FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第217回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Kaiser Chiefs“Ruby”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    いきものがかり“SAKURA”
    NTT東日本 テレビCMソング
    ♪ストリングス・アレンジが和声の根幹を成す佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌
    ♪1位 2週、登場11週。


 ギャンブルが廃れていく国というのも珍しいと思いますが、全国の地方競馬は、次々と累積赤字を解消できず廃止されています。

 以前 私が年に1回ほど茨城から長野まで行く時に、途中 栃木県を通ると、足利競馬や宇都宮競馬の開催案内 大看板をよく見かけました。今では その足利競馬や宇都宮競馬も廃止されています。

 私が小さい頃聴いていたRFCラジオ福島・いわき局には、当時「福島競馬実況中継」(今では福島局だけの放送)がありました。

 またブロガー プロフィールで取り上げているIBC岩手放送の看板番組だった「IBCトップ40」でも、途中で県営 盛岡・水沢競馬(現在やはり廃止案が浮上)の実況中継を放送していました。

 私見ですが、他局も含めて競馬中継というのは、どうして あんなに理屈っぽいのでしょうか? 初心者の視線からは非常にとっつきにくさを感じます。

 予想をダラダラ専門的に説明し、レースが終われば予想へ触れず結果の言い訳に終始します。あれではメディアでの新規観客の開拓が難しいと思います。解り易さは競馬中継の重要なファクターだと思うのです。

 そんな競馬中継にも特筆出来る点があります。中央競馬ビッグレースの発走前に流れる「G1 ファンファーレ」。これには文句のつけようがありません(笑)。

 通常ファンファーレとは、トランペットなどの管楽器により同一の旋律を押していくのが常道です。

 しかし、すぎやまこういち が作曲した関東開催の「G1 ファンファーレ」は、冒頭に管楽器の主リズムと、それを追いかける打楽器の裏リズムと和音。この二本のリズムが一体化していく独特な和声と調性を有しています。

 極めて音楽性の高い優れたファンファーレですが、実際に流れる競馬場では この素晴らしいファンファーレに、なぜか観衆の「手拍子」が付くのです(笑)。

 販売する勝馬投票券も、最近では1着から3着まで全て当てなければならない「3連単」など非常に解りにくいものがあります。

 やはり基本の勝馬投票券は、1着を当てる「単勝式」がメインで、後は保険の「複勝式」が最も重視されるべきではないのでしょうか? 予想する勝馬1頭を応援するスタンスは、ファンの裾野を広げる根幹だと思うのです。

 陽春は競馬の季節ですが、JRA日本中央競馬会として競馬の斜陽化には、射幸心を煽るしか対策がないようです。

(追記) 週間放送視聴日記(2016年12月16日付)に、統合型リゾート整備推進法の賛否両論を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年03月23日 の週間選曲リストと『 競馬の斜陽 と G1ファンファーレ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。