FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第334回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ
    ♪ヴォーカルが和声になってドライブをこなしている。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Linkin Park“New Divide”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「白昼の死角」劇中効果音楽 [市川秀男]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・NHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」テーマ音楽 [プロジェクトimage]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]


 このブログの「週間選曲リスト」は、ラジオ・テレビ総てのオンエアー音楽を対象としています。歌手演奏者の国籍・思想・政治信条では、絶対差別せず美しい音楽を選曲します。小さな個人ブログですが このポリシーを守っています。

 しかし「週間放送視聴日記」には 別のポリシーもあります。例え「週間選曲リスト」にリストインの対象となった放送番組でも、視聴して気付いた点があれば、躊躇わず批評していくスタンスです。

 私は、今週 4位にテーマ音楽が再登場したNHKスぺシャル「JAPANデビュー」の放送内容について、少なからず疑義を感じています。

 NHKスぺシャル「JAPANデビュー」には、私だけでなく多くの人々から批判が集まっており、その批判が 4月 5日 本放送された第1回「アジアの一等国」に集中しています。

 ですが私は 5月 3日 本放送された第2回「天皇と憲法」にも看過出来ない疑義を感じました。

 ドキュメンタリー自体に問題はないと思います。明治憲法(大日本帝国憲法)の制定過程を丹念に描いています。

 特に第4条で定められた天皇の統治権総攬規定に関して、伊藤博文 枢密院議長と山田顕義 司法大臣の枢密院質疑応答は、明治憲法の核心をつく描写でした。

 ところが ドキュメンタリーに挿入された評論家・立花隆 氏を始めとするインタビューは、余りにも唐突な内容だったのです。

 立花隆 氏が美濃部達吉 東大教授の「天皇機関説」について うすら笑い を浮かべながら、勝った負けたと延々論じている映像は必要だったのでしょうか?

 御厨貴 東京大学先端科学技術研究センター教授の「天皇と憲法について放置せず今後どうするか考えないといけない」などと言ったドキュメンタリーの帰結から逸脱した私論を、番組のラストで放送した意図は なんだったのでしょうか?

 番組編集に偏向があったと指摘を受けても弁護出来ない内容です。なぜ山室信一 京大教授を加えた あの3人のコメントを挿入したのでしょうか? 全く理解に苦しみます。

 現行の日本国憲法が 大日本帝国憲法の全面改正の形を取っており、帝国憲法 第73条の改正手続を経て公布施行されている事は、法制史を勉強してみれば容易に理解できます。

 その事実から見ても、明治憲法と変わらず第1章(第1条)に まず天皇に関する条規があるのが進歩的ではないかの様な立花 氏の私論まで放送するのは、あまりにも恣意的です。

 番組に対する広範な批判の高まりを制作サイドは意識したのか 6月28日 放送された第4回「軍事同盟 国家の戦略」は 特段強い偏向を感じさせる内容ではありませんでした。

 しかし 第2回「天皇と憲法」は、できるだけ多くの角度から論点を明らかにせず、専門的な標準ではない主張のみを選択しています。

 国論を煽る番組を制作する姿勢は、放送法や日本放送協会 国内番組基準に抵触している可能性があります。「JAPANデビュー」第2回「天皇と憲法」は、公共放送たるNHKが放送すべき番組ではないと考えざるを得ません。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2009年07月03日 の週間選曲リストと『 JAPANデビューを批評する 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。