改編期を迎えます。この時期に必ずチェックするのはNHK―FMの改編情報です。日本放送協会つまりNHKは、来年度の国内放送番組 編成計画を発表し、同時に新しい放送番組時刻表を年度前に公開します。この放送番組時刻表の中に、NHK―FMの新しい基本タイムテーブルが掲載されているのです。

 このブログのトップページでも、FM長野リスナーを標榜しながらも(笑)受信料を払っているのだからNHK―FMも聴く権利はあると高らかに宣言しています(笑)。愛用しているチボリ オーディオ モデルワンによる、FM長野とNHK―FMのダイヤル往復運動だけで、私のラジオライフは事足りています。

 来年度のNHK―FMのクラシック音楽放送に関しては、平日 朝・午後・夜そして土曜夜、日曜 午前・夜とほぼ変動がなくホッとしました。最重要であるN響定期公演生中継も年間通じて編成されています。10年前に「クラシック音楽放送」についてブログで書いた事がありました。私にとってのNHK―FMとは、クラシック音楽放送がベースになっています。

 NHK―FMでは、長年に渡りユニークな番組編成を続けている時間帯がいくつかあります。その中で最たるものが、平日午前6時台のバロック音楽放送ゾーンです。遡れば なんとNHK―FM草創期の1960年から延々と続いています。

 私が小学生の頃は、バロック音楽のたのしみ という番組タイトルで、しかも月曜から日曜まで全日放送でした。それから、あさのバロック → バロックの森と改題し、現在「古楽の楽しみ」として放送を続けています。

 バロック音楽はキリスト教の教会音楽が源流です。そのバロック音楽に特化した放送を、NHK―FMは約 57年間に渡り、極く短期の休止を除き 延々と朝6時台に続けています。これは世界の放送史的にも特筆出来ると思います。

 確かに教会旋法を母胎としたバロック器楽曲の伝統的なピカルティ終止や教条的な調性は、朝の麗々とした雰囲気にマッチします。NHK―FMで頻繁に見られる他時間帯での再放送が、朝のバロック音楽番組に関して現在全くないのも大きな特徴になっています。

 2014年 4月から番組タイトルを「古楽の楽しみ」とし、バロック音楽からルネサンス音楽まで包含した「古楽」というジャンルで放送を続けていますが、その選曲主体はバロック音楽である事に変わりはありません。

 NHK―FMの平日朝は、5時55分からラジオ第1放送と同時で気象情報が流れ、6時の時報とともに「古楽の楽しみ」。6時55分に またラジオ第1放送と同時で気象・交通情報。そして7時から NHKけさのニュース。7時25分には午後に流れたクラシック番組の再放送と続きます。

 長野県木曽地区では、NHKラジオ第1放送のFM補完中継が始まり、民放ほどではありませんが、全国でも少しずつNHKラジオ第1のFM補完が始まってきています。一部で噂になっていたNHKラジオ第1のFM補完は、NHK―FMとの放送番組同一化で事足りるとの考え方が杞憂で終わるか否か、まだ不透明な状態が続いています。

 FM長野とNHK―FMだけで、音楽放送を聴くラジオライフが満たされている私としては、いつまでもNHK―FMのクラシック音楽放送を中心とした独自編成が続く事を、ラジオ事業維持にも使われるNHK受信料を真面目に払っているFM長野リスナーとして、陰ながら(笑)祈っています。

第728回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]

  2. 第 2 位 ( △ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    OKAMOTO’S「時差」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「嘘なんてひとつもないの」主題歌
    ♪イントロのアレンジの和声に楽曲イメージが凝縮されている。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    コーセー化粧品 ONE BY KOSE テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]


 始めた頃は、当時あった無料携帯日記サイトを使っていた名も無き個人ブログでしたが、開始初年の2003年 9月 Yahoo!モバイルに無料カテゴリ登録されました。

 そして2006年には名実共にブログとして、Yahoo!Japan(PC)にも無料カテゴリ登録。さらに同年 世界最大のウェブ ディレクトリ“Open Directory Project”(dmoz)日本語階層に登録され、個人ブログとして認知される様になりました。

 有名ディレクトリの登録審査を通過した事で「週間選曲リスト」「週間放送視聴日記」という独創のコンセプトが公に認められ、ここまでブログを継続出来る原動力になった訳ですが、登録から10年以上経った今、この様なディレクトリサービスは すっかり廃れてしまい、ディレクトリを通じて訪問してくる方は皆無に近くなってしまいました。

 そして とうとう世界最大のウェブ ディレクトリ“Open Directory Project”(dmoz)が、総てのサービスを打ち切ると発表しました。どうやら閉鎖は時間の問題な様です。

 このブログでも、2006年の登録以来、トップページからずっと“dmoz”へリンクを貼っていましたが、サービス終了のニュースを知った先月末を以てリンクを外しました。

 当時“dmoz”は、Google のディレクトリを兼ねていて、登録されるとGoogle に一人前のサイトとして認められる仕組みになっていました。ところが2011年に Google はディレクトリを廃止し、ロボットのクロールから自動のリサーチで掲載順位が決まるシステムだけになりました。

 このブログのサイト年令は 14年、ドメイン年令も 11年を超えました。Google さんは、これらの年令もサイト掲載の指標のひとつになっており、決まったペースで休みなく更新している頻度も、指標として記録されているのだそうです。

 そう言えば昔は、PingやSNSを使い更新を伝えるのには苦労していたのですが、いまやウェブマスターのツールである Search Console で更新を知らせると、すぐロボットさんがやってきて取材し、数分内で新しいページがGoogleのサイト検索に掲載されてしまいます。それもびっくりするほど高い順位で掲載される事もあり、更新通知も大変便利になりました。

  しかし、Google さんから見たサイトの信用を得る事が出来たのは、毎週欠かさず更新し、サイト年令・ドメイン年令を重ねただけでなく、ブログ草創期から“dmoz”など有名ディレクトリに掲載されていたからに他なりません。

 その最難関だったディレクトリでの人の目による審査通過があったからこそ、個人ブログとしてのオーソリティーを得ることが出来たのだと思います。

 登録した2006年には 1億あった全世界のウェブサイト総数も、現在では 10億を超え、ディレクトリが廃れた今、広範な検索対象となるべく新規無名のサイト・ブログから脱するのは至難の技だそうです。

 このブログを掲載していただき“dmoz”には感謝の言葉しかありません。“Open Directory Project”(dmoz)は、世界中のサイトを平等に権威付けしてくれた崇高なディレクトリサービスでした。


(追記) 18日(日本時間)に“Open Directory Project”(dmoz)は 閉鎖されました。

第729回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    OKAMOTO’S「時差」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「嘘なんてひとつもないの」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]
    ♪1位 2週、登場13週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    re:plus“Yourside”
    BS JAPAN・ドラマ「真夜中の百貨店 ~ シークレットルームへようこそ」テーマ音楽
    ♪イントロの旋律と和音構成が相乗して美しい劇伴。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]


 14日に俳優の渡瀬恒彦 さんがお亡くなりになりました。。このブログの週間選曲リストでは、渡瀬さん主演の「警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽が、2012年の年間4位。同じく木曜ミステリー「おみやさん」主題歌である柴田淳「おかえりなさい。」は、500回記念 全期間 4位を記録しています。

 さらに19日に放送された追悼特別番組 渡瀬恒彦さんを偲んで「タクシードライバーの推理日誌(32)」は、私が住んでいる長野県松本市が舞台で、大変感慨深く全編視聴しました。

 「タクシードライバーの推理日誌」は、土曜ワイド劇場の傑作シリーズのひとつです。2時間サスペンスドラマの特徴であるレギュラー出演者の固定と、ドラマ筋立ての明確なパターン化。さらに そのシチュエーションを毎回乗り越えていく推理展開の妙が、見事に反映されたシリーズです。

 渡瀬 さん演ずる夜明日出夫のタクシーにオープニングで乗る客は、必ず個性派女優の大島蓉子。最後に乗せる客は犯人役の女優です(笑)。松本市が舞台の第32作で、謎解きをする最後のドライブ先は、我が家から10キロ程の北アルプスが一望出来る美ヶ原高原でした。

 テレビ朝日には無くてはならない土曜ワイド劇場。1977年から 40年近く続いていた2時間サスペンスドラマの枠ですが、この春で打ち切りとなり報道番組枠に改編されると、渡瀬さん逝去の直前に発表されました。

 テレビ・ラジオの放送事業会社には、自らの放送番組を改編をする自由が認められていますが、いかなる理由であれ放送文化を破壊していく様な改編は、その企画の段階から論外です。

 テレビ朝日における土曜ワイド劇場は、40年間培った放送文化そのものでした。さすがに2時間サスペンスドラマの制作能力の維持まで否定する事はなく、なんと日曜午前中に「日曜ワイド」としてドラマ枠を新設するのだそうです。

 民放BSで土日午後の2時間サスペンスが定着しているあたりを、視野に入れていると思うのですが、土曜ワイド劇場を打ち切って日曜午前中に新作ドラマ枠を新設する行為は、やはり冒険以外何者でもありません。

 テレビ朝日としてもTBS「新・情報7daysニュースキャスター」を意識した報道番組への挑戦なのかも知れませんが、新設する報道番組の土曜キャスターに内定している高島彩 元フジテレビアナウンサーは、実父が数多くの時代劇そしてサスペンスドラマに出演した俳優の竜崎勝です。若くして急逝する直前に、土曜ワイド劇場「ガラスの断崖」へも出演されています。

 高島彩 アナウンサーには、特段アナウンス技能に感じるものはなかったのですが(笑)TBS日曜劇場「下町ロケット」に初めて女優としてゲスト出演した際、私は その演技力に驚きました。やはり遺伝子と言うか(笑)血筋は争えないものです。

 日本を代表するサスペンスドラマ俳優・渡瀬恒彦 さんの逝去は、40年間続いた土曜ワイド劇場の終焉とオーバーラップしてなりません。断言しますが、今までに放送され現存している膨大な数のコンテンツだけを見ても、我が国の放送文化から 2時間サスペンスドラマが消える事はないでしょう。

 放送事業会社も過剰競争による面子や営利先行な目先の編成プランを優位に置かず、自ら培った放送文化を守り抜く姿勢は堅持してほしいものです。渡瀬恒彦 さんのご冥福を心からお祈りします。

第730回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    OKAMOTO’S「時差」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「嘘なんてひとつもないの」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    re:plus“Yourside”
    BS JAPAN・ドラマ「真夜中の百貨店 ~ シークレットルームへようこそ」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NTT東日本 テレビCMソング [小田和正]
    ♪複雑な和音構成から生まれる美しい聴感和声。楽曲名未定。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ファンタジー「精霊の守り人」テーマ音楽 [佐藤直紀]


 2017 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、善戦しましたが準決勝でアメリカに1-2で破れ、ベスト4という結果に終わりました。

 侍ジャパンに参加していた、中日ドラゴンズの岡田俊哉 選手と平田良介 選手も帰国して、26日のオープン戦最終戦に参加。最下位の恐れがありましたが(笑)どうにか9位タイをキープしました。多くは望みませんが(笑)どうにかAクラスでクライマックスシリーズに出場できればいいな(笑)と、淡い希望を持っています。

 球春の到来と共に、我が家で春を告げる白梅の盆栽が満開になりました。週初めはミゾレが降ったりと寒い日が続いていますが元気よく咲いています。

 私のガラホー携帯の待受画面は、ベランダにある屋外FMアンテナの全景写真を使っています。ちょうど山紅葉が真っ赤になっている時に撮影した写真だったのですが、先週白梅が満開になった好天の日に撮り直して待受画面を取り替えました。これから ゆっくりと信州のラジオ放送にも春が訪れます。

 罹患してしまった咳喘息も、どうにか収まってきました。吸引薬のアドエアは、先月もう一度処方してもらい都合2ヶ月の投薬になりました。先日まつもと市民芸術館での講演を聞きに行ったのですが、心配していた咳のほうは、暖房と空調が整っていたのか全く出ませんでした。

 8年前の気管支炎も思い出してみると、熱や喉の痛みもなく、ちょうど今の体調と同じ感じでした。あの時レントゲンは撮らなかったので、もしかすると気管支炎というより、やはり咳喘息だったのかも知れません。寒くなると発生しやすくなり、暖かくなるとピタリと止まる(笑)咳喘息ですので、とにかく春が進んで暖かくなるのを待っています。

 このブログで5年前に書いた「マンションに簡易神棚」は、沢山の方々に読んで頂きました。当時はマンションの仕様を変えない形で、頂いた神社・寺院のお札をお祀りする事は難しく、我が家で創意工夫した神棚をご紹介しました。

 それから5年経過し、マンション用の簡易神棚がだんだん製作され普及してきました。そこでこの春に我が家もマンション用の簡易神棚を購入して、地元・伊和神社のお札を遷宮(笑)する事になりました。お読みくださる方のために、ブログ14年で初になりますが、日記を全面加筆して追記する予定です。

 今回神棚を新しくしようという気持ちになったのは、私の仕事のほうも鉄道で言えば、大きなポイント(分岐器)に差し掛かっているからです。鉄道の切り替えポイント(分岐器)は美しいものです。上手に切り替えて、後は日々の生活の行路を穏やかに走っていきたいと思っています。


(追記) 「マンションに簡易神棚」は、簡易神棚をお祭りした後の2017年 8月に全面加筆しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2017年3月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。