FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第617回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS フジ・ニュース情報番組「Mr.サンデー」オープニング テーマ音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    中島みゆき「麦の唄」
    NHK総合・連続テレビ小説「マッサン」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]
    ♪4名による共同制作だが洗練された劇伴が存在する。


 昨年 4月に入会した“radiko.jpプレミアム”ですが退会しました。もう秋あたりから全く聴かなくなり、ご承知の通り屋外FMアンテナを設置しましたので、地元のFM長野とNHK-FMで充分との気持ちからです。

 退会する直前に久しぶりにJ-WAVEの“TOKIO HOT 100”を聴いてみました。FM長野とJ-WAVE正式開局日が全く同じ 1988年10月 1日です。

 茨城に住んでいた頃、今では何十万人と存在するJ-WAVEリスナーの中で、1988年 8月 1日の試験放送開始から起算して 40番目のリスナーだという、J-WAVE発行のナンバリング受信確認証を開局前に頂きました。今でも大切に保管しています。

 ですから1988年10月 2日の“TOKIO HOT 100”第1回放送を私は聴いています。まだ開局2日目なのでチャートは発表せず前夜祭の様な感じでした。

 翌週10月 9日 放送が、正式には第1回のチャート発表となりました。邦楽からチャートインしたのは氷室京介やサザンオールスターズなど数曲で、残りが全て洋楽という全く類例のない結果でした。

 そして10月16日の第3週は、試験放送の時報前に必ずオンエアーされていたRichard Palmer“Across The View”が 72位にランクしたのを強烈に覚えています。

 あれから26年。ジョンカビラ・ジェームス天願・キャロル久末そしてクリスペプラーと、開局当時の主力ミュージック ナビゲーター達の中で、開局以来 休みなく通して出演しているのは、日本語の語彙選択が極めて正確なバイリンガルであるクリスペプラーただひとりです。

 J-WAVEの開局当時 日曜日の午後はQR文化放送で「決定!全日本歌謡選抜」というベスト50を発表する人気邦楽チャート番組があり、横井宏・常行和夫 両氏の編成陣は、この番組に対抗すべく一気に100位まで拡大したチャート番組を開発したのだと推測できます。

 ラジオチャート番組の本質は、全ての選曲を聴取者に委ね、今 最も多数の聴取者が満足する選曲を、統計学的手法で客観的に行う事にあると思います。

 ラジオチャート番組の人気が出ても、この本質が解らないスタッフが制作担当すると、途端に番組の構成を変えてしまい番組は潰れてしまいます。全国のラジオ局で私はリスナーとして、この様な場面にたくさん立ち会ってきました(笑)。

 JFL系のHOT100番組は、原理的に音楽チャートを発表しているのではなく、音楽チャートに擬似したステーションの順位付きプレイリストを、100曲発表しているのだと思います。

 例えば“TOKIO HOT 100”の主要データである「全番組のオンエアー」ポイント。J-WAVEの1回のオンエアーで 1ポイントが与えられたとすると、1位のオンエアーポイントは せいぜい1週間で 20ポイント以内となり、明確に順位がつくのは 5 ~ 6位止まりです。

 圧倒的多数の1ポイント楽曲が毎週発生しているはずです。放送時間帯ごとにポイントの加重を行っても結果は ほぼ同じになります。

 100位まで順位を算出する“TOKIO HOT 100”は、ヒットチャート番組として こうした根本的な構造矛盾を抱えているのですが、ラジオ放送局のオフィシャルチャートの主要データを、1週間のオンエアー回数(AIRPLAY)に求める事は正答なのです。

 音楽が多様化し、リクエストやセールスなどリスナーサイドからのアプローチで、統一した総合順位が求め得ない時は、音楽ステーションとしてのカラーに基づき、ステーションが自ら人気楽曲と その順位を提示すべきなのです。それには最もオンエアーされた楽曲群が値します。

 本来ならば順位が明確な毎週トップ5程度を、オンエアー回数により発表するチャート番組が、いつの時代も信頼できるオフィシャルチャートの理想となるはずです。

 J-WAVEの場合、それに旧態のCDセールスやリスナー投票など引き伸ばして(笑)100位まで発表しているのですが、AIRPLAYを主要データとする基本的考え方に立脚しているからこそ、26年間 人気を維持しているのでしょう。

 ただ現在JFL5局で日曜午後のHOT100を発表しているのは 3局だけになってしまい、100曲チャート番組は陰りが見えてます。J-WAVEにも少順位化の流れは止められないかも知れません。

 されど放送が26年以上続いている事実からも、前述のオンエアーポイントつまりAIRPLAYの考え方を踏まえたチャート番組は、制作者がラジオチャート番組の本質を理解し続けている限りにおいて、紛れも無く長寿番組のコンテンツなのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年01月16日 の週間選曲リストと『 TOKIO HOT 100 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。