FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第121回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者不詳]
    ♪1位 2週、登場 7週。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」。冬眠明け後も大変元気ですが、首筋の奥のところに、3ミリ程度の小さな おでき が出来ているのを発見しました。調べてみると皮膚病の可能性があります。

 冬眠明けの今の時期は、アカミミガメに限らずカメの皮膚病が出やすい時期なのです。原因としては、ちょうど首筋なので甲羅のふちに当り傷がついてしまったのか? あるいは、冬眠中の水質に何らかの問題が あったのかも知れません。水の汚れなどは、見た目で解りますが、アカミミガメの皮膚病の原因となる細菌類については、気がつかない事も多いのです。

 やはり飼育ケースの定期的な消毒は 不可欠な様です。しかし、飼育ケースを毎回熱湯消毒する訳にもいきません。ケースが耐熱ではないし 作業が危険です。色々調べてみましたら、消毒用エタノールの噴霧が安全で効果的だと知りました。

 とにかく 今回の おでき は、薬を塗って治療する事にしました。足掛け 14年目になる かめクン の飼育歴で初の治療です。毎日のエサタイムの後、おでき に綿棒で治療薬(消毒用イソジン)を塗ってあげます。目に入ると いけない薬ですが、なんと かめクンは、綿棒を近付けても まったく首を動かさず、塗る時に目をつぶってくれます。

 いやがらず治療に協力的で、なにやら気持ち良さそうに薬を塗ってもらっているのです(笑)。どうも かめクン には、治療を受けている事が判っている感じさえします。うちの かめクン もそうですが、小亀の頃から変わらずに愛情を注いで飼育を続けると、優しくて賢い亀に成長していきます。

 アカミミガメにとって首筋に触れられる事は、びっくりして首を引っ込めてしまうのが普通なのですが、治療中は 全く引っ込めないのです。塗った後は、治療薬を患部へ浸透させるため「乾燥飼育」として約半日 水無しのケースで過ごし、夕方また水入りのケースに戻ります。かめクン は、段取りも覚え食欲は落ちず、順調に治療生活を送っています。


(追記) 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメ「かめクン」のおできが完治しました。治療薬を毎日塗り続けていましたが、先週かさぷた になった おできは、ポロっと取れました。念には念を入れて、おでき の跡にも毎日薬を塗り、午後の乾燥飼育を続けましたが、跡も小さくなったので「完治」として治療を終了しました。

 結局 7週間ほどかかりましたが、おでき が悪くならず無くなって本当に良かったです。完治の日に「快気祝い」として大好物の川エビをたっぷり与えたら、かめクン 大喜びでパクついていました。

第122回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    UA“The color of empty sky”
    メナード化粧品 テレビCMソング
    ♪驚くほど精密なエレクトロニカ・サウンド。


 長野県内も「平成の大合併」が進んでいます。120市町村(17市 36町 67村)あった長野県も、現在 81市町村(19市 25町 37村)となりました。昨年 4月に 小県郡 東部町と北佐久郡 北御牧村は、合併して「東御市」が誕生。先月には、 佐久町と八千穂村も合併して、南佐久郡 佐久穂町が誕生。そして臼田町・浅科村・望月町は、佐久市と合併しています。

 1988年10月の開局当時、美ヶ原 本局送信所の傑出した地理的パワーに依存して、FM長野の中継局は、4ヶ所(松本・岡谷諏訪・飯田・善光寺平)だけでした。多く存在していたFM長野 難聴地域での受信状態改善のため、開局後まず最初に置局したのが、美ヶ原 本局送信所の電波が届きにくい、佐久市から埼玉県境に至る、東信・南佐久地域を対象とした中継局でした。

 『FM長野・小海 中継局』は、1990年 7月27日に開局しました。送信周波数は、80・3 MHz 。送信出力 100Wで強い無指向性送信をしており、南佐久郡である小海町・北相木村・南相木村・南牧村などでは、大変良好にFM長野が受信できます。

 昔から県内主要国道沿いには、SBCラジオの周波数看板が設置されていました。それに対抗してかどうか解りませんが(笑)中継所設置当時、小海町内の国道141号線沿いに、大きなFM長野・小海 中継所を紹介する看板がありました。1992年当時、私は 見たことがあります。それだけ開局の頃は、局の意気込みが感じられたのです。

 南佐久郡 小海町 大字小海 字小海原の小海高原ゴルフコースから望む向山(1303m)頂上にFM長野・小海 中継局があります。NHK-FMのサテライトも併設されていますので「小海 FM中継放送所」とも呼称されており、近くには「南牧 テレビ中継放送所」が置局されています。名前が違っていますが「南牧中継局」として、全て同一施設の扱いをされる事もあります。

 ちなみに この小海 中継局がある向山は、松茸が取れるとかで、シーズンによって権利関係から立入禁止となる、地元では ちょっと有名な山だそうです(笑)。また小海町には、松原湖という風光明媚な湖もあります。しばらく小海にも行ってませんが、FM長野・小海 中継所 紹介の看板は まだあるでしょうか?

 美ヶ原 本局送信所からの電波をエア受けする事情も考慮して、まず東信地域からFM長野中継所の新規整備を開始した事には、大きな意義があると思います。小海 中継所は、開局後 最初に整備した東信 難聴地域 約 6000世帯のための長野エフエム放送中継所なのです。

第123回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌
    ♪ドラマを凝縮したスタイルのタイトルバックにフィットする美しき佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    UA“The color of empty sky”
    メナード化粧品 テレビCMソング


 私が所有している約 300本のテレビ番組録画テープ。だいたい整理がつきまして約 70本を処分。約 230本を取りあえず保管していく事で落着しました。

 今週は整理済の録画テープからテレビジョン草創期の超人気コメディ番組「お笑い三人組」(NHK総合・1956年11月 ~ 1966年 3月 生放送)を視ました。

 全く本放送を視た記憶がありません。ラジオ番組からテレビ番組へ移行し、私が生まれる前から放送しています(笑)。

 例えば 1958年(昭和33年)秋のNHKテレビ(まだ教育テレビは未開局で1波体制)火曜日 夜の主な番組は、7時のニュースの後、7時15分から連続劇「バス通り裏」7時30分「ジェスチャー」8時は音楽番組「黄金の椅子」と続きます。

 そして8時30分「お笑い三人組(われらの仲間)」が生放送されていました。多様なジャンルの人気番組が総て生放送されていた凄い時代でした。

 声帯模写の江戸家猫八(八太郎)講談師の一竜斎貞鳳(正二)落語家の三遊亭小金馬(竜助)ら三人の繰り広げる人情喜劇は、なんと全ての劇伴音楽をビックバンドが同時生演奏する形態で、東京・内幸町にあった 旧NHKホールから毎週 公開生放送していました。

 期待と拍手の中、カメラは演奏を開始したバンド(音楽指揮・土橋啓二)と観客席を映し、ファンファーレから あの有名なテーマ曲 生演奏でタイトルバックに入っていくオープニングは、今 視ても斬新で素晴らしいものがあります。

 また途中の効果音楽もタイムキーパー的役割を果たしており、出演しているゲスト歌手やレギュラー陣が別セットで 1曲唄うコーナーは、シーン転換のインターバルとなっています。

 最後にはラストシーンから駆け付けた三人が、テーマ曲を唄って放送終了時間までの尺を調節する なかなか緻密な音楽構成です。

 東京夏季五輪の開催が迫った 1964年 3月 3日 第405回 放送「東おとこ に 京おんな の巻」は、楠トシエ・桜京美・音羽美子そして「デン助おじさん」こと在京の名喜劇人・大宮敏光のレギュラー陣に、上方から若き日の かしまし娘がゲストで登場。三人組と 3対3の抱腹喜劇を展開しています。

 「お笑い三人組」は2本しか録画が現存しておらず、最も活気がある この東京夏季五輪開催の年に放送されたエピソードを録画保存しています。


(追記) この「お笑い三人組」の録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。

第124回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイト ドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Crystal Kay「恋におちたら」
    NBS フジ・ドラマ「恋におちたら ~ 僕の成功の秘密」主題歌
    ♪フラット過ぎるアレンジは気に掛かるが無駄のないグルーヴ感。


 長年「NHKのど自慢」の司会をされてきたNHK宮川泰夫 アナが定年となりました。この春から「ラジオ深夜便」のアンカーを担当しています。その宮川泰夫 アンカーが担当する午前2時台の音楽特集が、なんとブリティシュ・ロックやウッドストックなどのロック音楽一色となり、毎週ロック・スピリッツを熱く語り始めたのには驚きました。そして記憶が蘇ってきたのです。

 私の葉書を最初にラジオで採用してくれた番組「NHK-FM 福島リクエストアワー」は、宮川泰夫 アナが担当していた事に気付きました。当時NHK福島放送局勤務で、土曜日の午後ロックのレコードを嬉々としてかけていた、そして私の葉書を最初にラジオで読んでくれた あのアナウンサーは、宮川泰夫 アナだと、ラジオ深夜便を聴いて さらに思い出したのです。

 私は、1976年から 1982年頃まで、土曜午後にNHK-FMで放送されていた、FMリクエストアワーを熱心に聴いていました。1970 ~ 80年代のNHK-FMは、平日 午後6時台の1時間 と 土曜日の午後 3時間に渡り、全国のNHK放送局が、各局ごとにリクエスト番組を中心とした独自編成をしており、個性あふれる素晴らしい時代でした。

 例えば当時のNHK水戸放送局には、県域のテレビ放送はありませんでしたが、このFM枠で 県域ラジオ放送を実施していました。横浜・前橋・宇都宮なども同様です。1都 6県のNHK総合テレビやラジオ第1放送のローカルニュースは、東京の放送センターから首都圏広域でオンエアーされていましたが、NHK-FMだけ真の県域放送を行ってました。

 私の住んでいた茨城県 北茨城市では、NHK-FM水戸の北茨城 中継局があり、その 20キロ程度隣りにはNHK-FM福島の勿来 中継局もありました。水戸・福島 2局のFMリクエストアワーを、クリアに聴く事が出来たのです。NHK-FM土曜午後の 3時間生放送は、各局のアナウンサーが民放ラジオより自由闊達に担当し、それが許されていました。

 リスナーが遊びに行けるスタジオ公開の局も多くあり、当時ベストテンなどの音楽チャートを発表するNHKのラジオ番組も、このリクエストアワーでした。NHK長野放送局のリクエストアワーでも毎週チャート(ベスト11)を発表していました。FM長野が まだ開局前の頃は、NHK-FMリクエストアワーが、信州そして全国のFMラジオ放送をリードしていたのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2005年5月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。