FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第372回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ ミニコーナー「龍馬伝紀行」効果音楽 [いちむじん]
    ♪終奏部のギター演奏は実に美しい。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Sade“Soldier of Love”

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌


 先月15日から在京・在阪ラジオ局13社が、IPサイマル放送の実用化試験配信“radiko”を開始しました。

 「サイマル放送」とは、遅延が問題になる時報などを除き「サイマル」つまりラジオ放送が「そのまま」インターネットで配信されるものです。

 従来は著作権法上の問題などから、番組を細切れにストリーミングしていたコミュニティFM局のサイマルラジオも、ミュージックバードなどの再送信時間帯は、やはり同じ様な理由で中断していました。

 今回のIPサイマル放送は、24時間そのまま配信しており事実上のデジタル放送となる画期的なものです。しかし今回は実用化試験という事で、例えばTOKYO FMの“radiko”は 1都3県しか配信してません。

 このIPサイマル放送は、受け手のIPアドレスで接続元クライアントの位置を判断し、1都3県以外からのアクセスならばブロックが かかります。

 試しに私が“radiko”に入ってみたところ、長野県のIPなので「サービス地域外のためラジオを聴くことができません」と見事ブロックされました(笑)。

 実用化試験の段階ですから文句は言いませんが(笑)インターネット放送の世界標準から だいぶかけ離れた硬直的な考え方です。

 今のところIPサイマル放送のメリットが最も高いのは、やはり自社制作率の高いAMラジオ局だと思います。AMラジオがFM以上の音質で しかもステレオですから“radiko”の人気も集中しています。

 この各局ごとに異なるメリットの格差への懸念から“radiko”は、サービスエリア外の聴取にブロックをかけているのが本音かも知れません。

 ラジオ デジタル放送が、今までのアナログラジオと違った形で普及する可能性は「セント ギガ」以来その失敗の歴史からも極めて困難を伴います。となればラジオのデジタル化は、まずアナログ放送のサイマル化が最も妥当な考え方です。

 巨大な設備投資の必要がないインターネットによるIPサイマルラジオは、デジタルラジオ放送の重要な形態になるはずです。

 今日ラジオだけでなく既存メディアが、ネット隆盛の世界で生き残りの模索に苦しんでいます。一部の新聞社が取り組んでいる有料による全記事配信の「電子新聞」も、今までの無料で受けられるニュースと、どう価値が違うのか? いまいち はっきりしません。

 ラジオの将来は、やはりデジタル化などのハード面より、現在 放送している番組内容のソフト面に かかっているのです。


(追記) 2011年10月 3日から、長野県エリアで“radiko”の実用化試験配信が開始。その後 本配信に移行しました。本配信放送は、FM長野・SBCラジオ・ラジオNIKKEI・放送大学です。

第373回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ ミニコーナー「龍馬伝紀行」効果音楽 [いちむじん]
    ♪1位 3週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪パイプオルガンの使用など重厚な劇伴が第2シーズンで浸透してきた。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Sade“Soldier of Love”


 この春のFM長野には、自社制作番組の異動が ほとんどありませんでした。

 3月いっぱいで契約社員の小池さえ子 アナウンサーが退社され、パーソナリティ数は、アナ 4名 タレント 3名 計 7名となっています。ピークだった5年前(2005年 4月)の アナ 5名 タレント 9名 計 14名から比べると大幅に減りました。

 FM長野には、リスナーとステーションとの絆が強い穏やかな放送を続けて欲しいと願っています。4年間 続けてきた“FM-NAGANO SATURDAY D”の週替わりパーソナリティ制度も、番組のブログで高寺・小林 アナの隔週担当と発表になりました。

 ネット番組では、スポンサーの会社更生法適用で大変心配されていた看板番組“JET STREAM”に異動なく安堵感が流れています。JALとTFMの番組を守ろうとする姿勢には敬意を表します。

 しかし、土曜日の午後は「コスモ ポップスベスト10」が、午後3時から30分間に時間短縮。40年近く続いたカウントダウン ゾーンが崩れました。1時からの“COUNTDOWN JAPAN”も“COUNTDOWN jp”と番組名が変更しています。

 元々“COUNTDOWN JAPAN”という名前は、年末に開催されるロッキング・オン社のロックフェスティバルと全く同じ名前です。結局 後発のロッキング・オン社にネーミングを譲った形となってしまいました。

 土曜午後の改編は、新譜を対象としたラジオ ヒットチャート番組が「崩壊過程」に入っている重大なシグナルです。

 もうベストテンの発表では、10曲全てがヒット曲という根本的意味合いすら薄れています。順位は5位までで旧譜も対象とし、純粋にリクエストの票数で決定するとか、単純なオンエアー回数だけの順位とか、ルールが明確で個性的なチャート発表を考えてもらいたいものです。

 既にネットの世界では、5曲程度のランキング発表が解りやすく主流になりつつあります。

(追記) 2013年 4月から“COUNTDOWN jp”は、スポンサー変更により また“COUNTDOWN JAPAN”へ番組名が戻りました。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2010年 4月 現在

  1. 【1】FM-NAGANO WEEKLY PROGRAM The Step
       月 → 木 1600 ~ 1855
       湯澤かよこ・田中利彦・林マヤ・高寺直美

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1049
       小林新

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】FM-NAGANO SATURDAY D
       土 1100 ~ 1200
       高寺直美・小林新

 開局時(1988年10月)から 22年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第374回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ? Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ? 未解決特命捜査」メインテーマ
    ♪心底に染み入るデリコ サウンドの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Sade“Soldier of Love”


 16日に このブログは、ライブドアから 日本最大手のデータセンター事業会社「さくらインターネット」へサーバを移転しました。

 既存のブログサービスは利用せず、世界的に普及してきたオープンソースのブログソフト“WORDPRESS”で、完全独立しブログを運営する事となりました。

 とうとう外国ネット企業へ身売りするという話まで出て来たライブドア ブログは、細かいカスタマイズやパフォーマンスに問題が顕在化しており、ここが潮時とブログの移転を決意した次第です。

 さくらインターネットは、データセンターが東京と大阪に分散しており、大災害のリスクも低く安定した経営を続けています。

 15日 午後2時33分に 加入しているSNSで、ブログ移転作業開始の「臨時のお知らせ」をツィート。ドメインのネームサーバが、ライブドアから、さくらインターネットへ切り替わり、翌16日 午前1時55分“WORDPRESS”を稼動させました。

 世界中に散らばる総てのネット環境で、ネームサーバが切り替わるのは 72時間ほど必要です。不思議なもので切り替え直後から米国のサーバなどは浸透し、即座に引越し先のブログへアクセスがありました。

 ところが、自宅から歩いていける(笑)地元CATVのサーバは、24時間経過しても まだ切り替わりません。

 ドメインの移管手続きも含めて完全に移転が確認されましたら、この週間放送視聴日記で改めて ご報告させて頂きます。現在“WORDPRESS”の基本機能は 順調に稼動しています。

 新ブログは、インターネットの総本山“W3C”から、HTML・CSS・RSS共に、引き続き合格認証を獲得しています。また今までのURLは、全ページ有効に設定しています。

 従来通りアドセンス広告を廃除するポリシーも そのままです。一切デザインを変えませんでした。独力構築したHTMLとCSSにPHPの技術も加えて“WORDPRESS”の「オリジナルテーマ」を 約2週間の早起き作業(笑)で作り上げました。

 デザインは変えてませんが、細かい工夫を ふんだんに取り入れています。例えば「全リスト保存」のアーカイブリンクなども“WORDPRESS”のプラグインをカスタマイズし整理した形で表記できました。

 また今まで大きな懸案だった「モバイル ブログ」は、全てデザインも組み替え広告を廃除。PCとの統一カウンター設置など、ほぼ全携帯機種対応のモバイル ブログを新たに構成しています。

 もう今までの様に せっかく綺麗に組んだHTMLへ、ライブドアから勝手にデフォルトタグを入れられる事もなく(笑)モバイル ブログに酷い広告を入れられる事もなく、完全に独立したブログ運営が実現しました。

 “WORDPRESS”は、素晴らしいブログソフトです。最近商業ペースが目立っていた“Movable Type”と異なり“WORDPRESS”は、その設計から世界中のブロガーが開発へ参加し、全てのソースをオープンにしています。

 自由にカスタマイズ可能ですので、PHPを勉強すれば理想的なブログが構築できます。10GBのサーバの内で全システムは、僅か4・55%だけの使用に とどまっており、レスポンスに余力ある運用が可能となりました。

 今まで通りのデザインですが、完全独立したチャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOGを、今後とも よろしく お願い申し上げます。

第375回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn ABC・ドラマ「警視庁失踪人捜査課」劇中効果音楽 [Audio Highs・横山克]
    ♪サスペンスドラマに相応しい洗練された劇伴。


 NHKラジオ第1、そしてNHK-FMでオンエアーされている「ラジオ深夜便」が、放送開始20周年を迎えました。

 ラジオ放送 史上最大の人気深夜番組に成長した「ラジオ深夜便」を、私は「昭和天皇の贈り物」だと思っています。

 戦後のNHKラジオ第1は、最終のニュースの後 午前0時で放送終了。約5時間の停波の後、午前5時に その日最初のニュースを流す編成が長く続いていました。

 ところが1988年(昭和63年)昭和天皇が お倒れになり ラジオ第1は、ご病状報道のため深夜に特別編成を開始しました。

 午前0時以降、毎正時にニュース。それ以外は停波せずクラシック音楽を終夜 流し始めたのです。実は このクラシック音楽放送が「ラジオ深夜便」の源流点でした。

 クラシック音楽放送は意外に好評で、ラジオリスナーの間へ静かに浸透していきます。しかし、翌年 昭和天皇が崩御され追悼特別編成の終った1989年(平成元年)1月 9日に、このクラシック音楽放送を打ち切りました。

 必要がなくなったと言えば それまでですが、また5時間の停波再開に喪失感を強く受けたリスナーから要望がNHKへ相次ぎました。そこで同年 4月から実験的に始まったのが「特集・ラジオ深夜便」なのです。

 私は当時 行政書士試験の勉強をしており、初期の「特集・ラジオ深夜便」をリアルタイムで聴いています。

 とにかく呼びかけていました。「この深夜にNHKラジオを聴いている方は いらっしゃるのでしょうか? お聴きになっていましたら ぜひお葉書を お寄せください。」 穏やかで優しく語りかける呼びかけに、沢山の聴取報告の葉書が全国から寄せられました。

 それが「特集」の不定期放送のため、停波の日は反響が逆に沢山のクレームへ変わります。その積み重ねが空前の人気とリンクし、選挙開票や緊急報道時を除き 1年365日 生放送のスタイルとなって確立したのです。

 午前4時台の「こころの時代」(現・明日へのことば)は、当初 教育テレビ同番組の録音再構成でした。教育テレビの「こころの時代」は、視聴率調査で毎回「コメ印」がついていたほど最もお堅い宗教・人生観に関する教養番組です。

 ところがラジオ深夜便では、民放の約30倍以上の聴取率を獲得してしまいます。その番組構成も民放ラジオ局には絶対有り得ない発想から生まれたのです。

 「ラジオ深夜便」は、放送開始から20年経ても変わらぬ人気を保っています。

 ただ落語などの演芸放送が減少ぎみなのは少し気になっています。それには故・玉置宏 氏の問題があり、名作落語を放送出来ない環境も原因だと推測されます。そのためか ちょっと最近ロングインタビューが多い気もします。

 私は、情報タイムから 1時台・演芸、2時台・洋楽、3時台・邦楽、4時台・こころの時代 が ベストな編成だと思っています。しかし、これは微々たる意見(笑)のひとつかも知れません。

 現在でも「ラジオ深夜便」は、全国で圧倒的な聴取率を獲得。リスナーの満足度は極めて高いものがあります。アンカーの中では、明石勇 氏の時間帯ごとのナビゲーションが大好きです。ラジオ深夜便の原点を聴く思いがします。

 また柴田祐規子 アナは、その美しい声質からも、これからのラジオ深夜便を背負っていくアンカーだと思っています。FM長野リスナーの私としては“JET STREAM”→ ラジオ深夜便というシフトパターンが、いつまで続いて欲しいと願わずには いられません。

第376回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ
    ♪デリコサウンドの和声には追従なき美しさがある。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn ABC・ドラマ「警視庁失踪人捜査課」劇中効果音楽 [Audio Highs・横山克]


 WORDPRESSへ引っ越した このブログは、20日に独自ドメインも さくらインターネットへ移管。ネームサーバが「全世界」(笑)で切り替わり、移転作業は無事完了しました。

 ライブドアに残っていた旧ブログの最終ページには「ありがとうメッセージ」を1週間掲載。その役目を終え、30日 午前0時01分にアカウントを廃止しています。

 ブログを引っ越してみると、検索エンジンの性能が如実に解ります。“Google”は、ネームサーバの切り替え直後からブログの移転に気付き、引越し翌日の16日だけで 2163回というロボットさん の記録的ご訪問を受けました(笑)。

 そして あっと言う間に、新ブログの全ページをインデックスしていったのです。ところが“Yahoo”のロボットさんは のんびりやってきます(笑)。引っ越しに気付いているのかどうかも解りません(笑)。

 ちなみにブログに設置しているカウンターは、検索エンジンのロボットさんや ブロガー自身がチェックのためブログを閲覧した場合、カウントしない様に辛く設定してあります。

 また携帯から「モバイル ブログ」へのご訪問に関しては、従来はカウントされていませんでしたが、今回から きちんとカウンターが回り、PCご訪問者数と合算しページビューを表示出来る様になりました。

 私を含めて独立運用しているブロガーは まだまだ少数で、既存のブログサービスを利用している方が圧倒的です。ここ長野県にも「信州FM」と「ナガブロ」という、ふたつのブログサービスがあります。

 「信州FM」は、FM長野リスナーとして大変引っ掛かるネーミングです(笑)。なぜ「信州」も長野エフエム放送株式会社が商標とドメインを押さえなかったのかと思う事さえあります。その一方で先日 FM長野のパーソナリティ ダイアリーと主な番組ブログが、もうひとつの「ナガブロ」へ引っ越しました。

 パーソナリティ ダイアリーは個人的な事象を書いても、パーソナリティ個人の著作にならず、その文責と権利が総てFM長野へ帰属します。

 全国のラジオ局でも その乖離性に気付き、パーソナリティ個人から番組自体のブログへ切り替えが進んでいます。それだけ放送局のネット展開は難しいのだと思います。

 週1回 信州のラジオ・テレビに関する定点観測の積み重ねですが、独立運用を開始した このブログを、改めて よろしく お願い申し上げます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2010年4月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。