FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第623回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲
    ♪2006年発表のアルバム「ぜいご」に収録。

  3. 第 3 位 ( △ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・土曜ドラマ「限界集落株式会社」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]


 近年は深夜帯のテレビドラマが一気に普及してきました。10年ほど前は テレ朝系の金曜ナイトドラマぐらいしかなかったのですが、BSを含めると今やほぼ毎日深夜帯でドラマが放送されています。

 最近の深夜ドラマで素晴らしいと思った作品は、やはりMBS毎日放送制作の「深夜食堂」です。

 元々コミックが原作で、2009年と2011年に 2シリーズ計20本を放映。約3年ぶりの第3シリーズは映画化への含みがあり、さらに10本が制作されています。

 この深夜食堂「めしや」の営業時間は、深夜0時から朝7時頃までという設定。ドラマのオープニングには唯一のメニュー品目である「豚汁定食」の豚汁を作っているシーンが必ずあります。

 マスターである小林薫は、1987年と1988年のNHKドラマ「イキのいい奴」で、寿司屋の親方である主役・兵藤晋作 役を演じ 平均22%の高視聴率と人気を博しました。小林薫は数多(あまた)ある俳優の中でも、本当に調理師免許を持ってるのではないかと(笑)思わせてしまうほど実にハマり役です。

 主題歌は 各シリーズ毎に違った曲が流れますが、なんと言っても特筆出来るのはオープニングで流れる鈴木常吉「思ひで」です。週間選曲リストでも 1位 2週を記録し 現在もリストインされています。

 鈴木常吉は かつてのイカ天バンド「セメントミキサーズ」のリード ヴォーカルで、その昔「東京ラッシャイ」というスピード感あるスカなチューンを出していました。

 このブログの週間選曲リストは、多楽器によるアレンジの音楽和声感を最も大切にしていますが、アイルランド民謡である この「思ひで」のポイントは、G.1本だけの削ぎ落としたアレンジと歌詞が中心になっています。

 「深夜食堂」の通算話数はシリーズを超えて加算しています。その計30話の中で第2話「猫まんま」は ある演歌歌手(田畑智子)の生涯を僅か30分のエピソードだけで見事に描き出しており、ドラマ シリーズの流れを決定付ける最高傑作だと思っています。

 ドラマ特有のフィクション臭さが この深夜食堂にはなく、ラストではゲスト出演者がドラマの延長で、サブタイトルになっている単品献立のコツを紹介するミニコーナーがあり、最後に視聴者へ おやすみなさい と挨拶までするコンセプトからは、不思議な温かさが伝わってきます。

 「深夜食堂」は約6年に渡るドラマシリーズですが、キャラクターが一変したオダギリジョー以外(笑)レギュラー出演陣が殆ど変化しないのも特徴です。

 不破万作、松重豊、山中崇、綾田俊樹、安藤玉恵、光石研、宇野祥平、金子清文、須藤理彩、小林麻子、吉本菜穂子がエピソード毎に入れ替わりながら深夜食堂の常連客としてゲストを迎え演じており、この深夜食堂レギュラー陣の変わらぬ普遍性が、ドラマの大きな存在感に昇華しています。

 私は、家族や職場での繋がりを超えて、この深夜食堂レギュラー陣が演じる常連客同士の繋がりの様なものが、21世紀の社会ではコミュニティの細胞となっていくのではないか? と思う事さえあります。そのコミュニティの変わらぬ優しさと時代の先見性が、このドラマ「深夜食堂」の魅力なのです。


(追記) 週間放送視聴日記(2016年12月 9日)に、映画 続・深夜食堂 を観に行くを掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年02月27日 の週間選曲リストと『 ドラマ 深夜食堂 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。