FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第666回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    MISIA「オルフェンズの涙」
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    Adele“Hello”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・NHKスペシャル「新・映像の世紀」テーマ音楽 [加古隆]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    川井憲次「ラビリンス」
    NHK総合・NHKスペシャル「未解決事件」メインテーマ
    ♪1位 2週、登場 8週。


 明けまして おめでとう ございます。2016年(平成28年)の元旦を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。

 12月29日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」(推定得点:169) 。「コスモ ポップス ベスト10」年間第1位は、CARLY RAE JEPSEN“I REALLY LIKE YOU” (推定得点:196) が それぞれ獲得しました。

 “COUNTDOWN JAPAN”の年間1位と年間2位の推定得点は僅か2点差でした。一方の「コスモ ポップス ベスト10」年間第1位“I REALLY LIKE YOU”は、登場26週という長期のランクインとなり推定得点で他を圧倒しています。

 30日の「第57回 日本レコード大賞」は、J Soul Brothers from EXILE TRIBE“Unfair World”が受賞しました。2連覇だそうです(笑)。

 今回の受賞作品も昨年と同じく“COUNTDOWN JAPAN”年間チャートの20位までにも入っていません。但し前回の受賞作品が今回の年間10位という、一種の逆ヒットな展開になっています。これではレコ大廃止論が囁かれてしまうかも知れません。

 大晦日 放送「第66回 NHK紅白歌合戦」は、なんと紅組が4年ぶりに優勝しました。

 【最終審査結果:紅組 35万6832 白組 34万6929】

 今回は なかなか視聴者審査の要項が発表されず、白組の勝ちばかりで大味な結果を出す(笑)視聴者審査の打ち切りもあり得ると思われていましたが、今回も事前受付をしない当日参加のデジタルTV・ワンセグ・アプリの視聴者審査と、会場審査のストレート集計を継続しました。

 中間審査は 紅組 16万8179(48・4%)白組 17万9230(51・6%)と白組優勢でしたが、最終審査は 紅組 50・7%:白組 49・3%まで逆転しました。大票田のデジタルTV(51:49)とアプリ(50:50 僅差)で紅組多数。ワンセグ(47:53)と会場(48:52)が白組多数という結果でした。

 紅組優勝の瞬間に司会の綾瀬はるか は泣き出し、総合司会の黒柳徹子が立場を忘れて(笑)大喜び。同じく有働由美子 アナも満面の笑顔でした。総合司会は二人共に紅組司会の経験者です(笑)。

 11時45分ジャストのバズーカ クラッカーが散るNHKホールから、静寂に包まれた福井県 永平寺への「映像落差」は、今回も少しスイッチングノイズが入りましたが見事に落ちました。

 大晦日には、日本が発見した113個目の元素の命名権を獲得したという明るいニュースも飛び込んできました。ここ松本市では、軽く雪化粧した元旦の朝でしたが、日中は晴れ渡り穏やかな新年を迎えています。

 さて年頭日記恒例の経済「星取表」。昨年大納会の日経平均株価終値は 1万9033円71銭と、1年間で 1582円94銭「上昇」しました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ ● ● ○ ○ ○ ○ 』(2015年 大納会)】

 星取表の星が 12個目になりました。今年の年頭日記から直近12年間のサイコロジカル ラインを計算して公開します。2016年 年頭のサイコロジカル ラインは、66・6% (8勝4敗)になりました。星取表も4連勝となり、日本の経済は上昇気流に乗っていると判断できます。

 リオデジャネイロ夏季五輪や参院選そして伊勢志摩サミットがある 2016年。今年は果たして どの様な1年になるのでしょうか?

 ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


(追記) 「第57回 日本レコード大賞」の視聴率は 13・0%と、大晦日から30日に放送日変更して以降の最低を記録。「第66回 NHK紅白歌合戦」の視聴率(関東地区)も 前半 34・8%、後半 39・2%と後半の視聴率が歴代最低を記録しています。

 正月2日・3日の「第92回 箱根駅伝」は、青山学院大が総合2連覇となる完全優勝をしました。視聴率は 往路 28・0%、復路 27・8%をマークしています。

第667回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    MISIA「オルフェンズの涙」
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Adele“Hello”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    シシド・カフカ“Crying”
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」主題歌
    ♪ガールズロックの域は超えている精密に調性が整った佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・NHKスペシャル「新・映像の世紀」テーマ音楽 [加古隆]


 このブログは年明けで満13年となりました。2003年の開始当初は携帯日記サイトで細々と始めたのですが、2006年から正式なブログサービスを利用し始めました。

 その時に取得したのが、https://www.chartdrunker.info/ という独自ドメインです。ドメインの取得日は 2005年12月 9日ですので、ちょうど満10年が経過しました。

 インターネットで接続されているメインフレーム(ホスト コンピュータ)には、すべてIPアドレスという数字列が割り振られており、無意な数字列だけでは解りにくいので、有意な文字列とIPアドレスが紐付けされています。その文字列がドメインなのです。

 ドメインとは インターネットで公認された「住所」にあたります。無数のネットワークに接続している単一なメインフレーム(ホスト コンピュータ)の場所を示すものですから、独自のドメインは世界に たったひとつだけ存在します。

 このブログの独自ドメインにある .info は、正規なジェネリック トップレベル ドメイン(gTLD)のひとつで、原則として情報サイトでの使用を意図しているドメインです。

 このブログのドメインは、当初オーストラリアのレジストラ(ドメイン登録機関)であるメルボルンIT社が管理していましたが、サーバがある さくらインターネットの薦めで、昨年から日本レジストリサービス(JPRS)に移管しました。

 独自ドメインと言えば .com とか .co.jp が主流で .info というのは あまり普及していません。.info には商用性を謳っていないのが原因かも知れません。それでも .info は、世界で約160万のサイトでドメインとして使用されています。

 最近では取得の経緯や登録情報に不備などあると、厳しくドメイン廃止の勧告が所有者に届いたりする様ですが、私のブログの様に きちんと登録して、10年間更新を欠かさず真面目に運用していれば、ドメインに それなりの信用がついてきます。少数派な .info ドメインでも Google さんに、ブログのほぼ全ページがインデックスされています。

 このブログには 元々商用展開をする意図が全くありません。利潤至上主義でネットの技能だけ追求し、元来表現するコンテンツを持ち合わせていない人達は、ドメインの有利不利などに やたら拘りますが、自ら表現するコンテンツを持ち、ネットは その公開の媒体に過ぎない方には、ドメインの有利不利など無意味なのです。

 このブログもURLのパーマネント構造を変えた事はありましたが、ドメインは 10年間全く同じで、これからも不変です。ネットの世界では、ブロガーである私の人格と一致するほど不変で有り続ける意味を、ドメインに持たせたいとも考えています。

 ドメインとIPアドレスが、所在地を通じて紐付いているのと同じ様に、ネットでの表現物がドメインを通じて、ブログの品質やブロガーの人格まで結び付く事こそ理想なのです。

第668回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    MISIA「オルフェンズの涙」
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    シシド・カフカ“Crying”
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]
    ♪p.が奏でる和音が ゆるやかにストリングスと溶け合い旋律を構成する美しい秀逸曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪Vn.に総てを委ねている 最近の大河ドラマ テーマ音楽にはない調性と和声。


 市内の とある金融機関の支店に行った時に、待合席に立派なパンフレットが沢山備えてあるのを見つけました。あまりにも立派なので私も1部もらってきました。テレビドラマのパンフレットを、金融機関で配るというのも地元題材ならではです。

 今年のNHK大河ドラマ「真田丸」は、地元・長野県が舞台です。このパンフレットでも解る通り、放送開始前から地元では大きく盛り上がっています。

 主役の真田信繁 役は、いつもニヤニヤしている(笑)堺雅人。2013年のSBC(TBS)日曜劇場「半沢直樹」で最高 42・2%を記録しました。そして脚本は三谷幸喜。最近の某スペシャルドラマで 7・0%を叩き出してしまいました(笑)。ふたつのキャリアが交差した「真田丸」第1回の視聴率は 19・9%(関東地区)をマークしています。

 12年前の「新選組!」では開始時に若干の懸念を表明し(笑)終了時には三谷幸喜初の時代劇成功例と、このブログで書いた事がありました。

 「真田丸」第1回を視聴して、水曜どうでしょうファン故に発生した真田信幸を演じる大泉洋への違和感(笑)と、あの山崩しシーン(笑)は疑問に思ったものの三谷らしからぬ(笑)実に安定したオーソドックスさを感じました。三谷幸喜の脚本家としての成長と捉えるべきなのでしょうか?(笑)

 20時ジャストに始まったタイトルバックを視て気づいた点がありました。50年に渡り大河ドラマの殺陣武術指導を続け、大河ドラマの精神的支柱だった林邦史朗 先生が昨秋お亡くなりになり、新たな殺陣武術指導として中川邦史朗 さんの名前がクレジットされた点です。中川邦史朗 さんは、林邦史朗 先生の愛弟子で邦史朗の名を襲名しています。

 そしてトメには、真田昌幸 役の草刈正雄がクレジットされました。1985年から1986年にかけての大河ドラマが「春の波涛」「いのち」など近代路線に入ったため、NHK新大型時代劇として 1年間に渡り全45回放映されたのが「真田太平記」でした。その時 真田幸村を草刈正雄が演じています。

 2年ほど前にNHKオンデマンドで「真田太平記」を全話視聴しましたが、大河ドラマと遜色違わぬ素晴らしい作品でした。その時に丹波哲郎が演じた真田昌幸を、今回の「真田丸」で草刈正雄が演じます。実に素晴らしいキャスティングだと思います。

 音楽は服部隆之が担当。テーマ音楽は 昨年の「花燃ゆ」と実に対照的な作品です。三浦文彰のソロヴァイオリンを基調にした、実に抑制的で削ぎ落としたアレンジとなっていました。その旋律には、やはり林光が制作した「真田太平記」テーマ音楽に近似なものを感じます。今週の週間選曲リストでは、劇中効果音楽と並立でリストインしました。

 タイトルバックを冒頭に戻し、かつての大河ドラマは ずっとNHK職員アナが担当してきたナレーションを、有働由美子 アナウンサーが勤め、オーソドックスな制作姿勢に好感の持てる地元が舞台の大河ドラマ「真田丸」の今後に期待しています。

 2016年 NHK大河ドラマ「真田丸」10日 放送・第1回「船出」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 堺雅人 → 大泉洋 → 木村佳乃 → 平岳大 → 中原丈雄 → 藤井隆 / △ 高嶋政伸 → 遠藤憲一 → 榎木孝明 → 温水洋一 → △ 吉田鋼太郎 / ○ 草笛光子 → △ 高畑淳子 → △ 内野聖陽 → ◎ 草刈正雄 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第669回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    シシド・カフカ“Crying”
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    MISIA「オルフェンズの涙」
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」エンディング テーマ
    ♪1位 2週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲


 例年真冬に見られる歩道にこびり着くような雪が、全くなかった松本市内でしたが、17日から18日にかけて 33センチの積雪がありました。今週市内は、いつもの冬の雪景色になっています。

 積雪のイメージから本格的な厳しい冬が到来した感じですが、数週間前まで全国的に穏やかな日が続きました。今週強力な寒波が襲来しましたが、ひと冬通した平均気温の推移と直近の体感的な気温とは、微妙な時差とズレかあります。2015-2016年が暖冬だった事は間違いありません。

 特に九州地方は、11月に夏日を記録するほどの暖かい日が続き、12月の平均気温も平年より2度ほど高く、太宰府天満宮では ご神木の飛梅(とびうめ)が9日には開花してしまったそうです。

 この春から電力の自由化を迎えますが、毎年この時期になると急激に上昇する我が家の電気料金も、エアコンやオイルヒーターの自動制御に暖冬が反映したのか、それとも電気毛布を最新式の節電タイプに取り替えたためなのか、今月の検針では あまり上昇しませんでした。

 今回の暖冬は、過去最大級のエルニーニョ現象が原因だったそうです。エルニーニョ現象とは、赤道周辺の太平洋から南米に至る広範囲の海域で、海面水温が1年程度平均より高くなる現象です。

 夏にエルニーニョ現象が起こると、大西洋から冷たい風が吹き込んで、真夏の太平洋高気圧が弱まってしまい冷夏をもたらします。その時に起きた湿った空気のせいで、集中豪雨が頻発する原因となります。

 冬季にエルニーニョ現象になると、海水から水蒸気が集まり、今度は湿った暖かい空気を生みます。上昇気流に乗ったその暖かい空気が、日本列島など寒くなっている陸地の気温の上昇が起きる訳です。

 但し暖冬を呼び込むエルニーニョ現象といっても、夏には集中豪雨を招く様に、低気圧の進行状況によっては大雪の可能性が高まります。2年前の豪雪の様な事も起こらないとも限りません。本当の春がやってくるまで、大雪に関する気象情報には充分な注意が必要です。

 オーストラリア気象局は5日に、今回のエルニーニョ現象が既にピークを迎え、今後弱まり現象が収まると予想しました。気象庁も12日に、エルニーニョ現象が先月までにピークを迎え、今春から夏の間に平常状態へ戻る可能性が高いと同様の発表しています。

 冬らしい厳寒や夏らしい猛暑は、避けられるものなら避けたいですが(笑)農作物の収穫に影響を及ぼす異常気象も避けたいものです。いわんや作況指数が74の著しい不況になってしまった、1993年のタイ米冷夏の二の舞だけは、米飯を愛する私として勘弁してもらいたいものです。

第670回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    シシド・カフカ“Crying”
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Crosby,Stills,Nash&Young“Cowgirl In The Sand”
    ♪A.Gt.弦のミュートに深遠さを感じる約半世紀前の佳曲。27日再放送のNHK-FM「夜のプレイリスト」で聴く。


 先日久しぶりにビルボード ジャパンのサイトを閲覧してみると、各種チャートの一覧表示が、トップ3からトップ5で まとめているのに気づきました。世界中のチャートサイト表記もトップ5だけにして、下位は例の続きを読む(笑)で まとめている例が多く見られます。

 このブログを始めた2003年当時、週間選曲リストをディスプレイ画面で表現するならば、PC・モバイル共に読者の視認限界が 5曲ほどだと考えました。ネットで音楽チャートを端的に表現していく場合、やはり 5位ぐらいまでが視認の適正範囲です。13年経過して、やっと世界的な傾向になってきたようです。

 最近の全米音楽チャートは、そのビルボード誌が相変わらず寡占していると思いきや、ほとんどのチャート番組のデータは、ビルボード誌のランキングではなく、Mediabase24/7社のエアプレイ(楽曲放送回数集計)チャートが席巻してしまいました。

 ビルボード誌は総合チャートに拘るあまり、最近ではセールスやエアプレイデータ以外にも、やれダウンロードだの やれ閲覧回数だの とデータを雑多にしてしまい、総合順位としての指標性が すっかり稀薄になってしまいました。

 特にエアプレイデータに関しては、単純な放送回数でなく推定聴取人口を乗しているので、白人層向けのラジオ局では、放送禁止なラップ(笑)など大都市偏向の楽曲が上位に入ってしまい、チャート番組のオンエアーに耐えられないのだそうです。

 それに対して Mediabase24/7は、全米のラジオステーションを平等に放送回数 1回を 1Spins(1点)で集計しているため、楽曲の選択として好感が持たれるとの説もあります。

 但し音楽チャートに関する相当なマニア、あるいは統計学を相当勉強した方でないと理解出来ない感覚かも知れませんが、あのMediabase24/7のデータ数値を見ていると、間隔差や変動幅が綺麗過ぎる(笑)印象を受けました。

 メジャーな Mainstream Top40チャートなどを視て気付かれない方は、超マイナーな(笑)Smooth Jazzチャート辺りをご覧になると、その間隔差や変動幅に あれ? とお気づきになるかも知れません(笑)。

 ビルボード誌のチャートアクションには、ポイント集計特有の揺り戻し現象が見られ、逆に作為的なものを感じさせませんでした。しかし、トップ40などの番組を制作するデータとしては、Mediabase24/7のほうが圧倒的に使い易いはずです。

 私は全米チャートを、VOA放送サイトのエンターテイメントページから知る様にしています。ビルボード上位5曲と解説も聴く事が出来ます。やはりトップ5で充分です(笑)。

 J-WAVEで開局以来続いている“TOKIO HOT 100”も、またまた冠スポンサーが代わり、昨年の大晦日には何年ぶりかで、年間チャート100曲を完全オンエアする8時間生特番を放送しました。

 ですが毎週のレギュラー100位までというのは相当維持が難しく、チャートは「未来のヒット曲」も含めて100曲カウントダウンしているのだそうです。未来のヒット曲とは間違いなく、今ヒットしていない曲になります(笑)。

 このブログの週間選曲リストのコンセプトは、ヒット曲の統計ではありません。あくまでも個人の音楽評論を 5曲の順位で表現しています。

 以前ブログにも書きましたが、既に音楽チャートで総合順位を求めていく時代は終焉を迎えています。トップ40やホット100などの深い順位を、作為的に求めていくのではなく、5位程度の絶対差がある順位を、音楽評論を含めた多種多様なジャンルで発表していくのが、これからの音楽チャートだと考えています。

 100位まで1種の音楽総合チャートを発表するくらいなら、5位まで20種の音楽専門チャートを発表するのが、時代に即した形態なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2016年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。