FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第548回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( △ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    AZU“Circles of Life”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌
    ♪1位 2週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪素晴らしいギターカッティングによる抜群の和声と調性がとれた秀逸曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」劇中効果音楽 [中島ノブユキ]


 先日 既にMP3化している私のラジオ番組録音コレクションの中から、聞きたかった ひとつのファイルを探していましたら、全く予期せぬ(笑)もうひとつの番組を聴いてしまいました。FM東京の「コーセー歌謡ベストテン」です。草創期は「ハッピー・ロード」というタイトルでしたが、土曜 午後1時からの放送というスタイルは、既に この頃から始まっていました。

 歌謡曲とポップスが合同になったワイド ベストテンの時に、私は聴きだした記憶があります。中学 1年の頃で、私のFMリスナー歴も始まっています。人形劇・トッポジージョの声を演じていた山崎唯 さんが、女性アシスタントとフリートークと言うか、なにか雑談でもしながら(笑)歌謡曲とポップスのベストテンを交互に紹介していました。

 1974年に歌謡曲とポップスが分離し、三和シャッター歌謡ベストテンがスタート。翌年からコーセー歌謡ベストテンへと、スポンサーが変わりました。担当パーソナリティーは、作曲家の宮川泰 さん と FM東京の丸木陽子 アナウンサーの時代が長く続きます。FM東京が発注した、当時のFM放送首都圏聴取率調査では、圧倒的な数字で連続 1位を獲得していました。

 告白すると私は、1980年代に発行していた音楽チャート研究のニュースレターで、このコーセー歌謡ベストテンを強く批判した事があります。スポンサーが化粧品会社のため、当時 大々的にキャンペーンしていた、他の化粧品会社CMのイメージソングが、あからさまな順位操作によって、全く上位にランクされなかったのです(笑)。

 例えばカネボウ化粧品 1984年 春のキャンペーンソングだった松田聖子“Rock’n Rouge”は、他のヒットチャート番組で軒並み連続 1位をマークしていたにも係わらず、コーセー歌謡ベストテンでは、最高 6位 登場僅か 3週といった成績で、コーセー以外の化粧品キャンペーンソングは、大きな順位ハンデがある感じでした(笑)。

 されど当時は、民放FM唯一の全国放送による邦楽ヒットチャート番組です。音楽的に優れた曲が、歌手の人気に係わらず上位になる傾向がありました。1978年のオリコン年間 1位は、ピンクレディー“UFO”が獲得していますが、コーセー歌謡ベストテンの年間 1位は、5週連続 1位をマークした 紙ふうせん「冬が来る前に」でした。

 コーセー歌謡ベストテンには、大きな 2つの特徴がありました。ひとつは ベストテンに入った歌手を ゲストに呼ぶ事です。当時のコーセー歌謡ベストテンは、完パケでしたので、録音によるインタビューが流れました。この慣習が COUNTDOWN JAPANになった現在まで続いています。この特徴は、ベストテン番組として、大きな欠点にも通じていました。

 もうひとつは 7位から 10位までの下位曲の一部を、ワンコーラスから上手くアウトロへ曲を繋ぎ終奏する、楽曲の編集テープでオンエアーする事です。これは放送時間の都合で、ワンコーラスしか曲をかけないのと同じ理屈ですが、本当に芸術的な尺合わせでした。コーセー歌謡ベストテンの音響スタッフが、独自に編集したのだと推測しています。

 このブログの「大晦日は何曜日」でも書いていますが、コーセー歌謡ベストテンは、6月最終週に 上半期ベストテン、そして12月最終週に 年間ベストテンを必ず発表していました。番組では、毎週 20位まで順位を発表していましたが、年間・上半期ベストテンは、1位 10点から 1点刻みで 10位 1点と、純粋にベストテンの順位だけで集計していました。

 年末には記録ノートを元に、得点を計算したリスナーから、沢山の年間ベストテン予想が寄せられていました。ところが ある年に突然、年間ベストテンへは、ひとりの歌手について最上位の1曲だけを入れる「1歌手 1曲規定」が登場し、へヴィーリスナーが大混乱した事がありました。この辺がコーセー歌謡ベストテンらしいエピソードです(笑)。

 コーセー歌謡ベストテンが放送されていた、JFN土曜 午後1時台の枠は、現在のCOUNTDOWN JAPANまで、なんと40年以上続いている 邦楽ヒットチャート番組の老舗的存在になっています。いろいろ問題点もありましたが(笑)今となっては懐かしい思い出として昇華するほど、音楽の美しさが順位に反映する、稀有な邦楽ラジオ チャート番組でした。

第549回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( △ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」劇中効果音楽 [中島ノブユキ]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    西野カナ「さよなら」
    NHK総合・ドラマ10「ガラスの家」主題歌
    ♪転調の不規則さに引っ掛かりを覚えるが和声は整っている。


 7日に ブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会は、2020年 オリンピック夏季大会の開催都市を、東京と決定しました。

 午前3時45分から始まった開催都市決定の電子投票では、なんと第1回投票で 2位 と 3位が同票となり、中間経過の順位は非公開にも係らず、東京1位通過が判明してしまいました (第1回投票結果:東京 42 イスタンブール 26 マドリード 26)。私は、IOC総会中継をライブで視ていましたが、とにかく第1回投票で 2位 3位が同票だったのには驚きました。

 次に 2位 3位による再投票の結果、有力だったマドリード(スペイン)が 3位確定で脱落となります (再投票結果:イスタンブール 49 マドリード 45)。そして東京とイスタンブール(トルコ)の間で最終投票が行われ、5時20分の開催都市発表セレモニーにおいて、ロゲ IOC会長は 東京をコールし、2020年 夏季五輪の開催都市が 東京と発表されました。

 【最終投票結果:東京 60 イスタンブール 36】

 NHK総合テレビの放送は 同時通訳が正確で、スタジオ進行の内山俊哉 アナも「東京は、同数になっていないので、1回目の投票を通過したものと思われます。」と 実に的確なアナウンスをし、 ロゲ IOC会長かマドリード脱落をコールした 4時02分に「2020年五輪・パラリンピック 東京とイスタンブール最終投票へ」と、NHKニュース速報のテロップが流れました。

 ところが他局では、東京が脱落したと勘違いするアナウンスや解説がオンエアーされ、外国の一部通信社は、開催都市決定の誤報を打つ事態もありました。私も東京の 1位が IOC委員の間で解ってしまった段階で、アナウンス効果が出るのではないかと心配しましたが、東京は 第1回投票 44・6%の支持率を、最終投票 62・5%まで伸ばし、圧勝で開催都市に選ばれました。

 今回の圧勝の決め手になったのは、高円宮妃久子殿下 と 安倍晋三 内閣総理大臣の最終プレゼンテーションに尽きると思います。高円宮妃久子殿下がプレゼンテーションの冒頭に、フランス語でスピーチしたのは重要な意味があります。オリンピック運動創始者である、クーベルタン男爵(Pierre de Coubertin)は フランス人だったからです。

 その歴史的経緯から オリンピック憲章 第2章23項の規定では、IOCの公用語は フランス語が優先されます。高円宮妃久子殿下が 直接的な招致のスピーチをせず、流暢なフランス語で皇室としてエレガントに、東日本大震災 復興支援への謝意を表わしたのは、世界の名士で構成する IOC委員の投票行動へ実に効果的に働きかけたと思います。

 またノルウェーのIOC委員から、福島第1原発の汚染水問題について「東京に影響がないという根拠を数値で示せ」と 厳しい質問で迫られた時、安倍 総理大臣が「汚染水による影響は、港湾内の 0・3平方キロの範囲内で完全にブロックされている。」と 日本国民としては初耳ともいえる(笑)明確な数値根拠を即答できたのが、IOC委員の投票行動に繋がったと思われます。

 1964年の第18回大会以来 56年ぶりに、東京で夏季五輪が開催されます。夏季五輪を 2度以上開催した都市は、パリ、ロンドン、ロサンゼルス、アテネだけしかなく、東京で 5都市目になります。アジアでは、日本がトップの五輪開催経験国になりました。私には、以前住んでいた長野県長野市で、市民として 1998年の長野冬季五輪を経験した佳き思い出があります。

 2011年の東日本大震災から終息しない福島第1原発事故、そして今後の日本列島における活発な地震活動の予測など未だ国難は続いています。国難を乗り越えて 6年後 2020年の夏季五輪が、開催国民の間で佳き思い出として残る様な大会となる様に 心から祈っています。2020年 第32回 夏季オリンピック・東京大会 開催決定、本当に おめでとう ございます。

第550回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    西野カナ「さよなら」
    NHK総合・ドラマ10「ガラスの家」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    LUHICA「手鎖の月」
    NHK総合・木曜時代劇「あさきゆめみし」主題歌
    ♪旋律に類似性があるがアレンジの和音構成に工夫がある佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌


 36年前の1977年9月に NASA(米航空宇宙局)が打ち上げた探査機「ボイジャー1号」が、太陽系(太陽系圏)から離脱したと確認されました。

 米アイオワ大学の論文によると ボイジャー1号は、昨年の 8月25日頃に太陽系を離脱して恒星間空間に入ったと推定されています。NASAでは、1年かけた慎重な確認の上で 12日に正式発表しました。

 人類が造り出した惑星探査機が、大過なく 36年間飛行を続け、遂に太陽系を離脱したとは、驚きの一語につきます。しかもボイジャー1号の機能は正常で、地球から 188億キロ離れ光速でも片道 12時間もかかるのに、地球のステーションと交信が出来ているのだそうです。

 それを可能にしているのは、ボイジャー1号に搭載された原子力電池のお陰で、故障しなければ 東京夏季五輪が開かれる2020年頃まで充分維持されるとの事です。また同じ年に打ち上げられたボイジャー2号も、約 35億キロ後方で1号の後を追い 飛行を続けています。

 そしてボイジャー1号が 次の星(恒星)にたどり着くのは、なんと 4万年先だそうです。なんとも気が遠くなるような話ですが、地球の歴史を 1年で例えると、現生人類の誕生は 12月31日の午後11時38分頃(笑)紅白歌合戦の結果が出た時間です(笑)。4万年を遡ると旧石器時代後期にあたります。宇宙の広さは、人類が定めた時間の流れと別次元なのです。

 今回のボイジャー1号そして2号の探査は、地球外生命の可能性も追求した壮大な事業です。私は、地球に人類が存在している以上、同じ様な地球外生命が存在すると思っています。ボイジャー1号と2号には、人類から まだ見ぬ地球外 知的生命体へのメッセージを記録・録音した、ゴールデンレコードが搭載されています。

 何万年以上先に別の人類が見つけてくれたにしても、この地球を直接探査にやってくるまで、地球と人類は どうなっているのか解りませんが(笑)ボイジャー1号が太陽系を離れた事実から、その果てしない夢へ一歩進んだ事は確かです。

 昨年8月に 火星に着陸した無人探査車「キュリオシティー」は、火星上で活発な観測を続けています。また日本でも14日に 国産小型ロケット「イプシロン」の打ち上げが成功し、惑星観測衛星「ひさき」を予定軌道に乗せました。

 やはり無限の可能性を選択出来る無人宇宙探査は、人類の宇宙への夢と希望を包括的に実現させ得る可能性があります。宇宙への夢と希望は、人類幸福のために これからも ひとつずつ実現して欲しいものです。

第551回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    LUHICA「手鎖の月」
    NHK総合・木曜時代劇「あさきゆめみし」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    西野カナ「さよなら」
    NHK総合・ドラマ10「ガラスの家」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪1位 3週、登場 7週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    BS Dlife・BBCワールドニュース テーマ音楽 [David Lowe]
    ♪通算400曲目のリストイン。百万回の視聴に耐え得る調性を有したニュース テーマ音楽の佳曲。


 昨年 9月21日に発表した「第500回記念 全期間ランキング」の公開から 1年が経ちました。光陰矢の如しと言いますが、2003年 1月から毎週休まず週間選曲リストをブログで公開し続け、500回記念の全期間ランキングから 早くも 1年。あっという間に月日は過ぎ去り、今週で週間選曲リストは、551週目になります。

 All-Time Ranking というのは、発表された後に あまり振り返らないものですが、このブログでは、1年経過の時点で もう一度振り返りたいと思います。この週間選曲リストの全期間ランキングは、1年前予告から始まり、今週の 1年後回顧までで 1セットということになります。では第500回記念 全期間ランキングを、改めてご紹介致します。

 全期間 1位に確定した「龍馬伝」テーマ音楽は、Lisa Gerrardが感性詞を歌唱するエスニックなハミングで表現された旋律と、量感溢れるオーケストレーションされた和声が繊細かつ絶妙に調和し、ラストの劇的転調の深さと美しさは 神域へも達している、比類なき水準のテレビドラマ テーマ音楽で、かつ 500週間に及ぶ全放送音楽の最高傑作です。

 全期間 2位に決定した「白い巨塔」劇伴音楽は、テーマ曲が 秀逸なハーモニー構成と調性に加えて荘厳さを有しており、劇伴トラックも高い和声を、個々に感じさせます。ドラマの劇伴音楽枠を遥かに超えたスケールは、もはや交響詩の域へさえ達する秀逸な作品です。本放送から 10年経ても民放テレビドラマとしては、最高水準の劇伴音楽です。

 全期間 3位に決定した「功名が辻」テーマ音楽は、NHK交響楽団の演奏にリズムトラックを加え、情感へ訴える旋律をサンプリングした大河ドラマ・テーマ音楽の傑作です。この楽曲は、リフレインされる類例を感じさせない独創旋律がポイントになっており、50年を超える大河ドラマの歴史の中でも、秀逸なテーマ音楽の美しさが認められます。

 全期間 4位に決定した 柴田淳「おかえりなさい。」は、abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌として、羽毛田丈史のアレンジが輝いています。この曲は、まずCD原盤のアレンジを聴き込み、そして 2007年リリースの東京厚生年金会館で行われたツアー ライヴビデオも視て頂きたいと思います。

 全期間 5位に決定した GARNET CROW「まぼろし」は、abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌として、レベルの高い和音構成と音楽調性感が味わう事が出来ます。この曲は、2008年リリースの京都・仁和寺で行ったライブDVDの動画が必見です。素晴らしい和声と調性を視認さえ出来ます。

 振り返ってみると、第500回記念 全期間ランキングの 5曲の選曲と順位だけで、500回を通じて最も美しい 5曲を選ぶ事が出来ました。「第500回記念 全期間ランキング」は、Basic List ~ 年間ランキングのページから常時お読み頂けます。今後の全期間ランキングに関する予定や情報は、毎年 6月末の上半期順位を付記する週間放送視聴日記で お伝えしていきます。

 全期間ランキングから、あっと言う間に 1年です。500回記念 全期間ランキングを振り返って にも書きましたが、長期にブログを休まず続けていく個人ブロガーのみ到達できる人生の高みへ向かって、1週ずつ 1ページずつ積み重ねていきたいと思っています。次の全期間ランキングは、第1000回記念を予定しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2013年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。