FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第716回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「山女日記 ~ 女たちは頂を目指して」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    清浦夏実“Dawn of a New Day”
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「砂の塔 ~ 知りすぎた隣人」劇中効果音楽 [横山克]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]
    ♪パーカッションの和音構成が印象的で美しい佳曲。


 米国大手マスメディアの予測が外れる結果になった、トランプ 次期大統領の誕生から 1か月経過しました。ミシガン州などで勝者確定に時間がかかりましたが、選挙人獲得数の結果は動かし様がありません。来年 1月6日の選挙人投票(Electoral College)では、間違いなくトランプ 次期大統領が当選人として確定するはずです。

 トランプ 次期大統領の当確直後から安倍 首相の行動は世界最速(笑)でした。米国大統領選挙一般投票翌日の11月10日にはトランプ 次期大統領と電話会談。これは全世界の首脳の中で エジプト、イスラエル、メキシコの次に4番目の速さです。11月18日朝には 世界の首脳では最も速く、例のトランプタワーで直接会談をしてしまいました。

 先進主要国が選挙結果の分析に時間がかかり躊躇している間に この電光石火は、明治維新からの我が国の外交史の中でも類例がないほどです。トランプ 次期大統領は、選挙戦の間に日本批判を繰り返していましたが、この安倍 首相の電撃訪問に悪い気はしてない様です。本日現在までお隣りの中国と異なり(笑)無理難題のテーゼは、日本に対して送られてきません。

 安倍 首相 と トランプ 次期大統領の会談内容は 明らかにされていませんが、その日を境に、急に本腰を入れ始めた政策があります。カジノを中心とした統合型リゾートの整備推進法案、いわゆるIR整備推進法案の法制化です。どうもトランプ 次期大統領にハッキリとTPPの離脱を言われた直後に 急浮上したのが、カジノを解禁する新しいリゾート構想への布石でした。

 まあカジノ反対の野党からは、人の不幸で成長戦略するなとか、ギャンブル依存症が増えて社会問題になるとか言い分がある様です。しかし、それは 現実を直視していません。長野県は元より 全国に点在するパチンコ屋さんは、遊戯 と 賭博とは 法的に違うと主張されても、どう考えても本質的にミニカジノである事は間違いありません。景品買取は 所詮便法です。

 私はパチンコはもとよりカジノ的ギャンブルはやりません。ただ以前 牧場でサラブレッドを観る機会があり、競走馬の美しさが理解出来ました。競馬は、レースとレースの間に 時間の経過があり、 損失は発生しません。もっと中間の経過時間が長い宝くじなどは、スクラッチに夢中になってる例外を除き(笑)ギャンブル依存症は発生し得ないのです。

 しかし、パチンコを含めたカジノ的ギャンブルは、開始から諦め(笑)まで 常に勝負が連続します。この連続性が ギャンブル依存症を招くのだと思われます。私個人としては、特区化して地域を限定したカジノのほうが、全国に点在するパチンコという名のミニカジノよりも、国民に対するギャンブル依存症の発生可能性は高くないと思えてくるのです。

 カジノ構想を考える時、なぜか俳優・六角精児 氏を一緒に思い浮かべてしまうのですが(笑)ゲームも一切やらない私個人としては、日本にカジノ特区が出来ても、射倖的興味が起きず行かないと思います。やらない人はやらないのです。在任期間が歴代6番目の長さになった安倍 首相の変わり身の早さと、そのカジノ構想に斬新さ と したたかさを感じています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。