FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第715回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「山女日記 ~ 女たちは頂を目指して」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]
    ♪第5シーズン 第1回冒頭の卓越した劇伴効果。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    JAM Project“The Brave”
    テレビ東京・ドラマ24「勇者ヨシヒコと導かれし七人」オープニング テーマ


 前回観たのはいつなのか? 思い出せないくらい久々に映画を観に行きました。映画のタイトルは「続・深夜食堂」。人気ドラマの映画化2本目の作品です。

 「深夜食堂」は、2009年・2011年・2014年と 3シリーズ 計 30本がテレビ放映。そして今年ネット有料配信としてさらに 10本を制作。2年前に公開された最初の映画版は、最終動員数 20万1000人、最終興行収入 2億5000万円をマークするヒット作となりました。

 私はテレビドラマが映画化しても極力観に行かない主義です(笑)。テレビドラマは、総ての筋書きをテレビドラマで完結しなければならないと思っています。その主義を今回だけ変節させたのは(笑)最初の「深夜食堂」映画版が、全くテレビドラマのスタイルを変えていない事に気づいたからです。

 1本目の映画版をCS放送で視聴しましたが、鈴木常吉「思ひで」が流れるオープニングはテレビドラマと全く変わらず、119分 の上映時間に 3つのエピソードを緩やかに結びつけながら構成されていました。

 これなら違和感なく映画版を観られると思い、今回の「続・深夜食堂」を映画館で観てきた次第です。全国封切りは11月 5日からでしたが、松本市は唯一の映画館であるシネマライツ8が二番館として12月 3日からの上映でした。混まない平日は午前と午後2回だけの上映です。前売り券を買った上で、仕事をエスケープして(笑)観に行きました。

 やはり「続・深夜食堂」もテレビドラマと同じオープニングから入って 3つのエピソードで構成されており、不破万作、松重豊、山中崇、綾田俊樹、安藤玉恵、光石研、篠原ゆき子、谷村美月、宇野祥平、金子清文、須藤理彩、小林麻子、吉本菜穂子、平田薫らの常連客レギュラー陣が、入れ替り立ち替わり登場し全体を連結させていました。

 一つ目のエピソードは、相当テレビドラマを観てきた私でも予想がつかなかったストーリーで、今や名優の域に達している佐藤浩市が、あっと驚くような役(笑)を演じていました。

 二つ目のエピソードは、最近のテレビドラマで個性が輝いているキムラ緑子と池松壮亮を親子役で起用。シンプルな展開ながら演技力の冴えをスクリーンから感じる事が出来ました。

 三つ目は 今回の映画版の根幹を成すエピソードで、渡辺美佐子演ずる老母が捨てた息子とタクシー越しに再会する場面では、場内にすすり泣きが起きていました。深夜食堂のメインである豚汁定食の意味も解き明かしています。

 前回の映画版では第3シリーズ10本が制作・放送されました。今回も新たに第4シリーズ10本を制作していますが、現在のところ放送予定がなく、Netflixでの有料配信だけとなっています。

 入会時は無料お試し期間があるので とりあえずNetflixに入会し、第4シリーズ10本をその期間内に全部視てしまいました(笑)。やはり地上波本放送せず いきなりネット配信からとは、少し先鋭化している感じもします。

 映画界のオリコンとも言われる興行通信社の集計によると、今作は国内での週末観客動員数など前作を抜き去る感じではないようです。前作公開の際には地上波で第3シリーズが放映され盛り上がりが見られました。但し今作もアジア諸国など海外から大変なオファーがあり、全体の興行成績は相当な数字を上げると見込まれています。

 大スクリーンで展開された深夜食堂の常連客達の姿は、やはりこれからの社会で理想のコミュニティを具現していると思ってしまうのです。劇場で観た「続・深夜食堂」は見終わった後に満足感の残る素晴らしい映画でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2016年12月09日 の週間選曲リストと『 映画 続・深夜食堂 を観に行く 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。