FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第556回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    BS Dlife・BBCワールドニュース テーマ音楽 [David Lowe]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    LUHICA「手鎖の月」
    NHK総合・木曜時代劇「あさきゆめみし」主題歌
    ♪編曲は 近藤隆史 吉田武史 田中ユウスケ。


 放送史の書籍を読み返す機会が多くなり、まだテレビジョンが普及していない終戦直後から昭和30年代前半にかけてのNHKラジオ第1放送の史実を、今週は興味深く精読しました。

 私が まだ生まれる前の頃は、家庭の娯楽がラジオに集中していたラジオの黄金時代でした。

 当時のNHKでは全国聴取率調査を実施していましたが、1955年(昭和30年)の調査で なんと71%という神域に達する様な驚異的聴取率をマークしたラジオ番組がありました。

 毎週月曜夜に 7時30分から放送していた「三つの歌」という番組です。

 以前ブログに かつてNHKには、和田信賢・宮田輝・高橋圭三・青木一雄・中西龍と最も技量が優れたアナウンサーが 5人いたと書いた事がありました。

 その筆頭とも言える宮田輝(みやたてる)アナウンサーが、この「三つの歌」を担当していました。

 番組のフォーマットは、のど自慢に似ている聴取者参加の形態で、一般聴取者から選ばれた出演者に いきなりのピアノ伴奏で歌を 3曲 唄ってもらいます。

 のど自慢と違う点は歌詞を間違えなく唄わなければならず、唄っている途中で間違えると宮田 アナが遮って歌詞の訂正を やんわり求めてきます。そして 3曲 無事唄えれば合格という仕組みです。

 私は この「三つの歌」の録音を保有しています。放送開始80周年記念として完全ノーカットで再放送された際に録音しました。

 天地真佐雄 氏のピアノ伴奏だけで、当時の人は良く流行歌や唱歌を唄い切ったなと思いますが、番組の最大の魅力は 3曲 唄う間の宮田 アナと出演者のフリートークや、歌詞を間違った時に訂正を求める宮田 アナの絶妙なコメントです。

 「三つの歌」は 全国を巡回して公開録音します。宮田 アナは 出演者が緊張しない様に会場を盛り上げながら、穏やかな口調で軽妙洒脱に番組を進行します。

 特に宮田 アナのトークは、会場の土地柄や方言に出演者の経歴などを巧く織り交ぜながら、茶飲み話でもするかの様な即興性があり場内の笑い声が絶えず、その雰囲気が総てラジオを通して全国の聴取者にも見事に伝わり「三つの歌」の高い人気の原動力となりました。

 本放送当時から 50年経った今「三つの歌」の録音を聴いてみても、こんなに楽しいラジオ番組が この世にあるのかと思わせるぐらいの品質を維持しています。

 宮田 アナはその後NHKのトップアナとなり、退職後に全国区から参議院選挙へ出馬。なんと259万5236票という驚異的な得票で当選します。

 当時の全国区の開票は翌日開票が主で、午前9時に第1回の中間得票が中央選管から発表されますが、NHKの開票速報は その午前9時の段階で、元職員アナの宮田輝 候補にだけ 唯ひとり当確を打ったのが非常に印象的でした。

 ラジオが最大の娯楽だった時代に、日本の放送史に残る国民的人気を博した宮田輝 アナウンサーの出世作となった「三つの歌」は、50年以上経た今 聴き直しても全く遜色がないほど、最高の娯楽ラジオ番組として光り輝いています。

第557回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌
    ♪アレンジの和声が きちんと整っている。

  2. 第 2 位 ( △ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    BS Dlife・BBCワールドニュース テーマ音楽 [David Lowe]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    LUHICA「手鎖の月」
    NHK総合・木曜時代劇「あさきゆめみし」主題歌


 このブログのデザイン設定をしているCSSファイルには、二つの日付が記録してあります。

 まず 2006年 5月 5日。初めて独自にHTMLとCSSを組んでオリジナルのテンプレートを使用した記念日になります。もうひとつの 2010年 3月30日は WORDPRESSへのデザイン移行準備が完了した日です。

 このブログも独自にHTMLとCSSを組んでから、もう7年になります。7年前は 100点満点で教条的に(笑)HTMLの文法をチェックするサイトがあったほど、正規のウェブサイトには厳密さが要求されていました。

 特にCSSは段落の先頭を1字下げろとか、HTMLも重要な要素は前後に行間を空けろとか、ネットの世界に散らばるコンピューターさんが、読みやすいように書きなさいと教えていたのです。

 ところが最近Googleさんは、ブログもサイトも あらゆる端末でウェブページの読み込み時間を短縮しろと、全く違う事を主張し始めました。

 最近のネットワーク間を結ぶコンピューターさんは昔に比べて賢くなった(笑)から HTMLもCSSも字間・行間は空けずに出来る限り短く圧縮し、少しでもネットワーク間のデータ量を少なくする事で、ページの表示を早くしなければならないと指導しているのです。

 そしてGoogleさんは、その表示スピードを計測し採点するサイトまで公開してきました。また 100点満点のやつです(笑)。

 合格点は 85点だそうですが、このブログを計測してみると各ページ平均して60点程度となり、特にモバイルが低めでした。

 Googleさんの主張は一理あります。PCにしてもモバイルにしても重すぎて表示まで時間がかかるブログやサイトが多く、イライラして表示途中で閲覧を中止する事さえあります。

 そこで 2日からの3連休に、出来る限りブログの表示速度を高速化する作業をしてみました。

 あれだけ外部ファイルにしろと言われ続けていたCSSを、圧縮の上でHTMLへインラインで記述したり、そのHTML本体も出来るだけ字間や行間を詰めたりと、6年前と全く逆の作業をやってみました(笑)。

 ブログのデザインやフォーマットには変更ありません。作業が終了した時点で、もう一度Googleさんのサイトで表示速度を計測してみると、各ページ平均して90点まで上昇し、Googleさん的には ほぼ合格という事になりました。

 確かに従来少し のんびり表示していたモバイルブログも、私の使っている普通の携帯でさえ すぐ表示するようになりましたし、PCのほうもブログ表示が高速化しました。その高速化した後のブログページのソースを見てみると、圧縮に次ぐ圧縮でページ全体が何やら暗号化したかの様です(笑)。

 しかし、この暗号となってしまった複雑なソースを、きちんと読み込んで高速化してページを問題なく表示するのですから、作業をしたブロガーとして不満はありません(笑)。

 やはりGoogleさんが主張している通り、どんな端末でもアクセスした読者を待たせる事なく、即座に表示されるブログは佳いブログなのです。

第558回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「クロコーチ」劇中効果音楽 [出羽良彰・羽深由理]
    ♪シーンによって劇伴を短く切っているが、ストリングスが効くと抜群の和声になる。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    BS Dlife・BBCワールドニュース テーマ音楽 [David Lowe]
    ♪1位 2週、登場 8週。


 信州も晩秋から初冬の趣きとなりました。季節の変わり目となり風邪を引く方も多いのですが、かく言う私も先週 体調を崩してしまいました。。

 3連休明けの5日 朝、起床すると 喉の奥が痛いのです。風邪を引いてしまったと直感しました。私の場合 風邪は喉からきます。

 昼前には喉の痛みが強くなってきました。これはまずいと思い午後の仕事をキャンセルして帰宅する事にしました。ところが妙なのです。寒気が全くしません。歩くと汗ばみ食欲もあり、喉の痛み以外体調は悪くありません。

 そこで医院ではなく近所の薬局(ドラックストア)で以前抜群に効いた咽頭炎用の内服薬と耳の奥に塗る抗生物質の軟膏を購入。帰宅した後はセルフメディケーション(笑)。自分で治療をしてみました。

 仕事先では風邪だと公言した手前(笑)自宅で静養の形でしたが、のんびり昼寝をした後で こっそり風呂にも入りました(笑)。予定外の4連休目に入った効果もあって薬が一発で効き、翌日には喉の痛みが一気に軽減し翌々日には完治しました。

 図らずも 3連休が 5連休になってしまいましたが(笑)なぜ咽頭炎になったのかは原因不明です。先週のブログにも書きましたが、例のブログ高速化作業を3連休中に根を詰めてやった疲れが出たのかも知れません。

 仕事で接触する人達には風邪という事にしておきましたが、一度 咽頭炎になると体調の低下から本当の風邪を引く可能性は充分にあります。インフルエンザ対策を怠らず本格的な冬を迎えたいものです。


 このブログでもおなじみ 足かけ23年飼っているミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン ですが、飼い主の体調不良にも係わらす(笑)またやらかしてくれました。

 飼育ケースのフタには 日光浴用と餌やり用として穴が空いているのですが、かめクン は その日光浴用の大きい穴に事あることに甲羅をグリグリ突っ込み、苦節2年(笑)とうとう餌やり用の穴との間にヒビを生じさせ遂に両方の穴を貫通。一つの大きな穴にしてしまいました。

 当然穴を大きくした かめクン は、飼い主の見ている前で脱走を敢行(笑)。飛び出してしまうのかと思いきや、飼育ケースのフタの上で のんびり日光浴を始めました(笑)。

 歳月をかけて穴を大きくしてしまった かめクン の努力はスゴいものです。とりあえず飼育ケースのフタの上に さらにフタをかぶせる(笑)応急措置をしておきました。

 2年前から市販の水棲亀用の水槽などではなく底浅で軽量の衣装ケースを利用し、フタに独自の穴を空けて飼育ケースとして使っています。

 苦節2年とうとう脱走用の穴を空けて満足気の かめクン は、保温ヒーターとお気に入りの紫外線ライトでヌクヌクしながら、間違いなく飼い主より元気な冬を迎えています(笑)。

第559回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「クロコーチ」劇中効果音楽 [出羽良彰・羽深由理]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Jamie Cullum“Save Your Soul”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪ジャジーな旋律ながらもポップ要素を巧く散りばめた佳曲。


 もう 8年ほど前になるかも知れません。FM長野の非公式サイトがありました。タイトルは「送信解析 FM長野」。それは知る人ぞ知る不思議な存在だったのです。

 私の様なリスナー個人のサイトでもなく、もちろん公式サイトの一部でもありません。しかし、間違いなくFM長野(長野エフエム放送)にお勤めになっている技術スタッフの方が立ちあげたとしか思えない専門的な内容でした。

 サイトは 3ページほどの内容でしたが「FM長野では、下図のような受信状態を記したマップを配布しています。どこで受信されたか、信号強度とともに明示されています。受信報告書が有効に活用され、一般にも公開している点は大変評価でき、他局も見習って欲しいものです。」と、素晴らしい巻頭言が載っていました。

 内容は まず全国からFM長野へ送られてきた受信報告書の分析図面に始まり、美ヶ原 本局送信所からの直接波の到達状況図面、山岳回折の到達地点の分析、そしてFM長野全送信・中継所からの到達状況図面など、FM長野の電波伝搬が網羅された素晴らしい放送資料でした。

 私はFM長野の美ヶ原 本局送信所が、全国のFMラジオ本局送信所の中で最も地理的に優れた位置にあると考えています。

 この考察を裏付けるデータが、この「送信解析 FM長野」にも示されており、FM長野は佐渡島から茨城・大阪に至るまで受信可能である事が解ります。

 それとは逆に山岳が際立つ信州の複雑な電波事情から、県内サービスエリア内でも受信が難しい地域が存在します。

 このブログでも かつて難聴取地域と指定した北安曇郡 小谷村や旧木曽郡 山口村(現・岐阜県 中津川市 山口)さらに旧下伊那郡 浪合村(現・下伊那郡 阿智村 浪合)を全送信所を もってしても直接波が受信できない地域と「送信解析 FM長野」には特記してありました。

 私もFM長野 放送部次長だった種山栄一 氏から送って頂いた、実質サービスエリアの図面やFMラジオ放送の実用電界強度である 48dBμ・40dBμのラインが明記された図面など、FM長野に関して総務省信越総合通信局並み(笑)の資料を所有しています。

 しかし、この「送信解析 FM長野」ほど充実した資料はありませんでした。FM長野の電波伝搬状況が このサイトで総て解ったのです。

 なぜ この様な非公式サイトが当時存在していたのか解りません。そしてサイトは 数年前に閉鎖されています。しかし、この「送信解析 FM長野」こそ長野エフエム放送が最も情報公開をした結実でした。

 私はラジオ放送に対して、全国にいるヘヴィなリスナーとは違ったスタンスを心に持っています。

 全国のラジオ放送局は、放送局である以前に国から免許を受けた「無線局」であるという認識です。呼出符号であるコールサイン(JOZU-FM)が存在するのは、FM長野が国から許可を受けた無線局だからに他なりません。

 さらに言を進めると、放送局内で最も重要かつ名誉あるスタッフとは、アナウンサーやパーソナリティではなく(笑)技師・技術スタッフだと思っています。技師・技術スタッフが存在しなければ放送自体は成立しません。

 以前このブログで 沖縄の超人気ラジオ番組「安盛の暁でーびる」を紹介した事がありました。

 1998年に ラジオ沖縄の本局送信所が移転した記念として「安盛の暁でーびる」は その本局送信所から生放送を行っています。なかなか通常の放送人には発想出来ない このイベントこそ、ラジオ放送の本質そして危機管理が理解出来ている稀な事例だと思います。

 私がFM長野を長年愛聴している根本の理由は、FM長野が国から許可を受けた無線局としての送信伝搬の優秀性なのです。

 「送信解析 FM長野」を どなたがアップしていたのか 今となっては知るすべもありませんが、私はFM長野の過去・現在における全スタッフの中で心から尊敬しています。「送信解析 FM長野」は全ページそして全文大切にプリントとして保存しています。

第560回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「クロコーチ」劇中効果音楽 [出羽良彰・羽深由理]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪長野地区ではCMのオンエアーが続いている。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Jamie Cullum“Save Your Soul”
    トヨタ自動車 テレビCMソング


 大晦日 放送される「第64回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。

 E-girls・NMB48・miwa・泉谷しげる・クリス ハート・サカナクション・Sexy Zone・福田こうへい・Linked Horizon の初出場が発表になっています。最多出場は 今回で勇退となる「サブちゃん」北島三郎 の50回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・綾瀬はるか(初) 白組・嵐(4回目) 総合司会・有働由美子 アナ(2回目)。紅組司会は大河ヒロインからの登用です。アナ司会の登竜門である今年のラジオ実況アナは、29日 現在まだ発表されていません。

 出場歌手は 51組と昨年より 1組増えましたが、初出場は 9組と昨年から 3組減りました。なお連続・常連出場からの「落選組」は、中島美嘉、倖田來未、絢香など となっています。

 男女7人組グループ「AAA – トリプルエー」(男5 女2)が過去3回の白組から紅組へなんと「転籍」して(笑)4回目の出場を決めています。またDREAMS COME TRUEが、3年ぶりに出場しますが過去15回総て紅組です。

 その昔 QR文化放送(HBC北海道放送、SF東海ラジオ、OBCラジオ大阪)に「決定!全日本歌謡選抜」という人気ラジオチャート番組があり、毎週のベスト50で男性歌手・女性歌手どちらが勝ったのかを決める紅白対抗戦を行っていました。

 この「決定!全日本歌謡選抜」では男女混合グループの場合「その都度考慮」する(笑)曖昧な感じだったのですが、だいたいリード ヴォーカルが男女どちらなのかで紅白を分けていた記憶があります。

 視聴者審査員制度を本格導入した 2006年以降、紅組優勝は2年前の第62回だけで、この状況にNHK制作スタッフも記者会見などで紅組への肩入れ(笑)を示唆していており、特に今回の出場歌手は紅組 25組に対して白組 26組と白組が 1組多く、紅組のサプライズ出場があるのでは? とも噂されています。

 ただ今年の紅白も従来通り視聴者審査員の募集要領を発表しました。視聴者審査員は そのサンプル数が拡大すればするほど、単純な紅白二者択一の設問において実に融通が効かない(笑)大味な結果を出す可能性が強くなってしまいます。

 私も2007年から視聴者審査員として、予行投票練習も含めてシステム崩壊防止のため(笑)全部紅組に投票していますが、また今年もデジタルTV審査員として視聴者審査員に参加するつもりです。1年に1度の視聴者審査員のためにCATVチューナーとネットは接続してあります(笑)。

 今年の紅白も今年最終のニュースを挟んで、午後7時15分から11時45分までの放送です。私は昔の様に紅白を、午後9時から11時45分までの放送時間に戻して出場歌手を絞り、その出場歌手の選抜をオープンな形にするべきだと思っています。出場歌手選抜のプロセスこそ視聴者審査員が必要かも知れません。

 そして このブログでは毎年断言していますが(笑)「紅白」エンディングから「ゆく年くる年」へ大晦日 午後11時45分ジャストの急激な映像落差が大好きな私にとって、やはり「紅白」は大晦日に不可欠な番組なのです。


(追記) 今年のラジオ実況アナは、吉田一貴 アナ と 久保田祐佳 アナに決まりました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2013年11月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。