FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第124回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイト ドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Crystal Kay「恋におちたら」
    NBS フジ・ドラマ「恋におちたら ~ 僕の成功の秘密」主題歌
    ♪フラット過ぎるアレンジは気に掛かるが無駄のないグルーヴ感。


 長年「NHKのど自慢」の司会をされてきたNHK宮川泰夫 アナが定年となりました。この春から「ラジオ深夜便」のアンカーを担当しています。

 その宮川泰夫 アンカーが担当する午前2時台の音楽特集が、なんとブリティシュ・ロックやウッドストックなどのロック音楽一色となり、毎週ロック・スピリッツを熱く語り始めたのには驚きました。そして記憶が蘇ってきたのです。

 私の葉書を最初にラジオで採用してくれた番組「NHK-FM 福島リクエストアワー」は、確か宮川泰夫 アナが担当していた事を思い出しました。

 調べてみると確かに宮川泰夫 アナは、当時NHK福島放送局勤務で この番組を担当されていました。

 福島放送局で 土曜日の午後ロックのレコードを嬉々としてかけていた、そして私の葉書を最初にラジオで読んでくれた あのアナウンサーは、宮川泰夫 アナだとラジオ深夜便のロック特集を聴いて さらに思い出したのです。

 私は 1976年から1982年頃まで、FMリクエストアワーを熱心に聴いていました。

 1970 ~ 80年代のNHK-FMは、平日 午後6時台の1時間と土曜日の午後3時間に渡り、全国のNHK放送局が各局ごとにリクエスト番組を中心とした独自編成をしており、個性あふれる素晴らしい時代でした。

 例えば当時のNHK水戸放送局に県域のテレビ放送はありませんでしたが、このFM枠で県域ラジオ放送を実施していました。横浜・前橋・宇都宮なども同様です。

 私の住んでいた茨城県 北茨城市では、NHK-FM水戸の北茨城 中継局があり、また その20キロ程度隣りにはNHK-FM福島の勿来 中継局もありました。

 土曜 午後には 水戸・福島2局のFMリクエストアワーをクリアに聴く事が出来たのです。3時間の生放送は、各局のNHKアナウンサーが民放ラジオより自由闊達に担当し それが許されていました。

 リスナーがリクエストし、かつスタジオに遊びに行けるスタジオ公開の局も多くあり、当時ベストテンなどの音楽チャートを発表するNHKのラジオ番組も このリクエストアワーでした。NHK長野放送局のリクエストアワーでも毎週チャート(ベスト11)を発表していました。

 NHK-FMリクエストアワーが、信州そして全国のFMラジオ放送をリードしていた時代は、FM長野が まだ開局前で周波数割り当ても なかった頃でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年05月27日 の週間選曲リストと『 NHK-FMリクエストアワー 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。