FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第390回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    坂本冬美「また君に恋してる」
    ♪作曲は 森正明。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    遊びでぃきらさ’z ~ あしびでぃきらさーず“Hurry up ハーリー”


 私が茨城から信州へ最初に訪れたのは、小学 3年生の夏休み。北佐久郡 立科町の実家に 2晩泊まっています。父と信越本線・大屋駅で急行から降り、タクシーを使って立科まで行きました。着いたのは 夕方頃だと記憶しています。歓待され夕食を食べていた その時でした。電話機が突然しゃべり出したのです(笑)。子供ながら この驚きは 恐怖に近いものがありました(笑)。

 電話機は、受話器から静かにしゃべり出します。いきなり電話機自体が大声を出すとは、まさに驚天動地の出来事だったのです。親戚も びっくりしているのに気付いたのか説明してくれました。「これは有線放送で朝晩 勝手にしゃべるんだよ」(笑)。その電話機は、案の定 翌朝も大声で しゃべり出しました(笑)。これが「有線放送電話」との出会いでした。

 農事有線放送が広く普及したのは、ここ長野県 そして 沖縄県です。沖縄の場合は電話機能はなく「親子ラジオ」と呼ばれていました。受信した琉球政府のラジオ放送や 独自のアナウンス放送を「親」ラジオ局から送信し「子」すなわち契約家庭の小さなスピーカーへ流します。そのスピーカーには スイッチ と ボリュームしかありません。

 そして電気が不必要。「親」の通電で「子」のスピーカーが鳴ったのです。電力事情の悪かった頃この点が歓迎され、終戦直後の米軍施政化で急激に普及します。最盛期は沖縄県内で 300局以上の親子ラジオがあったという話ですから、集落ひとつずつに親ラジオ局は存在したほどです。しかし、一般のラジオ・テレビ放送が広がっていき、現在では殆ど廃局しました。

 とにかく普段は沈黙しているのです(笑)。有線放送電話は、朝夕の決まった時間を中心に、突然メロディは流れ出し「定時放送」が始まり、終了すると また沈黙します。朝の放送が、目覚まし代わりの挨拶や 農事情報、役場からの催し物のお知らせ。夕方の放送は、地域の話題などが多い様です。中にはリクエストを募ってDJをする放送所もあります。

 そして、最大の特徴が「臨時放送」です。近隣の火災や気象警報。大雪による休校連絡。地元首長や議員選挙の開票速報など放送しなければならない情報があれば、臨時に放送を開始します。現在では、緊急地震速報や J-ALERTを自動送出する放送所もあります。この「臨時放送」こそ有線放送電話の真骨頂と言うべきものです。

 もちろん電話機能は、何時間 話しても通話料無料。定額の使用料にコミとなります。そう言えば前述の小学生時代、親父が茨城から立科へ電話をかける時、立科有線の交換台に「上田からだけど繋いでくれ」と言っていました(笑)。電電公社 と 有線放送所の取り決めがあり、茨城からだと言うと 繋いでくれないらしく、上田から と言うのは一種のテクニック(笑)だった様です。

 長野県内の有線放送電話も、最盛期から だいぶ減りましたが、インターネット接続事業で生き残り、長野市などを中心に普及しています。普段は 沈黙し時間が来た時 あるいは 必要な時のみ放送する「有線放送電話」。すっかり目立たなくなってしまった そのシステムに、実は 未来のラジオ放送全体にとって、最も重要なポイントが潜んでいる気もします。


(追記) 週間放送視聴日記(2017年12月 1日)に、有線音楽放送を掲載しました。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、2日に 13万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。