FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第441回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  2. 第 2 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]
    ♪1位 5週、登場18週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪深みのある旋律を美しく推移させる劇伴音楽がある。


 先月上・中旬の猛暑から8月に入り、ここ松本でも比較的凌ぎやすい日々となっています。

 電力不足が心配されていましたが、今のところ使用率 97%を超えた段階で政府から発表される「電力需給逼迫(ひっぱく)警報」も発令されず、どうにかクリアしている様です。しかし、これから旧盆を迎え まだまだ猛暑は再来する可能性があります。

 電力大口需要者である全国のラジオ・テレビ局も、東日本大震災 直後に懸念されていた節電のための放送休止等は計画されておらず、通常通り日々の放送を続けています。

 元々 放送事業者は、他の企業と異なり緊急時の自家発電施設が常に整備されています。大震災の烈震に見舞われたKHB東日本放送やIAT岩手朝日放送も、僅か数秒の停電で自家発電装置が作動し電力は復活しました。

 今年ほど節電で国民が一体となっている夏はありません。1世帯の ひとり ひとり が節電に心がけています。

 福島第1原子力発電所では、どうにか循環注水冷却システムが完成し稼働。少しずつですが改善の方向も見えてきました。

 ブログでも書きましたが、被災した茨城県 北茨城市は 私の故郷です。隣りの福島県 いわき市には スパリゾート ハワイアンズ(旧・常磐ハワイアンセンター)や いわき湯本温泉郷があります。

 この東日本大震災と原発事故のため さぞ厳しい状態だと思いきや、なんと いわき湯本温泉郷のホテル・旅館は連日ほぼ満室だそうです。

 これには理由があって、福島第1原発の復旧にあたる作業員の皆さんの宿舎として利用されているためです。毎日安全が確認された後 バスで湯本へ帰ります。そして激烈な作業を温泉で癒し、翌朝 また検査されたバスに乗り 約60キロ先の福島第1原発へ向かいます。

 使命感を持ち自らの意思で、全国から集まってきた福島第1原発の復旧作業員の皆さんには、心から頭が下がります。

 スパリゾート ハワイアンズは現在休業中ですが、秋からの営業再開を目指しています。映画にもなったダンシングチームつまりフラガールの皆さんは、この休業期間中に45年ぶりの全国巡業を行っており、各地で大歓迎されているそうです。

 現在IPサイマルラジオ“radiko”では、復興支援プロジェクトとして、被災3県の県域ラジオ放送7局の放送を全国に向けて配信しています。

 以前 ブログでも紹介した、IBC岩手放送ラジオは、大震災の際一斉に寄せられた安否不明 問い合わせのメッセージを昼夜問わず放送し続けました。担当するアナウンサーが涙で読めなくなる場面も数多くあったそうです。

 またIBCにはラジオカー「684(ろくはちよん)」が常備され、週5日 岩手県内から生中継をしています。大震災直後は 全アナウンサーが自ら交代で そのラジオカーに乗り、被災地の最前線から現状を伝え続けました。

 5ヶ月経った今 ほぼ通常の番組編成に戻り、平日 午後の人気番組「ワイド ステーション」では、私が以前 大変リスナーとしてお世話になった大塚富夫 アナと水越かおる アナが、変わらず元気に放送を続けています。

 またRFCラジオ福島は、深野健司 アナの烈震来襲実況から、なんと350時間14分連続CM無しで震災情報を流し続け、東北唯一のAMラジオ単営局の底力を見た思いがしました。

 私は 震災直後 USTREAM経由でラジオ福島を聴きましたが、深夜担当していた菅原美智子 アナは、最新情報の他に被災者からのメールを懸命に読み続けていました。

 その中でも「ラジオ福島は NHKの様に CMなしで放送を続けて大丈夫ですか?」とのリスナーからのメールを紹介し「また福島が元気になってきたらCMを放送します」と答えていたのが強烈な印象として残っています。

 その日から はるか先の3月26日 午前5時まで、ラジオ福島は CM無しで24時間生放送を続けました。その民放ラジオ局としては驚異的な震災報道体制が全国から称賛され、福島県民の絶大な信頼を獲得しています。

 そのラジオ福島も現在は 通常の番組編成となりました。開局以来 58年間 放送が続いている「昼の希望音楽会」テーマ音楽が いつもの通り平日昼前に流れています。

 しかし、岩手放送では 今も家族を亡くした被災者からのメッセージが数多く紹介され、ラジオ福島は 環境放射能測定の最新値を速報し続けています。

 広告を伴う通常番組編成と、被災者へ向けた長期的な震災情報の両立は、大変な困難を伴うものです。IBC岩手放送も RFCラジオ福島も、被災地からラジオのあるべき姿を懸命に模索し続けています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、4日に 17万 を突破しました。 ご愛読頂き、ありがとう ございます。

第442回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    やしきたかじん「焼けた道」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「新・木枯し紋次郎」主題歌
    ♪当時としては斬新なタイトルバックにマッチした佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]
    ♪1位 2週、登場10週。


 名古屋・東海テレビの情報ワイド番組で、岩手産の米穀を侮辱する放送事故が起こり 大きな問題となっています。

 既に放送のビデオは、動画投稿サイトなどへ流れており 私も視る機会がありました。誤送出されたテロップは、悪戯の範疇を遥かに超えた酷い内容です。放送法 第4条に基づく訂正放送の必要性すら感じます。結局 当該番組は打ち切りとなりました。

 最近 放送の送り手と受け手の間に、非常に深い溝が出来ている気がしてなりません。受け手である視聴者の多数は好転しない経済を悩み、自分たちの職業の維持に精一杯な状況です。

 送り手は不況と言いながら、他業種と比較して高い給与水準が維持され、ある程度クリエイティブな職業意識も満たされています。ひと昔前なら この格差は、それを埋めようとする送り手の奉仕精神でバランスが取れていたのです。

 しかし、放送業界もネットの普及や広告量の長期的減少により、将来の展望が見えなくなってきました。放送業界や それを取り巻く人々は、自分のポジションに不安が生じ、さらに将来への展望にも恐怖さえ見え隠れしています。

 その不安や恐怖は 強いストレスを生みます。そして受け手の社会への蔑視を言い聞かせる事で、そのストレスを解消しようとする気持ちさえ顕在化してくるのです。どうも今回の東海テレビの例は その蔑視が遠因の様です。

 以前あるFM局のスタッフのブログに「僕は今、こんな田舎の地方局で働いているが、早く大阪の802や東京のJ-WAVEの仕事がしてみたい」と書いてあるのを読み 呆れかえった事がありました。

 もっと呆れたのは そのスタッフブログに、結局 その地方FM局のチェックが入らなかった点です。

 児童の不安やストレスが、児童間の蔑視を生み いじめさえ助長するプロセスは、あくまでも児童心理の話です。ところが どうも全く同種の心理は、放送業界で働く人々へも作用し出している様です。


 旧盆となり また終戦記念日がやってきました。私は 音楽チャートの他にも、法制史と放送史の勉強が好きで長い間続けてきました。

 私の隠れた愛読書である、伊藤博文 元首相がまとめた大日本帝国憲法と皇室典範の逐条解説書「憲法義解」を持っているのは、長野県内に 5人いないと思います(笑)。

 同様に放送史に関する書籍も揃えています。全体主義国家での放送に興味があり、ナチスドイツ下のドイツ国家放送協会は 何を放送していたのか? 文化大革命当時の中央人民広播電台(北京放送局)は 何を放送していたか? 相当勉強しました。

 残念ながら このブログでは なかなか学術発表(笑)の機会がなく、イラク戦争(2003年)の時に イラク国営放送について少し書いた程度です。

 そして日本の放送史については 第2次世界大戦の時、特に開戦の日(昭和16年12月 8日)と終戦の日(昭和20年 8月15日)朝から 玉音放送 までの時間に、何が放送されたのか突っ込んで勉強しました。

 NHKラジオ第1放送の毎時55分からローカル枠、時報の後 正時のニュースという基本編成は、実は第2次世界大戦の戦時放送体制から続いているものなのです。

 また開戦・終戦の記念日が 金曜日になった時など(笑)機会がありましたら、この 小さなブログでも放送史について書いてみたいと考えています。


(追記) 週間放送視聴日記(2014年 8月15日)に、玉音放送の直前の放送を掲載しました。

第443回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    やしきたかじん「焼けた道」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「新・木枯し紋次郎」主題歌
    ♪編曲は クニ河内。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Brenda Russell“Piano In The Dark”
    ♪ソウルバラードの美しき名曲。15日 放送のNHK-FM「クロスオーバーイレブン2011夏」でオンエアー。


 最近 私が子供だった頃、テレビ・ラジオで活躍していた有名人の訃報が相次いでいます。先々週も放送タレントの前田武彦 さんが お亡くなりになりました。。

 前田武彦 さんは、テレビ草創期に放送作家から転身した放送タレントの草分け的存在でした。1960年代にはラジオ東京(現・TBS)の洋楽ヒットチャート番組を担当。日本のカウントダウンDJの中では創始者のひとりです。

 またテレビでは「巨泉・前武ゲバゲバ90分」があまりにも有名ですが、芳村真理 さん とコンビを組んだフジテレビ「夜のヒットスタジオ」の司会でも一世を風靡しています。

 当時の夜ヒットは「コンピュータ恋人選び」のコーナーが有名でした。ゲスト登場した女性歌手に、30項目の性格診断的な質問をすると コンピューターが恋人と推定される有名人を選び出すという、今 考えると実に たわいもない内容です(笑)。

 ところが両辺50センチ程度に収まる現代のPCが、40年前の当時は フジテレビ河田町本社 地下の一(ひと)部屋を電算室として占拠していました。

 そこへ「フジテレビ今週のヒット速報」などチャート番組も担当していた小林大輔 アナウンサーを配置。開票速報の如く小林 アナに 電算室での診断の様子を実況させます。

 合間に前田武彦 さんは 煽るだけ煽り(笑)診断結果が発表された後、その恋人と推定される有名人の大写し写真の前で唄わされ、なぜか その女性歌手が号泣するという嘘の様な(笑)劇的演出を生放送しました。42・2%という最高視聴率もマークしています。

 ところが人気絶頂だった前田武彦 さんは、その夜ヒットで大失敗をします。参院補選大阪選挙区の翌日開票当日だった夜ヒット生放送の映像で、コンピューター恋人選びのノリから、某革新政党の候補者当確に喜ぶシグナルを発信したと誤解される「バンザイ事件」を起こしてしまうのです。

 事件が きっかけとなり まもなく番組司会を降板。それ以降 8年近くテレビ界から干されてしまいました。映画俳優など細々と活動しましたが完全復活したのは、1981年の情報ワイド番組「朝のホットライン」。なんと お天気キャスターでした。

 実は 前田武彦 さんは、海軍通信兵として天気予報技術を叩き込まれた経歴がありました。ラジオの気象通報から天気図がスラスラ書けたのです。

 不遇の期間も前田武彦 さんは、毎日 天気図をコツコツと書き続けており、キャスター初日の時 自分が書いた沢山の天気図を、誇らしげに視聴者へ紹介していました。それはプロ級の美しい手書きの天気図でした。

 前田武彦 さんが 一番生き生きとテレビ出演していたのが、この「朝のホットライン」お天気キャスター時代だったと思います。

 1993年には 芸術祭賞を受賞したNHK金曜時代劇「清左衛門残日録」第10話「夢」にも俳優として出演。関口宏 氏が経営するプロダクションに所属し、亡くなる数ヵ月前までメディア出演を続けていました。

 そして アナログテレビ放送の終焉の直後、前田武彦 さんは去っていったのです。

 ニュースやブログ記事で 前田武彦 さんを偲ぶ記事は数多く出ましたが、一番 前田武彦 さんが書いて欲しかったと思われる、前田武彦 さん と 天気図について書いていた記事は殆どありませんでした。

 アナログテレビの歴史と共に歩んだ 前田武彦 さんは、芸能界でも極めて稀な ラジオの気象通報から天気図を作成できる 知的な放送タレントだったのです。

第444回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪24日の第8話 放送では 21時48分に流れた劇伴音楽がリスト対象。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    やしきたかじん「焼けた道」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「新・木枯し紋次郎」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    赤い鳥「風は旅人」
    ♪三枝成章の美しい旋律に服部克久のアレンジが輝く佳曲。21日に NHKラジオ第1「歌の日曜散歩」でオンエアー。


 猛暑と言われていた今年の夏も、旧盆を過ぎてから一気に涼しくなりました。日曜 夜は NHK大河ドラマを見続けている私ですが、21日は 何年ぶりかで本放送の視聴をせず、テレビ信州(日テレ系)「24時間テレビ34 ~ 愛は地球を救う」のエンディングを視ていました。

 もちろん日テレの申し子・フリーアナウンサー 徳光和夫 さんのマラソンが気になった訳です。心筋梗塞を患った経験があり、しかも70才にしてのマラソン挑戦は、ある意味 命懸けだと思っていましたが見事時間内にゴールしました。

 私は、1978年の「24時間テレビ 1」を視聴しています。既に一定の実績を上げていた LFニッポン放送「ラジオ チャリティー ミュージックソン」のテレビ版として開始しました。

 ラジソンと同じく萩本欽一 氏がパーソナリティへ加わり、本部席には 大橋巨泉 氏や竹下景子 さん がいました。まだ日本武道館を使っておらず 純粋なチャリティー テレソンのイメージがあり、その時 日テレアナであった 徳光和夫さんは、福留功男 アナと共に各パートの進行を受け持っていたと記憶しています。

 私にとって徳光和夫 アナといえば、やはり「紅白歌のベストテン」のベストテン本部司会です。「紅白歌のベストテン」は、文字通り紅白歌合戦にベストテン形式をミックスした歌番組でした。

 長い間 白組司会を 堺正章 さんが担当され、内容的には芸能ニュース的企画モノも多かったのです。そんな中 徳光和夫 アナによる「第509回 ~ NTV紅白歌のベストテンっ!」と、きちんと通算回数を入れるオープニングのタイトルコールは味がありました。

 そして公開している渋谷公会堂よりも(笑)あのNTV麹町本社Gスタジオへ設置された「ベストテン本部」が実に良かったのです。

 ベストテン本部には、STV札幌テレビからUMKテレビ宮崎まで、各ネット局のベストテンの曲目が壁一杯に表示されていました。後日談で解ったのですが、このネット局別ベストテンのランキングは、オリコンの当該地区レコード売上順位データを使用していたとの事でした。

 そのベストテンボードの前に電話オペレーターを配置し、全国の視聴者審査員からの電話投票で紅白勝敗の判定をするシステムです。このシステムは 本物の(笑)NHK紅白歌合戦での得点集計センターと同じ発想です。

 番組ラストで 徳光 アナが「さ、紅白どちらが勝ったでしょうか? 最終トータルは、STV札幌テレビから」とコールの後、ドラムロールとともに各局別ベストテンボードへ、紅白の投票結果が 北から一斉に表示されるシーンが 実に素晴らしかったです。

 私は、このベストテン本部のシーンだけ(笑)毎週 欠かさず視てました。その後 ザ・ベストテンというテレビ界の革命が起こり、この紅白歌のベストテンも ザ・トップテン → 歌のトップテンと変質していきます。

 日テレ局アナの顔だった徳光和夫 アナも古希を迎えました。この方にとって 長嶋茂雄 巨人軍終身名誉監督は、まさに教祖(笑)的存在です。今回のマラソンでも泣いたのはゴールでなく、スタートの長嶋 監督登場時という逆転現象を起こしていました(笑)。

 ご本人は やはり野球中継アナを切望していたそうですが、結局 芸能畑を歩く局アナ人生でした。最近でもAKB48選抜総選挙の開票イベント司会を担当しています(笑)。

 私にとって徳光和夫 アナといえば、ズームイン!朝!ではなく、やはり「紅白歌のベストテン」のベストテン本部というイメージなのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2011年8月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。