FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第203回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  4. 第 4 位 ( △ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”
    ♪卓越した歌唱力を持つ新人女性ヴォーカリスト。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    倖田來未「夢のうた」
    abn テレ朝・木曜ドラマ「だめんずうぉ~か~」主題歌


 以前このブログでも書きましたが、FMの音楽放送を日常的に聴いているリスナーへの最新ニュース提供は、FMラジオ放送局の重大な使命だと考えます。

 FM長野の場合、信濃毎日新聞社制作の県内ニュースを、毎日 朝夕 2回放送しています。さらに平日 4回、土曜 3回、日曜 3回のJFN制作の全国ニュースも放送。この2通りのニュース番組を「FM長野ニュース」と題しています。

 またFM長野では重大ニュース発生時に、所定の時間以外でも臨時のニュースが流れています。この「臨時のFM長野ニュース」は、開局以来 選挙速報などの場合に放送されます。

 報道機関としての能力は、災害時の緊急報道、そして開票速報などの選挙報道で解ると言われています。

 ラジオ局とニュース配信報道機関との連携は、その災害・選挙報道における臨時ニュースを、迅速に放送出来る体制の整備・維持が絶対条件になります。

 ニュース配信報道機関との連携は、その点からチェックされて しかるべきで、FM長野(長野エフエム放送)はタブーなくベストの選択をすべきです。

 県域のJFN加盟局において自主的な報道セクションを有しているのは、FMぐんま など僅少です。少数精鋭である局アナの皆さんの勤務負担が過剰になってしまうのは、リスナーにとっても不利益です。

 私見ですが、緊急災害時は例外として、自主報道部課の設置より、自主的に選択したニュース提供の報道機関と良い関係を培っていったほうが、FM長野リスナーの利益になると考えます。

 音楽放送中心となるFMラジオ放送局の定時ニュース報道は、主要項目(ヘッドライン)を出来る限りコンパクトに伝える事が重要です。JFN配信も含め自主的に選択した、ニュース提供の報道機関との緊密な関係こそ、FM長野ニュースの質を高めるのだと思います。

 但し問題点もあります。平日の最終ニュースの放送時間(21時55分)が早過ぎる点です。

 これは、FM長野を始め全国JFN加盟局全体に係る課題となっています。キー局であるTOKYO FMの最終ニュースは、平日23時55分に放送しており、深夜の時間帯が当然だと思います。この平日最終のFM長野ニュースが早過ぎる点は、是非とも改善してもらいたいものです。

 これからのFMラジオDJ、特に生ワイドのパーソナリティにとって、ニュースを伝える能力が重要な資質となるのは間違いありません。


(追記) 2009年 4月から、平日 午前0時55分に「FM長野ニュース」(JFNニュース)が新設され、平日最終のFM長野ニュースは深夜になりました。

(追記) 第23回 参議院議員通常選挙 投開票の日(2013年 7月21日)に、FM長野は、サービスエリアである長野選挙区の開票速報を一切放送しませんでした。

 FM長野は、1988年の開局以来ずっと国政選挙の開票速報は続けてきましたが、2010年の参院選から、長野県内の当選・当確者の速報を全く放送しなくなってしまいました。

 民放FMラジオ局は、音楽番組を中心とした放送局です。しかし、メディアの責務である迅速なニュース報道を免除されている訳ではありません。

 投票率が低下しているとは言え、今回の参院選では 5400万人以上の有権者が参加しており、長野県内でも 100万人を超える有権者が一票を行使しています。

 サービスエリア内の住民は、その国政選挙の結果に関心がある事は間違いがなく、報道機関の一翼を担うラジオ局である以上、迅速な選挙報道は責務です。

 特に基幹放送普及計画 第1の3「地上基幹放送を行う民間基幹放送事業者による地上基幹放送については、放送事業者の構成及び運営において地域社会を基盤とするとともにその地上基幹放送を通じて地域住民の要望にこたえることにより、地上基幹放送に関する当該地域社会の要望を充足すること。」との規定にも抵触する可能性すらあります。

 なんらかの理由から導き出された結論とは言え、国政選挙でサービスエリア内選挙区の当選・当確者名を、出来得る限り迅速に速報しなくても大丈夫と判断した時点で、放送法に定められた基幹放送事業者たるラジオ局としての存在定義から、FM長野は大きく乖離し始めています。

 FM長野(長野エフエム放送)には、さらなる報道体制の整備を願う次第です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年12月08日 の週間選曲リストと『 FM長野ニュース考察 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。