FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第705回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪1位 5週、登場38週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Lauren Alaina“Road Less Traveled”


 マットレスの話です(笑)。8年前に長野から松本へ引っ越してきた時に、脚付きの低反発マットレスを入れました。当初は安眠の出来る素晴らしいものでしたが、直後から足のしびれや腰痛が起き始めたのです。

 足の痺れは、通院投薬を続けたおかげで改善されたのですが、また昨年あたりから少し痺れてきたり、起床時の腰痛まで起こす様になってしまいました。

 起床時の腰痛で、間違いなく布団やマットレスが原因である可能性が高いと気づきました。脚付き低反発マットレスも、8年が経過してスプリングに少し当たる部分も出てきており、沈み込みが深くなっています。

 購入した当時の低反発マットレスは、腰痛にいい新種の寝具というスタンスで、その真逆の高反発マットレスなど殆ど存在しませんでした。ところが現在では低反発マットレスと同じくらい、高反発マットレスを販売しているメーカーが一気に増えました。

 低反発マットレスとは、身体がラインに合わせてマットレスへ沈み込んでいきます。かたや高反発マットレスとは、沈み込もうとする身体をマットレスの持つ弾力により、高反発つまりある程度のラインで押し返してくれるのです。

 体格のいい人が低反発マットレスで寝続けていると、腰の部分が沈み込んでしまって体が歪み、寝る度に血行が悪くなって、足の痺れや腰痛悪化の原因になる事もあるらしいのです。どうも根本的にマットレスの選択を間違っていたのかも知れません。

 そこで先週 思い切って高反発マットレスを購入してみました。マットレスの反発力は「ニュートン(N)」という単位で表記されますが、今回購入したマットレスは 160Nという相当高反発なものです。

 届く前は硬いのではないのかと少し心配でしたが、さっそく使用してみると 10センチほどあるマットレスの表面のウレタンは、点で身体を支えるプロファイル加工になっており不思議と堅さを感じませんでした。

 なによりも初日から朝の起床時に、腰痛と足の痺れを全く感じなかったのには驚きました。やはり腰痛と足の痺れの原因は、マットレスだった様です。

 とりあえず今までの脚付き低反発マットレスの上に、購入した高反発マットレスを乗せる簡易な形で使っていますが、今までより毎晩熟睡でき、腰痛と足の痺れが全くない快適な状態で起床しています。

 そう言えばギックリ持ちの人がギックリ腰をやらかした時、緊急的にフローリングなどの硬い床に寝て安静を保つ方法がありました。よく考えてみるとフローリングくらい高反発な寝床はありません(笑)。

 高反発マットレスに取り替えて本当に良かったと思います。低反発マットレスなのに、起床時の足の痺れや腰痛にお悩みの方がおられましたら、真逆の高反発マットレスを検討してみる事をお薦めします。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2016年09月30日 の週間選曲リストと『 低反発でなく高反発 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。