FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第615回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・ニュース情報番組「Mr.サンデー」オープニング テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    家入レオ“Silly”
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」主題歌
    ♪1位 3週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( △ )
    中島みゆき「麦の唄」
    NHK総合・連続テレビ小説「マッサン」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    中森明菜“Rojo - Tierra – ”
    ♪第65回 NHK紅白歌合戦での視聴した、典型的な打ち込みによるデジタルサウンドの佳曲。


 明けまして おめでとう ございます。2015年(平成27年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。12月30日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、秦基博「ひまわりの約束」 (推定得点:236) 。「コスモ ポップス ベスト10」年間第1位は、Idina Menzel“Let It Go” (推定得点:181) が それぞれ獲得しました。

 同じく30日の「第56回 日本レコード大賞」は、J Soul Brothers from EXILE TRIBE“R.Y.U.S.E.I”が受賞しました。視聴率は 15・6%(関東地区)と、昨年より下がっています。この受賞楽曲を、前述の“COUNTDOWN JAPAN”年間チャートで見てみると、20位までにも入っていませんでした。

 大晦日 放送「第65回 NHK紅白歌合戦」(前半 35・1% 後半 42・2%)は、またまた(笑)白組が優勝しました。前回 8年ぶりにボール投げが復活しましたが、今年は 視聴者・会場審査ストレート集計に戻りました。特に白組大票田(笑)のスマホ・携帯からの視聴者審査の参加を止め、デシタルTV・ワンセグ・アプリの当日参加のみに視聴者審査員を限定しました。

 【最終審査結果:紅組 48万1221 白組 53万3990】

 視聴者による中間審査は、 紅組 19万4938(42・8%)白組 25万9646(57・2%)と 白組優勢。最終審査は、視聴者集計が 紅組 47万9974(47・3%)白組 53万3990(52・7%)会場集計は 紅組 1247(45・9%)白組 1468(54・1%)という結果でした。紅組がリードしている要素が、全く見当たりません。

 また紅白勝敗審査のシステムに、制度破綻の可能性が強くなりました。とにかく一部出場歌手によるライブ会場からの中継は、全体から遊離している感じです。それでも お楽しみの(笑)11時45分ジャスト、NHKホールのバズーカ クラッカーから、和歌山県 高野山への「ギャップ」は、多少スイッチングノイズが入りましたが、スコーン(笑)と落ちました。

 正月 2日の「第91回 箱根駅伝」往路は、青山学院大が悲願の初優勝を遂げました。注目の 5区で青学大の神野 選手が、驚異的なスピードで箱根の山を登り逆転しています。駒澤大の大八木 監督は、運営管理車のスピーカーから激しい叱咤を続けていましたが、芦ノ湖ゴール直前で、馬場 選手が低体温症から転倒すると、一転して優しく激励していたのが とても印象的でした。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ ● ● ○ ○ ○ 』(2014年 大納会)】

 昨年大納会の日経平均株価終値は、1万7450円77銭と、1年間で1159円46銭「上昇」しました。年頭日記恒例の経済「星取表」は、3連勝となります。まだ景気回復の実感が伴わないとの声も多く聞かれますが、強い円安傾向は アベノミクスの追い風となっている様です。多種な原材料を輸入に依存している国内経済を反映して、白星が連続し始めました。

 ここ長野県松本市は、大晦日から元日にかけて、うっすらと雪が積もりましたが、2日は 晴天となり 穏やかな正月を迎えています。ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


(追記) 「第91回 箱根駅伝」は、青山学院大が総合・復路も制し「完全優勝」しました。視聴率は、往路 28・2% 復路 28・3%でした。

第616回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ニュース情報番組「Mr.サンデー」オープニング テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( △ )
    中島みゆき「麦の唄」
    NHK総合・連続テレビ小説「マッサン」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]
    ♪スキャットそしてコーラスと、絶妙に和声や調性が整った秀逸曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・連続テレビ小説「マッサン」劇中効果音楽 [富貴晴美]
    ♪第81回 放送では 8時14分過ぎに流れた劇伴がリスト対象。


 年末・年始のブログは特別になるため、年を跨ぎ日数が経過した事をお許しください。12月15日 投開票で行われた総選挙の結果を受けて、12月24日に特別国会が召集され、安倍晋三 自由民主党総裁が、第97代の内閣総理大臣に選出されました。新分野で構成された国会から、新たに指名・選出された事によって、閣僚もリセットされ、第3次 安倍内閣が発足しました。

 内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 328票(69・7%)参議院 135票(56・2%)でした。

 この指名選挙で、ちょっと気になる点がありました。衆議院における志位和夫 日本共産党 中央委員会幹部会委員長の票数です。21議席を得て党勢拡大を誇示したのに、18票しか獲得できませんでした。もし差し引き 3票が、他に流れたら重大な反党行為になります。あらら(笑)と思っていましたが、党広報のリリースによると、この 3票不足の理由は 病欠だそうです。

 そして欠席者の一人に、なんと志位 委員長自らが入っていました。病名は インフルエンザと、同じく党広報がリリースしています。その昔のコミュニスト政党ならば、這ってでも(笑)党勢誇示の機会に必ず参加し、病欠が表面化した時点で呈のいい粛清も疑われるのですが、民主国家に 70年住まいするコミュニスト政党には、疑いの声も ほとんど挙がりませんでした(笑)。

 指名の後 直ちに組閣に移り午後 4時34分に、菅義偉 内閣官房長官が閣僚名簿を発表しています。但し全閣僚 18名の内 17名が留任となったため、新任された中谷元 防衛大臣の名簿以外は省略され(笑)発表は 1分足らずで終わりました。省略された閣僚名簿発表には、違和感を受けました。組閣の権威にも関わり、例え留任でも 発表を省略すべきでは なかったと思います。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・甘利明 経済再生担当国務大臣、4位・石破茂 地方創生担当国務大臣、5位・岸田文雄 外務大臣 となっています。

 この第3次安倍内閣の発足は、衆議院総選挙が終わってから 30日以内に召集しなければならない特別な国会で行われました。衆議院議員がシャッフル(笑)されたのですから、不存在となっている議長の選挙から速やかに やり直さなければなりません。そして解散のない参議院の本会議も開会し、改めて内閣総理大臣の指名選挙を行います。これを「特別会」と称しています。

 国会法上、通常国会は「常会」臨時国会は「臨時会」と呼称するのが正式ですが、今回の「特別会」は、第188特別国会と報道されています。回数は、総て通算されています。普通なら第188回 特別国会と表記すべきだと思うのですが、なぜか「回」を抜いています。カイという読みが重複するのを避ける意味なのでしょうか?(笑)

 ちなみに 1回目の国会はいつになるのか? 調べてみました。戦前の帝国議会までは遡りません。現行憲法が施行されて最初の衆議院議員総選挙の直後、1947年(昭和22年)6月に召集された国会が「第1特別国会」になります。この第1特別国会の衆議院本会議 議事録を ざっと読んでみました。事務総長が職務代理として議長席に着くと即 暫時休憩になっています(笑)。

 第1特別国会は、初日の議長選挙が行えないほど、議長人事から難航していたのだと推測できます。最終日には新議員 3名の懲罰動議まで審議されています。第1特別国会は、もめにもめていたのです。結局 片山哲 総理を選出した この第1特別国会は、なんと 204日間という超ロングな会期となり、閉会翌日に第2通常国会が開会しています。

 今回の第188特別国会は、3日目に天皇陛下ご臨幸のもと開会式が開かれましたが、その日の内に閉会しています(笑)。第189通常国会が まもなく召集されますが、会期わずか 3日間は、最短タイ記録です。第3次となった安倍内閣。経済最優先と言い切るアベノミクスの効果が、果たして国民各層に浸透していくのか? 株価・為替そして長期金利の注視が続いています。

第617回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS フジ・ニュース情報番組「Mr.サンデー」オープニング テーマ音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    中島みゆき「麦の唄」
    NHK総合・連続テレビ小説「マッサン」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]
    ♪4名による共同制作ながら、存在する洗練された劇伴。


 昨年 4月に入会した“radiko.jpプレミアム”ですが、退会しました。ご承知の通り屋外FMアンテナを設置しましたので、地元のFM長野 と NHK-FMで充分との気持ちからです。退会する直前に久しぶりにJ-WAVEの“TOKIO HOT 100”を聴いてみました。FM長野 と J-WAVEは、正式開局日が全く同じ 1988年10月 1日です。

 茨城に住んでいた頃、1988年 8月 1日の試験放送開始から起算して 40番目のリスナーだという、J-WAVE発行のナンバリング受信確認証を開局前に頂きました。今でも大切に保管しています。ですから 1988年10月 2日の“TOKIO HOT 100”第1回放送を私は聴いています。チャートは発表せず前夜祭の様な感じでした。

 翌週 10月 9日 放送が、正式には第1回のチャート発表となりました。邦楽は、氷室京介やサザンオールスターズなど数曲で、残りが全て洋楽という結果でした。そして10月16日の第3週は、試験放送の時報前に必ずオンエアーしていたRichard Palmer“Across The View”が、72位にランクしたのを強烈に覚えています。

 あれから26年。ジョンカビラ・ジェームス天願・キャロル久末 そしてクリスペプラーと、開局当時の主力ミュージック ナビゲーター達の中で、開局以来 休みなく通して出演しているのは、日本語の語彙選択が極めて正確なバイリンガルであるクリスペプラーただひとりです。クリスペプラーは、“TOKIO HOT 100”を、開局以来続けています。

 J-WAVEの開局当時、日曜日の午後は、QR文化放送で「決定!全日本歌謡選抜」というベスト50を発表する人気邦楽チャート番組があり、横井宏・常行和夫 両氏の編成陣は、この番組に対抗すべく一気に 100位まで拡大したチャート番組を開発したのだと推測できます。ですから、開始時間は 午後 1時と全く同じで、放送枠が ほぼ一致しています。

 “TOKIO HOT 100”は、ヒットチャートを発表しているのではなく、チャートに擬似したステーションの順位付きプレイリストを、100曲発表しているのだと思います。いつからか コンセプトを「今、東京で最もヒットしている曲や、リリース前の未来のヒット曲 100曲」と説明していますが、未来のヒット曲は 間違いなく、今 ヒットしていません(笑)。

 ラジオチャート番組の本質は、全ての選曲を聴取者に委ね、今 最も多数の聴取者が満足する選曲を、統計学的手法で客観的に行う事にあります。ラジオチャート番組の人気が出ても、この本質が解らないスタッフが制作担当すると、途端に番組の構成を変えてしまい番組は潰れてしまいます。全国のラジオ局で、私は リスナーとして、この様な場面に沢山立ち会ってきました。

 例えば“TOKIO HOT 100”の主要データである「全番組のオンエアー」ポイント。1回のオンエアーで 1ポイントを与えると、1位のオンエアーポイントは、せいぜい週 20ポイント以内となり、明確に順位がつくのは 5 ~ 6位止まりです。圧倒的多数の 1ポイント楽曲が毎週発生しています。放送時間帯ごとにポイントの加重を行っても結果は ほぼ同じです。

 100位まで順位を算出する“TOKIO HOT 100”は、ヒットチャート番組として 根本的な構造矛盾を抱えているのですが、ラジオ放送局のオフィシャルチャートを、1週間のオンエアー回数に求める事は正答なのです。音楽ステーションとしてのカラーに基づき、人気楽曲 と その順位を提示すべきなのです。それには 最もオンエアーされた楽曲群が値します。

 本来ならば順位が明確な毎週トップ 5程度を、オンエアー回数により発表するチャート番組が理想となるはずです。J-WAVEの場合、それに旧態のCDセールスやリスナー投票など引き伸ばして(笑)100位まで発表しているのですが、AIRPLAYを主要データとする基本的考え方に立脚しているからこそ、26年間 人気を維持しているのでしょう。

 ただ現在JFL 5局で、日曜午後のHOT100を発表しているのは 3局だけになってしまい、100曲チャート番組は陰りが見えてます。されど放送が 26年以上続いている事実からも、前述のAIRPLAYの考え方を踏まえたチャート番組は、制作者がラジオチャート番組の本質を理解し続けている限りにおいて、紛れも無く長寿番組のコンテンツなのです。

第618回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]
    ♪川井サウンドの集大成と言うべき楽曲。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NBS フジ・ニュース情報番組「Mr.サンデー」オープニング テーマ音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲
    ♪長野では今月から放送開始。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「麦の唄」
    NHK総合・連続テレビ小説「マッサン」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]


 昨年の秋の事です。松本市役所から 突然宅急便が送られてきました。全く身に覚えがありません。間違いなく宛名は 私宛てですが、送り状に書かれた差出人に関して、本当に松本市役所かどうかが解りません。取り合えず受け取って、怪訝な気持ちで中を開けてみたのです。中には、表彰状と筒、それに防災グッズのセットが入っていました。

 表彰状には、5年間 国民健康保険税を完納して かつ一度も利用しなかったので、国民健康保険団体連合会が表彰すると書いてありました。防災グッズは 賞品だそうです(笑)。ほっとしながら、入っていた付箋に書いてあった、市役所の部署に電話をして発送を確認をしました。その時の電話で こう言ったのです。「5年が限界なので、すぐ保険を使うかも知れません。」(笑)。

 その時が 年明けにやってきました。先日の 3連休に左下の奥歯が、突然ジンジン痛み出してきたのです。詰め物が取れてしまったのを 1年以上放置していた歯です。それでも市販の鎮痛剤でやり過ごそうとしたのですが、3連休最終日には、とうとう市販の鎮痛剤も あまり効かなくなるほど ジンジン痛みます。もう限界です。年貢の納め時が やってきました(笑)。

 民間の歯科医院では 無理だと思い、前から評判を聞いていた地元病院の歯科センターに休み明けの朝一番で電話したところ、予約なしの急患で診てもらえる事になりました。これには 本当に助かりました。その歯科センターに急行し(笑)診てもらいました。詰め物がとれた奥歯から細菌が入り込み、神経の回りで大暴れ(笑)しているとの診断結果でした。

 今 抜歯したら もっと細菌が大暴れするとかで、取り合えず消毒してもらい、抗生物質 と 痛み止めの頓服を処方してもらいました。お陰さまで抗生物質を 3日間飲み終えた頃は、だいぶ楽になりました。他の歯も診てもらいましたが、虫歯が何ヵ所かあるとの事でした。もちろん次の予約を入れて、この歯科センターへ通う事にしました。

 当然 健康保険を利用しましたので、健康保険の無診療期間記録も 5年で途切れました。近くのドラックストア内にある薬局で処方箋を提出して、抗生物質 と 頓服を購入しましたが、支払った金額は 僅か数百円と健康保険のありがたみを感じました。この5年間 健康保険のお世話には なりませんでしたが、ドラックストア経由のセルフメディケーションで健康を維持してきました。

 別に無理をして健康保険を 5年間使わなかったのではありませんが、やはり体の不調の時は健康保険を堂々と(笑)使って躊躇なく病院に行くべきです。今回の歯科急患で無診療期間記録は、途切れてしまいましたが、松本市役所から頂いた健康保険からの表彰状は、5年間 大過なく健康だったという証明書ですので、大切に保管しておこうと思っています。

第619回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( △ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS フジ・ニュース情報番組「Mr.サンデー」オープニング テーマ音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「ウロボロス」劇中効果音楽 [木村秀彬]
    ♪リスト対象は ENAが唄う英語歌詞の劇伴。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]


 今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主役は、女優・井上真央です。25日にNHK総合で放送された作家・宮尾登美子 さんの追悼番組で、第1回を そのままオンエアーしているドラマ「蔵」は、井上真央が子役だった頃の代表作です。井上真央は、ここ松本平が舞台となった 2011年の朝ドラ「おひさま」ではヒロインでした。

 第62回 NHK紅白歌合戦では、ここ 10年で唯一紅組が優勝した時の司会でした(笑)。幕末志士の先駆けとして殉じた吉田松陰の実妹を、その井上真央が演じており、今までのテレビドラマでは、大きく取り上げなかった歴史上の人物です。そのせいか視聴率は、第1回の16・7%から 13・4% → 15・8% → 14・4%(関東地区)と推移しています。

 吉田松陰の実妹である杉文は、生涯で 2度嫁ぐ事になります。1人目は 久坂玄瑞(東出昌大)。2人目が 小田村伊之助 後の楫取素彦(大沢たかお)です。一気に駆け抜ける生涯だった兄・松陰とは異なり、2度目に嫁いだ夫が、男爵位まで登り詰める維新功労者であった事から、杉文(楫取美和子)は 鹿鳴館外交に至るまで、明治時代の表舞台を歩いていきます。

 音楽は 川井憲次が担当。テーマ音楽は、川井サウンドの得意技ともいえるスキャットと、吉田松陰の遺した和歌に基づく歌詞を大規模な合唱にした、最近の大河テーマ音楽にはない量感溢れるスコアリングです。川井憲次の劇伴の特色と言えば「科捜研の女」劇中効果音楽に象徴される、アレンジを微妙に変えながらの徹底した和音繰り返しによる構成です。

 今回の「花燃ゆ」テーマ音楽は、表面の旋律に際立った和音繰り返しは みられませんが、裏でホーンセクションや パーカッションが刻んでいるリズムは、確かに和音を繰り返しており、コーラスから スキャットへは、その裏リズムを上手く連結し絶妙に転調しています。そしてラストのスキャットでは、途中から大胆な打楽器による繰り返す和音が鳴り響きます。

 今週の第4回冒頭では、ぺリーが乗り込んでいる黒船に密航しようとした、伊勢谷友介演ずる 吉田寅次郎(松陰)が唐丸籠で護送される時、大沢たかお演ずる小田村伊之助寅次郎(松陰)に向かい「いっつもじゃ。お前は いっつもそうやって のめる様に先をせぐ。なんで待てん。なんでせぐんじゃ。」と恫喝していたシーンがありました。

 恫喝された吉田寅次郎(松陰)は、唐丸籠の中で実に複雑な微笑を浮かべていました。私は 視ていて、イスラム国に捕らわれ苛烈な運命を突きつけられている、フリージャーナリスト後藤健二 氏を思い起こしたのです。「お前は いっつもそうやって のめる様に先をせぐ。なんで待てん。なんでせぐんじゃ。」と言った大沢たかお の台詞が、なぜかオーバーラップしていました。

 幕末に礎となるべく前のめりに突貫した吉田松陰と、後藤健二 氏がビデオで、その目的 と 論理を堂々と語っていた 2015年の現代が、妙に重なりあう気がしてなりません。最近の大河ドラマに顕在化していた、台詞や設定に関する歴史考証上の問題点もなく、原作・脚本の宮村優子は 大変佳くライティングしています。大河ドラマ「花燃ゆ」の今後の展開に期待しています。

 2015年 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」25日 放送・第4回「生きてつかあさい」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 井上真央 → △ 大沢たかお → △ 伊勢谷友介 / △ 原田泰造 →→ 優香 / △ 石丸幹二 / △ 麻生祐未 →→ 泉澤祐希 / △ 井川遥 →→ △ 内藤剛志 →→ △ 檀ふみ →→ △ 奥田瑛二 →→ ○ 長塚京三 →→ ◎ 北大路欣也 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2015年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。