FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第704回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Lauren Alaina“Road Less Traveled”
    ♪通算 500曲目のリストイン。国内では馴染みが薄いがカントリーポップの佳曲。


 V―LOWマルチメディア放送“i―dio”は、3月のプレ開局から予定外の放送休止も挟んで、7月 1日にグランドオープン(笑)しました。しかし、特段の社会的なブームが起きる訳でもなく、現在に至っています。莫大な設備投資への資金繰りから、V―LOWマルチメディア放送の運営母体会社は、日本政策投資銀行から 10億円もの借入までしています。

 私がラジオのニューメディアとして認め、リスナーとして聴取していたのは、1991年に開局した衛星デジタル放送の“St.GIGA”(セントギガ)。今まで唯一聴取料を払った有料ラジオ局です。セントギガは、ラジオ メディアからジャーナリズムの要素を排し、音の潮流として より芸術的な そして前衛的な、音楽ラジオ放送を目指しました。

 タイムテーブルというラジオ番組編成の概念を否定し、月の満ち欠けや 潮の満ち引き、そして日の出 日の入りを基点とする太陽の運行など天体現象に基づく「タイドテーブル」をクリエート。そのタイドテーブルのリズムを基準に、24時間生放送で、音楽と自然音さらに最小限度のアナウンスだけを、放送衛星を通じて全国一律にオンエアーした革命的なラジオ放送局でした。

 全国に音楽をメインとしたラジオ局は 数多くありますが、オンエアー曲を決定・管理する「選曲部」という部署を放送事業会社に置いたのは、後にも先にも衛星デジタル音楽放送株式会社「セントギガ」だけでした。J―WAVEの創始者である故・横井宏 氏が編成局長として決行した、世界の音楽放送史上 最大の実験が“St.GIGA”(セントギガ)だったのです。

 そしてその壮大な実験は、開局 3年目での横井宏 氏の急逝、4年目でのコンセプト否定によるリニューアル、さらに 9年目の事実上の経営破綻と代替りで失敗に終わります。私個人としては、24時間生放送を標榜する以上、セントギガなりの気象情報やニュースを挿入すれば、もう少し違った聴取者数の推移や経営の展開があったと思えてなりません。

 それでも故・横井宏 氏の目指すベクトルの方向性は 誤っていませんでした。今までとは違うニューメディアのラジオ局を創造するということは、ラジオ局のシステムを新しくするだけではなく、コンテンツ自体を革命的に刷新しなければならないのです。故・横井宏 氏は、その点に気付き自らの生命を賭けてまで貫きました。

 私は当時数少ない、セントギガを聴きたいが為に、WOWOWに加入したひとりでした。加入後すぐセントギガのカスタマーセンターに電話。音声スクランブルを解除してもらい、デコーダに直結したアンプ と スピーカーから流れ出した、セントギガの美しさは 忘れる事が出来ません。ラジオ放送を、まるで芸術作品にまで昇華しているような内容でした。

 いまTOKYO FM と JFN加盟局が前のめりになって推進している、V―LOWマルチメディア放送“i―dio”に、故・横井宏 氏が生命を賭してまで決行した“St.GIGA”(セントギガ)と言う名の壮大な実験を、スピリッツとして理解している方は、何人存在するのか? 一(いち)リスナーとして大変気になります。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2016年09月23日 の週間選曲リスト と『 St.GIGA(セントギガ)と言う名の実験 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。