FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第501回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    華原朋美「あなたのかけら」
    NHK総合・ハイビジョン時代劇「五瓣の椿」エンディング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳‘69‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Adele“Set Fire To The Rain”
    NBS フジ・ドラマ「息もできない夏」オープニング テーマ
    ♪1位 2週、登場11週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    JUJU「くちづけ」
    アサヒ フード アンド ヘルスケア テレビCMソング
    ♪偽終止を多用しているかの様な進行だが洗練されたバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「薄桜記」主題歌


 「第500回記念 全期間ランキング」の公開を、先週 無事終えました。週間放送視聴日記にも書きましたが、2003年 1月から毎週休まず更新を続け、500回記念として全期間ランキングを公開できた事は、まさに夢のようです。公開前から沢山のメールを頂きました。本当に ありがとう ございました。では第500回記念 全期間ランキングを、改めて ご紹介致します。

 全期間 1 位「龍馬伝」テーマ音楽は、1位週数 11で自動確定です。長文選曲理由にも書きましたが、500週間に放送された全テレビドラマ テーマ音楽の最高傑作と位置付けました。全期間 2 位「白い巨塔」劇中効果音楽は、1位週数 10と群を抜いており、ストレートに決定しました。民放テレビドラマとしては、最高水準の劇伴音楽です。

 全期間 3 位「功名が辻」テーマ音楽は、1位週数が 8と高く数ある年間 1位楽曲の中にあって、情感に訴える旋律の美しさから選曲されました。ここまでは、発表前週に行った選曲速報の段階で確定・決定しています。そして全期間 4 位 柴田淳「おかえりなさい。」は、年間ランキング2位楽曲の中から、アレンジの深い美しさを強く感じて、意外性のある選曲をしました。

 全期間 5 位 GARNET CROW「まぼろし」は、この週間選曲リストで最も大切にしている音楽和声感から聴き入っても、アレンジ構成が素晴らしく、年間ランキング下位の 5位ゾーンから抜擢し、意外性のある選曲として決定しました。全期間 4位 と 5位は、全期間ランキング 公開直前に選曲された 2曲です。

 週間選曲リストは、音楽のジャンルで差別しない事を信条として 500週間 続けてきました。第500回記念 全期間ランキングの僅か 5曲の選曲と順位で、それが象徴的に表現できたと思っています。「第500回記念 全期間ランキング」( All-Time Ranking )は、Basic List ~ 年間ランキング のページから常時お読み頂けます。

 さて無事に全期間ランキングの発表が終えますと、次の全期間ランキングはいつ? という話も出てきます(笑)。500回単位ですから、次は第1000回になってしまいます(笑)。そこで気が遠くなりますが、500回記念の全期間ランキング公開終了後、今週「週間選曲リスト・ルール」を 3点ほど追加・改正しました。

 まず全期間ランキング要項に、次の様な「特別規定」を新設しています。「前回の全期間ランキングからは、2曲もしくは3曲を、次の全期間ランキングで必ず選曲しなければなりません。但し 4曲以上の選曲はできません。」 つまり第1000回記念の全期間ランキングには、第500回記念から必ず選曲されますが、1曲だけとか 4曲以上占める選曲は 認めない規定です。

 また「前回の全期間ランキングの対象期間内の年間ランキング楽曲は、次の対象期間に再び年間ランキング楽曲にならない限り 選曲結果は不変とします。」と加えました。既公開の全期間ランキングの選曲結果は、次の全期間ランキングで変更せず、安定性を維持していく規定です。但し 次の対象期間に また年間ランキング楽曲になった場合は、リセットされ選曲可能となります。

 これらの規定によって、全期間ランキングの継続性と適切な入れ替えを保証しようというものです。以降の全期間ランキングは、2方式 4規定で選曲し 順位を確定・決定します。そして週間選曲リスト・ルールの注意事項[10]にある、大災害などの特別更新規定は、ブロガーの急病もケースとして加えました。

 ブロガーの私が 急病で、ブログの更新が出来なかった場合、週間選曲リストは、先週の選曲・順位で自動決定するという規定です。ブロガーも お年です。そこで手厚く(笑)更新不能時の自動決定規定を設けました。但し 自動決定時の1位週数・登場週数は、いずれも 1週分だけカウントします。この規定は、年間・全期間ランキングの安定性のために重要だと考えています。

 私も 500週間 ブログを続けてみて、やっと気付いてきましたが、ブログの浸透度は、特段の変わった努力をしなくても、真面目にレベルを保って更新していけば、本当に ゆっくりですが確実に加速していきます。何か佳い未来が見えてきたので、環境を整え このブログで行けるところまで行ってみよう(笑)と思い立ちました。

 このブログでは、437週目からの第1歩として書きましたが、ニュースレター発行による自分の個人発信記録を、抜いたあたりから解ってきた事があります。書きたい時に書きなぐるのではなく、長期にブログを休まず 一定周期で書き続けるという事は、ブログひとつひとつ の記事が積み重ねられた事実から、ブロガー自身の人生が大過なく幸福であったと確認できるのです。

 この高みへは、長期にブログを休まず続けていく者しか到達できません。例え途中で生命が途絶えたとしても、それまでの人生は、ブログによって肯定されます。健康に自信があるとは言えず、また今のご時世 何が起こるか判りませんが、その高みへ向かって取り合えず(笑)続けていこうと決心した次第です。次の全期間ランキングは、第1000回記念を予定しています。

第502回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    華原朋美「あなたのかけら」
    NHK総合・ハイビジョン時代劇「五瓣の椿」エンディング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    JUJU「くちづけ」
    アサヒ フード アンド ヘルスケア テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳‘69‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング
    ♪ポップを維持しながら和声で音楽的な壮大さ を表現した秀逸曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「薄桜記」主題歌


 連続3週間に渡る 500回記念の特集が無事終了しました。今週から レギュラーの週間放送視聴日記に戻ります。この3週間に 大きな地震などの災害もなく、厳しかった残暑も終わり、すっかり秋が深まってきました。そして 500回記念の特集の間に、視聴記録すべき出来事が いくつか ありました。

 まず 9月21日に 民主党代表選挙が行われ、野田佳彦 総理大臣が再選されています。小沢 前幹事長が党を去った後の代表選は、結局 野田 総理に とって楽勝の展開でした。民主党代表選を受けて 野田 総理は、また(笑)内閣改造を行いました(第3次 野田内閣改造)。民主党政権になってから僅か 3年で、8回目の組閣となります。

 【獲得ポイント数:野田佳彦 候補 818 原口一博 候補 154 赤松広隆 候補 123 鹿野道彦 候補 113】

 10月 1日の午後1時15分に、野田 総理大臣 自ら閣僚名簿を発表しています。NHK総合だけがテレビ中継しました。民主党内の大臣及び大臣経験者は、58人にも及んでいます。今回の改造にも目新しさはありませんでしたが、文部科学大臣に田中眞紀子 元外相が選ばれ注目されています。改造から 2週間ほど経過しましたが、今のところ舌禍は ないようです(笑)。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・岡田克也 副総理大臣 、2位・藤村修 内閣官房長官、3位・前原誠司 国家戦略担当大臣、4位・玄葉光一郎 外務大臣、5位・枝野幸男 経済産業大臣 となっています。

 9月26日には 自民党総裁選挙があり、安倍晋三 元首相が新総裁に選出されました。1回目の投票では、過半数に達する候補がなく(第1回 得票数:石破茂 候補 199 安倍晋三 候補 141 石原伸晃 候補 96 町村信孝 候補 34 林芳正 候補 27)。衆参両院議員による決選投票が行われ、1位・2位が逆転し 安倍 元首相が当選しました。

 【決選投票獲得得票数:安倍晋三 候補 108 石破茂 候補 89】

 4年前の突然の総理退陣の時、沸き起こった批判の流れに反して、このブログでは、安倍 首相に対し同情論を書いた事がありました。安倍 新総裁は、最近急速に政治活動を活発化させています。安倍 新総裁の病名は 潰瘍性大腸炎で、近年承認された新薬で劇的に治ったのだそうです。あの退陣表明の時に比べると、安倍 新総裁の顔に、間違いなく生気が戻っています。

 台風17号が 9月30日に、長野県内を通過しましたが、特段大きな被害はありませんでした。そして今週に入り、10月 8日には 山中伸弥 京都大 教授が、ノーベル医学 生理学賞を受賞する嬉しいニュースも飛び込んできました。このノーベル医学 生理学賞受賞については、来週以降の週間放送視聴日記に詳しく書きたいと思います。

 政治の世界は、新代表や新総裁が選出されて、いよいよ解散・総選挙パワーが強まってきました。野田 首相にとって、健康を回復した安倍 新総裁は強敵です。台風が ひとつ襲来しましたが、信州に顕著な被害はなく、全国で大きな地震も発生しませんでした。3週間は穏やかに経過し、無事 500回記念特集を終える事が出来た次第です。

第503回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    華原朋美「あなたのかけら」
    NHK総合・ハイビジョン時代劇「五瓣の椿」エンディング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    JUJU「くちづけ」
    アサヒ フード アンド ヘルスケア テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳‘69‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合テレビ・よる☆ドラ「眠れる森の熟女」劇中効果音楽 [高見優]
    ♪オープニング テーマと連動している洗練された劇伴がある。


 8日に スウェーデンのカロリンスカ研究所は、今年のノーベル医学生理学賞を、山中伸弥 京都大教授に授与すると発表しました。

 総合テレビでは、ストックホルムの発表とほぼ同時の午後6時32分に「ノーベル医学・生理学賞に iPS細胞の山中伸弥京大教授」と まずNHKニュース速報。6時43分には臨時ニュース(チャイムなし)で 井上二郎 アナが詳報しました。

 中日新聞社からも 6時42分に一斉でニュース特別便(号外メール)が送信されています。そして 7時のNHKニュース7から、各局とも一斉に報道され始めました。

 午後8時からのBSフジLIVE プライムニュースでは、山中 教授の受賞決定直後の記者会見を生中継。「このノーベル賞は、日本という国が受賞したと思っている」との山中 教授のコメントに、私は深い感慨を覚えました。なかなか言えるコメントではありません。

 さらにNHKニュースウォッチ 9の生インタビューでも、山中 教授を素晴らしいと感じる出来事がありました。

 NHKでは、日本人がノーベル賞を受賞した場合、関連ある学術研究者にスタジオへ すぐ詰めてもらい、生解説をしてもらう段取りになっています。受賞者の事前承諾なしに その学術研究者が生解説していく訳です。

 今回は 八代嘉美 慶応大特任准教授が NHKに詰めましたが、山中 教授は テレビ画面に映った解説陪席の八代 特任准教授を視ると「八代さん 今日は。」と真っ先に挨拶をしています。この気配りには大変驚きました。

 その後のテレビ朝日「報道ステーション」でも サブキャスターの小川彩佳 アナに同様の気配りを示しています。

 山中 教授は 臨床医から紆余曲折を経て、iPS細胞研究の先駆者となった苦労人です。受賞当日の生放送で見せた さりげない気配りにも、苦労人としての人生から得た優しさが垣間見えました。

 iPS細胞は、数多くの難病の根本治療に通じる大発見です。しかし、このiPS細胞は癌化しやすいなど、未だ実用化を遮る問題点を抱えています。

 それでも石橋を叩いて渡る(笑)ノーベル賞 選考委員会が、僅か6年の研究成果で授賞させたのは破格の抜擢です。

 山中 教授が 他の日本人 ノーベル賞授賞者と根本的に違うのは、自らの研究を国の発展にリンクさせ、常に国と国民の幸福増進を まず第1に考えている点だと思います。

 TBSテレビ「クイズダービー」のレギュラー解答者だった篠沢秀夫 元学習院大学教授は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に冒され 寝たきりの生活が続いていますが、山中 教授の今回の受賞に病床からテレビ出演し、心からの祝意と期待を表していました。

 iPS細胞が癌化しやすいという欠点は、もしかすると癌のメカニズム解明に極めて隣接した研究だと意味しているのかも知れません。今回の成果の恩恵が世界中に もたらされ、究極には癌制圧まで達しますように お祈りしています。

 ノーベル医学生理学賞、本当に おめでとう ございます。

第504回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    JUJU「くちづけ」
    アサヒ フード アンド ヘルスケア テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    華原朋美「あなたのかけら」
    NHK総合・ハイビジョン時代劇「五瓣の椿」エンディング テーマ曲
    ♪1位 4週、登場 7週。

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合テレビ・よる☆ドラ「眠れる森の熟女」劇中効果音楽 [高見優]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳‘69‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]


 最近あまり博物館や展覧会へ足を運ぶ機会は なかったのですが、今週は 松本市立博物館(国宝・松本城 隣り)で開催している特別展「ラジオの不思議」へ行ってきました。

 ラジオ放送の歴史を、クラシックな受信機と共に紹介する非常に珍しい展覧会です。この展覧会は、長野技能五輪・アスリンピック2012の開催を記念して開かれました。

 私の様なラジオ好きが、目を見張る様な逸品を数多く展示しており、ラジオ放送草創期の鉱石ラジオから、戦前に製作された外国製の真空管スーパーラジオなどは じっくり鑑賞させて頂きました。

 大正から昭和初期のドラマ描写の中で、真空管ラジオが登場する事があります。稼働中は、真ん中あたりのインジケータの窓に まるでランプが灯っている様な感じを出し、中には演出効果で流れる音声に反応し、その灯りがチラチラするラジオが映像化されています。

 実際そんなラジオなら接触不良を起こしていると、疑ってかかったほうが良いかも知れませんが(笑)そのランプの仄かな暖かみに、真空管ラジオの良さが垣間見えるのも確かです。

 今回の展覧会では、展示された資料も大変価値があるものばかりでした。

 特に NHK松本放送局(JOSG)の開局資料は、前から ぜひ一度観たかったもので、昭和20年代に発行された松本放送局のパンフレットは、記載面まで展示されており 熟読させて頂きました。

 1938年(昭和13年)開局当時の松本放送局は、株式市況の速報や故郷から出征した兵士の情報を提供する目的が主たるものだったそうです。

 当時 一(いち)都道府県に 2箇所以上 NHK放送局が存在するのは、静岡・福岡そして長野と3県しかなく、松本放送局にはアナウンサーが常駐し 毎日独自放送をしていました。初期の頃は 放送劇団まであったそうです。

 しかし、独自放送は その後打ち切りとなり、1988年(昭和63年)に松本放送局は支局になってしまいました。ちょうどFM長野 開局の年です。

 また 1932年(昭和7年)に撮影された大阪中央放送局(JOBK)の写真パネル「選挙速報を聞く人」も展示されていました。

 当時の衆議院議員総選挙の開票放送(速報)を街頭で流し、その開票放送を職員が聞き取って、手書きの票数ボードに掲示する様子が写し出されており、その掲示板と放送を真剣な表情で見聞きする群衆の姿が 実に素晴らしかったです。

 さらに第2次 世界大戦末期の1945年(昭和20年)の大図解広報「東部軍管区情報と敵襲図解」は 当時の空襲警報のシステムが、関東甲信越地方の地図へ詳細に記載されています。

 終戦直前は本土空襲が激しく、日本放送協会は総てに優先して防空情報(空襲警報・警戒警報)を軍管区司令部放送室から直接放送していました。その仕組みが詳しく解説されており 大変興味深かったです。

 この様なラジオ放送の歴史的資料を、直に視られる機会は めったにありません。展示された沢山のラジオ受信機や その歴史に触れて、これからも脈々と続いていくラジオ放送の力強さを感じました。

 やはり ラジオというものは、主役であるリスナーの生活に無くてはならない脇役です。緊急時には真っ先に情報を伝え、平時は穏やかな癒しを与えるべき存在であるべきだと、今回の特別展「ラジオの不思議」から改めて理解できました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2012年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。