FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第294回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽
    ♪この予告使用音楽は著作権の都合により今後の新作・DVDから使われなくなる。

  2. 第 2 位 ( △ )
    岡野宏典「世界で誰より愛してる」
    SBC TBS・ひるドラ「キッパリ!!」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    星村麻衣「ひかり」
    SBC TBS・日曜劇場「tomorrow ~ 陽はまたのぼる」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn HTB・北海道テレビ開局40周年記念スペシャルドラマ「歓喜の歌」劇中効果音楽 [本間昭光]


 父の実家は、ここ信州(北佐久郡 立科町)。私は、年少から長い間、母の実家の隣町にあたる茨城県 北茨城市で暮らしてきました。信州に引っ越してから もう17年になりますが、先日 北茨城市の最近の様子を 友人達から詳しく聞く機会がありました。

 最も活況を呈していいはずの大津町にある石井製菓。昔は学校給食のパンも製造していましたが、あっけなく廃業しています。

 私が一番驚いたのは、北茨城市が 福島県 いわき市に吸収合併を持ち掛けたとの話でした。

 もし合併が実現すれば 北茨城市は、茨城県から福島県になり、さらに関東地方から東北地方となってしまうところでしたが(笑)茨城県庁筋の強烈なプレッシャーでつぶれ 市長交代。収賄で実刑判決を受け服役した実力者 元市長が、なんと返り咲いたと言うのです。通常の政治常識では推し量れないほど、北茨城市の財政危機は深刻です。

 いわき市との合併話も 少し解らない訳ではありません。県北に中継所のないIBS茨城放送より、はるかに良く聴こえるRFCラジオ福島。それは隣りの いわき市に中継所があるからです。

 茨城県に県域民放FMはなく、北茨城市では TFMやJ-WAVEも なかなか聴こえません。しかし、同じ理由から ふくしまFMや いわき市のコミュニティFMが良好に受信可能。北茨城市向けのCMまで流すほどなのです(笑)。まるで岐阜県 中津川市周辺の南信町村にタイプが良く似ています。

 かく言う私も、行政書士試験は いわき市で受験。合格証書は、福島県庁経由で頂きました(笑)。

 石井製菓は、ご存知 米米CLUBの石井竜也、SUE CREAM SUEの石井美奈子 兄妹の生家で、後者の方と私は 小中学の同級。さらに返り咲いた現市長の祖母は、私が2年保育を受けた幼稚園の園長先生という繋がりもあります。

 17年という歳月を ここ信州で暮らしていますが、いわき市との合併の話を聴き、厳しい茨城県 北茨城市の財政事情と先行きの不透明さを 深く考えさせられた私なのです。


(追記) 北茨城市に関する週間放送視聴日記は、次の通りです。
 「東日本大震災」(2011年 3月11日)
 「ストリートビューで北茨城市を歩く」(2012年 4月27日)

 2015年12月 7日に、IBS茨城放送 FM補完中継局の日立局が開局し、北茨城市の難聴地域が ほぼ解消しました。既存のNHK-FM日立局と出力(100W)が同一で、かつ送信位置も より県北(日立市高鈴山)ですので、私の経験からも 北茨城市 大津町・平潟町において、夜間のIBS茨城放送は 良好な受信が可能になったと思われます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年09月19日 の週間選曲リストと『 茨城県北茨城市 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。