FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第559回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「クロコーチ」劇中効果音楽 [出羽良彰・羽深由理]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Jamie Cullum“Save Your Soul”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪ジャジーな旋律ながらもポップ要素を巧く散りばめた佳曲。


 もう 8年ほど前になるかも知れません。FM長野の非公式サイトがありました。タイトルは「送信解析 FM長野」。それは知る人ぞ知る不思議な存在だったのです。

 私の様なリスナー個人のサイトでもなく、もちろん公式サイトの一部でもありません。しかし、間違いなくFM長野(長野エフエム放送)にお勤めになっている技術スタッフの方が立ちあげたとしか思えない専門的な内容でした。

 サイトは 3ページほどの内容でしたが「FM長野では、下図のような受信状態を記したマップを配布しています。どこで受信されたか、信号強度とともに明示されています。受信報告書が有効に活用され、一般にも公開している点は大変評価でき、他局も見習って欲しいものです。」と、素晴らしい巻頭言が載っていました。

 内容は まず全国からFM長野へ送られてきた受信報告書の分析図面に始まり、美ヶ原 本局送信所からの直接波の到達状況図面、山岳回折の到達地点の分析、そしてFM長野全送信・中継所からの到達状況図面など、FM長野の電波伝搬が網羅された素晴らしい放送資料でした。

 私はFM長野の美ヶ原 本局送信所が、全国のFMラジオ本局送信所の中で最も地理的に優れた位置にあると考えています。

 この考察を裏付けるデータが、この「送信解析 FM長野」にも示されており、FM長野は佐渡島から茨城・大阪に至るまで受信可能である事が解ります。

 それとは逆に山岳が際立つ信州の複雑な電波事情から、県内サービスエリア内でも受信が難しい地域が存在します。

 このブログでも かつて難聴取地域と指定した北安曇郡 小谷村や旧木曽郡 山口村(現・岐阜県 中津川市 山口)さらに旧下伊那郡 浪合村(現・下伊那郡 阿智村 浪合)を全送信所を もってしても直接波が受信できない地域と「送信解析 FM長野」には特記してありました。

 私もFM長野 放送部次長だった種山栄一 氏から送って頂いた、実質サービスエリアの図面やFMラジオ放送の実用電界強度である 48dBμ・40dBμのラインが明記された図面など、FM長野に関して総務省信越総合通信局並み(笑)の資料を所有しています。

 しかし、この「送信解析 FM長野」ほど充実した資料はありませんでした。FM長野の電波伝搬状況が このサイトで総て解ったのです。

 なぜ この様な非公式サイトが当時存在していたのか解りません。そしてサイトは 数年前に閉鎖されています。しかし、この「送信解析 FM長野」こそ長野エフエム放送が最も情報公開をした結実でした。

 私はラジオ放送に対して、全国にいるヘヴィなリスナーとは違ったスタンスを心に持っています。

 全国のラジオ放送局は、放送局である以前に国から免許を受けた「無線局」であるという認識です。呼出符号であるコールサイン(JOZU-FM)が存在するのは、FM長野が国から許可を受けた無線局だからに他なりません。

 さらに言を進めると、放送局内で最も重要かつ名誉あるスタッフとは、アナウンサーやパーソナリティではなく(笑)技師・技術スタッフだと思っています。技師・技術スタッフが存在しなければ放送自体は成立しません。

 以前このブログで 沖縄の超人気ラジオ番組「安盛の暁でーびる」を紹介した事がありました。

 1998年に ラジオ沖縄の本局送信所が移転した記念として「安盛の暁でーびる」は その本局送信所から生放送を行っています。なかなか通常の放送人には発想出来ない このイベントこそ、ラジオ放送の本質そして危機管理が理解出来ている稀な事例だと思います。

 私がFM長野を長年愛聴している根本の理由は、FM長野が国から許可を受けた無線局としての送信伝搬の優秀性なのです。

 「送信解析 FM長野」を どなたがアップしていたのか 今となっては知るすべもありませんが、私はFM長野の過去・現在における全スタッフの中で心から尊敬しています。「送信解析 FM長野」は全ページそして全文大切にプリントとして保存しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2013年11月22日 の週間選曲リストと『 送信解析 FM長野 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。