FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第430回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドラマ10「マドンナ・ヴェルデ」劇中効果音楽 [村松崇継]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「おひさま」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [渡辺俊幸]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ヤドランカ「誰かがサズを弾いていた」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」4 ~ 5月 オンエアー曲
    ♪1位 3週、登場 7週。

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    MISIA「記憶」
    abn テレ朝・ドラマ「遺留捜査」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]


 連なる山々のため ここ信州では、聴けるラジオ放送が限られています。

 FM長野と SBCラジオ。この2局は、全県がサービスエリアです。そしてNHKは、AMがラジオ第1放送ラジオ第2放送。そしてNHK-FM放送となります。

 実はもう1局、長野県全域をサービスエリアに含むラジオ局があります。全国を対象に短波放送している「ラジオNIKKEI」(ラジオ日経)です。

 旧称は、NSB日本短波放送(ラジオたんぱ)。第1放送と第2放送 2波あります。民間の短波放送局は、世界的にみても稀有な存在です。

 亡き父は大昔 プロ野球のナイター中継を聴きたいために、短波ラジオを所有していた事がありました。中波ラジオで当たり前の様に放送しているナイター中継の先駆けは、NSB日本短波放送だったのです。

 草創期を経た後は番組編成が、平日昼の株式市況実況、土日の中央競馬実況、そして平日夜の医学情報番組へ特化していきました。

 ラジオNIKKEIの医療従事者向け医学情報番組は、日本で最も聴取者層を限定したラジオ放送です。

 例えば 1957年(昭和32年)から脈々と放送が続いている「ドクターサロン」という番組は、医師免許を有する現役ドクターだけをリスナー対象としています。

 「臨床医の皆様。キョーリン製薬がお招きするドクターサロンにどうぞ。」という敬意のこもった独特のオープニングから始まるこの番組では、司会の医科大教授を サロンドクターと称しています。

 ゲストで出演する権威ある医科大教授は、サロンのお客様として登場。リスナーである医師の質問に、専門的用語をふんだんに使って答えていきます。

 とにかく医師免許を有するお医者さんが疑問に思う事に、医学の権威が答えるのです。これ以上ないほどのハイレベルな医学情報番組です。

 実に地味と思われがちな短波放送ですが、長い歴史の中で脚光を浴びた時代もありました。それは 大橋照子 アナウンサー在籍の頃です。

 大橋照子 アナは、日本短波放送の社員アナウンサーでしたが、実に魅力的な独特の美声でした。私は、大橋 アナが担当した お昼の気象通報を聴いた事もあるのですが、未だに忘れられないくらい素晴らしい放送でした。

 その大橋 アナが、平日の株式市況の後 生放送で担当した「ヤロウどもメロウどもOh!」は、全国から学生リスナーが殺到し、おりからのBCLブームもあって空前の短波放送人気となりました。

 私の記憶違いでなければ、最盛期に首都圏ラジオ聴取率において、LF ニッポン放送を抜いた事もあると思います。但し「その他のラジオ局」扱いで記録されました(笑)。

 今では短波放送を聴く人も減り、ラジオNIKKEIへ社名が代わった頃は、送信機更新の予算が確保できないという存否に係わる非常に厳しい状況だったそうです。

 最近では その施設も どうにか更新されましたが、平日の放送開始は 朝7時30分。放送終了が午前0時頃と、日本で最も放送時間が短いラジオ局になっています。それでもインターネット展開は早くから取り組んでおり、生き残りの道を懸命に模索していました。

 特にラジオNIKKEI社員である競馬実況アナウンサーには、個性的な方が多く在籍しています。昨年秋から平日夜放送している、その競馬実況アナによるフリートークが展開する「アナライズド」は、なかなか面白い番組です。

 こういった中央競馬実況中継もありました。2月 3日(日曜)の小倉競馬は、降雪のため 4レース以降中止。この様な場合「続行競馬」として翌月曜に開催延期となります。

 第4レースからの「続行競馬」を、ラジオNIKKEIは第2放送で急遽中継。それも福岡県 小倉市の競馬なのに、進行MCは東京の本社スタジオからと変則的な6時間通しの生放送でした。

 そこで小林雅巳 アナと 渡辺和昭 アナが、月曜に競馬中継を聴いているコアなリスナーからのメールを紹介しながら中継を進行したのです。以前ブログで 旧態然な競馬実況中継を批判した事もあったのですが、この競馬中継は 大変面白かったです。競馬中継は かくあるべきではないかと思ったくらいです。

 ラジオNIKKEIは 東日本大震災直後に、その競馬中継でネットの関係があったRFCラジオ福島の震災特別報道番組を そのまま全国放送し、被災地の現状を伝えました。

 また このブログで紹介した事があるRBC琉球放送の沖縄民謡リクエスト番組「民謡で今日拝なびら」(みんようで ちゅう うがなびら)を、この 4月から連日全国へ放送するなど大胆な試みもしています。

 サイマル放送“radiko”でも全国放送免許を有するラジオNIKKEIは、第1放送が広がりをみせる対象地域全てに搭載される様になりました。

 東日本大震災でラジオの役割が見直されたとは言え、ラジオ放送は今 厳しい時代を迎えています。

 ラジオNIKKEIへは、早くも ひと昔前から その寒波が押し寄せてきましたが、放送時間の短縮とネット展開で乗り越えようとしています。短波放送であるラジオNIKKEIの苦労は、これから中波やFM局のヒントになるかも知れません。


(追記) 2012年 4月 2日から、IPサイマル放送“radiko”で ラジオ NIKKEI(第1放送)の全国配信がスタート。7月27日から ラジオNIKKEI 第2放送の全国配信もスタートしました。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、15日に 16万 を突破しました。 ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年05月20日 の週間選曲リストと『 ラジオNIKKEI ラジオ日経 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。