FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第701回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽
    ♪編曲は 藤田哲司。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Echosmith“Cool Kids”


 先月 8日の午後3時を期して、NHKを始め全国のテレビ局は、一斉に天皇陛下のビデオメッセージを放送しました。

 天皇陛下のビデオメッセージ一斉放送は、2011年 3月の東日本大震災直後以来のもので、今回は数日前の事前予告があった事から、まさに「平成の玉音放送」とも言える、日本の放送史上の重大な出来事となりました。

 天皇陛下のビデオメッセージ指定放送時間の午後3時には、NHK総合や殆どの地上波民放テレビ局が特別番組を編成しました。但し東京メトロポリタンテレビ(MX)なと一部の局は、設備等の都合から天皇陛下のビデオメッセージを一斉放送せず、またテレビ神奈川やサンテレビなどの独立U局は通常番組を放送しています。

 ラジオは、NHKが第1放送で特設ニュースとして、ビデオメッセージの音声を同時放送。FMと第2放送は、通常番組を放送しました。東京AM民放3局は 特別編成を実施。海外では英国のBBCが強い関心を示し、なんと天皇陛下のビデオメッセージを、日本と同時放送しています。

 またFM長野は、3時20分から天皇陛下のビデオメッセージに関するJFN送出となり、3時24分から天皇陛下のビデオメッセージ音声を全編放送しています。全国でビデオメッセージが流れた3時頃は、通常番組でメジャーコードの派手な曲が流れ、20分過ぎから静かなクラシックに曲調が激変したのが大変印象的でした。

 7月13日のNHK総合テレビのニュース7とNHK―FMの今日のニュースで、突然「天皇陛下 生前退位の意向示される」と、驚天動地の第1報が流れました。他のマスコミメディアは、全くのノーマークで一斉に確認に走り、散発的にニュース速報や号外が打たれ大きな動きになりました。

 これは10年前にNHKニュース速報として、秋篠宮妃紀子さま ご懐妊を大スクープした時と類似しています。NHKのきめ細かい宮内庁取材の賜物かも知れませんが、宮内庁そして政府側のリークが、ニュースソースである事は間違いありません。

 そして私がこのニュースを知って最初に気付いた事は、天皇陛下の生前退位は現行憲法に抵触するのではないか? という疑問です。二千年にも及ぶ天皇制が培った歴史の中で、幕府や為政者に対し、抗議や不満の意思表示のために退位をほのめかし、また実際に退位した歴史上の出来事が何度もありました。天皇が帝位を賭けた政治利用の行動が生前退位なのです。

 天皇陛下のビデオメッセージには、ご高齢によるお体を省みて、憲法に定められた国事行為に支障がある可能性を憂慮され、責務を果たす事を強く望まれたお気持ちが ほとばしっていました。しかし、いかなる理由であれ生前退位は、現行憲法上の問題があります。

 もし天皇の生前退位を認めるならば、皇太子以下の皇族にも生前の譲位や離脱を、制度的に認めなければ法的均衡がとれません。天皇が神聖にして不可侵と謳われた明治憲法の頃でも、旧皇室典範第52条に皇太子以下の皇族へは懲戒規定があり、皇族としての品位を辱め皇室への忠順を欠く時は、皇族特権を停止もしくは剥奪出来たのです。

 今回の天皇陛下のお気持ちに沿うならば、摂政制度や国事行為臨時代理制度をさらに充実させる事など、現行皇室典範など法令の改正などで対応出来、陛下のご負担を軽減した上で、陛下が気にされている殯(もがり)などの崩御後服喪の皇室行事を、制度的に整理していけば良いと考えます。

 ところが、陛下のビデオメッセージでは、この摂政制度の活用に明確な懸念を述べているのです。ここまで踏み込まれると間違いなく解るのは、あのNHKの大スクープからビデオメッセージの内容まで、宮内庁そして安倍 首相を含む内閣官房のチェックは存在したと言う点です。

 ビデオメッセージでお伝えになった意向に全面的に沿った形で、天皇陛下の生前退位規定を全く問題なく設けるためには、皇室典範の全面改正そして憲法の一部改正が必要となるからです。

 私は憲法改正が実現するためには、最初は余程魅力的な条文草案を出さないと難しいとブログに書きましたが、安倍 首相は、憲法改正を実現する端緒として、まさしく驚天動地の第1章 天皇条項から手をつけようとするならば、護憲勢力は全く想像だにしなかった手段かも知れません。

 現に産経新聞が実施した世論調査では、生前退位を認める憲法改正には、なんと84%が賛成となっています。私個人としても天皇陛下の宸憂(しんゆう)を慮り、生前退位を認める憲法改正は、皇太子以下の皇族にも生前の離脱を認めるならば賛成です。

 いったい内閣からの意向が、天皇陛下のビデオメッセージにどれだけ含まれていたのか? 平成の玉音放送は、21世紀の天皇制の根幹に係わる重大なターニングポイントになりつつあります。


(追記) 天皇陛下生前退位に関する週間放送視聴日記は、次の通りです。
 「生前退位のご日程」(2017年 1月20日)
 「退位特例法を読み解く」(2017年 6月 2日)

第702回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]
    ♪1位 5週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]
    ♪僅か30秒のエンドクレジットに流れる劇伴は 実に美しい調性。


 安倍 内閣の改造は、なぜか年末とかノーベル賞発表とか、断行週にブログへ書いた試しがありません(笑)。今回はリオデジャネイロ夏季五輪に重なり、かつ700回記念と平成の玉音放送とも重なって約1か月遅れになってしまいました。

 8月3日に、第3次 安倍内閣の第2次 改造がありました。

 前回の改造は10閣僚留任。今回の改造が8閣僚留任です。麻生 副総理(内閣法 第9条の第1順位指定大臣)岸田 外務大臣を始め、内閣の基本線に大きな変化がありませんでした。その中で 稲田朋美 防衛大臣の新任が目を引きました。

 組閣は順調に進み、当日は 午後2時40分、留任した菅義偉 内閣官房長官から閣僚名簿が発表されました。NHK総合・テレビ信州・長野放送が生中継しています。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・石原伸晃 経済再生担当国務大臣、4位・岸田文雄 外務大臣、5位・塩崎恭久 厚生労働大臣 となっています。

 留任した高市早苗 総務大臣は、政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に、電波停止を命じる可能性を国会答弁で言及して注目を集めました。放送法 第4条違反があれば電波法 第76条を行使して、総務大臣が停波命令を出せる法的解釈です。

 放送メディアに携わる著名マスコミ人から、報道の自由に反する行為だと一斉に反発の声が上がりましたが、果してどうなのでしょうか? ラジオ・テレビの放送局は、放送局である前に国から免許を受けた「無線局」であるのが根幹です。

 この免許制度がなければ、ラジオ・テレビ局の放送内容が気に入らないからと妨害電波を発射されたり、アンチな無免許放送局の際限なき誹謗に曝される恐れすらあります。ラジオ・テレビの放送局を含む一定出力以上の無線局は、例外なく国からの免許がないと電波を飛ばせません。

 特にインターネットが、ここまで国民の生活に普及した時代では、報道の自由とは、まずネットメディアが第1義の主体になります。

 このネットメディアに国からの規制が入れば大問題ですが、高い制作コストと人件費が当たり前の様に必要とされる放送メディアにおいて、そこに携わる人々の生活の糧を守るための盾として、報道の自由があるかの様な単調な主張は、まず放送局が無線局との根幹を理解した上で、受け手として しっかり吟味したいものです。

 同時に行われた自民党人事で目を引いたのは、金銭授受問題で無念の辞職を余儀なくされた、甘利明 元経済再生担当国務大臣が 自民党総務に選ばれた点です。結局 甘利 元大臣と秘書全員が不起訴となり、まず党務から復帰し 約9か月で政治活動を再開しています。

 どうもリオデジャネイロ夏季五輪閉会式に、マリオとなって現れた安倍 首相の印象が強烈だった様で、今週開催されたG20首脳会議でも「安倍マリオ」と各国首脳から声をかけられたそうです(笑)。今回は内閣情報調査室や公安調査庁の身体検査(笑)が機能したのか、第3次 安倍 第2次 改造内閣は、特にスキャンダルも起きず発足1か月を経過しています。

第703回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽

  2. 第 2 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]
    ♪打楽器の和音がアクセントとなるドラマのモチーフに合致した劇伴佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]


 今年の松本の夏は 猛暑日が記録されず、かといって冷夏という訳でもなく、程々の暑さだった気がします。ここ数年続いていた酷暑に、体が慣れてしまったのも知れませんが、比較的過ごしやすい夏でした。

 このブログでもお馴染みとなった、ミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン も、元気に25年目の夏を過ごしました。25年単一個体のペットを飼育する経験など、なかなか出来る事ではありません。私の様なカメ好きな人間からすれば、余人には理解し難い(笑)高い域のペットライフを日々送っています。

 報道されました通り、外来種のミシシッピ アカミミガメは、環境省から本格的な規制を受ける方針が発表になりました。飼育を途中で止めてしまったアカミミガメが、野や川に放たれ 古来からの生態系を壊す可能性があるからだそうです。

 環境省では既に対策を始めており、2020年以降の輸入禁止・繁殖禁止、そして現在飼育されている亀は届出制になる流れの様です。例え届出から許可制になっても、行政書士の資格に賭けて何十枚申請書類を作成しようが、私は かめクン のために堂々と飼育許可を得る強い気持ちでいます。

 ですが環境省のミシシッピ アカミミガメ対策の資料を読んで驚きました。全国で飼育されているミシシッピ アカミミガメの総数は、なんと110万世帯で180万匹を超えると推定されるのだそうです。もし180万件の飼育届出が一斉に出されたら、例えネット申請でも 環境省の機能はパンクしてしまうかも知れません(笑)。

 どうも新規の輸入禁止や繁殖禁止が、具体的な対策として精一杯な様です。ミシシッピ アカミミガメは 大変賢い亀です。自分が生活している環境に同化していきます。そして飼い主から与えられた愛情を きちんと理解します。私は冬眠させていた期間を除き、25年間毎日 飼育水の全取り替えを続けていますが、その意味が かめクン には解っているのです。

 今年の夏は、休みの日など たっぷり遊んでやりました。近い内に カメハウスを取り替え、かめクン が新居へ引っ越す予定も立てています。また平形の衣装ケースを利用し改造する仕様で、次のカメハウスが 7代目になります。

 現在使っているカメハウスには、既に保温用ヒーターが入っており、朝方には飼育水をほんのり温めています。自分の飼育環境を理解しながら、かめクン は 元気に 25年目の初秋を迎えました。

第704回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Lauren Alaina“Road Less Traveled”
    ♪通算500曲目のリストイン。国内では馴染みが薄いがカントリーポップの佳曲。


 V―LOWマルチメディア放送“i―dio”は、3月のプレ開局から予定外の放送休止も挟んで、7月 1日にグランドオープン(笑)しました。しかし、特段の社会的なブームが起きる訳でもなく現在に至っています。

 莫大な設備投資への資金繰りからV―LOWマルチメディア放送の運営母体会社は、日本政策投資銀行から10億円の借入をしています。日本政策投資銀行は、政府の政策金融機関である財務省所管の特殊会社です。

 いかなる形態であれマスメディアたるラジオ局(ネットワーク)が、政府金融機関から借入をするのは尋常でありません。後々ボディーブローの様に効いてくる その意味を、JFN加盟局は充分理解しているのでしょうか?

 私がラジオのニューメディアとして認めリスナーとして聴取していたのは、1991年に開局した衛星デジタル放送の“St.GIGA”(セントギガ)。今まで唯一聴取料を払った有料ラジオ局です。

 タイムテーブルというラジオ番組編成の概念を否定し、月の満ち欠けや潮の満ち引き、そして日の出日の入りを基点とする太陽の運行など天体現象に基づく「タイドテーブル」をクリエート。そのタイドテーブルのリズムを基準に、24時間生放送で音楽と自然音さらに最小限度のアナウンスだけを、放送衛星を通じて全国一律にオンエアーした革命的なラジオ放送局でした。

 全国に音楽をメインとしたラジオ局は数多ありますが、オンエアー曲を決定・管理する「選曲部」という部署を放送事業会社に置いたのは、後にも先にも衛星デジタル音楽放送株式会社「セントギガ」だけでした。

 J―WAVEの創始者である故・横井宏 氏が編成局長として決行した、世界の音楽放送史上 最大かつ最高の実験が“St.GIGA”(セントギガ)だったのです。

 そしてその壮大な実験は、開局 3年目での横井宏 氏の急逝、4年目でのコンセプト否定によるリニューアル、さらに 9年目の事実上の経営破綻と代替りで失敗に終わります。

 私個人としては、24時間生放送を標榜する以上、セントギガなりの気象情報やニュースを挿入すれば、もう少し違った聴取者数の推移や経営の展開があったと思うのですが、故・横井宏 氏は セントギガからジャーナリズムの要素を排し、音の潮流として より芸術的な そして前衛的なラジオ放送を目指したのです。

 それでも故・横井宏 氏の目指すベクトルの方向性は誤っていませんでした。今までとは違うニューメディアのラジオ局を創造するということは、ラジオ局のシステムを新しくするだけではなく、コンテンツ自体を革命的に刷新しなければならないのです。故・横井宏 氏は、その点に気付き自らの生命を賭けてまで貫きました。

 私は当時数少ない、セントギガを聴きたいが為にWOWOWに加入したひとりでした。加入後すぐセントギガのカスタマーセンターに電話。音声スクランブルを解除してもらい、デコーダに直結したアンプとスピーカーから流れ出した、セントギガの美しさは忘れる事が出来ません。

 いまTOKYO FMとJFN加盟局が前のめりになって推進している、V―LOWマルチメディア放送“i―dio”に、故・横井宏 氏が生命を賭してまで決行した“St.GIGA”(セントギガ)と言う名の壮大な実験を、スピリッツとして理解している方は何人存在するのか? 一(いち)リスナーとして大変気になります。

第705回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪1位 5週、登場38週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Lauren Alaina“Road Less Traveled”


 マットレスの話です(笑)。8年前に長野から松本へ引っ越してきた時に、脚付きの低反発マットレスを入れました。当初は安眠の出来る素晴らしいものでしたが、直後から足のしびれや腰痛が起き始めたのです。

 足の痺れは、通院投薬を続けたおかげで改善されたのですが、また昨年あたりから少し痺れてきたり、起床時の腰痛まで起こす様になってしまいました。

 起床時の腰痛で、間違いなく布団やマットレスが原因である可能性が高いと気づきました。脚付き低反発マットレスも、8年が経過してスプリングに少し当たる部分も出てきており、沈み込みが深くなっています。

 購入した当時の低反発マットレスは、腰痛にいい新種の寝具というスタンスで、その真逆の高反発マットレスなど殆ど存在しませんでした。ところが現在では低反発マットレスと同じくらい、高反発マットレスを販売しているメーカーが一気に増えました。

 低反発マットレスとは、身体がラインに合わせてマットレスへ沈み込んでいきます。かたや高反発マットレスとは、沈み込もうとする身体をマットレスの持つ弾力により、高反発つまりある程度のラインで押し返してくれるのです。

 体格のいい人が低反発マットレスで寝続けていると、腰の部分が沈み込んでしまって体が歪み、寝る度に血行が悪くなって、足の痺れや腰痛悪化の原因になる事もあるらしいのです。どうも根本的にマットレスの選択を間違っていたのかも知れません。

 そこで先週 思い切って高反発マットレスを購入してみました。マットレスの反発力は「ニュートン(N)」という単位で表記されますが、今回購入したマットレスは 160Nという相当高反発なものです。

 届く前は硬いのではないのかと少し心配でしたが、さっそく使用してみると 10センチほどあるマットレスの表面のウレタンは、点で身体を支えるプロファイル加工になっており不思議と堅さを感じませんでした。

 なによりも初日から朝の起床時に、腰痛と足の痺れを全く感じなかったのには驚きました。やはり腰痛と足の痺れの原因は、マットレスだった様です。

 とりあえず今までの脚付き低反発マットレスの上に、購入した高反発マットレスを乗せる簡易な形で使っていますが、今までより毎晩熟睡でき、腰痛と足の痺れが全くない快適な状態で起床しています。

 そう言えばギックリ持ちの人がギックリ腰をやらかした時、緊急的にフローリングなどの硬い床に寝て安静を保つ方法がありました。よく考えてみるとフローリングくらい高反発な寝床はありません(笑)。

 高反発マットレスに取り替えて本当に良かったと思います。低反発マットレスなのに、起床時の足の痺れや腰痛にお悩みの方がおられましたら、真逆の高反発マットレスを検討してみる事をお薦めします。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2016年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。