FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第308回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌
    ♪第59回 NHK紅白歌合戦での卓越した歌唱。

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    AC/DC“Rock’N’ Roll Train”

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    福原美穂「優しい赤」

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    しおり「永遠 ~ とわ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌


 明けまして おめでとう ございます。2009年(平成21年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。

 12月21日の ABC(テレ朝)「M-1グランプリ 2008」は、最終審査5-2-0(島田紳助・松本人志・上沼恵美子・渡辺正行・オール巨人が支持)で、NON STYLEが優勝。視聴率は 関東 23・7%、関西 35・0%と過去最高をマークしています。

 29日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」(推定得点:89) 。「コスモ ポップスベスト10」年間第1位は、COLDPLAY“Viva La Vida” (推定得点:122) が それぞれ獲得しました。

 同じ日にNHK教育テレビは放送時間の大幅短縮を実施。アナログは「砂嵐」でしたが、デジタルのほうはグレーバックのままでした。NHKに問い合わせると、デジタルも停波したと言い張っていました(笑)。

 30日の「第50回 日本レコード大賞」は、EXILE“Ti Amo”が受賞。50回記念として4時間半以上に及ぶ生放送でしたが下馬評通りの結果でした。湯川れい子 審査委員会議長には、もう少し頑張って欲しかったと思います(笑)。

 大晦日 放送「第59回 NHK紅白歌合戦」は、白組が優勝しました。

 【最終審査結果:紅組 11万2000 白組 20万5530】

 今年も参加したワンセグ審査員は 紅組 2万2763・白組 3万8937。私は2年連続 紅組へ投票しています。

 視聴率(関東地区)は 前半 35・4%、後半 42・1%と回復傾向。ワンセグ放送の「楽屋ヘッドライン」はネタバレがあって なかなか面白かったです。

 それにしても長年勤めてきたバックバンドの三原綱木とザ・ニューブリードが、NHKホールではなく放送センター506スタジオから遠隔演奏していたのには驚きました。やはり ちょっと音が薄かった気もします。

 11時45分ジャストには、NHKホールのバズーカクラッカーから富山県 高岡市の瑞流寺へ一気に「映像落差」しました。「ゆく年くる年」と今年 初ニュースの後は、紅白落選だった さだまさし 氏の元旦恒例生放送でしたが、いきなり「さだまさし歌合戦」を決行。これには笑いました。

 正月2日の「第85回 箱根駅伝」は、東洋大が初の「往路」優勝。この日は十数年ぶりで テレビ東京の新春ワイド時代劇をリアルタイムで視聴。駅伝中継 → ワイド時代劇とリレー出来ました(笑)。

 さて年頭日記恒例の経済「星取表」。昨年大納会の日経平均株価終値は、8859円56銭と、1年間で6448円22銭「大きく下落」しました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● 』(2008年 大納会)】

 このブログでの日本経済星取表は、3連勝の後 2連敗となっています。 ニュースでは何度も東京・日比谷公園「年越し派遣村」の様子が流れ、例年になく厳しい雰囲気の新春模様でした。

 奄美皆既日食があり裁判員制度もスタートする 2009年。今年は果たして どの様な1年になるのでしょうか?

 ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


(追記) レコード大賞の視聴率は 16・9%。「第85回 箱根駅伝」は、東洋大が総合・復路も制し完全優勝しました。視聴率は 往路 26・5%、復路 27・5%でした。

第309回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]
    ♪後半トメG配役 発表時の緩やかな転調が実に美しい。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    しまざき由理「AGAIN ~ アゲイン」
    CS ファミリー劇場・ドラマ「Gメン’75」主題歌
    ♪フレンチポップにストリングスで和調を巧みに取り入れた素晴らしいアレンジ。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    しおり「永遠 ~ とわ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌


 昨年秋 世界を襲った金融危機は、未曾有のクライシスとなってしまいました。100年に一度と叫ぶ経済評論家もいるほどです。

 しかし、日本に関する限り果たして そうなのでしょうか? 10年ほど前の金融危機の際、銀行・証券会社の倒産が相次ぎ公的資金も注入されましたが、その様な事は今のところありません。

 輸出企業が自主的な危機管理で生産ラインを急激に縮小。それが下請けなどから一気に連鎖して多くの企業の経営を圧迫。派遣労働者の解雇へ繋がった様にも見えます。

 それにしても不意打ちの解雇と同時に宿舎も追い出されてしまう派遣労働者へ、もう少し法制度から保護の手を差しのべる事は必要だと思います。

 東京・日比谷公園「年越し派遣村」のニュース映像は、まるで大災害避難所の様相でした。自己責任という声もありますが安易に「派遣」と言う非正規雇用に人材確保を依存してきた企業と、それを容認してきた社会に まず責任があるのです。

 営利企業であるが故に収益を ひたすら追っていく姿勢を、やむを得ないと社会は容認してきました。しかし、何事にも許容範囲があり限界のラインはあります。

 その社会に不安を与えるが如き企業の営利優先主義は、必ずマイナスのベクトルとなって、その企業自身に向ってきます。バランスシートには表れない営利優先主義に対する社会の許容範囲も、企業は深刻に理解すべきだと思います。


 地上波放送リピートの古いテレビドラマも、週間選曲リスト・ルール注意事項[06]にあります通りCS放送では総て本放送扱いとなります。

 今週「Gメン’75」の主題歌がリストインしました。と言っても あの有名なテーマ音楽や主題歌「面影」とは異なる後期に使われた美しい楽曲です。フランスの音楽家PIERRE PORTEが制作しています。

 その昔 TBSテレビの土曜夜は「まんが日本昔ばなし」→「クイズダービー」→「8時だヨ!全員集合」→「Gメン’75」と他局の追従を許さぬラインナップでした。

 これからも他の音楽チャートサイトには真似の出来ない、音楽評論を表現する独創的な順位を、このブログで発表していきたいと考えています。

第310回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( △ )
    しまざき由理「AGAIN ~ アゲイン」
    CS ファミリー劇場・ドラマ「Gメン’75」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌
    ♪1位 8週、登場14週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    城南海 ~ きずきみなみ「ピアノ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
    ♪少しフラットな曲調だが澄んでいる佳曲。


 今年のNHK大河ドラマ「天 地 人」は、お隣り新潟が舞台です。

 戦国大名・上杉景勝に仕え導いた知将・直江兼続の生涯を、火坂雅志の原作から追っていきます。関東地区の世帯視聴率は 第1回 24・7%、第2回 23・5%と前作「篤姫」を上回る好調な出足です。

 脚本は 小松江里子が担当。シナリオの進め方は歴史背景の取材に基づく慎重な姿勢を まず感じました。

 私としてはHTB北海道テレビの人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」6番目のレギュラーとの呼び声も高い、スタイリストである小松江里子 氏を どうしても想起してしまいますが(笑)全く同姓同名な別人です。

 音楽は 大島ミチルが担当。大河ドラマ48作目にして、初めて女性音楽家がスコアしています。

 15年ほど前、毎朝放送されていた「NHKニュースおはよう日本」のテーマ音楽(当時)について、NHK情報誌「ステラ」の投稿コーナーへ「このテーマ音楽を作曲したのは誰ですか?」と、私は問い合わせをした事がありました。

 それほどテーマ音楽が劇的で余りにも素晴らしかったからです。ニュース番組テーマ音楽の制作者を尋ねる質問は珍しかったのか採用されています。そして次の様な回答でした。「テーマ音楽は、大島ミチル さんという女性音楽家が作曲しました」。

 さらに同じ大島ミチル制作でもNHK金曜時代劇「とおりゃんせ ~ 深川人情澪通り」(1995年 9月 ~ 1996年 3月・全23回 本放送)の劇伴音楽は、また違った繊細なメロディラインが現れています。

 大島ミチルの劇伴音楽には、力感溢れる和音構成とフェミニンで繊細な旋律要素が上手く溶け合っているのです。

 今回の「天 地 人」テーマ音楽は、ファンファーレ的な劇的和音に叙情性ある旋律が やはり裏打ちされています。特に配役序列発表のラストである「トメG」(第2回放送では織田信長・吉川晃司のあたり)からの転調は、リストの選曲理由に特筆したほど実に美しく独特の調性感があります。

 大河ドラマ「天 地 人」の今後の展開に期待しています。「天 地 人」テーマ音楽の初聴となる第1回放送タイトルバックのクレジット序列では、上杉謙信 役の 阿部寛がトメ(最高俳優)になりました。

 なおこの「天 地 人」の最終回は 11月22日 放送と予定しており、例年の大河ドラマより早期終了となります。

 そして11月29日からは 5週連続で、いよいよスペシャルドラマ「坂の上の雲」第1部を放送。3年をかけて本放送するスペシャルドラマ「坂の上の雲」で 阿部寛は、秋山好古・陸軍大将を演じます。

 2009年 NHK大河ドラマ「天 地 人」11日 放送・第2回「泣き虫与六」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 妻夫木聡 / △ 北村一輝 / △ 田中美佐子 → 高嶋政伸 → 東幹久 / △ 宍戸錠 → 萬田久子 → 平泉成 → 大出俊 → △ 山本圭 / △ 吉川晃司 / △ 笹野高史 / △ 加藤武 / ○ 高島礼子 / ◎ 阿部寛 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第311回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]
    ♪久々に出会う事が出来た、和声・調性共に抜群な秀逸のサスペンス劇伴音楽。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    しまざき由理「AGAIN ~ アゲイン」
    CS ファミリー劇場・ドラマ「Gメン’75」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ「ピアノ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌


 年明けからコンコンと妙な咳をし始め、先週あたりには すっかり酷くなってしまいました。。熱は全くなく気管支炎との診断です。

 咳止めの内服薬を 1日3回 服用し始め、今週になって少し咳が楽になりました。しかし、このお薬ですが もやっと(笑)眠くなります。

 咳でインフルエンザと誤解されると迷惑をかけるので、ここ数日 自宅療養していましたが、昼食後 横になると眠くなり昼寝を 1時間近くもしてしまいます。

 松本のマンションへ引っ越した際、安眠が出来ると評判の低反発 脚付きマットレスを入れ、毎晩ぐっすり眠れる様になりました。ただでさえ安眠出来るマットレスですから、眠気が誘う咳止め薬を飲み横になると深く昼寝をしてしまいます。

 そう言えば、元旦は朝からお酒を飲んでしまい、このマットレスの上で横になっていたら、いつの間にか2時間ほど ぐっすり昼寝をしてしまいました。

 それだけ昼寝をしても夜になると 7時間ほど睡眠が取れるのです。お酒や薬の力を借りているとは言え、やはり低反発マットレスに安眠のパワーがあります。

 それにしても なぜ気管支炎を患ってしまったのかと反省しきりです。どうも松本へ引越してから足の痺れや咳込みなど病気づいています(笑)。

 この咳は なぜか睡眠中 全く出ず、咳で目が覚める事はないので助かりますが、起きている時に一度出だすと しつこく続きます。

 一応ふたつ湿度計を設置しており、オイルヒーターも濡れタオルをかけて加湿には注意していました。もしかすると この高気密のマンション自体に問題があるのかも知れません。咳が完全に取れるまで まだ時間はかかると思いますが、出来る限り養生をするつもりです。

 マンションのベランダには我が家で春を告げる白梅の盆栽が、厳冬の中もう沢山の小さい蕾を付けています。吹きさらしのベランダで白梅や山紅葉の盆栽は、春の仕度を始めているのです。

 早く この気管支炎が治って、初めての松本の冬を乗り切れればと思っています。インフルエンザ流行しています。ご愛読者の皆さま、どうぞ お気を付けください。


(追記) 週間放送視聴日記(2016年 9月30日付)に、低反発でなく高反発を掲載しました。

第312回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( △ )
    しまざき由理「AGAIN ~ アゲイン」
    CS ファミリー劇場・ドラマ「Gメン’75」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング
    ♪1位 4週、登場 7週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ「ピアノ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌


 昨年 7月からNHKの地上波アナログテレビ放送の画面右上に さりげなく(笑)「アナログ」のウォーターマーク(透かし表示)が入る様になりました。今年になると、県内民放を含め ほぼ全ての地上波アナログ放送に「アナログ」のウォーターマークが入っています。

 いよいよ 2011年 7月24日のアナログ地上波テレビ完全停波に向けて、秒読み段階となりつつあります。

 しかし、米国では来月12日に予定されていた、地上波アナログテレビ放送終了が 6月12日まで延期されたとの事。この金融不況にデジタルテレビへの買い替えが進まないのも原因だそうです。

 日本のデジタルテレビ化は、全国民 全世帯を対象とするのですから、コインランドリーのテレビも(笑)工事現場の控室のテレビも(笑)全てデジタル化しなければなりません。考えてみれば類例なき国家的大事業です。

 音だけのラジオから絵も見えるテレビジョンへ、さらに白黒の画面から総天然色のカラー放送へ、この様な「劇的変化」は大衆にも解りやすく、特に期限を定めていませんので国民全体がついてきました。

 今回の場合、確かにアナログからデジタルに変わると画質が良くなりますが、正直「劇的変化」とは言い難いものがあります。

 それも2011年 7月24日と期限が定められており、やはり米国の様に無理は生じていないのか少々懸念されています。また送られてくるテレビ番組総てが、画質を鮮明にするほどの品質なのかも疑問です(笑)。

 テレビのデジタル化の次はラジオとの声も次第に高くなってきましたが、これからのラジオの将来像が まだ不透明です。

 多チャンネルによる分野別に特化した専門放送も想定され、音楽放送ならばニュース・気象情報以外はDJなしで音楽を流し続け、リスナーからのリクエストに即応するチャンネルも可能性があります。まるで既に普及している「有線放送」の様です。

 その予測とは真逆な方向性で(笑)首都圏のラジオ聴取率において圧倒的首位の深夜に加え、日中も基幹放送波であるNHKラジオ第1放送の人気が高まってきています。

 CSなどの専門チャンネルは別にしても、総合放送を実施している地上波テレビ・ラジオ局ならば、デジタル化促進の太鼓を叩く前にデジタル放送に見合った品質のソフト開発を、まず先行させるべきではないのでしょうか?


(追記) 6月12日に、全米の地上テレビ放送が完全デジタル化へ移行しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2009年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。