FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第458回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]
    ♪1位 5週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Red Hot Chili Peppers“Monarchy of Roses”
    日産自動車 テレビCMソング


 大晦日 放送される「第62回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。

 椎名林檎・芦田愛菜・神田沙也加・KARA・少女時代・猪苗代湖ズ・鈴木福 の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の48回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・井上真央(初) 白組・嵐(2回目) 総合司会・阿部渉 アナ(3回目)紅組司会は、2年連続 朝ドラ ヒロインからの抜擢です。

 アナ司会の登竜門である今年のラジオ実況アナは、小松宏司 アナ と 橋本奈穂子 アナが担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、コブクロ、DREAMS COME TRUE、中村美津子など となっています。

 放送時間は、午後7時15分から11時45分までと、また15分伸びました。出場歌手は 55組と昨年より 11組も増え、初出場は 7組と昨年から 2組増です。

 ただ 11月30日の出場歌手発表記者会見の生中継を、ライブ ストリーミングで視ましたが、あまり華やかな感じは受けませんでした。

 今年も出場歌手選考に関して、噂がアングラ報道となり飛び交っていました。特に演歌系歌手については、ゼロに近いとの極端な予想もありましたが、紅 8組・白 6組の出場が決まっています。但し初出場・復帰出場歌手での演歌系は、22年ぶりの千昌夫ただひとりという結果でした。

 私が心配なのは紅白勝敗の結果です(笑)。視聴者審査員制度を本格的に導入して以来、白組6年連続優勝と審査システムは既に破綻しています(笑)。

 一部週刊誌上でも この破綻は指摘され、さすがに今年は視聴者審査員制度を止めるのでは? と思われていましたが、11月24日に「今年もやります!視聴者審査員」(笑)とNHKから発表になりました。

 1970年から80年代にかけての紅白歌合戦には「得点集計センター」が設置されていました。

 「得点集計センター」は、選挙の開票速報本部の様なスタジオで、全国の視聴者審査員に電話をかけ紅白の審査結果を集計します。

 この得点集計センターは、NTV紅白歌のベストテンにおける「ベストテン本部」のモデルとなりました。だいたい大トリ曲のあたりから、予め選定された視聴者審査員にオペレーターは電話をかけ始めます。

 そして視聴者審査員の集計が終わると会場にチャイムが鳴り、今度は特別審査員の押しボタン投票を行って、会場の電光掲示板で、特別審査員・視聴者審査員 総合の審査結果を一気に発表します。私は、この方式が審査システムとして、最も安定していた様に思えてなりません。

 ところが、日本野鳥の会が登場し(笑)デジタルで直接視聴者審査員の生データが集計できる様になって、絶対多数の空気を読まない(笑)審査員が急増。6年連続 白組優勝という現象が起きてしまいました。

 やはり視聴者審査員制度には、空気を読む(笑)システム上の改善が必要です。と言いながら募集初日の1日に、またまた視聴者審査員の登録を済ませました(笑)。今年は録画の都合で、またワンセグ審査員に戻っています。

 そして毎年断言しますが(笑)年に一度、大晦日 午後11時45分ジャストの「紅白」エンディングから「ゆく年くる年」への急激な映像落差が大好きな私にとって「紅白」は、大晦日に なくてはならない番組なのです。

第459回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    麻衣“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部 メインテーマ
    ♪終奏部の和声と調性が抜群な佳曲。

  4. 第 4 位 ( △ )
    Red Hot Chili Peppers“Monarchy of Roses”
    日産自動車 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 破格とも言える3年連続放映を続けてきた、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」。最終年度にあたる3年目の今年も、大河ドラマを早期終了させて 4日から始まりました。

 第3部は「坂の上の雲」の核心である日露戦争の物語に入ります。

 第10回「旅順総攻撃」第11回「二○三高地」第12回「敵艦見ゆ」そして最終回「日本海海戦」。テレビドラマ放送の歴史の中で、極力迂回してきた荘厳な史実タイトルが並んでいます。第10回「旅順総攻撃」では、CGの技術を駆使した凄まじい戦闘シーンが展開しました。

 特に柄本明 演ずる乃木希典 第三軍司令官が、明治天皇からの激励勅語を奉戴した時の表情は素晴らしいものがありました。乃木 司令官の明治天皇への思いは、あまりにも一途です。それが今回の旅順総攻撃のエピソードに表現されていたと思います。

 また米倉斉加年 演ずる大山巌 総司令官の飄々とした演技は、史実と見事重なりあっています。大山巌 総司令官は、大劣勢の前線司令部で砲弾の音がうるさいから、いつもの昼寝ができないと看破した(笑)大人物です。

 第2次世界大戦直後 進駐してきたマッカーサー 司令官は、大山巌 元帥の肖像画を、書斎に掲げて尊敬していたという有名な逸話もあります。

 このブログで私は、NHK水曜シリーズドラマ「夜会の果て」(1997年 9月 ~ 10月 本放送)のレビューに、 明治時代が日本の歴史の中で最も美しい時代だと書きました。

 そして「坂の上の雲」というタイトルこそ、日本文学の中で最も美しいタイトルと、第1部第2部のレビューに書いています。

 見上げる高き空にかかる一陣の雲を目指して駆け上がっていく光景は、それが人生にしても国家にしても、その具象に透き通る様な美しさを覚えます。

 「坂の上の雲」は、司馬史観と称される独特の歴史観が、饒舌な文学的表現で ふんだんに小説内へ散りばめられています。

 今回のスペシャルドラマでは渡辺謙が、その司馬史観を淡々と読み上げており、ナレーターが主役以上の重要性を帯びているのです。「坂の上の雲」完結編の第3部に期待しています。

 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」4日 放送・第10回「旅順総攻撃」エンドロール・クレジット(配役発表)序列は … ◎(語り)渡辺謙 / ○ 本木雅弘 → ○ 阿部寛 → △ 菅野美穂 → 石原さとみ → ○ 柄本明 /△ 松たか子 → 鶴見辰吾 → △ 草刈正雄 / ○ 高橋秀樹 / ○ 西田敏行 → △ 舘ひろし → △ 竹下景子 → △ 米倉斉加年 → ○ 江守徹 → ◎ 渡哲也 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第460回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    麻衣“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部 メインテーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Lady Antebellum“Just a Kiss”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ
    ♪ポップな和声感も紡ぐ米国カントリーソングの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 10日は、全国で皆既月食が観望できました。

 このブログでも何度も書いてきましたが、私は、日食・月食・水星 金星の日面通過という天体現象が大好きです。しかし、このブログ開始以来ずっと天候に恵まれず、観望出来ない月食が続いていました。

 この日の松本市内は、日中の好天から夕方あたりに雲が広がりだし、またか? という感じでしたが、月食開始時の頃から その雲も切れ出し、午後11時過ぎの皆既は、総て観望する事が出来ました。

 南中の位置となる ちょうど真上の月は、透き通る様な赤みを帯び、輝きを増した星たちが、その回りを取り囲む本当に美しい皆既でした。

 4年前に購入した月食観望用の双眼鏡を初めて使用してみると、その透明感のある赤みが月面の模様を際立せていく 実に幻想的な月が観れました。師走の寒さを忘れるほどの素晴らしい皆既月食でした。

 次は いよいよ来年 5月の本州横断金環日食です。ここ松本市付近を、金環食の北限線が通過していきます。


 私個人 大変忙しい歳末を迎えています。今までの人生においても最高記録となる年末の忙しさです(笑)。はっきり言って もうウンザリですが(笑)穏やかな新年を迎える様に頑張っている次第です。

 今年は、このブログを改善する作業を進めてきた1年でした。

 まず「週間放送視聴日記」は、段落毎に行間を空け「週間選曲リスト」も構成するHTMLを、正規のリストタグに入れ替えて読みやすくしました。

 1週分の変更作業なら すぐ出来ますが、400週分以上となると大変な量です。これを1週ずつ手作業で直していきました。

 膨大な数でしたが、毎日少しずつ直す作業を続け、どうにか完成しました。おかげさまで大変読みやすくなったと、たくさんのお声を頂きました。この作業がちょうど東日本大震災の頃でした。

 さらに このブログのURL構造を変えています。これも読みやすくなったとのお声が、グーグルのロボットさんから頂いているかもです(笑)。このブログはグーグルさんに、改めて全ページがインデックスされている事を確認しています。

 また従前のリンクも全てリダイレクトして、ちゃんとリストが表示される様にしました。これも ひとつひとつ手作業で確認した上で設定しています。この作業が初夏のあたり、ちょうどニュースレター発行の自己記録を抜き去った、437週目からの第1歩の頃でした。

 この他にも携帯ブログの小さなバグを修正し、さらに読みやすくしたり、密やかに(笑)好評な時間旅行リンクを設置したりと改善を重ねました。これが秋頃の話でした。来年迎える500回記念を目標に、まだ このブログの改善を続けています。

第461回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    麻衣“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部 メインテーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    Lady Antebellum“Just a Kiss”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]
    ♪従来の和声感を超越してしまう様な徹底した和音繰り返し。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 先週 安曇野市で「コミュニティFM局」を、来年 6月頃をめどに開局する予定だと発表がありました。

 既に総務省信越総合通信局へは、計画書が提出されています。遂に中信エリアにも、コミュニティFM局が開局してしまいます。昔からのFM長野リスナーとしては実に複雑な心境です。

 私は仕事で、安曇野市が策定した行政文書を読み込んだ事がありましたが、その中の「安曇野市情報化計画」にコミュニティFMの設置についての研究をしていくと「1行だけ」(笑)書かれていました。まさかそれが、こんなに早く現実化するとは思ってもみませんでした。

 私が気になるのは、安曇野市コミュニティFM局の出力と送信所の位置です。安曇野市は、3町2村が 2005年に合併して誕生しました。市内は送信所に適する高き山々が いくらでもあります(笑)。

 もし この広域の市をカバーするため、標高の高い地点に法令で認められた、最大出力20Wで送信すれば、安曇野市は おろか松本市内の殆どの地域で、クリアに聴こえる可能性が生じます。

 長野県には、既に長野市・佐久市・飯田市・軽井沢町・東御市そして諏訪市と、コミュニティFM局が多く置局されており、この安曇野市での開局により、とうとうFM長野のお膝元近くでも、コミュニティFM局が開局してしまう事となりました。

 FM長野では、今年の春から県内自治体発信の自社制作番組を相次いでスタートさせ、小諸市・須坂市・千曲市・駒ヶ根市・大町市・辰野町と 6つの番組が、現在 放送を続けています。

 急増した市町村発信の自社制作番組には理由があり、制作準備のパーソナリティ・スタッフ募集の段階で、国の政策である緊急雇用創出事業の補助金が運用されているからです。

 この様な市町村発信の自社制作番組の急増は、FM長野の他にも栃木県の民放FM局であるRadio Berryなど、全国のラジオ局で散見できます。FM長野の市町村発信の自社制作番組は、とても良い方向性だと思います。ぜひ長く続けてもらいたいものです。

 しかし、大町市や辰野町が毎週1時間の放送をして、本社演奏所がある松本市が「ワンポイントガイド」僅か隔週5分だけというのは、どう考えてもバランスがとれません。中信地域情報の空洞化に、安曇野市コミュニティFM開局の伏線が ある様な感じがして仕方がありません。

 安曇野市コミュニティFM局の開局理由のひとつにある、東日本大震災をきっかけとした災害情報提供システムの構築は、本来FM長野にも共通した課題だと思われます。それ故にFM長野において地元 松本市に関しては、コミュニティFM局並みの地域情報の提供が不可避なはずです。

 ただ安曇野市のコミュニティFM局の番組編成に関しては、妙に心配していません(笑)。私は、コミュニティFM局の理想番組編成を、24時間音楽を流し放しにして、随時 消防局の出動情報を放送する事だと考えています(笑)。

 その理想の原点は、有線放送電話の定時放送・臨時放送であって、有線放送電話の沈黙時にあたる時間帯は、音楽を流し続けるという編成です。しかし、こんな大胆不敵な(笑)番組編成が通るとも思えません。

 私は、飯田市のコミュニティFM局「いいだFM」の開局当時の番組編成が、全国のコミュニティFM局の中でも、相当斬新だったと思っています。まるで、飯田市内に第2のFM長野を作ろうといった(笑)物凄い意気込みを感じていましたが、やはり何度かの改編で、よくある普通の番組が増えていきました。

 コミュニティFM局で独創的な番組を制作しようとすると、既に出尽くし感があり、なかなか難しいものがあります。いや今や全国総ての民放ラジオ局に、この出尽くし感が蔓延しています(笑)。

 私個人としてラジオは、FM長野とNHK-FMがあれば充分ですが、ここ中信地区にコミュニティFM局が誕生するとなると やはり気になります。どうかFM長野には、松本市のコミュニティFM局機能を兼ねる存在である事を、一(いち)リスナーそして松本市民として願っています。


(追記) 2012年11月24日に「あづみ野エフエム」が開局しました。送信所は、安曇野市明科の押野山 山頂(標高672m)に設置されています。

Year‐End Ranking

公開 : 
  1. 第 1 位 ( 6)
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた
    ♪東日本大震災の年に、人気絶大の深夜ラジオ番組で夏から3ヵ月間流れた この曲は、癒しを与える詞と旋律が洗練された編曲で彩られている心底へ冴え渡る様な秀逸曲。

  2. 第 2 位 ( 5)
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  3. 第 3 位 ( 5)
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( 3)
    NHK総合・ドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」劇中効果音楽 [村松崇継]

  5. 第 5 位 ( 2)
    NHK Eテレ・歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽 [横山克]


 2011年も歳末を迎え、このブログの更新は今年最後となります。そこで、今週の週間選曲リストは『2011 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2011年 1月 7日 第411回ランキングから、2011年12月23日 第461回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。

 期間内のリストイン総曲数は 45曲。年間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲数が 17曲と記録されています。

 今年の年間ランキングの選曲理由は、次の通りです。

 年間 1 位は、尾崎亜美「愛のはじまり」。

 【1位 6週 登場14週】

 年間 2 位は、渡辺俊幸が制作した 朝ドラ「おひさま」劇伴音楽。

 【1位 5週 登場18週】

 年間 3 位は、川井憲次が制作した 時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽。

 【1位 5週 登場 8週】

 年間 4 位は、村松崇継が制作した ドラマ「マドンナ・ヴェルデ」劇伴音楽。

 【1位 3週 登場 6週】

 年間 5 位は、横山克が制作した 歴史教養番組「さかのぼり日本史」テーマ音楽。

 【1位 2週 登場10週】

 以上の通り、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。

 今年は 3月に東日本大震災があり、放送音楽の動きが停滞した事もあって抜き出た成績の楽曲はなく、年間1位から5位まで全曲「1位週数」「登場週数」のデータともに大きな差がありませんでした。

 成績の分散傾向は、昨年比でリストイン総曲数が 10曲増えた事にも現れています。そのため今年の年間ランキングは 1位が自動確定。2位以下 4曲を慎重に選曲し、累積資料である1位週数・登場週数のデータを参考として順位を決定しました。

 今年最も美しい5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)3曲、歴史教養番組のテーマ音楽 1曲、ラジオ番組のオリジナルソング 1曲 となっています。

 ドラマ主題歌は、一昨年と同じく またゼロになりました。その中で特筆すべきは、この震災の年の年間ランキングが、全曲NHK関連の楽曲で占めた事です。旧譜からのリストインも増え、週間選曲リストは大変多様化してきた1年でした。

 1000年に一度と言われる巨大地震「東日本大震災」が起き、未曾有の国難に見舞われた 2011年。『年間ランキング』公開をもって今年の更新が終了し、このブログは年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2011年12月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。