FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第213回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( △ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌
    ♪作曲が 大野愛果。編曲は Cybersound。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    井上陽水“Make-up Shadow”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

 16日 発表となった第30回 日本アカデミー賞の最優秀作品賞に「フラガール」が選ばれました。「フラガール」は、あの常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾート ハワイアンズ)の誕生秘話を描いた作品です。

 私は ブロガー プロフィールでも紹介した通り、茨城県最北の市である北茨城市に年少の頃 住んでいました。元・米米CLUBの石井竜也氏は 私の中学校の先輩です(笑)。隣町が福島県 いわき市。そこに常磐ハワイアンセンターがあり、小学生の頃 急成長していました。

 とにかく いわき市の湯本温泉郷を過ぎたあたりは、いまだに旧炭鉱町の名残がある街並み。陰気なボタ山跡を抜けると突然「ハワイ」が出現します(笑)。この別世界感は行ってみないと体験できません。

 「フラガール」で岸部一徳が演じた吉本紀夫 部長は、常磐炭礦 副社長の故・中村豊 氏がモデルです。中村豊 氏は、当時 斜陽化が著しい炭鉱産業と従業員を、なんとか救済しようと考えました。そして あの常磐ハワイアンセンターを創業したのです。

 まず炭鉱採掘の際、最も邪魔で処理に困っていた温水を、温泉の泉源として再利用する大構想から打ちあげます。まだ東京ドームも存在しない時代に 中村豊 氏は、大学ノートに書いた構造計算だけで柱が一本も使用されない「ダイヤモンド・トラスト工法」の温泉熱ドームを起案計画しました。

 さらに「フラガール」でも描かれているポリネシアンショーのダンサーを、炭坑従業員の子女から独自に養成する事まで企画。フラダンス学校の「常磐音楽舞踊学院」も設立します。

 そして第1期のダンサーを育てた上で、1966年(昭和41年)1月16日に「常磐ハワイアンセンター」を開業したのです。全てが創業者の中村豊 氏のアイデアでした。中村豊 氏は、神がかった天才経営者といっても過言ではありません。

 中村豊 氏が、常々言っていたことが 3つあります。「他人の真似はするな、自分たちの力でやれ、地域と共に歩め」。同じ炭坑町ながら財政再建団体への陥落が決まった北海道 夕張市で、昨年 9月 この「フラガール」の試写会があり、場内は感涙に包まれたそうです。

 どんな産業でも大胆な発想と行動力を必要とする時があります。その必要な時を逃すと衰退あるのみです。

 スパリゾート ハワイアンズ敷地内にある創業者・中村豊 氏の銅像は、座しながら「フラガール」の舞台となり累計来館者5千万人へ達した、常磐ハワイアンセンターを静かに見つめ続けています。

(追記) 週間放送視聴日記(2011年 3月11日)に、東日本大震災 当日の記載があります。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年02月23日 の週間選曲リストと『 常磐ハワイアンセンター 中村豊 氏 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。