FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第503回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    華原朋美「あなたのかけら」
    NHK総合・ハイビジョン時代劇「五瓣の椿」エンディング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    麻衣“Dreamland”
    中部電力 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    JUJU「くちづけ」
    アサヒ フード アンド ヘルスケア テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「鬼平犯科帳‘69‘71」テーマ音楽 [山下毅雄]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合テレビ・よる☆ドラ「眠れる森の熟女」劇中効果音楽 [高見優]
    ♪オープニング テーマと連動している洗練された劇伴がある。


 8日に スウェーデンのカロリンスカ研究所は、今年のノーベル医学生理学賞を、山中伸弥 京都大教授に授与すると発表しました。

 総合テレビでは、ストックホルムの発表とほぼ同時の午後6時32分に「ノーベル医学・生理学賞に iPS細胞の山中伸弥京大教授」と まずNHKニュース速報。6時43分には臨時ニュース(チャイムなし)で 井上二郎 アナが詳報しました。

 中日新聞社からも 6時42分に一斉でニュース特別便(号外メール)が送信されています。そして 7時のNHKニュース7から、各局とも一斉に報道され始めました。

 午後8時からのBSフジLIVE プライムニュースでは、山中 教授の受賞決定直後の記者会見を生中継。「このノーベル賞は、日本という国が受賞したと思っている」との山中 教授のコメントに、私は深い感慨を覚えました。なかなか言えるコメントではありません。

 さらにNHKニュースウォッチ 9の生インタビューでも、山中 教授を素晴らしいと感じる出来事がありました。

 NHKでは、日本人がノーベル賞を受賞した場合、関連ある学術研究者にスタジオへ すぐ詰めてもらい、生解説をしてもらう段取りになっています。受賞者の事前承諾なしに その学術研究者が生解説していく訳です。

 今回は 八代嘉美 慶応大特任准教授が NHKに詰めましたが、山中 教授は テレビ画面に映った解説陪席の八代 特任准教授を視ると「八代さん 今日は。」と真っ先に挨拶をしています。この気配りには大変驚きました。

 その後のテレビ朝日「報道ステーション」でも サブキャスターの小川彩佳 アナに同様の気配りを示しています。

 山中 教授は 臨床医から紆余曲折を経て、iPS細胞研究の先駆者となった苦労人です。受賞当日の生放送で見せた さりげない気配りにも、苦労人としての人生から得た優しさが垣間見えました。

 iPS細胞は、数多くの難病の根本治療に通じる大発見です。しかし、このiPS細胞は癌化しやすいなど、未だ実用化を遮る問題点を抱えています。

 それでも石橋を叩いて渡る(笑)ノーベル賞 選考委員会が、僅か6年の研究成果で授賞させたのは破格の抜擢です。

 山中 教授が 他の日本人 ノーベル賞授賞者と根本的に違うのは、自らの研究を国の発展にリンクさせ、常に国と国民の幸福増進を まず第1に考えている点だと思います。

 TBSテレビ「クイズダービー」のレギュラー解答者だった篠沢秀夫 元学習院大学教授は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に冒され 寝たきりの生活が続いていますが、山中 教授の今回の受賞に病床からテレビ出演し、心からの祝意と期待を表していました。

 iPS細胞が癌化しやすいという欠点は、もしかすると癌のメカニズム解明に極めて隣接した研究だと意味しているのかも知れません。今回の成果の恩恵が世界中に もたらされ、究極には癌制圧まで達しますように お祈りしています。

 ノーベル医学生理学賞、本当に おめでとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2012年10月19日 の週間選曲リストと『 2012年 ノーベル医学生理学賞 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。