FM長野・NHK-FM リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第1072回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・特選!時代劇「お登勢」テーマ音楽 [野村知成・藤野登]
  2. 第 2 位 ( △ )
    Fleetwood Mac “Little Lies”
    YouTube Official Music Video
  3. 第 3 位 ( ▽ )
    英国 ITVテレビ・itv NEWS AT TEN テーマ音楽 [Johnny Pearson]
  4. 第 4 位 ( ★ )
    Alicia Keys “Golden Child”
    ♪ ジャズからクラシックまでの素養 と 和音構成を感じさせる佳曲。
  5. 第 5 位 ( ▽ )
    林部智史 “Omoide”
    BS松竹東急・土曜ドラマ「商店街のピアニスト 永遠の調べ」主題歌

 1日からNHKは、衛星放送(BS)チャンネルを削減しました。2Kは、旧BS1だけで放送を行っています。BSプレミアムは、番組放送を全て終了し、チャンネル変更のガイダンスを 24時間流し始めました。正式な停波は、来年 3月31日を予定。NHKの2K衛星放送は、40年近く 2チャンネルで放送を続けてきましたが、今後は 1チャンネルだけの放送となります。

 BSプレミアムでは、11月30日 午後 9時から、お引っ越し(笑)カウントダウンSPを生放送。受け入れ先のBS1でも、午後 10時40分から同時放送しています。BSPは、午前 0時ジャストに番組を打ち切り、長岡の花火をバックに、放送終了 と 視聴感謝を伝えるメッセージを送出。ノーナレの環境映像プログラムを経て、5時にガイダンス放送へ移行しました。

 BS1からNHK BSになったチャンネルでは、朝 6時から ワールドニュース。7時15分から 朝ドラ と にっぽん縦断こころ旅、そして8時にはまたワールドニュースへ戻るという、今回のBS減波による番組編成が、最も象徴されている時間帯の初日放送を終えました。その間も旧BSPでは、チャンネル変更のお知らせが延々と続くガイダンス放送が流れ続けています。

 私は、地上波よりも衛星放送を基幹にして、日本のテレビ放送を維持するべきだと、考えていた時期がありました。NHK と キー民放局は、総てのネット番組を、全国放送であるBSから送出し、地上波は 現在の独立U局の様に、都道府県民放 1局だけを維持する。これならばテレビのビジネスモデルが維持され、CSの専門チャンネルや CATVも隆盛すると想定したのです。

 しかし政治家と同じくらい既得権益に固執するメディアの皆さんが、その様な革命的な考え方を実践するはずがありません(笑)。この既得権益は、テレビ局の経営陣だけでなく その従業員、広告代理店から 場末に出演するお笑い芸人まで、当たり前の様に守ろうします。この既得権益の拘りが、百花繚乱の時代が過ぎ去ったテレビメディアの足枷となっているのです。

 今回BSのチャンネル削減を実施したNHKでさえ、あくまでも減波は 2Kであって、4Kの 2波は 温存する拘りを捨てていません。2波視聴の衛星契約に対して、約 945円の割増受信料を払い続けていましたが、1波減波し受信料を下げても、約 850円の割増が発生しています。例え勝手に始めたサービス(笑)4Kがあっても、約 470円程度の割増が妥当なはずです。

 前述したテレビメディア最大の既得権益こそ、巨大化したNHKの組織そのものなのです。私は、そのNHKにラジオ受信料を、別途支払いたいと思っている稀有な受信者です(笑)。BS減波の次は、再来年にラジオの減波が控えています。このBS減波のスケジュールを当てはめれば、2025年秋には、ラジオ番組の統廃合が具体的に編成されていくはずです。

第1073回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・特選!時代劇「お登勢」テーマ音楽 [野村知成・藤野登]
  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Fleetwood Mac “Little Lies”
    YouTube Official Music Video
  3. 第 3 位 ( △ )
    Alicia Keys “Golden Child”
  4. 第 4 位 ( ▽ )
    英国 ITVテレビ・itv NEWS AT TEN テーマ音楽 [Johnny Pearson]
  5. 第 5 位 ( ★ )
    Boygenius “Not Strong Enough”
    ♪ 素朴なG.リフですが調性が整っているフォークロック。

 ブログを始めた 20年前は、この週間放送視聴日記で事あるごとに、放送 と 通信の融合に対して懸念を書いていました。通信とは 即ちインターネットです。融合に名を借りて、ネットの世界が放送文化を駆逐していくのではないか? との懸念でした。20年を経た今では、通信が放送を完全に呑み込んでいます。融合というより、通信が放送を吸収合併してしまいました(笑)。

 それでも放送文化は、通信に駆逐されませんでした。ネットのプラットフォームにおいて、テレビ番組は 優良なコンテンツの地位を確保しています。20年前と比べて、過去の名作ドラマを視聴出来る機会が格段に増えました。地上波での本放送は、ある意味 見本市(笑)の様相を呈しており、如何に視聴者をネット配信へ誘導するか、番組を視聴しても その苦心が解ります。

 このブログの週間選曲リストでも、1年半前の第1001回ランキングから、ラジオ・テレビ放送だけでなく、インターネット放送も選曲対象に加え、今週で 73週が経過しました。週間選曲リストでも、放送 と 通信が融合してしまっています。こうなれば進むしかありません。ネットからの選曲をし易くするべく、週間選曲リスト・ルールの「注意事項」を一部変更致しました。

 [04] 週間選曲リスト の選曲対象媒体は、国内外のラジオ・テレビ放送 及び インターネット放送です。ラジオ・テレビ放送は、地上波・衛星波・ネット中継・有料チャンネル 全てを包含します。インターネット放送とは、次項で指定する動画・音声プラットフォームの合法配信のみを対象とします。指定外の動画は 選曲対象としません。 対象配信は 番組形態に拘りません。

 [05] 選曲対象となるインターネット動画 音声配信プラットフォームは、次の通りです。
・TVer・NHKプラス ・NHKオンデマンド ・YouTube ・Amazon Prime Video ・hulu・radiko ・らじるらじる インターネット放送と見做す指定ポータルに hulu を加えました。計 8ポータルのみ選曲対象とします。

 1年前の記事と同じく、逐条解説を色分けしてみました。[04]ラジオテレビ放送は 内外問わずとしました。また当初インターネット放送を配信番組と定義していましたが、YouTubeなどは チャンネルと称しています。著作権法で問題のない合法配信なら、全て可としました。[05]テレビ番組配信が充実している hulu を、新たに指定ポータルへ加えています。

 20年前の週間選曲リストは、選曲対象をラジオテレビ放送に絞っていました。そこへインターネット放送という概念を新たに加えています。不変のコンセプトである美しい音楽を選曲し続けられる様に、リストへ上手く放送 と 通信を融合させていきたいと考えています。今週から週間選曲リスト・ルールの「注意事項」を 2項目変更致しましたので、周知のためご紹介しました。

第1074回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Fleetwood Mac “Little Lies”
    YouTube Official Music Video
  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・特選!時代劇「お登勢」テーマ音楽 [野村知成・藤野登]
  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Alicia Keys “Golden Child”
  4. 第 4 位 ( ★ )
    10-FEET「第ゼロ感」
    ♪ 8分と16分の休符が踊っている様なDrsの打音が印象的な佳曲。
  5. 第 5 位 ( ▽ )
    英国 ITVテレビ・itv NEWS AT TEN テーマ音楽 [Johnny Pearson]

 ラジオ番組録音を統合管理するコレクション整理が、8日 遂に完了しました。197本あったアナログ録音テープを全てデジタル化したのは、2010年 7月。録音番組を 477ファイルに 13年かけて整理。タイトルに記号番号を付して、1本のUSBメモリーへ納める事が出来ました。これからは、USBメモリーだけで、477あるラジオ録音を統合管理していきます。

 もちろん 1本のUSBメモリーだけでは、リスキーです。さらに 2本のUSBメモリーへバックアップしました。実際は 計 3本で管理していく事になります。音質に充分配慮しましたが、それでも 477あるラジオ番組は、mp3で 23・6GBに収まってしまいました。実質 57・7GBのUSBメモリーを使いましたので、使用率 40・9%と、余力が充分あります。

 電子ファイルへのインデックス付けと題した記事にも書きました通り、477ファイルひとつひとつに、統一基準での記号番号を付しました。先頭がグループを示すアルファベットの記号。その後に数字による通し番号が付いています。こうするとフォルダー分けしなくても、USBメモリーに録音ファイルを納めるだけで、グループ毎に整序され、大変管理が楽になりました。

 また番号のナンバリングは、きちんと並んだ通し番号よりも、記号からさらに細分化した小グループ毎に間隔を空けておいたほうが、録音ファイルを追加した時など都合がいいと気付きました。要所要所に抜き番号をしています。ちなみにトップになる raa001のファイルは、茨城時代に録音した、HBC北海道放送「ベストテンほっかいどう」の録音を設定してみました。

 珍しいコレクションといえば、FM東海・NHK-FMの実験局当時の録音、雅楽の番組から録音してあるNHKラジオ第2放送の元旦朝の気象通報、日本短波放送第2プロの大阪商品取引市況など、なぜ録音したのか今となっては不明な録音ファイルが保存されています。こういったマニアすら存在しない(笑)レア過ぎる録音ファイルもコレクションに含まれています。

 FM長野関係では、FM長野ニュースの録音ファイルが意外にも多かったです。昔にあった市単位の開票速報や国政選挙の速報。さらに重大事件事故発生時にFM長野ニュースとして流したJFNニュースも含め、録音ファイルのグループ自体が、近代史の証言者と言うべき集まりになっています。他のラジオニュース録音も合わせて、コレクションに値する内容です。

 音楽放送であるFMのニュースから、音の歴史絵巻を作ってしまうのも私らしいかも知れません。ラジオ番組録音の統合管理が やっと実現しました。次はFM長野を中心とした文字媒体な放送資料のPDF化。そしてテレビ番組録画の統合管理を目指しています。整理はまだ 全録画の 50%程度です。ラジオの次は テレビ。本腰を入れて整理を進めたいと考えています。

第1075回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Fleetwood Mac “Little Lies”
    YouTube Official Music Video
  2. 第 2 位 ( △ )
    Alicia Keys “Golden Child”
  3. 第 3 位 ( △ )
    10-FEET「第ゼロ感」
  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・特選!時代劇「お登勢」テーマ音楽 [野村知成・藤野登]
    ♪ 1位 9週、登場13週。
  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    英国 ITVテレビ・itv NEWS AT TEN テーマ音楽 [Johnny Pearson]

 付き合いで講演を視た事がある高市早苗 経済安全保障担当大臣は 無派閥。菅義偉 前内閣総理大臣は 無派閥。そして石破茂 元自民党幹事長も 無派閥でした。自民党には 衆議院 57名、参議院 18名、合計 75名(19・7%)の無派閥議員がいます。捲土重来を期す菅 前首相は、岸田 首相に対し派閥の長を辞めない事だけ公然と批判していました。まさに大当たりでした。

 団体主催の政治資金パーティーの収益から、政治家がキックバック(還流)を受ける行為自体、昔から行われていたと思います。与党だけでなく、身に覚えのある野党議員も存在しているはずです。また政治家個人が主催する政治資金パーティーの収益は、それこそ対象議員の政治資金になる正規ルートがあります。派閥主催の政治資金パーティーで、山分け(笑)したから問題なのです。

 今の政治資金規制法は、大変厳格で 98円のボールペン 1本の支出でも適式な領収書が必要です。それ故に東京地検特捜部が乗り出しました。このキックバックは、今までの政治スキャンダルと異なり、叩けばホコリどころか黄砂の如く広範囲に舞い上がります。派閥所属の議員は、どんぶり勘定(笑)だった資金の行き来のどこが表沙汰になるのか? 戦々恐々なはずです。

 個人の政治資金パーティー以外に参加できない無派閥議員は、間違いなく無関係となります。今までの大規模な政治スキャンダルとは異なり、明確なセーフティゾーンに身を置く議員が存在するのです。官軍 と 賊軍の例えは言い過ぎだとしても(笑)自民党の無派閥議員 75名は、今後の展開次第では、逆転して高いポジションから発言し行動する事が可能になるのです。

 共同通信社による最新世論調査によると、岸田内閣の支持率は、22・3%と、クラッシャブルゾーンに突入しています。内閣支持率とは 微妙な存在であり、安倍内閣の様に政治テーマが明確で国論が二分されている時は、正確な真の数値を示しません。その様な事はなく無難な舵取りに終始した岸田内閣の支持率は、真の値を示しており、歴代内閣末期の動きに似ているのです。

 岸田 首相が狙っていた内閣延命のための衆議院解散は、一気に遠退きました。次の参院選は、2025年夏。衆議院の任期満了も2025年10月。どちらも 2年後になります。衆議院議員の在職平均値は、2年10ヵ月であることから、総選挙の時期が到来しています。しかし岸田内閣が命脈を保っている以上、ハプニングの可能性が残っていますが、解散はし難くなりました。

 開票速報マニアの私としては、NHKのラジオ減波が同じく 2025年にぶつかる事から、NHK-FMの開票速報特番が国政選挙の際にどうなるのか? 今から気になってきました。開票速報特番も短縮傾向が見られる中で、ラジオニュースこそコンパクトであるべきだと考えています。衆議院解散のタイミングと、NHK-FMの新しい報道体制を合わせて図っているのです。

Year‐End Ranking

   
  1. 第 1 位 ( 9)
    NHK総合・特選!時代劇「お登勢」テーマ音楽 [野村知成・藤野登]
    ♪ 音楽制作者不詳ながら、優れた和声感を有した音響効果担当者なら劇伴制作が出来得ると確信させた、スキャットの美しさからも、絶賛に値する調性を有している稀有なテーマ音楽。
  2. 第 2 位 ( 5)
    Aimer “escalate”
    BS11・アニメ “NieR:Automata Ver1.1a” オープニングテーマ
  3. 第 3 位 ( 4)
    NHK総合・外国テレビドラマ「アストリッドとラファエル 文書係の事件録」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [Erwann Kermorvant]
  4. 第 4 位 ( 3)
    Aimer “crossovers”
    JRA日本中央競馬会テレビCMソング
  5. 第 5 位 ( 4)
    TSB YTV・新日曜ドラマ「CODE ~ 願いの代償」劇中効果音楽 [菅野祐悟]

 2023年も 歳末を迎えて、このブログの更新は、今年最後となります。そこで 今週の週間選曲リストは『2023 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2023年 1月 6日 第1025回ランキングから、2023年12月22日 第1075回ランキングまでの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数 51曲。その中から選曲条件をクリアした楽曲として 17曲が データベースに登録されています。確定・決定した年間順位の累積資料は、次の通りです。

 【1位 9週 登場13週】① お登勢 テーマ音楽。 【1位 5週 登場13週】② escalate Aimer。  【1位 4週 登場16週】③ アストリッドとラファエル 劇伴音楽。 【1位 3週 登場18週】④ crossovers Aimer。 【1位 4週 登場 8週】⑤ CODE 劇伴音楽。

 以上の累積資料 と 参照先の選曲理由に基づき、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )を作成しました。リストイン総曲数は、昨年比で 11曲も増加しました。ネットからの選曲が多くなり、入れ替えが激しかったのが原因と思われます。一方上位は、累積資料の成績差が はっきりしており、選曲条件をクリアした楽曲数が、昨年から 1曲だけ増加となりました。

 まず年間 1位は、ルールに従い1位週数 9の楽曲が自動確定。次に選曲条件をクリアした楽曲の中から、1位週数のデータを軸に、年間ランキング楽曲 を慎重に選曲しました。但し 1位週数の差が僅かで、登場週数に大差がついている場合は、登場週数を重く順位に反映させています。また年間 5位に関しては、累積資料を参考にしつつも、独自性の高い順位決定を行いました。

 今年 最も美しい 5曲の内訳はインストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)3曲、アニメ主題歌 1曲、テレビCMソング 1曲となっています。

 年間 1位は、ブログ開始前の準備段階で発表したBLOGプレリュード ~ 2001年からの選曲 1位と同一曲です。22年経て、突然のリピート全国放送があり選曲されました。ネット以外に従来のテレビ・ラジオ放送でも、時系列の混同が多く発生する時代に入っています。その流れに新作の選曲もミックスされていく、柔軟性のある 年間選曲リスト が作成されました。

 経営スリム化の要請からNHK BSの減波が決行され、放送の世界も、遂に整理統合の時代に突入した 2023年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年をお迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 ご愛読者(拍手)ボタンがあります。