FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第702回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]
    ♪1位 5週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]
    ♪僅か30秒のエンドクレジットに流れる劇伴は 実に美しい調性。


 安倍 内閣の改造は、なぜか年末とかノーベル賞発表とか、断行週にブログへ書いた試しがありません(笑)。今回はリオデジャネイロ夏季五輪に重なり、かつ700回記念と平成の玉音放送とも重なって約1か月遅れになってしまいました。

 8月3日に、第3次 安倍内閣の第2次 改造がありました。

 前回の改造は10閣僚留任。今回の改造が8閣僚留任です。麻生 副総理(内閣法 第9条の第1順位指定大臣)岸田 外務大臣を始め、内閣の基本線に大きな変化がありませんでした。その中で 稲田朋美 防衛大臣の新任が目を引きました。

 組閣は順調に進み、当日は 午後2時40分、留任した菅義偉 内閣官房長官から閣僚名簿が発表されました。NHK総合・テレビ信州・長野放送が生中継しています。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・麻生太郎 副総理大臣、2位・菅義偉 内閣官房長官、3位・石原伸晃 経済再生担当国務大臣、4位・岸田文雄 外務大臣、5位・塩崎恭久 厚生労働大臣 となっています。

 留任した高市早苗 総務大臣は、政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に、電波停止を命じる可能性を国会答弁で言及して注目を集めました。放送法 第4条違反があれば電波法 第76条を行使して、総務大臣が停波命令を出せる法的解釈です。

 放送メディアに携わる著名マスコミ人から、報道の自由に反する行為だと一斉に反発の声が上がりましたが、果してどうなのでしょうか? ラジオ・テレビの放送局は、放送局である前に国から免許を受けた「無線局」であるのが根幹です。

 この免許制度がなければ、ラジオ・テレビ局の放送内容が気に入らないからと妨害電波を発射されたり、アンチな無免許放送局の際限なき誹謗に曝される恐れすらあります。ラジオ・テレビの放送局を含む一定出力以上の無線局は、例外なく国からの免許がないと電波を飛ばせません。

 特にインターネットが、ここまで国民の生活に普及した時代では、報道の自由とは、まずネットメディアが第1義の主体になります。

 このネットメディアに国からの規制が入れば大問題ですが、高い制作コストと人件費が当たり前の様に必要とされる放送メディアにおいて、そこに携わる人々の生活の糧を守るための盾として、報道の自由があるかの様な単調な主張は、まず放送局が無線局との根幹を理解した上で、受け手として しっかり吟味したいものです。

 同時に行われた自民党人事で目を引いたのは、金銭授受問題で無念の辞職を余儀なくされた、甘利明 元経済再生担当国務大臣が 自民党総務に選ばれた点です。結局 甘利 元大臣と秘書全員が不起訴となり、まず党務から復帰し 約9か月で政治活動を再開しています。

 どうもリオデジャネイロ夏季五輪閉会式に、マリオとなって現れた安倍 首相の印象が強烈だった様で、今週開催されたG20首脳会議でも「安倍マリオ」と各国首脳から声をかけられたそうです(笑)。今回は内閣情報調査室や公安調査庁の身体検査(笑)が機能したのか、第3次 安倍 第2次 改造内閣は、特にスキャンダルも起きず発足1か月を経過しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2016年09月09日 の週間選曲リストと『 第3次 安倍内閣 第2次 改造 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。