FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第714回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    JAM Project“The Brave”
    テレビ東京・ドラマ24「勇者ヨシヒコと導かれし七人」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「山女日記 ~ 女たちは頂を目指して」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [窪田ミナ]
    ♪冒頭からスキャットだけで美しい旋律を構成している。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    あいみょん「生きていたんだよな」
    テレビ東京・ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」オープニング テーマ


 先日 神奈川県逗子市のコミュニティーFM局「湘南ビーチFM」を聴く機会がありました。代表取締役は、元NHKキャスターでジャーナリストの 木村太郎 氏です。音楽放送自動編成ソフト(G Selector)や 番組制作ソフト(Zetta)を駆使して、ローコストな 24時間自主放送を実施している、全国のコミュニティーFMでも先進的なステーションです。

 特に1日 6回編成している定時ニュースと気象情報は、アナウンサー無しの合成音声による放送を行っています。実際聴いてみましたが、やはり合成音声に違和感があるのは否めません。ただ内容は 完全に聞き取れました。一方 NHKラジオ第2放送での株式市況 と 気象通報は、最高水準の 合成音声 放送で、人工的に作られた音声なのか? と思うほど違和感がありません。

 先月コアなFMラジオリスナーの間に、事件と言うべき出来事がありました。共同通信社が発刊していた「FMfan」誌が 2001年に休刊後、それを引き継ぐ形で隔週発行していた定期購読限定の雑誌“FM CLUB”が突然廃刊となったのです。定期購読者に最新の第390号は送付されず、弁護士からの通知には理由として、発行元の経営破綻が記されていました。

 兆候はありました。“FM CLUB”誌のサイトには、発行人のブログが リンクされていましたが、最近では 糖尿疾患の闘病記ばかりでしたし、創刊時は 7500名近くの定期購読があったものの、最近では損益分岐点をはるかに下回る、2000名ほどの定期購読しか維持できない状態でした。それでも危機感を表面に出さず、頑張って発行を続けていました。

 “FM CLUB”誌のメインは、NHKーFM 2週間分の番組表だけです。但しその番組表は 詳細で、演奏曲目のCD番号まで掲載されていました。昔からのコアなFMラジオリスナーは、その様な番組表を有料で購入してまで、FMラジオの音楽放送を楽しんできました。“FM CLUB”誌は、定期講読オンリーの会員制で、その善きスタンスを守ってきたのです。

 FMラジオ放送が、仮に自動編成そして合成音声化になると、その様な番組表雑誌は 絶対存在し得ません。“FM CLUB”誌を最期まで定期購読し続けた方々の喪失感は、いかばかりかと同情を禁じ得ませんが、心豊かだった今までのFMラジオ放送の楽しみ方に代わる形を、現状のFMラジオ放送から見つけられるかどうかは、全く五里霧中の状態です。

 TOKYO FMグループが続けているCSラジオ放送「ミュージックバード」は、主要チャンネルが既存の有線音楽放送と一体化しており、電話リクエストすれば 何分後かにリクエスト曲が流れ、ミュージックバードでも流れるシステムを採用しています。既存の有線音楽放送が、未来のFM音楽放送のベクトルになりつつあるその姿を、頭から否定出来るものではありません。

 先月起きた“FM CLUB”誌の廃刊は、まだ一里塚に過ぎず、現状のFMラジオ放送から、さらに リスナー参加形態の変質を含めた自動編成・自動送出の流れへと、その動きは決して止まっていません。合成音声によるラジオ放送が さらに進化すれば、国内景気の急変など きっかけ次第で、自動編成・自動送出の流れが一気に加速する可能性すらあると思えてくるのです。

第715回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「山女日記 ~ 女たちは頂を目指して」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]
    ♪第5シーズン 第1回冒頭の卓越した劇伴効果。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    JAM Project“The Brave”
    テレビ東京・ドラマ24「勇者ヨシヒコと導かれし七人」オープニング テーマ


 前回観たのはいつなのか? 思い出せないくらい久々に映画を観に行きました。映画のタイトルは「続・深夜食堂」。人気ドラマの映画化2本目の作品です。

 「深夜食堂」は、2009年・2011年・2014年と 3シリーズ 計 30本がテレビ放映。そして今年ネット有料配信としてさらに 10本を制作。2年前に公開された最初の映画版は、最終動員数 20万1000人、最終興行収入 2億5000万円をマークするヒット作となりました。

 私はテレビドラマが映画化しても極力観に行かない主義です(笑)。テレビドラマは、総ての筋書きをテレビドラマで完結しなければならないと思っています。その主義を今回だけ変節させたのは(笑)最初の「深夜食堂」映画版が、全くテレビドラマのスタイルを変えていない事に気づいたからです。

 1本目の映画版をCS放送で視聴しましたが、鈴木常吉「思ひで」が流れるオープニングはテレビドラマと全く変わらず、119分 の上映時間に 3つのエピソードを緩やかに結びつけながら構成されていました。

 これなら違和感なく映画版を観られると思い、今回の「続・深夜食堂」を映画館で観てきた次第です。全国封切りは11月 5日からでしたが、松本市は唯一の映画館であるシネマライツ8が二番館として12月 3日からの上映でした。混まない平日は午前と午後2回だけの上映です。前売り券を買った上で、仕事をエスケープして(笑)観に行きました。

 やはり「続・深夜食堂」もテレビドラマと同じオープニングから入って 3つのエピソードで構成されており、不破万作、松重豊、山中崇、綾田俊樹、安藤玉恵、光石研、篠原ゆき子、谷村美月、宇野祥平、金子清文、須藤理彩、小林麻子、吉本菜穂子、平田薫らの常連客レギュラー陣が、入れ替り立ち替わり登場し全体を連結させていました。

 一つ目のエピソードは、相当テレビドラマを観てきた私でも予想がつかなかったストーリーで、今や名優の域に達している佐藤浩市が、あっと驚くような役(笑)を演じていました。

 二つ目のエピソードは、最近のテレビドラマで個性が輝いているキムラ緑子と池松壮亮を親子役で起用。シンプルな展開ながら演技力の冴えをスクリーンから感じる事が出来ました。

 三つ目は 今回の映画版の根幹を成すエピソードで、渡辺美佐子演ずる老母が捨てた息子とタクシー越しに再会する場面では、場内にすすり泣きが起きていました。深夜食堂のメインである豚汁定食の意味も解き明かしています。

 前回の映画版では第3シリーズ10本が制作・放送されました。今回も新たに第4シリーズ10本を制作していますが、現在のところ放送予定がなく、Netflixでの有料配信だけとなっています。

 入会時は無料お試し期間があるので とりあえずNetflixに入会し、第4シリーズ10本をその期間内に全部視てしまいました(笑)。やはり地上波本放送せず いきなりネット配信からとは、少し先鋭化している感じもします。

 映画界のオリコンとも言われる興行通信社の集計によると、今作は国内での週末観客動員数など前作を抜き去る感じではないようです。前作公開の際には地上波で第3シリーズが放映され盛り上がりが見られました。但し今作もアジア諸国など海外から大変なオファーがあり、全体の興行成績は相当な数字を上げると見込まれています。

 大スクリーンで展開された深夜食堂の常連客達の姿は、やはりこれからの社会で理想のコミュニティを具現していると思ってしまうのです。劇場で観た「続・深夜食堂」は見終わった後に満足感の残る素晴らしい映画でした。

第716回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「山女日記 ~ 女たちは頂を目指して」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」劇中効果音楽 [横山克]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]
    ♪パーカッションの和音構成が印象的な佳曲。


 米国大手マスメディアの予測が外れる結果になった、トランプ 次期大統領の誕生から1か月経過しました。ミシガン州などで勝者確定に時間がかかりましたが、選挙人獲得数の結果は動かし様がなく、来年 1月6日の選挙人投票(Electoral College)では間違いなくトランプ 次期大統領が当選人として確定するはずです。

 トランプ 次期大統領の当確直後から安倍 首相の行動は世界最速(笑)でした。米国大統領選挙一般投票翌日の11月10日にはトランプ 次期大統領と電話会談。これは全世界の首脳の中で エジプト、イスラエル、メキシコの次に4番目の速さです。

 11月18日朝には世界の首脳では最も速く、例のトランプタワーで直接会談をしてしまいました。先進主要国が選挙結果の分析に時間がかかり躊躇している間にです。明治維新からの我が国の外交史の中でも、この電光石火は類例がないほどです。

 トランプ 次期大統領は、選挙戦の間に日本批判を繰り返していましたが、この安倍 首相の電撃訪問に悪い気はしてない様です。本日現在までお隣りの中国と異なり(笑)無理難題のテーゼは、日本に対して送られてきません。

 安倍 首相とトランプ 次期大統領の会談内容は明らかにされていませんが、その日を境に急に本腰を入れ始めた政策があります。カジノを中心とした統合型リゾートの整備推進法案、いわゆるIR整備推進法案の法制化です。

 どうもトランプ 次期大統領にハッキリとTPPの離脱を会談で言われた様で、それならばと急浮上したのが、カジノを解禁する新しいリゾート構想への布石でした。

 まあカジノ反対の野党からは、人の不幸で成長戦略するなとか、ギャンブル依存症が増えて社会問題になるとか言い分がある様ですが、長野県は元より全国に点在するパチンコ屋さんは、遊戯と賭博とは法的に違うと主張されても、どう考えても本質的にミニカジノである事は間違いありません。景品買取は所詮便法です。

 私はパチンコはもとよりカジノ的ギャンブルはやりません。ただ以前 牧場でサラブレッドを観る機会があり、競走馬の美しさが理解出来ました。サラブレッドが一生懸命走る姿は、心打つものがあります。

 競馬は、レースとレースの間に時間の経過があります。レースとレースの間には損失は発生しません。もっと中間の経過時間が長い宝くじなどは、スクラッチに夢中になってる例外を除き(笑)ギャンブル依存症は発生し得ないのです。

 しかし、パチンコを含めたカジノ的ギャンブルは、開始から諦め(笑)まで 常に勝負が連続します。この連続性がギャンブル依存症を招くのだと思われます。

 私個人としては、特区化して地域を限定したカジノのほうが、全国に点在するパチンコという名のミニカジノよりも、国民に対するギャンブル依存症の発生可能性は高くないと思えてくるのです。

 カジノ構想を考える時、なぜか俳優・六角精児 氏を一緒に思い浮かべてしまうのですが(笑)ゲームも一切やらない私個人としては、日本にカジノ特区が出来ても射倖的興味が起きず行かないと思います。やらない人はやらないのです。

 15日にはプーチン 大統領が来日し、日露首脳会談に一定の前進がありました。コワモテ首脳との付き合いが上手く、猛獣使い(笑)ともあだ名される在任期間が歴代6番目の長さになった安倍 首相の変わり身の早さと、そのカジノ構想に斬新さと したたかさを感じています。

第717回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「山女日記 ~ 女たちは頂を目指して」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]
    ♪従来の時代劇とは異なる洗練された劇伴群。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌
    ♪1位 3週、登場 9週。


 2016年は、WORDPRESSで独自運営している このブログのシステムに工夫を凝らした1年でした。まず春にはSNSから離脱して、メールフォームやフォトギャラリーなどブログの機能を充実させました。そして 6月には 完全SSL化を決行しました。

 完全SSL化から半年経過しましたが、ブログの全ページで浸透し、検索エンジンの検索表示も全てのURLに https:// が付きました。そのSSL化の影響なのか 700ページ以上あるこのブログで、今まで検索されなかったディープな(笑)アーカイブ ページにも、検索エンジンから多種なご訪問を受ける様になりました。

 特に2日から2夜連続で、NBS長野放送・フジテレビで放送された「鬼平犯科帳 THE FINAL」に関して、2011年に書いた「鬼平犯科帳 と 中西龍・仁内建之 そして 能村太郎さん」と題した週間放送視聴日記にアクセスが急増し、なんと約 1週間で 3000名以上の方にお読み頂きました。本当にありがとうございます。

 このアクセス急増時にモバイル ブログでは、リスト下部にある先週・次週のボタンから、多くの方が移動されている事が判りました。そこで先週・次週ボタンの隣に最新ボタンも併設し、スムーズに最新のリストをお読み頂ける様にしました。月別アーカイブページにも同じく最新ボタンを設置しています。

 さらに今週このブログがあるサーバのデータベースをアップグレードしました。このブログが、さくらインターネット さんに引っ越ししたのは2010年春でしたが、その時からずっとMySQL5・1を使ってきました。

 従前のさくらインターネット さんは、データベースの使用を ひとつしか認めてくれず、移転は既存データベースの停止を前提とするデンジャラス(笑)な作業だったのです。

 やっとデータベースの複数使用が可能になったので、旧データベースを停止せず最新式のデータベースを作成し、全テキストを含むデータ移転後、稼働を確認してから 旧データベースを削除するスムーズな作業が出来ました。

 データベースをMySQL5・5に移転したおかげで、PCブログページの表示が かなり速くなりました。新たな より佳きステージへ。ブログの独自機能充実から始まって、完全SSL化、そして年末のデータベース移転と、今年はブログシステム充実に力を注いだ1年でした。

Year‐End Ranking

   
  1. 第 1 位 ( 7)
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]
    ♪静なるピアノの和音が ゆるやかにストリングスと溶け合い 主旋律を産み出していく、実に緻密な構成により完璧な和声感と調性感を与えてくれる、外国テレビドラマ史上秀逸なテーマ音楽。

  2. 第 2 位 ( 5)
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( 5)
    松崎ナオ「川べりの家」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( 5)
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  5. 第 5 位 ( 5)
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]


 2016年も歳末を迎え、このブログの更新は、今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2016 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2016年 1月 1日 第666回ランキングから、2016年12月23日 第717回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数は 41曲。選曲条件をクリアした楽曲数が 17曲と記録されています。今年の年間ランキングの累積資料は、次の通りです。

 【1位 7週 登場13週】① ダウントン・アビー テーマ音楽。 【1位 5週 登場38週】② 真田丸 劇伴音楽。 【1位 5週 登場13週】③ 川べりの家 松崎ナオ。 【1位 5週 登場 8週】④ ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 劇伴音楽。 【1位 5週 登場 8週】⑤ 隠れ菊 テーマ音楽。

 以上の累積資料 と 参照先リストの選曲理由に基づき、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。今年は、週間選曲リストのリストイン総曲数 と 選曲条件をクリアした曲数に、昨年比で大きな変化はなく、累積資料に関しては、特に 1位週数が僅差となっており、週間選曲リストの成績に分散傾向が見られました。

 今年は、年間1位が 1位週数が 7で自動確定。次に 1位週数 5の楽曲が 5曲もありました。年間 2位から 5位に関しては、ルールに従い、まず年間ランキング楽曲 4曲を 改めて慎重に選曲。その後に累積資料である 1位週数・登場週数 のデータを参考にして、順位を決定しました。なお 先週公開した週間選曲リスト 1位 と 今年の年間 1位が、初めてリンクしています。

 今年 最も美しい 5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)4曲、ドキュメンタリーテーマ曲 1曲 となっています。

 今年の年間ランキングは、インストゥルメンタル系が 4曲もあり、ドラマ主題歌が 5年ぶりにゼロになりました。インストゥルメンタル系は、テーマ音楽のみの指定が 2曲、劇伴音楽を包括した指定が 1曲、両方併記の指定が 1曲と分散しています。音楽的にレベルの高い曲が年間ランキングを占め、比較的安定して選曲出来た今年の週間選曲リストでした。

 好況感が出てきたものの、熊本地震など自然災害が絶えなかった 2016年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2016年12月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。