FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第334回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ
    ♪ヴォーカルが和声になってドライブをこなしている。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Linkin Park“New Divide”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「白昼の死角」劇中効果音楽 [市川秀男]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・NHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」テーマ音楽 [プロジェクトimage]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]


 このブログの「週間選曲リスト」は、ラジオ・テレビ総てのオンエアー音楽を対象としています。歌手演奏者の国籍・思想・政治信条では、絶対差別せず美しい音楽を選曲します。小さな個人ブログですが このポリシーを守っています。

 しかし「週間放送視聴日記」には 別のポリシーもあります。例え「週間選曲リスト」にリストインの対象となった放送番組でも、視聴して気付いた点があれば、躊躇わず批評していくスタンスです。

 私は、今週 4位にテーマ音楽が再登場したNHKスぺシャル「JAPANデビュー」の放送内容について、少なからず疑義を感じています。

 NHKスぺシャル「JAPANデビュー」には、私だけでなく多くの人々から批判が集まっており、その批判が 4月 5日 本放送された第1回「アジアの一等国」に集中しています。

 ですが私は 5月 3日 本放送された第2回「天皇と憲法」にも看過出来ない疑義を感じました。

 ドキュメンタリー自体に問題はないと思います。明治憲法(大日本帝国憲法)の制定過程を丹念に描いています。

 特に第4条で定められた天皇の統治権総攬規定に関して、伊藤博文 枢密院議長と山田顕義 司法大臣の枢密院質疑応答は、明治憲法の核心をつく描写でした。

 ところが ドキュメンタリーに挿入された評論家・立花隆 氏を始めとするインタビューは、余りにも唐突な内容だったのです。

 立花隆 氏が美濃部達吉 東大教授の「天皇機関説」について うすら笑い を浮かべながら、勝った負けたと延々論じている映像は必要だったのでしょうか?

 御厨貴 東京大学先端科学技術研究センター教授の「天皇と憲法について放置せず今後どうするか考えないといけない」などと言ったドキュメンタリーの帰結から逸脱した私論を、番組のラストで放送した意図は なんだったのでしょうか?

 番組編集に偏向があったと指摘を受けても弁護出来ない内容です。なぜ山室信一 京大教授を加えた あの3人のコメントを挿入したのでしょうか? 全く理解に苦しみます。

 現行の日本国憲法が 大日本帝国憲法の全面改正の形を取っており、帝国憲法 第73条の改正手続を経て公布施行されている事は、法制史を勉強してみれば容易に理解できます。

 その事実から見ても、明治憲法と変わらず第1章(第1条)に まず天皇に関する条規があるのが進歩的ではないかの様な立花 氏の私論まで放送するのは、あまりにも恣意的です。

 番組に対する広範な批判の高まりを制作サイドは意識したのか 6月28日 放送された第4回「軍事同盟 国家の戦略」は 特段強い偏向を感じさせる内容ではありませんでした。

 しかし 第2回「天皇と憲法」は、できるだけ多くの角度から論点を明らかにせず、専門的な標準ではない主張のみを選択しています。

 国論を煽る番組を制作する姿勢は、放送法や日本放送協会 国内番組基準に抵触している可能性があります。「JAPANデビュー」第2回「天皇と憲法」は、公共放送たるNHKが放送すべき番組ではないと考えざるを得ません。

第335回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Linkin Park“New Divide”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「白昼の死角」劇中効果音楽 [市川秀男]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]
    ♪明瞭な和声感を伴う、強い劇伴音楽効果があった第1回のオープニング。


 長い間 アナログテープ と MDで保存してきたラジオの録音ですが、昨年からオリンパスの「ラジオサーバー」を使用し始めました。テープではなく、録音をデジタルファイルとして PCで管理しています。ラジオサーバー 購入の際、オーディオ機器を購入した経験がないオリンパスの製品という点に、若干の不安はありましたが、全くの杞憂でした。

 MP3ファイル 128Kbptの高音質モードへ設定しても、約 600時間 録音可能な ラジオサーバー は、企画制作された担当者の方が、相当のラジオマニアだと推測出来るほど(笑)ラジオ録音に機能を特化した高性能のHDD付きチューナーです。600時間は、2時間程度の生ワイド番組で約 300日分になり、平日の帯ワイドなら ほぼ1年分が録音できます。

 もちろんPCと接続して、録音ファイルのムーブやコピーが自由自在です。私は、録音したMP3ファイルを保存する場合、そのままPCのフォルダーへコピー。そのPCでファイルを編集・管理しています。このブログでも何度か書きましたが、PCで管理するラジオ録音の方法論を、ずっと模索してきました。私個人としては、この ラジオサーバー に落ち着いた感じです。

 ラジオチューナー と PCを直結して録音するやり方は、AM・FMともに強い雑音混入などの可能性が どうしても残ります。やはり ラジオサーバー の様なHDD付きチューナーで録音を行い、作成された録音ファイルをPCに移動させる方法が、現状ではベストだと思っています。ラジオサーバー は、クリアにラジオ録音が出来る外付けサーバーと言っても過言ではありません。

 この ラジオサーバー は、AMラジオ語学講座の連続録音を強く想定していますが、もちろんFMステレオ放送でも充分な音質は保てます。OFF時には、液晶画面全体がデジタル時計になる設定も可能ですし、ホームラジオとして充分機能します。ラジオサーバーは、地元CATV・テレビ松本のラジオ再送信にライン接続し、我が家の「メインラジオ」としても利用しています。

 今後 インターネットによるIPサイマル放送が先行すれば、PCでの直接録音は 広まるかも知れません。しかし、アナログラジオ放送自体は、大災害の多い この国で需要が消えません。アナログラジオ放送を上手にデジタルファイル化する、このオリンパスの ラジオサーバー は、現時点においてラジオ録音に関して頂点を極めた機種なのです。


(追記) メインラジオは、チボリ オーディオ モデルワン(Tivoli Audio Model One)に代わりました。

第336回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Linkin Park“New Divide”

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]
    ♪同じ和音を繰り返しながらアレンジで変化をつける独特な和声と調性。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]
    ♪1位 5週、登場28週。


 このブログにも簡易なアクセス解析が入っており、専用サーバを使用されている官公庁から ご訪問された場合は、どこの官庁か? 解る仕組みになっています。総務省・防衛省・厚生労働省に、このブログを ご愛読されている方が いらっしゃいます。心から感謝申し上げる次第です。そして先週 遂に「内閣総理大臣官邸」からアクセスがありました。

 もちろん検索エンジンからの一見さん(笑)ですが、その検索ワードを見て驚きました。「不二家歌謡ベストテン」について、お調べになられていたのです。ラジオチャート番組に、ご興味をお持ちの高級官僚の方がいると解っただけで、私は嬉しいです。では遅ればせながら「不二家歌謡ベストテン」を、詳しく説明させて頂きます。

 不二家歌謡ベストテンは、JOLFニッポン放送で日曜朝 放送されていた、最も人気がある邦楽ラジオチャート番組でした。放送時間差をおいて、名古屋の東海ラジオ放送・大阪のABC朝日放送でもネット。放送開始が、1966年12月。まだオリコンが創業する前から、不二家歌謡ベストテンは、歌謡曲の正確なヒットチャートを毎週発表していました。

 聴取率は、最盛期に 20%を超え、在京局トップの人気番組でした。.テレビ全盛の時代になっても首都圏の日曜の朝は、この番組を聴きながら朝食をとったり、目覚まし代わりで起き出す習慣が広がっていたほどです。そして他局を含めて前後の番組でも、ヒットチャート番組が放送され、日曜朝の時間帯が 最新ヒット曲を聴くゾーンに開発されていました。

 不二家歌謡ベストテンは、リクエスト・レコード売上・有線放送・ジュークボックスの人気などを基に、ニッポン放送音楽委員会が、毎週の順位を決定します。順位は原則として、20位まで発表していました。ジュークボックスの人気まで集計していたのは この番組だけで す。LFニッポン放送では、7位より上位曲を、ほぼフルコーラスでオンエアーしていました。

 そして最終の順位決定権が 「ニッポン放送音楽委員会」にある事は、重要な仕組みを構成しています。人気番組の権威ある順位のため、番組プロデューサーなどへレコード会社やプロダクションから直接圧力がかからない様に、順位決定に関する責任の所在を分散していたのです。委員会の合議にすれば、誰が順位を決めたと問われなくなります。

 リクエストは、1社提供である不二家のチョコレートの空き箱に書いて送っても可。そうするとプレゼントがグレードアップします(笑)。ベスト 3予想の「順位ファン予想投票」も毎週実施。私は 1回だけ当選した事があります。当選賞品の番組特製のトレーナーが、LFではなく東京の大手デパートから直送されてきたのを覚えています。

 6月最終週には「上半期ベストテン」12月最終週に「下半期ベストテン」さらに翌年 1月第1週に「年間ベストテン」を きちんと発表します。この下半期ベストテンを発表していたのは、全国のラジオヒットチャート番組でも、不二家歌謡ベストテンだけでした。順位は、毎週のベスト 20に独自の配点をし、同点の場合は同順位とするほど、純粋に集計していました。

 その年間・上半期・下半期ベストテンの集計得点の配点は、番組できちんと公開されていました。毎週発表したベスト 20に対して、20位が 1点 19位が 2点と、11位まで 1点刻み。10位は 12点と ここから 2点刻みとなり、6位が 20点。5位は 23点と さらに 3点刻みとなり、4位・26点 3位・29点 2位・32点 そして 1位が 35点です。

 ちなみに 1時間前に放送されていたTBSラジオ「森田公一の青春ベストテン」の年間ベストテンの配点は、20位 1点からオール1点刻みで 1位が 20点でした。ですから この不二家歌謡ベストテンの上位加重の配点方式は 実に独特なもので、下位長期ランクイン曲が必要以上に有利となる年間チャートの構造欠陥を、当初から理解していた事を物語っています。

 この公開された配点と、毎週きちんとノートにつけていた順位記録から、事前に 上半期・下半期そして年間ベストテンの順位を、正確に予想してしまうコアなリスナーが多く存在しました。上半期・下半期・年間ベストテンの順位ファン予想投票は、いつも正解者数が 10名を超えていたものです。この人達こそ、不二家歌謡ベストテンの真のファン リスナーでした。

 私は不二家歌謡ベストテンの 10周年記念特番も聴いた思い出があります。確か土曜日の夕方の放送でした。前述の配点方式による総集計で、10年間トータルのベスト 50を発表。1位は、千昌夫「星影のワルツ」でした。この時 返信用切手を番組に送って、この10周年記念の資料を貰った記憶も残っています。

 この番組は 長い間、ロイ・ジェームス 氏が担当。日本人より流暢な日本語を話す放送タレントの方でした。特に番組途中のミニコーナー「ロイ・ジェームスの歌謡メモ」は、何か問題のある人気歌手がいると、その問題を取り上げ徹底的に批判。非常に辛口の芸能コラムを放送していました。このコーナーがあってこそ、リスナーは 発表される順位に信憑性を感じていたのです。

 ロイ・ジェームス 氏は、咽頭癌のため 53才の若さで お亡くなりになる最晩年まで担当し、その間ずっと首都圏ラジオ聴取率 1位をマークしていました。「不二家歌謡ベストテン」こそ、我が国 邦楽ラジオチャート番組の最高峰だと思っています。今回のアクセス記録は、記念に保存しておきます。首相官邸からのアクセス、誠に ありがとう ございました。

第337回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Linkin Park“New Divide”

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ
    ♪1位 2週、登場 6週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    DREAMS COME TRUE「三日月」
    NBS フジ・ドラマ「救命病棟24時」挿入歌 ~ 第1シリーズ主題歌
    ♪10年ほど前の曲だがドラマ劇伴で輝く秀でたアレンジ。

 21日の衆議院本会議で河野洋平 議長が、午後1時04分に解散詔書を朗読。衆議院が解散されました。

 日本国憲法公布以来 22回目。帝国議会を含む憲政史上では 40回目の解散になります。

 2005年 8月の「郵政民営化」解散による総選挙以来、300を超える大議席を守ってきた与党勢力の施政に対し、改めて国民の審判が下ります。

 憲法 第54条の規定で、解散の日から 40日以内に総選挙を行わなければなりませんが、政府が閣議決定した投票日の 8月30日(日曜)は 解散から ちょうど 40日目。1日でも総選挙を先送りしたい与党の心理が見える様です。

 自民党の歴史において最も激しかった派閥抗争と言えば 1980年。造反につぐ造反の末に総理大臣指名選挙が、大平正芳 総裁と福田赳夫 前副総理、自民党ふたりの決選投票になってしまった「40日抗争」。激動の政変劇が繰り広げられた40日間でした。

 その 40日抗争の果てに待ち受けていたものは、史上初の衆参ダブル選挙。選挙期間中の現職首相の急逝。そして全国翌日開票の結果は、40日抗争を巻き起こした自民党の圧勝でした。

 今回の 40日間で国民の意思は どの様に形成されていくのでしょうか? 1980年の衆参ダブル選挙と同じく、大きな歴史のポイントがやってきそうです。政権交代の可能性を含んだ、近年にない重大な総選挙へ遂に突入しました。

 翌22日には、奄美地方を中心として『皆既日食』がありました。日本国内(陸地)では 46年ぶりの皆既日食となります。奄美で最も長い皆既時間となる「悪石島」は あいにくの強雨。屋久島や奄美本島でも雨天のため皆既を観る事が出来なかった様です。

 ただ1個所、NHKが中継クルーを出した東京都 小笠原村(郡名なし)の「硫黄島」が見事に晴れ渡りました。素晴らしいダイヤモンドリングを始め、皆既日食の模様を全国に生中継しています。

 今回の皆既日食でNHKは、太平洋上の日食ツアー船も含めて、悪天候に備えて皆既帯内に中継ポイントを分散させていました。この周到さが功を奏した様です。硫黄島は、皆既日食前後の不思議な光のパノラマが、全方向で解る最適な中継ポイントでした。

 私は、仕事の合間に視ていましたが、長年テレビを視聴してきた中でも、五指に入るほど感動的な生中継でした。NHK総合テレビで「硫黄島」からの美しい皆既日食 生中継を観る事ができ 大変満足しました。

 今週は、衆議院解散に奄美皆既日食と、ふたつの大きな出来事がありました。ラジオ・テレビともに生中継を含めて大きく報道しています。

第338回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Linkin Park“New Divide”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    DREAMS COME TRUE「三日月」
    NBS フジ・ドラマ「救命病棟24時」挿入歌 ~ 第1シリーズ主題歌
    ♪編曲は 中村正人。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]
    ♪ドラマ史上にも残る和声と調性が秀逸なテーマ音楽とタイトルバック。


 暑中お見舞い申し上げます。2009年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には、どうか ご自愛ください。

 衆議院解散から 10日ほど経過し、総選挙まで あと1ヶ月となりました。一部の週刊誌には、荒っぽい選挙予想も掲載されています。しかし、予想が世論に浸透すると「アナウンス効果」も強くなるので、まだまだ予断は許されません。

 全国紙や共同通信社が、統計学的手法から逸脱しない獲得議席「予測」を掲載しているのに対して、週刊誌の選挙予想は、統計学的推定に基づかない文字通りの「予想」がほとんどです。やはりセンセーショナルな見出し目的で予想を誘導する(笑)事もありますし、結果が大ハズレ(笑)という例も多くあります。

 イギリスの公共放送BBCの開票速報では、昔から“Swingometer”(スウィンゴ・メーター)という振り子グラフによって党勢を表現してきました。

 下院の総選挙は 小選挙区・二大政党制である事から、前回の選挙より何パーセント得票率が変化したか? によって議席の変動率も一目瞭然に解る、優れた そして 美しい選挙グラフィックです。

 昔BBCで使った“Swingometer”(スウィンゴ・メーター)は、針をハサミで切り取り、目盛り盤を手書きで作ったお手製(笑)でした。今はコンピューター グラフィックを使っていますが、原理は全く同じです。

 “Swingometer”(スウィンゴ・メーター)には、ふたつの目盛り、得票率増減と議席増減が付いています。例えば保守党の全国得票率が、前回比プラスになると、そのパーセントによって、前回より最終的な議席は、何議席増加すると メーターの針は示してくれます。

 小選挙区の得票率は、1%変化するだけでも議席数が大きく変化します。ですから開票速報途中でも、中間集計の得票率だけで、振り子の指す方向が、保守党・労働党どちらが優勢か一発で表しています。NHKの開票速報における、左右から少しずつ増えていく勢力グラフとは異なり 振り子の先は、常に最終結果の予測を示しているのです。

 日本の選挙制度にあてはめると、例えブロック別の比例代表が加味されていても、やはり“Swingometer”(スウィンゴ・メーター)の振り子は、小選挙区制の場合、一方向へ振れ易い傾向があります。このブログでは、一切総選挙結果の予想をしません(笑)。しかし、振り子は どちらに振れても今回の総選挙が近年にない大荒れの「開票速報」となる、そんな予想は しています(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2009年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。