FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第204回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    FAYRAY「ひとりよりふたり」
    NHK総合・連続テレビ小説「芋たこなんきん」主題歌
    ♪長めに流れる月曜バージョンは美旋律が解る佳曲。編曲は ダギー・ボウン。


 ラジオ放送の歴史を調べてみると、ひとつの特徴が視られます。それは、クラシック音楽放送の重視です。まだFM放送がなかった 1950年から 1960年代にかけて「立体放送」と題する実験放送が盛んに行われました。それはNHKラジオ第1放送で左の音、第2放送で右の音を流し、同規模のラジオ受信機 2台があれば、ステレオ放送が楽しめるという実験でした。

 この立体放送実験は 好評で、民放ラジオにも広まります。例えば東京のニッポン放送が 左の音、文化放送が 右の音、大阪のABC朝日放送が 左の音、MBS毎日放送が 右の音と、2局共同制作の立体放送実験まで発展しました。今では考えられない事ですが、最盛期は 毎日この様な実験放送がありました。そして この立体放送の主役が、クラシック音楽でした。

 ラジオ本放送開始日の1925年(大正14年)7月12日の番組にも、ベートーベンの交響曲第5番が放送されていますし、第2次世界大戦の末期に何度も空襲警報で中断された1945年(昭和20年)上半期のラジオ放送でも、クラシック音楽放送は編成されています。FM長野も開局から数年間は、クラシック音楽番組を編成していました。

 例えば1990年 4月から2年間、平日早朝に編成されていた「おんがく時計」は、早朝の時刻アナウンスとクラシック音楽が融合した素晴らしい番組でした。しかし、以降クラシック音楽の放送は、減少の一途をたどります。残念でなりません。無駄にトーク番組を編成するよりも、クラシック音楽の放送をしたほうが、ステーション イメージが鮮明になるはずなのです。

 現在、クラシック音楽番組を重点的に編成しているのは、やはりNHK-FMです。平日の朝・午後そして夜と、クラシック音楽番組が帯で編成されています。その中で夜の帯番組「ベスト・オブ・クラシック」は、NHK-FMの看板番組になっています。特にラジオ第1放送と同時にオンエアーしている前番組「NHKきようのニュース」からの流れが素晴らしいです。

 NHK-FMの編成に合わせて、急ぎ足で気象情報を伝えた後、担当アナウンサーが「7時半です。」とコール。オープニング テーマ音楽が流れ始めるあたりは、実に素晴らしいものがあります。作曲家・北爪道夫が書き下ろしたオリジナル曲で、ホルンやトランペットなどの金管楽器によるファンファーレ形式の和音構成で始まり、緩やかなストリングスの旋律に変化します。

 「ベスト・オブ・クラシック」の目玉は、NHK交響楽団 定期演奏会の生中継です。基幹であるNHKきようのニュースを休止して、午後 7時から放送します。会場に放送ブースがあり、休憩の際は ゲストの音楽評論家が、演奏の感想を即興でレポートし、次の演奏が始まる直前になると、放送ブースのドアを開けて また観客席に戻るといった光景が、生放送の音声に展開します。

 現代ミュージシャン達の創作活動を視ても、クラシック音楽に基礎を置いてるか否かで、レベルの差が歴然としています。ラジオDJ達や 私の様な音楽ブロガーに至っても、クラシック音楽の鑑賞力と知識があるか否かで、音楽評論の厚みに差が出てきます。ラジオ放送によるクラシック音楽の系統だった鑑賞は、音楽全体の理解のため最も大切だと、私は 深く思い続けています。


(追記) 週間放送視聴日記(2017年 3月10日)に、NHK-FMのバロック音楽放送を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年12月15日 の週間選曲リスト と『 クラシック音楽放送 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。